転職エージェント「キャリアカーバー」とは?自分の将来と向き合いながら転職したい人へ

キャリアカーバーは、リクルートが運営する転職エージェントです。主に年収800万円以上のハイクラスの求人を扱い、厳選されたヘッドハンターが転職をサポートします。この記事では、キャリアカーバーの特徴やメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

 

キャリアカーバーとは

キャリアカーバーは、自分のキャリアプランを描きながら転職活動を進めたい人に役立つ転職エージェントです。まずは、キャリアカーバーの概要をチェックしていきましょう。

 

年収800万円以上の求人が多く占める

キャリアカーバーとは、キャリアを切り開く人(カーバー)という意味です。リクルートが運営しており、年収800万円以上のハイキャリア案件が中心となっています。登録すればヘッドハンターからのスカウトを待つだけと、使い道もシンプルです。

 

厳選された求人・非公開求人も多数

キャリアカーバーでは、登録者が自分に合ったヘッドハンターを探すことができます。会員登録しておけば非公開求人もチェックでき、デンソーや博報堂など大手企業の厳選求人情報にも出会えるチャンスがあります。キャリア形成のサポートを受けることもできるので、直ちに転職の予定がなくても将来を見据えて登録しておくと良いでしょう。

 

対応地域や職種

キャリアカーバーは全国の求人に対応しています。マーケティングや金融、営業、半導体やITコンサルタントなど幅広い業種・職種の求人を探すことが可能です。

 

キャリアカーバーが立ち上がった背景

キャリアカーバー立ち上がりの背景には、転職活動に取り組む前の段階からビジネスパーソンのキャリア形成をサポートしたい、といった外部エージェントの声がありました。

また、リーダー人材が不足していること、転職直前になって初めてキャリア形成について考える人が少なくないことなどを踏まえ、キャリアカーバーが生まれました。

早い段階からヘッドハンターとコミュニケーションを取ることで、より良いキャリア形成につなげることができる仕組みが特徴です。

 

次世代リーダーに求められること

近年の転職市場では、経営幹部などのハイクラス案件や、専門性の高い高年収案件が増加しています。次世代のリーダーには、グローバル化社会の中で、常に新しい視点を持つなどの能力が必要です。キャリアカーバーを使ってヘッドハンターとともにキャリア形成を進めていけば、早い段階からリーダーに必要なスキルを身につけることも可能になります。

 

キャリアカーバーの7つの特徴

では、キャリアカーバーの特徴をより具体的に確認します。

キャリアカーバーの特徴

  1. 担当者を自分で選ぶことができる
  2. 好条件の案件を、待つだけで受け取れる
  3. 4000件以上のハイキャリア求人のデータベースから検索できる
  4. 年収800万以上の高収入求人がメイン
  5. 優秀なヘッドハンターが付き、今後のキャリア相談もできる
  6. 活発的な転職活動ができる
  7. 顧問求人スカウトサービス

1.担当者を自分で選ぶことができる

キャリアカーバーには、600名ほどのコンサルタントが所属しています。応募者は、担当業種や業界経験年数などをもとにコンサルタントを検索し、指名することが可能です。コンサルタントのプロフィールを確認した上で、自分が希望するコンサルタントに相談してみましょう。相談は無料なので、複数のコンサルタントとやり取りをしてから、どの人に転職先探しやキャリア形成のサポートを依頼するかじっくり決めることができます。

 

2.好条件の案件を、待つだけで受け取れる

今は転職を予定していない場合でも、希望業界や条件などを前もって登録しておくと、中長期的に良い案件に出会える可能性が生まれます。ヘッドハンターに自分が絶対に確保したい条件を伝えておくことで、その条件に合った求人が出た場合だけ連絡を受け取れるため、効率的に転職活動を進めることができます。

 

3.4000件以上のハイキャリア求人のデータベースから検索できる

キャリアカーバーではスカウト以外に、検索機能を活用してハイキャリア求人を探すこともできます。掲載期間が限られているものもあるので、気になる案件があれば速やかに連絡を取ることをおすすめします。

 

4.年収800万以上の高収入求人がメイン

キャリアカーバーは大手企業のリクルートが運営しているので、CEOの求人など珍しい案件も舞い込みやすいのが特徴です。高いレベルの求人案件を求めている場合はぜひチェックしてみてください。

 

5.優秀なヘッドハンターが付き、今後のキャリア相談もできる

ヘッドハンターの質の高さも魅力です。優秀なヘッドハンターを活用して、転職先探しだけでなくキャリア形成の相談にも乗ってもらいましょう。中長期的な視点でキャリアを整理することができれば、転職市場でも自らの付加価値をアピールしやすくなります。

 

6.活発的な転職活動ができる

ハイクラス案件の非公開求人は、経営戦略に深く関わることがあるため、一般的な転職サイトでは出会えないものも少なくありません。つまりキャリアカーバーでチェックできる非公開求人は、企業側も特に意欲的に採用に取り組んでいることが多いといえます。

 

7.顧問求人スカウトサービス

副業が可能な人は、キャリアカーバーに登録し、顧問として業務委託契約を結んで働くことも可能です。仕事の経験が豊富なシニア層だけでなく、若年層でも業務委託で働くチャンスがあります。多様な働き方を目指したいと考えている人は、キャリアカーバー内の「顧問求人スカウトサービス」の利用も視野に入れてみましょう。

 

メリット

「顧問求人スカウトサービス」を利用すると、自分のスキルを生かして副収入を得るチャンスが生まれます。また、業務委託契約を複数の企業と結べば、人脈も広がります。

早い段階から副業に取り組んでおくことで、本業での昇進に役立てたり、定年後のライフスタイルについて考えるきっかけにしたりと、キャリア形成にも役立つでしょう。

 

キャリアカーバーのメリット・デメリット

キャリアカーバーの特徴が分かってきたところで、メリット・デメリットを整理しておきましょう。

 

メリット

まずはキャリアカーバーの8つのメリットをチェックします。

キャリアカーバーのメリット

  1. ヘッドハンターが利用者の代わりに仕事を探してくれる
  2. 匿名で利用できる
  3. 非公開の求人が見つかる
  4. 優秀なヘッドハンターを指名できる
  5. 転職お祝いキャンペーン
  6. 時間を節約できる
  7. 職種が豊富
  8. すべてのサービスが無料

1.ヘッドハンターが利用者の代わりに仕事を探してくれる

キャリアカーバーでは無料の会員登録をしておくことで、ヘッドハンターが求人探しを進めてくれます。登録は5分程度と簡単です。2018年8月時点でおよそ1400名のヘッドハンター、600名の転職コンサルタントが登録されています。

 

2.匿名で利用できる

登録用のレジュメは全て匿名のため、個人情報が求人企業に開示されることがなく安心です。氏名や生年月日・電話番号などの情報はヘッドハンターのみが閲覧できます。今の職場に転職活動をしている事実を知られる心配もないので、経営層の転職活動にも役立ちます。

 

3.非公開の求人が見つかる

無料登録することで、非公開のハイクラス求人なども紹介してもらえるチャンスが生まれます。実績あるヘッドハンターからの案件紹介を心待ちにしておきましょう。

 

4.優秀なヘッドハンターを指名できる

キャリアカーバーにおけるヘッドハンターは、一般的な転職エージェントではキャリアコンサルタントに相当します。厳選されたヘッドハンターの中から、自分の希望に応じて優れた人材を指名できる点がメリットです。担当者と相性が合わないなどのリスクを避けることで、効率よく転職活動ができます。

 

5.転職お祝いキャンペーン

キャリアカーバーでは転職お祝いキャンペーンも充実しています。Amazonギフト券プレゼントなど、転職活動をよりお得に進められるキャンペーンも狙ってみましょう。

 

6.時間を節約できる

希望条件を明示しておけば、条件に合った求人紹介だけを受け取れます。多数の求人から自分で絞り込む手間が省け、時間の節約につながります。

 

7.職種が豊富

キャリアカーバーでは豊富な職種の求人が扱われています。自分が希望する職種が少しマイナーな人も、まずは登録して希望職種の求人案件をチェックしてみてください。

 

8.すべてのサービスが無料

キャリアカーバーでは、あらゆるサービスを無料で利用できます。転職活動にできるだけコストをかけたくないと考えている人でも、安心して利用することができます。

 

デメリット

次に、キャリアカーバーの5つのデメリットも見ておきます。

キャリアカーバーのデメリット

  1. 失敗したときのリスクが高い
  2. すぐに転職したい人には向かない
  3. 情報収集がコンサルタントに頼りがちになる
  4. 年収が低い人は、案件を受け取りにくい
  5. 20代~30代前半の人には扱いづらい

1.失敗したときのリスクが高い

ハイキャリア層の転職では、1度の失敗だけでキャリアの価値が大きく低下するリスクが高いということがあります。そのため、キャリアカーバーを有効活用できずに失敗した際のリスクには注意してください。

 

2.すぐに転職したい人には向かない

キャリアカーバーはハイクラス案件がメインです。ハイクラスにふさわしい人材と案件を丁寧にマッチングするスタイルのため、転職にはやや時間がかかってしまいます。転職を急いでいる人は、ハイキャリア転職に強みがあるJACリクルートメント(ジェイエイシーリクルートメント)や、案件数が豊富なリクルートエージェントなどの利用も検討しましょう。

3.情報収集がコンサルタントに頼りがちになる

経営戦略に関わる案件などもあるため、求人情報は主にヘッドハンターが集めます。優秀なヘッドハンターを活用すれば自分の希望に即した求人案件を探してもらいやすいですが、「会社の評判」「Vorkers」なども利用して不利な情報が秘匿されていないかを探ってみるのも一案です。

 

4.年収が低い人は、案件を受け取りにくい

キャリアカーバーには高年収案件が多いため、年収が600万円以下などの場合は、スカウトを受けづらくなってしまいます。

 

5.20代~30代前半の人には扱いづらい

リーダーシップをとれる人材が求められているケースが多いため、キャリアが乏しい若年層にふさわしい案件は限られます。

 

キャリアカーバーの利用がおすすめな人

ここまでキャリアカーバーのメリット・デメリットをみてきました。では、どのような人がキャリアカーバーに向いているのかをチェックしてみましょう。

まず、すでに年収が500万円以上あり、良い案件に出会えれば転職を検討したいと考えている人におすすめです。中長期的なキャリアアップを進める上で、ヘッドハンターからのアドバイスを役立ててみるのも良いでしょう。

すでにハイクラス案件で働いているものの、忙しくてなかなか転職活動に時間を割けない人にも役立ちます。さらなる年収・キャリアアップにつながる求人に出会えるかもしれません。求人企業側からのオファーを見ながら、着実に転職活動を進めたい人にも向いているでしょう。

 

転職エージェントを利用する上でやってはならないこと3つ

転職エージェントを利用する際には、いくつか注意点があります。具体的な注意点を知って、転職エージェントを有効活用していきましょう。

やってはいけないこと

  1. 経歴やスキルを偽る
  2. 同案件に複数の転職エージェントから応募する
  3. 推薦文をエージェントに任せきりにする

1.経歴やスキルを偽る

経歴やスキルなどの登録情報は転職エージェントに残ります。そのため、虚偽の情報を入力することは厳禁です。

また、長期にわたってエージェントを利用する場合は、登録情報が変わっていないかよく確認してください。古い情報のまま転職活動を進めてしまうと、虚偽記載の疑いがかかって優良な案件紹介を受けづらくなるリスクがあります。

 

2.同案件に複数の転職エージェントから応募する

同じ案件には複数のエージェントから応募してはいけません。転職エージェントを併用する場合は、応募の重複に気をつけましょう。

 

3.推薦文をエージェントに任せきりにする

担当コンサルタントが作成する推薦文は、自分のイメージとそぐわない内容になっている可能性も否定できません。自分の目で一度チェックしたい旨を伝えておくと、質の高い推薦文を書いてもらいやすくなるでしょう。

 

登録手順

キャリアカーバーへの登録は、基本情報の入力とレジュメ登録だけで完了します。登録は、公式ホームページから無料でできます。登録情報を充実させることが良い求人紹介につながるため、登録情報の書き方のポイントをつかんでおきましょう。

 

基本情報

最初に入力する基本情報は、氏名や生年月日、直近の年収や業種といった項目です。年収は総支給額(税引前)を記入してください。直近の業種や職種については、内容を充実させて経験をアピールすることが、ハイクラス案件への転職成功につながります。

 

レジュメ

レジュメには語学スキルや学歴などを入力します。英語を使う能力があるなら、「ビジネス英会話レベル」などと入力しコンサルタントの検索対象に挙がるようにしましょう。あわせて保有資格も具体的に記入することで、スカウトのチャンスが広がります。

 

その他

職務経歴を登録する際、1つの企業に長期間務めた場合は部署単位で細かく記入してください。キャリアカーバーではキャリア面談がないため、登録情報がスカウトの量に直結します。丁寧に時間をかけて入力を進めましょう。

希望条件については、転職を急いでいない場合は少し強気の希望を書いてみるのも1つの方法です。好条件の求人が見つかれば速やかに転職する意思も示しておくと、転職エージェント側の紹介意欲を引き出しやすくなります。

 

その他おすすめの転職サイト

転職成功を目指す際は、複数の転職サポートサービスを併用することも有効です。そこで、キャリアカーバー以外にもおすすめできる転職サイトをご紹介します。

 

ビズリーチ

ハイクラス案件が豊富な転職サイトにはビズリーチがあります。100万人以上の会員数を誇り、エリアは全国対応、求人職種も幅広いのが特徴です。外資系企業なども含めた高年収案件が豊富なので、年収アップを実現したい人はあわせて利用してみましょう。

 

キャリアカーバーとビズリーチの違い

キャリアカーバーとビズリーチはともにハイクラス案件に強みを持ちます。これらの違いは少しわかりにくいので、表で確認していきましょう。ヘッドハンターの数、ヘッドハンター選びの費用などに違いがみられます。

 

転職エージェント キャリアカーバー ビズリーチ
運営会社 リクルートキャリア ビズリーチ
サービス開始年 2014年 2009年
求人数 約5万件 5万件以上
求人の質 高年収案件が中心 高年収案件が中心
応募方法 ヘッドハンターからのスカウト ヘッドハンターからのスカウト/企業からの直接スカウト
ヘッドハンターの数 1300名以上 2600名以上
ヘッドハンター選び 無料 有料
料金プラン 全サービス無料 一部有料プランあり

 

加えて、ビズリーチには海外勤務の求人がほぼ見られないのに対し、キャリアカーバーでは欧米・東南アジア・中国などで勤務する案件もあります。また、ビズリーチではスタンダートプランとプレミアムプランの2つのプランを提供しています。

 

JACリクルートメント

リクルート、dodaに次ぐ国内第3位の売上高を誇るJACリクルートメント。こちらも高年収案件を多く抱えています。1988年のサービス開始からすでに30年以上が経過している点も信頼の証と言えるでしょう。全国エリアに対応し幅広い職種の求人が合計1万5000件以上あります。業界・職種特化型のコンサルタントが650名程度いるほか、外資系企業との関係も多くグローバル転職を考えている人には特におすすめです。登録者は35歳以上が中心ですが、20代の利用も見られます。

 

リクルートエージェント

人材業界最大手のリクルートキャリアが運営するリクルートエージェントは、年収年収400万円〜600万円の求人を特に多く抱えています。キャリアカーバーでキャリアップを検討しているものの、まだ年収レベルが届かない人はリクルートエージェントを併用すると転職活動がスムーズに進みやすくなります。2018年11月時点でおよそ24万件もの豊富な求人案件を展開しています。キャリアアドバイザーのサポートも受けて希望に合った転職先を見つけてください。

 

キャリアカーバーとリクルートエージェントの違い

同じリクルート系ですが、リクルートエージェントと比べるとキャリアカーバーはハイクラス案件が豊富です。リクルートエージェントは、求職者が転職エージェントに相談する形式なのに対して、キャリアカーバーはヘッドハンターからのスカウトを待つ形式です。ハイクラス案件にこだわらず、年収や年齢に応じた求人紹介や、面接対策などを含めた幅広い転職サポートを受けたい場合はリクルートエージェントが適しています。キャリアに応じて2つのサービスを使い分けてみると良いでしょう。

 

リクナビNEXT

全国エリアを対象に豊富な求人数と会員数(約800万人)を誇るリクナビNEXTも併用するとよいでしょう。約9割が正社員求人のため、正社員への転職を考え登録しておくという人も少なくありません。新着求人数が多いほか、検索の進めやすさなどにも定評があります。

 

dodaエグゼクティブ

ハイクラス案件特化型の転職支援はdodaエグゼクティブでも受けられます。キャリアアップを目指す30代~50代の人は、dodaエグゼクティブでより良い案件を探してみてください。

 

20代におすすめの転職エージェント

ハイキャリア案件に関心があるものの、20代ではまだ経験が足りずに経営層などへの転職は難しいのが現状です。そこで、20代におすすめの転職エージェントを紹介します。

 

マイナビエージェント

主に20代〜30代を対象とした総合型の転職エージェントです。全国の求人をカバーしており、特に優良な中小企業の求人を多く扱っています。求人票だけでは分からない、企業の社風や雰囲気、入社後のキャリアパスといった情報を網羅しており、後悔のない転職を実現させる手助けをしています。また、第二新卒や女性に特化した転職情報が載っているサイトもあります。

 

ハタラクティブ

ハタラクティブは20代の既卒・第二新卒に強みを持っています。新卒採用後まだ3年たっていないものの、職場の雰囲気と合わないなどで転職を検討している人はぜひチェックしてみてください。フリーターや、既卒でブラック企業から離れたいと考えている人もハタラクティブを活用してみましょう。

 

パソナキャリア

パソナキャリアでは大手企業の優良案件に定評があります。20代~40代で年収アップを目指した転職をする場合は、パソナキャリアの充実したサポートを狙ってみてもよいでしょう。

 

キャリアカーバーはハイクラス案件を多く抱える転職エージェントです。自分のキャリアに自信があり、さらなるキャリアアップを目指したい人はぜひ登録してみてください。すべてのサービスを無料で利用できるため、今すぐ転職の予定がなくても気軽に登録しておくと良いでしょう。

あわせて読みたい

カテゴリー