成長

30代から始めるプログラミング。学習の流れやおすすめのスクールを解説

近年のIT・通信業界の活況を受けて、ITエンジニアのニーズは高まっています。30歳を境に、プログラミングの道を志し新たな活路を見出そうと考えている人も少なくないでしょう。この記事では、30代からプログラミングをはじめるにあたり、知っておきたい学習方法やおすすめのスクールなどを紹介します。

30代におすすめのプログラミングスクール

30代のプログラミング未経験者におすすめのプログラミングスクールをみていきましょう。

 

入校前に確認したいこと

プログラミングスクールに通い始める前に、まずはいくつかの項目について確認しておきましょう。

転職サポートがセットになっているか

プログラミングスクールには、転職サポートがセットになったスクールと、セットになっていないスクールの2種類があります。就職支援が手厚いところでも対象は30歳以下などと年齢制限を設けていることがあるため、事前に確認しておくことが大切です。また卒業後の就職が担保されているか、どのような職種・企業に就職できるのかなどもチェックしておくとよいでしょう。

学びたい分野や言語の確認

自分が目指したい分野が決まっていたら、その分野に強いスクールを選ぶことが大切です。プログラミングの分野は幅が広く、広く浅く学ぶよりは、狭く深く学ぶほうがよいとされています。たとえば、AI(人工知能)は、今後発展していく分野といわれているため、これからの学習におすすめの分野です。

また、学びたい言語が決まっていれば、その言語に特化したスクールを探しましょう。決まっていない人は、基礎から学べるコースを選ぶとよいでしょう。

通学か、オンラインか

通学かオンライン受講かという点も、スクール選びの大きなポイントです。通学は講師やメンターと直接対話しながら学習を進めることができ、また同じ道を志す仲間ができるのがメリットです。オンライン受講は、スカイプなどでの質問受付を取り入れているところがあります。また、いつでもどこでもパソコンさえあれば受講できるのもオンライン受講の魅力です。

 

30代におすすめのスクール5選

30代におすすめのスクールを5つ紹介します。

1.TECH::EXPERT(テックエキスパート)

選考はありますが、30歳以上でも受講できる数少ないスクールの1つです。4人に1人が30代という環境のもと、未経験から実践レベルまで安心して学ぶことができます。オンラインと通学を併用できることも魅力です。ただしオンラインのみでは転職サポートを受けられないので注意が必要です。

期間: 10週間or6ヶ月
料金:月額 2万9000円〜
主な言語・技術: HTML、Ruby 、Ruby on Railsなど

 

2.TechAcademy (テックアカデミー)

「7日間の無料体験」を実施している、オンライン受講のみのスクールです。現役のプロによる講習や質問対応があるほか、コースも多数ありさまざまなスキルを習得できます。修了後は、受講者限定の転職支援サービス「TechAcademyキャリア」を使い、転職支援を受けられるのもポイントです。ポートフォリオ作成のサポートもあります。

期間:4・8・12・16・24週間プランなど
料金:9万9000円〜
主な言語・技術:PHP、Laravel、Ruby on Rails、Unity、Pythonなど

 

3.侍エンジニア塾

マンツーマンのわかりやすい講義が特徴です。プログラミング初心者・未経験の人でも、一人一人に合わせたカリキュラムで学ぶことができます。フリーランスデビューを目指す人には専属のコンサルタントがつくのも魅力です。講師陣は現役のエンジニアが揃い、より実践的な技術を習得できます。

期間:1ヵ月~
料金:16万8000円〜
主な言語・技術:HTML、CSS、Ruby、JavaScript / JQuery、MySQL、Ruby on Railsなど

 

4.DMM WEBCAMP(ディーエムエム ウェブキャンプ)

DMM.comが運営しているサービスで、未経験者でも3ヶ月という短期間で高いスキルを身につけることができます。転職・就職までの手厚いサポートを受けられ、受講後3ヶ月以内に転職・就職が決まらなかった場合の「全額返金サービス」も設けています。

期間:3ヶ月
料金:月額2万8000円~
主な言語・技術: HTML、Ruby / Ruby on Rails

 

5.GEEK JOB(ギークジョブ)

20代は無料ですが、30代は12万円の受講料を払う必要があります。就職が決まると全額キャッシュバックしてくれます。プログラミングの基礎知識から、開発環境の構築、Webアプリケーションの開発、最終的にはサーバーにアップして公開するまでの流れを学べます。職務経歴書の添削、面接練習などの就職サポートを受けられるのも魅力です。

期間:1ヶ月~
料金:12万円(キャッシュバック制度あり)
主な言語・技術:PHP、Java、Rubyなど

 

30代未経験者でもプログラミングで転職・独立できる時代

30代未経験者でも、プログラミングを学ぶことでエンジニアへの転職・独立が可能な時代といわれています。

ネットワークに支えられている現社会において、プログラマーなどのITエンジニアの需要は年々増加の傾向にあります。背景にはITの人材不足が深刻化していることが挙げられます。経済産業省の「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」によると、2020年には30万人ものIT人材が不足するといわれています。出典:経済産業省「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果

一方で、2030年には約10万人以上の50代エンジニアが活躍すると予測されています。これからは、20〜50代の幅広い層がエンジニアとして働くことが期待されているのです。

実際にIT企業の多くが、20代や経験者エンジニアだけでは足りず未経験者採用に力を入れています。その中で多くのプログラミング未経験者が、転職や就職に成功しています。また、エンジニアとして2年ほど実務経験を積んだ人が、独立してフリーランスエンジニアとして活躍することも珍しくない時代なのです。

 

30代以上のプログラマーが厳しいと言われる理由は?

反面、30代以上のプログラマーの転職・就職は厳しいという意見もあります。

  • 20代よりも頭が固い
  • 上司が年下でマネジメントしづらい
  • 一時的に年収が下がる

などと言われることも多いです。

しかしプログラミングは、学べば学ぶほど上達するものであり、年齢よりも能力を評価してくれる企業を選べば部下が年下でも大きな問題にはなりません。また、年収も一時的には下がっても、実績を重ねていけば着実に上がっていく職業でもあります。

以前は「プログラマー35歳定年説」などとうたわれていましたが、今では35歳でもソースコードが書ける人が重宝されているといいます。中には80歳からプログラミングを学びはじめ、仕事につなげた人もいます。

 

30代に求められる素質

このように、30代未経験でもエンジニアとして活躍できる時代となりました。ただし、30代はスキルとともに、コミュニケーション能力やリーダーシップなどの「素質」も求められているのが現状です。加えて、即戦力性・業界知識・経験・人脈(特に営業職)なども期待されているということを、念頭に置いておきましょう。

 

エンジニアの年収

エンジニアの年収は、システムアナリストで平均年収1100万円、システムエンジニアで820万円程度といわれています(マイナビ転職サイトより)。高い収入が見込める職種といえるでしょう。

すぐに稼げるわけではない

とはいえ、誰しもがすぐに稼げるわけではありません。世の中には多くの敏腕エンジニアがおり、また企業方針や社会状況などにも左右されます。

そこで、30代未経験からスタートする場合は、自分が負担にならない働き方を目指すことが大切となります。就職ができても、まずは役職のない一般社員からはじまり現収入よりも下がってのスタートになるかもしれません。しかし実務経験を重ねていくことで、着実に前にすすんでいける実力社会でもあるのです。

 

プログラミングから広がるキャリア

プログラミングを学習することで得られるのは、エンジニアとしての就職だけではありません。Webマーケティングとしての就職や、プログラミング教育系の会社に就職するなど、さまざまなキャリアをつかんでいる人がいます。
例えば…

  • 未経験→プログラミング学習→プログラマー・エンジニア就職
  • 未経験→プログラミング学習→デザイン学習→デザイナー就職
  • 未経験→プログラミング学習→Webマーケティング学習→技術を理解したマーケター就職
  • 未経験→プログラミング学習→IT営業→ITの市場に強い営業マン
  • 未経験→プログラミング学習→フリーランス独立、自分でサービスを作って起業
  • 未経験→プログラミング学習→フリーランスエンジニア

 

30代のプログラミング習得は戦略的に

30代でプログラミングの習得を目指すなら、できるだけ戦略的にすすめていきたいところです。そこで有効なのがプログラミングスクールに通うことです。スクールではしっかりとしたカリキュラムが用意され、熟練の講師がサポートしてくれるため、安心して技術を積むことができます。また、転職支援などの手厚いサポートも受けることができます。

 

企業へのコネクション

スクールに通うことで得られるもののひとつに、「企業へのコネクション」が挙げられます。スクールは独自にIT関連企業や人事担当者とコンタクトを取っています。通常では手の届きにくい有名企業などとも密に連携しているため、転職時などに強いコネクションとなりえるのです。

転職エージェントを利用する方法もありますが、30代未経験ではなかなかスカウトが来ないことも考えられます。その反面、スクールでは、「プログラミングスキル」をもった人材として各企業に紹介してくれます。

 

メンターを作ることができる

スクール通いのもうひとつのメリットは、「メンター」の存在です。メンターとは、プログラミング学習や、エンジニアへのキャリアで悩んだときに、相談相手になってくれる講師などを指します。

プログラミング学習では、ひとつのミスで先に進まないことがあり、問題解決に時間がかかることがよくあります。その際に、メンターがいればわからないことをその場で教えてくれるので、いつでも安心して学習に臨むことができます。

またスクールの講師陣は、フリーランスエンジニアなど現場で活躍する人が多いため、実際の現場などの話も聞くことができます。

 

プログラミングスクールに通う以外の方法

このように、プログラミングスクールに通うことはメリットが大きく、30代未経験者でも就職や独立につなげられる可能性が高くなります。しかし、無料体験や学習サイト・書籍を活用するなど、スクールに通う前にできることもあります。

 

無料サービスの活用

TechAcademy(テックアカデミー)というプログラミングスクールでは、本格的に受講する前に無料講座を1週間体験することができます。そこでは、HTML・CSS・JavaScriptなどプログラミングの基礎を学ぶことができます。

また、メンターのサポート、チャットでの質問など、受講時と変わらないサービスを受けられるのが特徴です。これからプログラミングを始めようか迷っている人は、まずこのような無料体験講座を受けてみることをおすすめします。

 

書籍で学ぶ

プログラミングに関する書籍も多数出ています。これらを活用するのもよい方法でしょう。今回は、おすすめ書籍を3冊ご紹介します。

「プログラミング入門講座――基本と思考法と重要事項がきちんと学べる授業」

プログラムの基礎知識などを、最小限の時間で学ぶことができます。

「いちばんやさしい PHP の教本 第2版 人気講師が教える実践 Web プログラミング」

実践的なプログラムを作成しながら、PHP基礎を学ぶことができます。

「たった1日で基本が身に付く! HTML&CSS 超入門」

Webサイトを実際に作りながら、HTMLやCSSの基礎をしっかりと学習できます。

 

学習サイトで学ぶ

プログラミングの上達には、実際に手を動かして書いてみることが大切です。そこで、Webサービスを利用するのもよいでしょう。現在エンジニア需要の高まりにより、インターネット上でプログラミング学習できるサイトは、より豊富になっています。無料で学べるところから、有料、もしくは途中から有料になるサービスがあります。

ドットインストール

「3分動画で学べる」がキャッチフレーズの、初心者向けの学習サイト。上級者向けコースの動画も閲覧できるのが魅力です。音声解説の字幕(書き起こし)や、動画内のソースコードがテキストで閲覧できます。

Aidemy(アイデミー)

特別な環境の用意なく、Pythonによるプログラミングの基礎や、機械学習の実装方法などを学ぶことができる有料の学習サービスです。

PyQ(パイキュー)

Pythonの初級から実務レベルまでを学べる有料の学習サービス。Web開発、データ分析、機械学習など幅広く学習することが可能です。

Progate(プロゲート)

無料プラン、有料プランは月額980円。無料会員は、HTMLの初級編、Ruby基礎編などの18レッスン、有料会員になれば、基礎から実践までの71レッスンを受けることができます。

Paiza(パイザ)

動画をみながらプログラミングが学べる学習サイト。練習問題を解いて応用力を鍛えていきます。開発現場で役に立つスキルを身につけることができます。

 

独学で学びIT企業に就職する方法

独学でプログラミングを学びながら就職を目指す場合は、以下の手順を参考にしてください。

1.Webサービスやアプリをつくる

まず本や学習サイトを利用し、プログラミングの基礎学習をすすめていきます。自身でサービスやアプリが開発できたら、できれば詳しい友人などにミスがないかや、バグの確認をしてもらいましょう。出来上がった作品はQiitaやGithubなどにアップデートし、「ポートフォリオ」として転職・就職に活用しましょう。

2.転職エージェントの利用

次に、「リクルートエージェント」などの有名転職エージェントや、IT業界に強い転職エージェントに登録し、企業情報のチェックやスカウトへの準備を整えましょう。

3.面接に備える

面接に進んだ場合の準備をしておくことも大切です。基本的には、自分が作成したポートフォリオや築いたスキル、過去の経験などを話せるようにしておきしょう。また、今後プログラマーやエンジニアとしてどのようなキャリアを形成していきたいかなどの展望もまとめておくとよいです。転職エージェントの模擬面接などを利用するのもよいでしょう。

あわせて読みたい