IT

ポテパンキャンプはどんなプログラミングスクール?本気でWebエンジニアを目指す人におすすめ

ポテパンキャンプは、Webエンジニアとして働くことを目指す人に向けたプログラミングスクールです。コースの中には選抜制のものがあり、受講希望者のモチベーションが問われます。この記事では、ポテパンキャンプのコースの詳細や、メリットとデメリットなどを紹介します。

ポテパンキャンプとは?

ポテパンキャンプは、実践的なカリキュラムにより、本格的なプログラミング学習を受けられるプログラミングスクールです。卒業生の多くはWebエンジニアへの転職に成功しています。Webエンジニアを目指す人のための選抜コースと、プログラミングの基礎を学べるオープンクラスがあります。選抜コース修了後には、自社内開発を行っている1000社以上の企業への就職の斡旋があります。

 

選抜コースは受講の前に選考がある

Webエンジニアとして働くことを目的とする選抜コースでは、事前に履歴書・経歴書をもとにした書類選考と面接が行われます。書類選考では年齢や経歴を問われ、面接では「コミュニケーション能力」や「モチベーション」が問われます。

面接では具体的に、「ポテパンキャンプを志望する理由」「Webエンジニアとしての転職を考えている理由」など、今後のキャリアに関したことが聞かれます。

また、選抜コースの中の「ビギナーコース」ではWeb開発の基礎を学習済みであること、「キャリアコース」ではRailsのチュートリアルとWeb開発の基礎を学習済みであることが応募条件となっているため、一定の技術力も必要となっています。

 

受講者の特徴

受講者の割合は、実務未経験者が5割、Ruby以外の言語経験者や、元システムエンジニア、インフラエンジニアなどWebエンジニア以外での経験があるエンジニアが5割となっています。

 

ポテパンキャンプのカリキュラムは?

エンジニアとしての転職を希望する人は選抜クラスを、まずはプログラミングの基礎を勉強したいという人はオープンクラスを選びましょう。選抜クラスは、開発の現場を想定した実践的な内容のため、高度なカリキュラムになっています。一方オープンクラスは、初心者でもわかりやすくプログラミングを学べるカリキュラムとなっています。

また全クラス、オンラインでの受講が可能で、基本的に質問やレビューはオンライン上で行われます。

 

選抜クラス

Webエンジニアを目指している人向けの、選抜制のハイレベルなクラスです。複数の現役のRailsエンジニアからレビューを受けることができ、実際に現場で求められる技術を学んでいきます。

ビギナーコース

動画の教材を用いて、Ruby on Railsのチュートリアルから始めるコースです。学習の流れとしては、

  1. Web開発基礎
  2. Web開発実践
  3. 品質にこだわる超実践

という順に進めていきます。

応募条件は、一定のWeb開発の基礎を学習済みの、転職意欲のある20代です。料金は15万円(税抜き)で、学習期間は4ヶ月間です。

キャリアコース

Ruby on Railsのチュートリアルレベルの内容をすでに学習している人向けのコースで、Railsのチュートリアルの復習課題と、ECサイトを作成する本課題に挑戦します。学習の流れとしては、

  1. Web開発実践
  2. 品質にこだわる超実践

という順に進めていきます。

応募条件は、Railsのチュートリアルと、HTMLやCSSといったWeb開発の基礎を学習済みの、転職意欲のある20代です。料金は10万円(税抜き)で、学習期間は3ヶ月です。

 

オープンクラス

プログラミング未経験者から入れるクラスです。実際にプログラミングを使えるところまで学ぶことができ、「プログラミングを学びたいが何からやればいいのか分からない」という人に最適です。疑問点はメンターにチャットやビデオ通話で質問することができます。学習の流れとしては、

  1. Web開発基礎
  2. Web開発実践

という順に進めていきます。

年齢は不問で、MacBookを持っていれば受講できます。料金は10万円(税抜き)で、学習期間は2ヶ月です。選抜クラスのように就職先の斡旋は行われないため、ポテパンキャンプを通してエンジニア職につきたい場合は、選抜クラスの受講が必要です。

 

ポテパンキャンプの利用の流れは?

それでは、具体的にポテパンキャンプを利用する際の流れについて確認していきましょう。

ポテパンキャンプの具体的な流れ

  1. カウンセリング(無料)と選考
  2. Railsチュートリアルまたは課題開発
  3. 就活と面談対策
  4. 企業面談
  5. 就活と面談対策

 1.カウンセリング(無料)と選考

はじめに、専門のキャリアカウンセラーによる無料カウンセリングを受けます。選抜コースを受講したい場合は、その後書類選考や面接があり、選考に通ると受講開始です。

 

2. Railsチュートリアルまたは課題開発

ビギナーコースの受講者は、Railsのチュートリアルから受講できます。キャリアコースの受講者は、実践的な課題開発を行なっていきます。未経験でも経験者でもそれぞれのレベルに合わせた指導を受けながら、スキルアップを目指します。学習時間の目安としては、週15〜20時間以上の学習が必要とされています。

 

3. 就活と面談対策

キャリアコンサルタントと、実際にやりたい仕事や方向性を明確にして仕事を探していきます。履歴書・職務経歴書の添削のほか、面談に通りやすくなるアドバイスなども受けることができます。

 

4. 企業面談

やりたい仕事の方向性が見つかったら、希望の企業で面談を行います。ポテパンキャンプを経由しない就職活動も可能です。

 

5. 就職内定(全額キャッシュバック)

ポテパンキャンプ経由で仕事が決まれば、受講料(10万円)を全額キャッシュバックしてくれます。

 

ポテパンキャンプのメリットとデメリット

それでは、ポテパンキャンプの良い点と悪い点を見ていきましょう。

 

良い点

実際の現場での開発を意識した高度なカリキュラムで、個人で学習を進めるため、自分で調べる習慣やスキルが身につきます。また、毎週土曜日に開催される勉強会では、元CTOエンジニアからの質の高いコードレビューが受けられます。

さらに、選抜コース学習修了後には、1000社以上の自社内開発を行っている優良企業の選考を受けることができます。

 

悪い点

実際の現場での開発を意識したカリキュラムのため、難易度が高く、ついていけずに離脱してしまう人もいます。

また事前選考があるため、経歴や年齢によっては受講したくてもできないことがあります。

その他、習得できる言語がRubyのみという点についても注意しましょう。

 

ポテパンキャンプに向いている人・向いていない人

ここまでポテパンキャンプのメリットとデメリットを見てきましたが、それではどのような人がポテパンキャンプの利用に向いていて、どのような人が向いていないのでしょうか。

 

向いている人

  • すでにプログラミング学習を始めている人
  • 自分で学習をきちんと進められる人
  • 市場価値の高い人

既にある程度スキルを身につけている、あるいは実際に異なる言語で働いていた、という人は、ポテパンキャンプの利用に向いています。選抜クラスに入ることができれば、転職の斡旋まで全てポテパンキャンプに任せることができます。

 

向いていない人

  • プログラミング未経験の人
  • 学習中、手厚いサポートを受けたい人
  • 市場価値の低い人

実際の現場を意識したカリキュラムとなっているので、全くパソコンを触ったことがないような人にとっては、難しいかもしれません。

この後の項目で、未経験の人にもおすすめできるプログラミングスクールをご紹介しますので、そちらを検討してみて下さい。

 

他におすすめのプログラミングスクール

ポテパンキャンプ以外にもおすすめのプログラミングスクールを紹介します。色々と比較してみて、自分に合うプログラミングスクールを見つけてみて下さい。

 

TechAcademy(テックアカデミー)

コースが数多くあり、自分の目的に合わせて学習できます。また、学習期間は最長でも16週間のため短期集中で学ぶことができます。マンツーマンで指導してもらえる点もポイントです。

 

CodeCamp(コードキャンプ)

ビデオ通話によるオンラインレッスンで、プログラミングを基礎から学べます。講師は現役のエンジニアのため、現場で実際に使える技術を習得することが可能です。

 

DMM WEBCAMP(ウェブキャンプ)

プログラミング未経験者でも、正社員やフリーランスのエンジニアを目指せるレベルまでスキルアップできます。カリキュラムには、プログラミングの基礎から、実際の現場に近いチーム開発まで組み込まれており、転職後すぐに活躍できるようになっています。

 

TECH::EXPERT(テックエキスパート)

プログラミング未経験から、エンジニアとしての転職や、フリーランスとしての活動を目指せます。個人の学習スタイルによって通学かオンラインかを選ぶことができるほか、専任のライフコーチによるカウンセリングもあるため、途中で挫折してしまうことがほとんどありません。

 

GEEK JOB(ギークジョブ)

20代向けに、プログラミング技術の習得と、就職支援をセットで提供しています。現役のプログラマーが指導を行い、最短1ヶ月で就職できるレベルまでスキルアップできます。

あわせて読みたい

カテゴリー