地方に強いおすすめ転職エージェントは?地方の転職について解説

転職エージェントを活用する際は、エージェントによって紹介を受ける求人数や得意な業界・職種が異なることに注意しましょう。キャリアコンサルタントのレベルやサポートの充実度にも差があるので、複数のエージェントを比較して自分に合った転職エージェントを選ぶことが重要です。地方への転職を検討している場合は、求人数が豊富な大手総合転職エージェントに加えて、地域密着型の地元に特化した転職エージェントを併用すると良いでしょう。

地方企業の現状について

地方公務員の年収

都心部と比べると物価水準が安い地方では、人件費も抑制される傾向があります。そのため、業務内容がほぼ同じでも、地方では都心部と比べて給料が安くなるケースが多いです。

ただし、地方創生の観点などから国が地方企業に対して補助金を支給するなどの動きが見られています。地方企業が助成金を活用することで採用コストを抑えられれば、積極的に求人を出しやすくなります。さらに地方での転職希望者数は、都市部に比べると少ないため、正社員として転職できるハードルも下がると考えておきましょう。

 

地方の転職について

地元に戻るUターンや、都会出身者が地方に向かうIターンで転職すると、生活の中のストレスが緩和されるメリットがあります。混雑した通勤電車に長時間乗る必要がなくなるほか、自然に囲まれた暮らしも実現しやすいです。

 

Uターン転職

地方出身者が、進学を機に都会に引っ越し、卒業後に地元に戻ることをUターン転職と言います。また、地方出身者が卒業後に一度都会で就職し、後に転職して地元に戻るケースもUターン転職です。

 

Iターン転職

都会育ちの人が転職で地方に移住することをIターン転職と言います。都会で育ったものの、喧騒があまり好きでないなどの場合はIターン転職を検討してみましょう。

 

地方での転職の仕方

地方転職を実現するには、幅広い求人を抱える大手転職エージェントに登録することが効果的です。加えて地方の転職エージェントと併用すると、より求人を見つけやすくなります。

転職フェアなどに参加して、自分が行きたい地方の支社勤務の案件を探してみてもよいでしょう。インターネット検索などでは地方企業の情報が十分に得られないケースもあるので、実際に現地まで足を運んで情報収集するのも1つの方法です。

 

地方から東京へ転職

地方から東京に転職したい場合は、大手転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントは東京に数多く存在し、競争が激しいため各社とも地方から東京への求人サポートにも熱心に取り組む傾向があります。

 

東京から地方へ転職

東京から地方への転職を希望する場合、総合型の大手転職エージェントに加えて、地方特化型のエージェントも使ってみましょう。総合型転職エージェントは、豊富な求人数と高品質なコンサルタントが魅力です。一方、地方特化型の転職エージェントでは、地元企業の情報をより詳しく入手しやすいです。

ただし、地域によっては地元特化型の転職エージェントが存在しない場合もあります。ハローワークや商工会議所から情報を得たり、企業に直接問い合わせたりすることも検討してみてください。

 

地方での転職の問題点

地方は元々求人数が少なく、限られた選択肢の中で魅力的な求人を見つけるのはなかなか難しいです。そのため、若年層が地方で就職したがらない傾向にあります。

 

地方の転職エージェントが少ない理由

地方では、都市部と比べて求人職種や業種が限られます。そのため、専門性の高い転職エージェントが生まれにくくなっています。特に人口が少ない地域では、求人数も少なくなりがちなため、転職エージェントサービスの運営が難しくなっています。

また、小規模な企業の求人情報は入手が難しい場合もあり、転職エージェントよりも自治体の方が多くの求人情報を抱えていることもあります。そのため転職エージェントは、多くの転職マッチングを成功させて報酬を集めやすい都心部に集中しがちです。

 

転職エージェントの使い方

転職エージェントを利用する場合は、まず登録を行います。登録が完了すると、キャリアコンサルタントからメールや電話で面談案内を受けます。面談では、自分が希望する転職条件などについてコンサルタントに相談しましょう。コンサルタントは利用者の希望やキャリアを踏まえて求人や企業情報を紹介してくれます。

その後、面接対策や職務経歴書の添削指導など、内定の獲得率アップに役立つサポートが受けられるようになります。企業との面談日程調整などはコンサルタントが代行してくれるケースが多いです。内定を得たのちも、退職をスムーズに進めるためのアドバイスなどを受けられます。

 

転職エージェントの利用のコツ

転職エージェントをうまく利用するには、良い求人を紹介された後、すぐに転職する意志を伝えることが大切です。また、コンサルタントは転職後すぐに辞められるとペナルティを受けるケースがあるため、前職の退職理由がネガティブな場合はリアルに伝えすぎないことも意識しましょう。

面談に遅刻する場合は必ず連絡を入れることや、経歴詐称をしないことも当然です。加えて、スカウトメールを送ってほしいと依頼した場合は、2週間に1度くらいの頻度で連絡を入れることで、案件紹介を後回しにされるリスクを抑えられます。

転職成功には担当のキャリアアドバイザーとの相性も大切なので、不満があれば交代を希望してください。推薦文などが練られていないことも考えられるので、推薦文はアドバイザーに頼みきりではなく自分でも確認しましょう。複数の転職エージェントを併用する場合は、同じ案件への重複応募にも要注意です。

 

地方の転職におすすめの総合転職エージェント8選

大手総合エージェントは、地方も含めた幅広い求人を抱えているケースが多いです。転職ノウハウが蓄積されており、充実したサポートにも期待できます。地方転職にも強いところを含めて、大手総合転職エージェントを見ていきましょう。

1.リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手です。公開求人数4万件超、非公開求人数16万件超と豊富な求人案件を誇ります。東京のみならず、全国の求人数でも公開データではトップとなっています。

地方求人も他社と比べて格段に多く、地方での転職を考えている人にもおすすめです。20代、30代に強みがあり、幅広い職種や業種をフォローしているので、まず利用してみると良いでしょう。地方では宇都宮や岡山、札幌、仙台などに拠点があります。

 

2.doda(デューダ)

主に20代〜30代を対象にした、総合型転職エージェントです。全国規模で求人をカバーしており、その数は非公開求人も含めて10万件以上となっています。利用者の属性としては、第二新卒・既卒・フリーターから、ハイキャリア・管理職までが想定されています。

また、女性の転職に特化したページも用意されています。定期的に転職フェアやセミナーが開催されており、転職ノウハウや、キャリアアップのヒントなどを得ることができます。

 

3.JACリクルートメント(ジェイエイシーリクルートメント)

外資系転職に強みを持つ転職エージェントには、JACリクルートメント(ジェイエイシーリクルートメント)があります。外資系の転職エージェントとして、ハイキャリア案件においてはトップクラスの量と質を誇るエージェントです。20代~40代で、職務経歴やスキルに自信がある方は利用を検討してみてください。幅広い職種・業種に対応しており、役員クラス以上の経営層求人も見られます。地方では静岡、京都、神戸に拠点があります。公開求人数は5000件超で、非公開求人比率は約6割です。

 

4.パソナキャリア

パソナキャリアは人材派遣サービス2位のパソナによる運営です。1万6000社以上との取引実績があり、公開求人数4万件超・非公開求人数2万件超のほか、充実したサポートも人気のポイントです。20代に強みを持っているので、最初の転職に不安を抱えている人はぜひ登録してみてください。東京の他には、大阪・名古屋・静岡・広島・福岡に拠点を持ちます。

 

5.ワークポート

IT系業種に特化している転職エージェントにはワークポートがあります。専門性が高く、ノウハウが蓄積されているため高品質なサポートに期待できます。20代、30代でIT系業種に転職したい場合は特におすすめです。東京に加えて、仙台、横浜、埼玉、名古屋、大阪、神戸、福岡に拠点があります。

 

6.Spring転職エージェント

7500社との取引がある外資系転職エージェントに、Spring転職エージェントがあります。外資系企業やグローバル企業への転職に強みがあります。非公開求人の割合が80%程度と高く、公開求人数2万件超も魅力的な点です。東京の他、札幌、仙台、つくば、名古屋、大阪、岡山、広島、福岡など地方にも拠点を持つため地方在住者でも利用しやすいです。

 

7.マイナビエージェント

主に20代〜30代を対象とした総合型の転職エージェントです。全国の求人をカバーしており、特に優良な中小企業の求人を多く扱っています。求人票だけでは分からない、企業の社風や雰囲気、入社後のキャリアパスといった情報を網羅しており、後悔のない転職を実現させる手助けをしています。また、第二新卒や女性に特化した転職情報が載っているサイトもあります。

 

8.ランスタッド

ランスタッドは高年収案件を多く抱える外資系転職エージェントです。全国的に拠点があるため、メーカーや医療系の転職を希望する20代は利用を検討してみましょう。

 

関東地方以外の地域別おすすめ転職エージェント

地方転職を成功させるには、地域密着型のエージェントを利用することも選択肢の1つです。転職サポートでの面談は、対面ではなく電話などになるケースがありますが、地域に密着した企業の案件に出会えるチャンスは広がります。そこで、関東地方以外の地域別おすすめ転職エージェントを紹介します。

 

北海道

北海道へのUターン・Iターン転職を考えているなら、リージョナルキャリア北海道がおすすめです。30代からの転職に力を入れています。転職サイトのジョブキタもあわせてチェックしてみると良いでしょう。

 

東北

東北地方では、宮城県と福島県のおすすめエージェントを取り上げます。

宮城県

宮城県ではヒューレックスがおすすめです。「大手サイトに掲載されない求人数No.1」を誇っており、大手転職エージェントとの併用で出会える求人数を増やしてみましょう。

福島県

福島県への転職ではリージョナルキャリア福島の利用を検討してみましょう。2019年3月12日時点でサービスが一時休止となっていますが、リージョナルキャリア全国版は利用可能です。

 

中部・東海

中部・東海エリアでは新潟県・長野県・富山県・石川県・福井県・静岡県・愛知県の転職エージェントを紹介します。

新潟県

新潟県では、リージョナルキャリア新潟を利用できます。2019年3月12日時点で500件超の公開求人があるため、チェックしてみてもよいでしょう。その他に公開求人件数では新潟県トップを誇る、にいがた就職応援団キャリアへの登録もおすすめです。

長野県

長野県専門の転職サポート企業にはE-CUREがあります。IT系企業への転職実績などが紹介されています。長野県へのIターン・Uターン転職希望者はリージョナルキャリア長野も要チェックです。

富山県

富山県では、北陸エリアの転職に強みを持つ人材情報センターが利用できます。充実したサポートを売りにしており、転職に不安のある方にもおすすめです。リージョナルキャリア富山と併用してみてもよいでしょう。

石川県・福井県

石川県・福井県では、富山県でも利用できる人材情報センターがおすすめです。県内の特定エリアに限定した案件を探せます。

静岡県

静岡県ではリージョナルキャリア静岡のほか、静岡U・Iターン就職サポートセンターも利用候補です。東京からも比較的アクセスしやすいエリアなので、都会から離れすぎずにIターン転職をしたい人はぜひチェックしてみてください。

愛知県

愛知県ではパーソネルがおすすめです。カウンセリングを丁寧に行い、転職希望者が本音を伝えながら転職相談を進めやすい環境整備に力を入れています。

 

関西

関西エリアでは、三重県と京都府のおすすめ転職エージェントを見ていきましょう。

三重県

三重県ではリージョナルキャリア三重がおすすめ転職エージェントです。地方での正社員案件を探している人も確認してみましょう。

京都府

コトコトは正社員案件に強みを持つ地域密着型転職エージェントです。特に転勤ナシ案件の紹介が多く、利用満足度の高さにも安心できます。

 

中国・四国

中国・四国地方では、香川県・岡山県・広島県の転職エージェントを紹介します。

香川県

香川県ではリージョナルキャリア香川に加えて、キャプラ転職エージェントを利用できます。岡山・愛媛など隣接県での求人案件も探せる点が魅力です。

岡山県

キャプラ転職エージェントは岡山県でも利用できます。すでにUターン転職やIターン転職の実績がある求人などをチェックしてみましょう。あわせてリージョナルキャリア岡山の利用も検討してみてください。

広島県

瀬戸内地域の求人を抱えるキャプラ転職エージェントがおすすめです。リージョナルキャリア広島とも併用しながら、年収500万円以上などの案件を探してみてはいかがでしょうか。

 

九州・沖縄

九州・沖縄エリアでは、福岡県と熊本県のおすすめ転職エージェントをチェックします。

福岡県

アソウ・ヒューマニーセンターは、新卒・第二新卒向けの転職サービスが特徴です。技術者や医療関係者の転職サポートにも実績があるので、福岡県への転職を検討しているならまずはアソウ・ヒューマニーセンターを確認してみましょう。

熊本県

熊本県への転職ならリージョナルキャリア熊本を利用してみてください。例えば年収400万円以上の案件などに絞り込んで、条件面で期待できる地方求人を探すことが可能です。

 

最後に

地方への転職をするなら、大手転職エージェントに加えて地域密着型のエージェントを使うと良いです。地方転職では求人数が限られがちなので、複数の転職エージェントを併用するなど、転職エージェントのサポートを積極活用して希望に合った求人探しをスムーズに進めてみてください。


カテゴリー