TECH BOOST(テックブースト)は最新の技術を学べるプログラミングスクール

TECH BOOST(テックブースト)はBranding Engineerが運営するプログラミングスクールです。実践的なスキル習得に特化しており、最先端技術をはじめ幅広い分野でプログラミングを学習できます。この記事ではカリキュラムやサポート、メリットとデメリット、おすすめする人などをご紹介します。

TECH BOOST(テックブースト)とは?

TECH BOOST(テックブースト)を運営しているBranding Engineerは、エンジニアに特化したキャリアサービスを展開し、エンジニアの人材事業で確かな実績を誇ります。

そのノウハウや経験がTECH BOOST(テックブースト)のカリキュラムにも活かされ、実践的なスキルを学習できます。また、現場で活かせる実践力を身につけられるなど、経験豊かなメンターのメンタリングなどを通じ、それぞれのキャリア形成にも大きく役立てることが可能です。

さらに、ブロックチェーン・AI・IoTといった最新技術を扱うコースにより、基礎的な技術とともにトレンドの技術にもしっかり触れることができます。エンジニアとしての強みや引き出しが広がるので、キャリアステップの幅や選択肢も広がりやすいです。

このような特徴のあるTECH BOOST(テックブースト)ですが、基礎的な技術から実践的なスキルまで学習できるため、未経験者にとっては利用するメリットが大きいと言えます。TECH BOOST(テックブースト)は未経験からのスタート率が95%となっていることから、特に未経験者からの支持を得ていることがわかります。TECH BOOST(テックブースト)を利用して異業種からの転職を目指す人もいます。

 

TECH BOOST(テックブースト)のカリキュラムは?

最短3ヶ月で、実践的なスキルを身に付けたエンジニアになれるカリキュラムがあります。3ヶ月という短い期間の中でも、基礎的なプログラミングからトレンドの技術まで幅広く学習できる点に特徴があります。

また、無料カウンセリングによって学習期間のカスタマイズが可能ですが、3ヶ月で受講する場合は月100時間以上の学習時間が想定されています。

 

一人ひとりに合ったカリキュラムを作成

無料カウンセリングによって学習期間をカスタマイズできるので、忙しい人でも自分のペースで学習を進めることができます。学習コンテンツ、学習期間などを踏まえ、受講者の目標に適したプランが提案されるので、一人ひとりのニーズに沿った形での学習環境が整っています。

さらにメンターと二人三脚で、受講者オリジナルのWebアプリケーションの開発も行われます。ただ決まったカリキュラムを受講するだけでなく、一人ひとりに沿ったカリキュラムにも特徴があります。

 

基本の流れ

TECH BOOST(テックブースト)のカリキュラムは、

  1. サービス開発基礎
  2. サービス開発実践
  3. トレンド技術

という流れで進みます。以下、それぞれの内容を整理しておきます。

1.サービス開発基礎

まず、カリキュラムに沿ってWebサービス開発を学習します。HTML・CSSなどのほか、Ruby・Ruby on Rails・PHP/Laravel・データベースの学習も行います。最終的にはTwitterやInstagramのようなWebアプリケーションの開発も可能とされています。

2.サービス開発実践

メンターと二人三脚で、受講者オリジナルのWebアプリケーションを開発します。これにより、実際の業務で求められるプログラミングスキルが身につきます。

3.トレンド技術

トレンドの技術として、ブロックチェーン・AI・IoTの中から一つ選び、基礎知識を学習できます。
上記で触れた3つのステージは、実践力が身につくコースとして

  • ベーシックターム
  • ディベロップターム
  • イノベーティブターム

の3つに分類されています。以下、それぞれで学習する言語も含め、内容を整理しておきます。

【ベーシックターム】

ベーシックタームでは、HTML・CSSなどのWebサイトの基本的な言語から、Ruby・Ruby on Rails・PHP/Laravel・データベースまで学習します。学べるスキルは、HTML・CSS・Ruby・Ruby on Rails基礎・Git・PHP/Laravelとなっています。

【ディベロップターム】

ディベロップタームでは、受講者のオリジナルのWebアプリケーションの開発が行われます。実際の業務で必要なスキルを身につけることが可能です。学べるスキルは、Ruby on Rails実践・PHP/Laravel実践となっています。

【イノベーティブターム】

トレンドであるブロックチェーン・AI・IoTから一つを選び、その基礎知識を学習します。

 

オンラインのみのコースもある

オンラインのみでも受講できます。オンラインの場合、場所を問わずどこでも受講できるので、それぞれのライフスタイルに合わせて効率的な学習が可能です。

 

TECH BOOST(テックブースト)のサポート体制は?

TECH BOOST(テックブースト)では、現役エンジニアが週1のメンタリングや質問などを通じてサポートをします。また、オンラインでいつでも質問をすることもでき、問題点・疑問点を迅速に解決できるサポート体制が整っています。

プログラミングのエラーなどでつまずくことなく、カリキュラムをスムーズに進めることが可能です。さらにメンターによるレッスンのほか、キャリアアドバイザーによるキャリア面談も利用できます。受講者が考える将来的なキャリアから逆算し、一人ひとりに合った指導をしてくれます。

そのほか、TECH BOOST(テックブースト)のオフィスで勉強もできます。オフィスは平日15時から22時、土日祝日13時から19時まで利用可能となっています。渋谷のオフィスでは、現役エンジニアに直接質問もできます。もちろん、地方の受講生のために、オンラインでの受講もあります。

 

TECH BOOST(テックブースト)の利用料金は?

TECH BOOST(テックブースト)の利用料金は以下のようになります。

月額 社会人 2万9800円(税別)
学生 1万9800円(税別)
入学金 社会人 21万9800円(税別)
学生 14万9800円(税別)

そのほか、紹介割引(5%)、友達割引(10%)、当日割引といった割引サービスもあります。

 

TECH BOOST(テックブースト)のメリットとデメリットは?

TECH BOOST(テックブースト)を利用する上でのメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

メリット

基礎的な技術のほか、最新のトレンドの技術に触れることができ、学習の幅が広がります。エンジニアとしての引き出しも増えるため、キャリア形成を進めるうえでもメリットがあります。

また、オンラインでいつでも質問ができるので、疑問点をスムーズに解消できます。疑問が残ったままカリキュラムを進めるなどの事態にならず、その都度疑問を解決して効果的に学習を進めることが可能です。

さらに、最短3ヶ月で実践的なスキルを身に付けたエンジニアになれるという点は、転職活動を進めるうえでも有利です。現役エンジニアのサポートのほかにキャリアアドバイザーによるキャリア面談もあるので、実践的なスキルの養成と転職活動を並行して進めることも可能です。

 

デメリット

オフィスでの勉強は渋谷のオフィスのみです。そのため、東京以外のエリアで通学という形で勉強を進めたい人にとっては、この点がデメリットと言えます。

 

TECH BOOST(テックブースト)をおすすめする人、しない人

次に、TECH BOOST(テックブースト)の利用をおすすめする人、しない人を紹介します。

 

おすすめする人

東京もしくは東京近郊に住んでいる人にとっては、通学も含めて自分のライフスタイルや希望に合った形で受講しやすいので、利用をおすすめできます。

また、基礎的な技術に加えてトレンドの技術も学習できるので、最新の技術や知識を学習したい人にもおすすめです。

さらに、現役エンジニアのサポートに加えてキャリアアドバイザーのキャリア面談もあるので、学習を進めつつ転職を成功につなげたい人にもおすすめできます。最短3ヶ月で実践的なスキルを身に付けたエンジニアを目指せるカリキュラムもあるので、エンジニアとして早く転職したいという人にもおすすめです。

またオンラインでの質問など、現役エンジニアの手厚いサポートを受けられるので、独学ではなかなか学習が進まないという人にも利用をおすすめします。

 

おすすめしない人

Web系のプログラミング学習となるため、Web系以外のプログラミングを学習したい人には、他のプログラミングスクールの利用をおすすめします。ただ、少しでもWeb系のプログラミングを知っておきたい場合であれば、利用するメリットはあります。

 

他におすすめのプログラミングスクール

最後に、他にもおすすめできるプログラミングスクールについても簡単に触れておきます。TECH BOOST(テックブースト)とともに検討してみてください。

 

TECH::EXPERT(テックエキスパート)

未経験からITエンジニアへの転職、フリーランス転向に向けたサポートを行っています。エンジニアへ転職したい方は「転職コース」を、フリーランスエンジニアを目指す方は「副業・フリーランスコース」を選択し、それぞれの立場に沿った学習を進めることができます。

スクールであると同時に、フリーランスも含めたキャリアサポートを行っている点に特徴があります。

 

TechAcademy(テックアカデミー)

プログラミングやアプリ開発などを学べるオンラインのスクールです。現役のプロによるマンツーマンのメンタリングにより、実践的なスキルを習得することが可能です。また、4~16週間近くの短期集中プログラムで学習できる「ブートキャンプ」のほか、1~2週間で必要なスキルを習得できる「トレーニング」もあり、それぞれのニーズに合わせて効率的に学習を進めることができます。

 

DMM WEBCAMP

業界初の転職保証付きプログラミング教室で、未経験・初心者の人でも3ヶ月でエンジニアのスキルを身につけることができます。また、受講完了後3ヶ月以内に就職・転職できなかった場合は全額返金となります。そのため、特に早い段階での就職・転職を考えている方向けのサービスとなっています。

 

GEEK JOB

エンジニアを志望する20代の第二新卒の方やフリーターの方向けに、プログラミング学習・就職支援サービスを提供しています。「GEEK JOB 転職コース」では、プログラミング学習から就職支援、正社員就職まで最短1ヶ月となっています。こちらも、プログラミングを学習しつつ早い段階での就職・転職を希望する方向けのサービスです。

あわせて読みたい

カテゴリー