転職

第二新卒エージェントneoを徹底取材!まずは気軽に相談するところから始まる転職

1994年生まれ。埼玉県立川越高校、法政大学文学部卒。ライターが記事を作成する行為は「無から有を生み出す行為」であり、無のときにはなかった価値を提供する意味のある行為と感じている。「膨大な知識量と独自の視点で世の中の潮流を見極めるコンテンツメイカー」を目指して活動中。
転職を考えたときに選択肢に入るのが転職エージェント。ただ、実際に自分に合った転職エージェントはどれなのか、判断するのは難しいと思います。この記事では、転職エージェントの1つである第二新卒エージェントneoに取材した内容をまとめてご紹介します。サービス内容や強み、求職者の方々に対する接し方などをお聞きしていますので、第二新卒エージェントneoを利用するべきか判断する際に参考にしてみてください。

求職者の方々を第一に考えた結果たどり着いたサービス


(第二新卒エージェントneoの入り口はとてもきれいで清潔感がありました)

今回は、第二新卒エージェントneoでキャリアアドバイザーをしている鷲山さんにお話を伺いました。

BraveAnswer(以下BA)編集部:第二新卒エージェントneoはどのようなサービスですか?

私達は、20代を中心に転職の支援をしている転職エージェントです。株式会社ネオキャリアが運営をしています。

私達の強みは面談です。

まず、私達はじっくりと時間をかけて面談を行います。求職者様の皆様が、ご自身にとって本当に正しい選択をできるように、多くの面談時間を設けています。

もし求職者様の皆様が「もっとお話をして考えを整理したい」と思うなら、初回面談に加えて追加面談をすることが可能です。納得してキャリアの選択をすることができるように、何度でもご相談いただけます。

また、面接対策にも力を入れています。

私達の面接対策は、求職者様の転職をサポートするキャリアアドバイザーと、企業のニーズを汲み取るリクルーティングアドバイザーの2人体制で行います。求職者様が転職したいと考えている企業の担当者と一緒に面接対策をすることで、より深く企業を知ることができると共に、企業のニーズを把握することで内定をもらう確率を上げることができます。

これまでの実績から、企業や業界の特徴、過去に求職者様が受けた質問集などのデータも蓄積しています。

このように、しっかりと時間をかけて面談をすることで求職者様のご自身のキャリアに向き合ってもらい、転職対策でよりキャリアに合った企業をご紹介して内定率を上げるお手伝いをするのが、私たちのサービスです。

BA編集部:時間をかけて面談していただけるのは、キャリアについて考える上でとても助けになりますね。サービスの強みについて教えてもらいましたが、面談や面接以外で他のエージェントとの違いはありますか?

そうですね、私達が企業に求職者様をご紹介する推薦文については、他のエージェントと違いがあるのではないかと思います。

推薦文というのは、求職者様が面接などで伝えきれなかった求職者様の魅力や考え方などを伝えるための文章です。そのため、私達がしっかりと推薦文を書けば、それだけ思いが企業に伝わり、内定率は上がります。

私達の場合は、推薦文は基本的に

  • 人物
  • 学生時代のエピソード
  • 新卒の就職活動(活動の軸)
  • 現職の仕事内容
  • 退職理由
  • 退職後の時間
  • 現在の活動、今後
  • まとめ

の8部構成で作成しています。先程も申し上げたように、面談でじっくりとお話をお聞きしますので、推薦文もしっかりとその内容を反映したものを作成しています。

今は少しずつ変わってきていますが、第二新卒というワードに対しては「すぐ会社をやめてしまった人」というネガティブなイメージを持つ企業も多くありました。そんな時、どうしたら求職者様に会いたいと思ってもらえるかを考えた結果、面談時間を多く設けたり、推薦文をしっかり作り込んだりといった手厚いサポートにたどり着いたのです。

BA編集部:求職者の方々の事を考えた結果、現在のサービスにたどり着いたのですね。第二新卒エージェントneoで紹介してもらえる企業などのような企業なのですか?

具体的な企業名は出せないのですが、第二新卒を始めとした若手を採用してくださる企業ですので、入社後の研修が手厚い企業は多いです。

職種や業種にこだわらず、若手を受け入れてくださる企業を広く扱っています。

 

どんな20代でも大歓迎


(今回お話を伺ったキャリアアドバイザーの鷲山さん)

BA編集部:相談に来て欲しい求職者の方々は、サービス名にあるように第二新卒ですか?

第二新卒の方がメインターゲットではありますが、20代であればどのような方に来ていただいても大丈夫です。高校在学中は対応することができないのですが、学校に通っていないのであれば、高卒や中卒の方でもご利用いただけます。

未経験で新しい仕事に挑戦しようとする方も大歓迎です。先程からお伝えしているように、時間をかけてお話をお聞きしますので、未経験の領域で必要なスキルのピックアップや、今持っているスキルで役立てられるスキルの抽出に時間をかけることができます。

これらを求職者様の方と一緒に考えることで、未経験の方でもマッチした企業をご紹介することができます。

ただし、1点だけ覚えておいて欲しいことがあります。

それは、お仕事を辞めてしまってから長い時間が経っている方の場合は、希望の条件で転職することができないかもしれない、ということです。

半年くらいまでであれば私達の方でカバーすることができますが、それ以上になると企業側が「仕事をしていない間は何をしていたのだろうか」と懸念する場合があります。場合によっては、希望する条件を下げなければならないこともありますので注意が必要です。

ただ転職ができないわけではありませんので、どんな方でもご相談に来ていただければと思います。

 

長期的な目線を意識する


(資料なども使って丁寧にお答えいただきました)

BA編集部:第二新卒に限らず、20代であればどんな求職者の方々でも相談していいということですね。求職者の方々と接する際に意識していることはありますか?

私が一番意識しているのは、とにかく認めることです。

20代で転職を考える人の中には、上司などから「なんでできないんだ」みたいに何かを否定されて転職を考えている人も多いです。ですので、まずは認めてあげること、自己否定をしないようにしてあげることを意識して接しています。

その上で大切にしているのは、長期的な目線を持ってもらうことです。目の前の問題を解決するだけでなく、自分が将来どうなりたいかを考えて、そこにつながる転職をしてほしいと思っています。

ポイントは、こちらで枠を作ってしまわず、広く捉えられるような聞き方をすることです。

例えば将来について聞くときでも「理想の将来像について教えて下さい」という聞き方をすると、「理想の将来像」という枠に当てはめなければならないと思ってしまい、自分が思っているような将来とは違う答え方をしてしまうことがあります。

同じことを聞きたいときでも、例えば「将来どんな生活をしていたら嬉しい?」という聞き方をすると、将来の自分についてイメージが膨らみやすのではないでしょうか。

このように、求職者様が考えていることをできるだけ思っている通りに言葉にしてもらうことで、長期的な目線を持ってもらうことを意識しています。

BA編集部:転職はゴールではありませんから、長期的な目線というのは大事ですよね。もし長期的な目線でキャリアを考えたときに、「この人は転職しないほうがいいかも」と思った場合はどうしますか?

その場合は、転職しない選択肢も提示します。

私達は、「will can must」という考え方をアレンジして取り入れています。

  • will:将来叶えたいこと
  • can:今できること
  • must:企業が求める絶対条件

としており、この3つが交わるところが、より理想的な転職につながると考えています。そのため、求職者様のwillやcanを考えた結果、転職しないほうが良いのであればそのように伝えています。3つが交わらない転職は、ミスマッチに繋がりかねません。

ただ、求人自体は示すことがあります。それは、現職と比較してもらうためです。求人を見た結果、今の会社でもう少し頑張ろうと思うのであれば、それはそれで良いと思っています。

BA編集部:逆に「今すぐ転職したほうがいい」という人はいますか?

これまでにたくさんの方と面談をしてきましたが、過去に2人だけ、今すぐ会社をやめたほうがいいとお伝えしたことがあります。転職するかどうかを考える以前に、求職者様ご本人がもう限界という感じでした。

責任感が強い人ほど、ギリギリまで頑張ってしまう傾向にありますが、労働環境や上司との相性など、どうしようもない状況というのもあります。もしそれで体調を崩してしまって、お仕事を辞めなければならない状況になってからでは手遅れです。

溜め込んでしまう前に、ご相談に来ていただければ嬉しいです。

 

気軽に相談できるサービス


(第二新卒エージェントneoは新宿駅からほど近いビルにあります)

BA編集部:もし相談したいと思ったとして、実際に相談に来るのは1つハードルがあるように思います。求職者の方々が相談に来るのに必要な準備などはありますか?

おっしゃるとおり、転職エージェントに相談に来るというのは、求職者様にとってはなかなかハードルの高いことだと思います。だからこそ、ご相談に来る際に特に必要な準備は設けておりません。履歴書なども持ってこなくて大丈夫です。必要があれば、当日フォーマットに従って作成していただきます。

なんとなく転職を考えているくらいのスタンスで相談に来ていただいて大丈夫ですし、求人を見に来るだけでも良いです。ご希望の業界の現状や流れなど、転職以外にお伝えできる情報もたくさんあります。

こちらとしましては、ご相談に来ていただかないとアドバイスができない、という面もありますので、ぜひお気軽にいらしていただければと思います。

 

編集後記:転職を考え始めたら相談に行く

転職エージェントというと、もう既に転職することは決まっている人が相談に行くイメージの人も多いのではないでしょうか。

今回取材をしてみて、転職について考え始めたタイミングで転職エージェントに相談しに行っていいんだ、ということを教えていただきました。

考えがまとまっていない場合でも、とりあえず話を聞いてみて、自分の考えの整理や情報収集の手段として転職エージェントの面談に行く、くらいのイメージでいいのだと思います。

実は記事にまとめた内容以外に、少し意地悪なこんな質問もしてみました。

———————-

BA編集部:転職エージェントのビジネスモデル上、求職者の方々を転職させたいベクトルが働くと思いますが、実際のところどうなのですか?

ビジネスモデルで言えば、私達の場合は転職した人が早期離職をした場合は転職先の企業に対してキャンセルフィーが発生します。無理に転職をさせてミスマッチを生み、早期離職につながることはメリットにはなりません。

また正直なところ、単純に第二新卒の人たちと接していると無理に転職させようなどとは心理的に思えません。将来有望な層が、何らかの理由で転職しようか悩んで相談に来てくれている。そんな私達を頼ってきてくれている人たちの経歴を汚してしまうと思うと、自社の利益のために無理やり転職させるとは思えませんね。

———————-

転職エージェントのビジネスモデルは、求職者の方々が転職エージェントを通して転職すると、転職先の企業から報酬をもらうモデルです。つまり、求職者の方々が転職をしたほうが、転職エージェントの利益になります。

ただ、第二新卒エージェントneoの場合は、システム面で求職者の方々を不必要に転職させることを防ぎつつ、キャリアアドバイザーもそのようなことはできないと言っています。

少なくとも、強引に転職させられるようなことは、第二新卒エージェントneoでは起きにくいのではないでしょうか。

求職者の方々のことを考えて、面談の時間を多く取り、しっかりと面接対策や推薦文の作成をしつつ、求職者の将来目指すところを考えて選択肢を提示する、それが第二新卒エージェントneoというサービスなのです。

転職はゴールではありません。自分自身のキャリアにとって意味のある転職ができることが、今後のキャリアに繋がります。

20代で、転職について考え始めた段階の人はぜひ、第二新卒エージェントneoを検討してみてください。

あわせて読みたい