ビズリーチを利用する上でのポイントやメリットは?ハイクラス層の転職に強い?

ビズリーチは、高年収案件を多く扱っており、企業の幹部や管理職といったエグゼクティブ向けの転職サイトです。利用者が求人に応募するだけでなく、企業やヘッドハンターからスカウトが届く仕様になっています。この記事ではビズリーチの特徴や、利用の仕方、メリット・デメリットなどを紹介します。

ビズリーチとは?

ビズリーチは、管理職や幹部といったエグゼクティブの転職を多数実現させています。

通常の転職エージェントのようにコンサルタントから求人紹介を受ける形式ではなく、自ら求人に応募したり、企業やヘッドハンターからスカウトを受けたりすることで、企業と直接コミュニケーションをとって転職活動を行います。企業やヘッドハンターが高い関心を持った人に送る特別なスカウト「プラチナスカウト」へは無料で返信できる点が魅力の1つです。

登録しているヘッドハンターは約3,000人と多く、転職成功者のうち8割以上が「スカウトへの返信」が転職のきっかけになっています。

 

サービスの特徴

ビズリーチには2つの特徴があります。

それは、基本的に有料であるということと、スカウト制であるということです。

利用プラン

ビズリーチの利用プランは、無料のスタンダードと有料のプレミアムがあります。

スカウトを試しに受けてみたいなど、試験的に利用したい場合はスタンダードで十分です。一方、転職先探しに意欲的に取り組みたい場合は、プレミアムに登録した方が良いでしょう。

プレミアムプランに登録すると、ビズリーチの審査によって会員クラスが決定されます。タレント会員と認定された場合は30日で2,980円+税、ハイクラス会員と認定された場合は30日で4,980円+税で利用できます。

利用料を払えば、求人やスカウトの閲覧・返信など、ビズリーチが提供する機能をフルに活用できるようになります。無料で利用したい場合でも、公募求人の閲覧など一部機能は利用できます。企業が掲載している求人や、ヘッドハンターから提供される求人に応募したい場合は、プレミアムコースを利用しましょう。

スカウト制

ビズリーチでは、利用者の職務経歴書に関心のある企業やヘッドハンターからスカウトが届きます。

会員登録を行うと、企業やヘッドハンター向けに職務経歴が公開されます。ただし、名前やメールアドレスといった情報は、利用者による応募やスカウトへの返信時に、利用者が同意した場合のみ公開されるので安心です。

また特定企業に向けて職務経歴書を非公開に設定できるため、ビズリーチに登録して転職活動をしていることが、今の勤務先に伝わらずにすみます。転職成功後も登録情報の設定を非公開に切り替えるなどの形で登録内容を残しておくと、再び転職活動をする際にスムーズに利用することが可能です。

 

会社概要

ビズリーチは、株式会社ビズリーチによって運営されています。同社はビズリーチの他、20代向けの転職サイト「キャリトレ」や、求人検索エンジン「スタンバイ」なども提供しています。幅広い転職サービスを提供している企業であり、多くのノウハウを持っていることから、様々なサポートを提供してくれます。

 

ビズリーチが扱っている求人はどんな企業?

ビズリーチでは高年収案件の求人が多いです。3分の1以上が年収1,000万円超の求人であり、ハイクラス求人が多いことがわかります。

 

おすすめ求人がテーマごとに特集としてまとめられている

さまざまな求人がある中で、おすすめの求人はテーマ別に特集でまとめられています。例えば「スポーツ業界求人特集」や「関西優良企業特集」などがあります。自分が興味の持てるテーマの特集をチェックしてみると良いでしょう。

 

職種・業種

10万件を超える公開求人の他、非公開求人も合わせて職種や業種別などの検索が可能です。経営や人事、IT技術職、マーケティングなど多岐にわたる職種の求人をチェックできます。業種の幅も広く、不動産やIT、金融やメーカー、小売、商社など多様な求人に出会えるチャンスがあります。

 

ビズリーチの利用方法と利用する上でのポイントは?

では、ビズリーチの利用方法や利用上のポイントを見ていきましょう。

  1. 会員登録
  2. スカウト
  3. 企業との面接
  4. 内定
  5. 内定承諾

1.会員登録

まずは無料の会員登録を行い、職務経歴書を記入します。

職務経歴書の作成のコツ

充実した職務経歴書を作成できれば、企業やヘッドハンターからスカウトを受けやすくなります。そこで、職務経歴書作成のコツを知っておきましょう。

職務経歴書には、自分の経歴を振り返った上で、得た経験やスキルをどう活かせるのかを具体的に記入します。自分が経験した業界・業務、担った役割・責任、成果を明示するのが基本です。

自分が伝えたい内容ではなく、企業側が知りたいことを意識して記入を進めると良いでしょう。自分が挙げた成果を数値データと共に記載すれば説得力が増します。転職活動の途中で業務内容が変わった場合は、職務経歴書の内容も更新してください。

 

2.スカウト

職務経歴書が完成したら、求人に自ら応募してみるほか、企業やヘッドハンターからのスカウトを待ちます。

企業と直接やり取りをする場合

企業からスカウトが届いた場合は、他の求職者でポジションが埋まる可能性があるため、早めに内容確認を済ませて返信することが望ましいです。

またスカウト以外にも、企業が掲載している求人を検索して自分からアプローチしていくこともできます。ビズリーチが提供する「求人案内」メールも利用すれば、より多くの求人案件に出会えるチャンスとなります。

ヘッドハンターのサポートを受ける場合

スカウトが企業ではなくヘッドハンターから届いた場合も、速やかに返信するのが理想です。求人検索ページから「ヘッドハンター案件」というラベルがついている求人をチェックしてみてもよいでしょう。ヘッドハンターをランク分けした「ビズリーチスコア」を参考にしながらヘッドハンター検索をする方法もあります。

ヘッドハンターに直接会って、秘匿性の高い非公開求人を狙ったり、面接対策などの転職サポートを受けたりすることを目指すのも一つの方法です。

 

3.企業との面接

企業との面接では、企業側と求職者の双方が相性を見極めることになります。ヘッドハンターを利用した場合は、面接の調整や面接対策などのサポートを受けることができます。

 

4.内定

内定が出れば、内定通知書に記載されている条件などを丁寧に確認し、気になる点があれば企業側に問い合わせてください。ヘッドハンターのサポートを受けている場合は、年収を含めた条件交渉や、入社スケジュールの調整などを行ってもらえます。

 

5.内定承諾

内定承諾を行うと、ビズリーチ経由で転職が決定した会員向けのお祝いを受け取ることができます。

 

ビズリーチを利用するメリットとデメリットは?

次に、ビズリーチを利用するメリット・デメリットを確認しましょう。

 

メリット

ビズリーチは高年収の求人が豊富です。そのため、年収アップを希望して転職活動を進めている人には大きなメリットがあります。

また自らヘッドハンターを選べるため、優秀な担当者を発掘できるかもしれません。ハイクラス求人のスカウトを受けられる可能性があるのも魅力です。

スカウトに返信するべき3つのメリット

スカウトが届いた場合は、スムーズに返信することが望ましいです。

【1.自分の市場価値がわかる】

理由としてはまず、自らの転職市場での価値がわかる点が挙げられます。スカウトメッセージを確認し、自分のどの点が評価されているのかを把握しましょう。客観的な視点からの評価を知ることで、転職市場での自分の立ち位置を再確認できます。

【2.キャリアの可能性が広がる】

また、意外なキャリアの可能性が広がることもあり得ます。スカウトに意外性を感じた場合も、関心があるようであれば返信をして可能性を探ってみましょう。また関心のないスカウトの場合でも、返信して自らの希望をより的確に伝えることで別の案件に出会える場合があります。

【3.キャリアカウンセリングが受けられる】

さらにキャリアカウンセリングを受けられることも、スカウトに返信するメリットです。特にビズリーチのランク分けで上位2%程度しか存在しないSランク・Aランクのヘッドハンターからスカウトが届いた場合は、一度直接コミュニケーションをとる機会を作ってみることをおすすめします。優秀なヘッドハンターとパイプを作っておけば、すぐに転職する必要はなくても、将来的な転職活動の際に魅力的な案件と出会えるチャンスが広がります。

 

デメリット

ビズリーチ掲載の求人案件の中には、他の転職エージェントの非公開求人案件と重なっているものが含まれる可能性が少なからずあります。そのため、わざわざコストをかけてまで利用する必要性を感じない人もいるでしょう。一般的な転職エージェントは転職サイトと異なり、面接対策・書類添削などの転職サポートも無料で提供してくれます。

また、質の低いヘッドハンターが含まれている、短期間での転職実現には向かないといった意見も見られます。短期間で効率よく転職先を見つけたい場合は、ハイキャリア転職に強みを持つ「JACリクルートメント」や、外資系求人も豊富な「Spring転職エージェント」、豊富な案件数が魅力の「リクルートエージェント」などを活用してください。

 

ビズリーチの利用をおすすめする人

ビズリーチでは、ステップアップを望んでいて、即戦力となれる人を主なターゲットとしています。

年収500万円超の人や、管理職経験者などはぜひビズリーチを利用してみましょう。

 

ビズリーチの他に併用すべき転職サイト

転職を成功させるためには、ビズリーチだけでなく他の転職サイトも併せて使ってみることをおすすめします。複数の転職エージェントを利用することで、幅広い案件を見ることができます。

ここでは、併用がおすすめの転職サイトを3つご紹介します。

 

JACリクルートメント

JACリクルートメントは外資系求人が多いです。ハイキャリア転職で外資系を狙いたい場合はぜひ利用してみましょう。

 

Spring転職エージェント

JACリクルートメントに次いで外資系求人に期待できるのがSpring転職エージェントです。海外勤務を希望している場合は、併せて利用してみることをおすすめします。

 

リクルートエージェント

とにかく多くの求人案件と出会いたい場合は、リクルートエージェントがおすすめです。圧倒的な求人数を誇っており、自分の希望に合った求人と出会えるチャンスが広がります。

あわせて読みたい

カテゴリー