20代で年収1000万円は可能?割合は?額面や手取り、生活は?

マネー

20代で年収1000万円の人は20代全体の0.2%。手取りは月額約45万6000円。ひと月あたり自由になるお金は26万6000円。少し生活レベルをあげるとほとんど貯金はできない現実も。20代で年収1000万円を稼ぐ人はどのような人なのでしょうか。この記事では、20代で年収1000万円を稼ぐ人の割合や職種、手取り、生活や家族構成ごとのお金の使い方についてまとめました。

20代で年収1000万円は可能?全体の何%?

shutterstock_310090772

総務省統計局の調査によると、2014年の20代の人口約1300万人のうち、働いている人は約1000万人です。

転職サービスDODAの「平均年収ランキング2015(約22万人がデータ基)」では、20代で年収1000万円以上を稼ぐ人の割合は、20代全体の上位0.2%としています。

20代の労働人口は約1000万人なので、20代で年収1000万円以上の人は日本に約2万人しかいないことになります。

もし周囲に年収1000万円以上の20代がいたら、その人は20代の500人に1人の割合しかいない、レアな人なのです。

 

20代で年収1000万円の人の職種や業種は?

20代で年収1000万円を越える主な業種は

  • 金融
  • 総合商社
  • コンサル
  • その他業種の外資系企業

です。国内企業における金融、総合商社、コンサルのなかでも20代で年収1000万円を超える人はトップ層に限られます。

外資系のなかでも利益率が高い広告、医療・医薬品(主にMR)、ITなどのビジネスに限られます。

職種では

  • 金融トレーダー、アナリスト
  • 営業職(MR含む)
  • コンサルタント(アソシエイトではない)

などの職種になります。金融トレーダーや営業職では成果を出し、インセンティブで多く稼ぐ必要があります。

日本において、企業が20代に1000万円の年収を支給するのは、実力主義の世界で勝利し、インセンティブで稼ぐスタンスがベースとなるのです。

 

 

20代で年収1000万円、額面や手取りは?

shutterstock_112558970

ボーナス 算式 手取り給与
支給単位 支給回数 月額
2ヶ月 年2回 1000万円 / 16ヶ月 * 73% 45.6万円
2ヶ月 年1回 1000万円 / 14ヶ月 * 73% 52.1万円
0ヶ月 1000万円 / 12ヶ月 * 73% 60.8万円

年収1000万の方で、

  • 独身
  • 養っている家族(扶養家族)なし
  • 生命保険の加入なし
  • ボーナスは2ヶ月分で年2回支給

の条件で概算すると、月の手取りは約45万6000円です。同条件で「ボーナス2ヶ月分で年1回の支給」の場合の手取りは約52万1000円、「ボーナス無し」だと約61万8000円です。

年収1000万円の場合、年収から引かれる「税金と社会保険料」は年間約270万円ほどになります。

年収300万円だと手取り年収は額面の80%ですが、年収1000万円になると73%にまで下がるのです。案外知らない人も多い事実といえます。

 

年収1000万円の20代、独身の人の生活は?

shutterstock_295479005

20代で年収1000万円を受け取ると、どのような生活ができるのでしょうか。

  • 勤務先が東京、大阪、名古屋など都市部
  • 1人暮らし
  • 寮・社宅制度なし

の前提で考えます。

お部屋探し物件情報サイトSUUMO(スーモ)によると、東京23区のワンルームマンションで平均家賃の最も安いのは葛飾区の6.1万円、最も高いのは港区の10.1万円です。

年収1000万円を超えると平均よりも良いところに住みたくなる人も多いため、家賃を13万円として考えます。

光熱費が1万円、携帯など通信費が1万円、食費が3万円、その他費用(日用品、移動費など)が1万円とすると、19万円が「必ずかかるお金」=固定費となります。最も大きな支出は「家賃」です。

ひと月の手取りを46万円として想定すると、ひと月あたり自由になる金額は27万円です。一週間に換算すると6万7500円が自由に使えることになります。

こう考えるとたくさんあるように感じますが、年収が1000万円を超えると無駄遣いが増えることもあります。

  • 1回飲みに行くと8000円位を平均で使う(週2万4000円、月9万6000円)
  • デート代や後輩との食事をおごる(月に2回。1回1万5000円(合計3万円)
  • 土日に1万5000円位使う(月合計6万円)
  • タクシーも週に5000円位乗る(月合計2万円)

といった支出をすると、月に合計20万8000円になります。残るお金は6万2000円です。

年収1000万円も稼いでいるのに、月に残るお金が6万2000円とは少なく感じる人もいるのではないでしょうか。

年収1000万円を超えると気持ちの面でゆとりができ、ついつい無駄使いをしてしまう人は多いのがその理由です。

年収1000万円といっても、税金と社会保険料で270万円を無条件でもっていかれるので、それだけで手取りは730万円に下がります。

「年収が上がれば生活レベルもあげる」というスタンスでいる限りは、月に残るお金が増えることはないのです。

 

年収1000万円の20代独身、貯金や保険は?投資や運用は?

年収1000万円の20代独身の方におすすめの貯蓄や保険、また、投資や運用について、ボーナスは2ヶ月分で年2回支給の条件を前提に、下記の表の通りにまとめました。

ライフステージ毎におすすめな自由なお金の使途割合

お金区分 月間金額割合
独身 出産前 出産後
つかうお金 10% 10% 5%
まもるお金 20% 40% 55%
ふやすお金 70% 50% 40%

20代独身のビジネスパーソンにおすすめな自由なお金の月額配分

自由な金額
(ボーナス時)
月間金額
つかうお金 まもるお金 ふやすお金
27万円 2万7000円 5万4000円 18万9000円
(118万円) 11万8000円 23万7000円 82万8000円

上記の表で使用している「つかうお金」「まもるお金」「ふやすお金」の意味は下記の通りです。詳しくは関連記事にまとめていますので、あわせてご参照くださいね。

「つかうお金」

生きる上で必要なお金の消費を指します。この記事の場合、生活に「必ずかかるお金」は既に差し引いているため、娯楽費や遊興費が「つかうお金」に当たります。

「まもるお金」

貯蓄と保険を指します。急な出費やまとまったお金の出費への積立、万が一の際に家族を守るための備えが「まもるお金」に当たります。

「ふやすお金」

投資と運用を指します。金融商品や不動産などの資産運用だけでなく、書籍や人とのネットワーキングなど自分の価値と高めたり、生活を豊かにするための投資や運用が「ふやすお金」に当たります。

 

結婚前のビジネスパーソンへは、投資や運用といった「ふやすお金」の割合を大きくすることをおすすめします。

年収1000万円の独身の場合、無理をすることなく「ふやすお金」を確保できます。ただ、収入が多いだけに、遊興費や娯楽費に多くの金額を使いがちなので、注意が必要です。

結婚前で生命保険や医療保険が最小限に抑えられる貴重な時期を有効活用し、「ふやすお金」をさらに大きくすることがおすすめです。

貯金額は月額給与の3ヶ月分から半年分が理想といわれています。「まもるお金」を全額貯金とした場合、1年間で101万4000円のお金が貯まる計算になります。

目標とする貯金額が貯まったら、「ふやすお金」の割合を大きくすることもおすすめですよ。

年収1000万円の20代出産前夫婦の生活とは?

shutterstock_275055794

年収1000万円の20代出産前夫婦の場合、どのような生活ができるのでしょうか。

  • 既婚
  • 養っている家族(扶養家族)なし
  • 勤務先が東京、大阪、名古屋など都市部
  • 2人暮らし
  • 社宅制度なし

の前提で考えた場合も、一番大きな支出は「家賃」です。

同じく「HOME’S」によると、東京23区内の30平メートル以上の1LDKの家賃相場は、足立区が最も安くて7.5万円、港区が最も高くて19.2万円ですので、家賃は18万円程とします。

光熱費が1.5万円、携帯など通信費が2万円、食費が5万円、その他費用(日用品、移動費など)が1.5万円とすると、28万円が「必ず掛かるお金」です。

月額手取りが46万円とすると、1ヶ月で自由になるお金は18万円程度になります。1週間に割ると2万2500円です。

夫婦それぞれが「週に2回ずつ飲みに行く(1回5000円)」、「週末にでかけてランチをする(2人分で1回2500円)」としても、1ヶ月で9万円の余りが出る計算になります。

 

年収1000万円の20代出産前夫婦、貯金や保険は?投資や運用は?

年収700万円の20代出産前夫婦におすすめの貯蓄や保険、また、投資や運用について、ボーナスは2ヶ月分で年2回支給の条件を前提に、1ヶ月で自由になるお金18万円の配分を、下記の表の通りにまとめました。

ライフステージ毎におすすめな自由なお金の使途割合

お金区分 月間金額割合
独身 出産前 出産後
つかうお金 10% 10% 5%
まもるお金 20% 40% 55%
ふやすお金 70% 50% 40%

20代出産前の家庭におすすめな自由なお金の月額配分

自由な金額
(ボーナス時)
月間金額
つかうお金 まもるお金 ふやすお金
18万円 1万8000円 7万2000円 9万円
(109万円) 10万9000円 43万7000円 54万6000円

結婚後は貯金に加えて、保険が加わるため「まもるお金」の割合が大きくなります。

具体的には、夫婦それぞれの生命保険と医療保険がかかります。特に、奥さんの妊娠後の医療保険加入が難しいため、結婚直後に加入することが一般的です。

年収1000万円の出産前家庭の場合、1年間で「まもるお金」を159万4000円、「ふやすお金」を199万2000円とすることができますよ。

出産前の「ふやすお金」の割合は、独身の時に比べて下がるものの、出産後よりも大きくできる時期です。大きなお金であるため、経験も資産運用も多くの選択肢を持つことができます。

ただ、金額にも限度があることを忘れてしまいがちな収入レベルともいうことができます。計画的にお金の管理に勤めながら、「ふやすお金」を有効に使うことがおすすめですよ。

 

年収1000万円の20代子持ち夫婦の生活とは?

shutterstock_209210668

年収1000万円の20代子持ち夫婦(子供は1人)の場合、どのような生活ができるのでしょうか。

  • 既婚
  • 養っている家族(扶養家族) 2人
  • 勤務先が東京、大阪、名古屋など都市部
  • 3人暮らし
  • 社宅制度なし

の前提で考えた場合も、一番大きな支出は「家賃」です。

出産直後夫婦の家の間取りは、出産前と同程度と仮定し、家賃は18万円程とします。

育休中の奥さんの在宅を仮定し、光熱費を5000円アップの2万円、携帯など通信費が2万円、乳幼児に必要な食費を仮定し、食費が1万円アップの6万円、その他費用(日用品、移動費、育児費用など)も5000円アップの2万円とすると、30万円が「必ず掛かるお金」です。

月額手取りが46万円とすると、1ヶ月で自由になるお金は16万円程度になります。1週間に割ると4万円です。

「週に2度、旦那さんか奥さんいずれかが飲み会へ行く(1人分で1回5000円)」、「毎週末に家族で出かけてランチをする(大人2人分で1回2500円)」として5万円が掛かるとしても、月に11万円のお金残る収入レベルです。

 

年収1000万円の20代子持ち夫婦、貯金や保険は?投資や運用は?

年収1000万円の20代子持ち夫婦におすすめの貯蓄や保険、また、投資や運用について、ボーナスは2ヶ月分で年2回支給の条件を前提に、1ヶ月で自由になるお金16万円の配分を、下記の表の通りにまとめました。

ライフステージ毎におすすめな自由なお金の使途割合

お金区分 月間金額割合
独身 出産前 出産後
つかうお金 10% 10% 5%
まもるお金 20% 40% 55%
ふやすお金 70% 50% 40%

20代出産後の家庭におすすめな自由なお金の月額配分

自由な金額
(ボーナス時)
月間金額
つかうお金 まもるお金 ふやすお金
16万円 8000円 8万8000円 6万4000円
(107万円) 5万4000円 59万円 42万9000円

出産後は、教育積立を目的とした貯金や保険への加入が一般的です。そのため、出産前に比べて、より「まもるお金」の割合が増えることになります。

年収1000万円の出産後家庭の場合、1年間での「ふやすお金」は206万円、「ふやすお金」は149万8000円となります。

つい、週末に家族で外出した時の「つかうお金」が大きくなりがちです。「つかうお金」の上限額は夫婦で話し合っておくことをおすすめします。

年収1000万円の家庭の場合、2人目を出産しても「まもるお金」「ふやすお金」を保ちながら生活を送ることができます。

ただ、贅沢をしてしまうと家族4人の出費により、「つかうお金」が大きくなりやすいです。

子供の教育費にかけるかお金の金額を夫婦で相談し、上限を設けながら「つかうお金」の金額を管理することがおすすめです。

「まもるお金」「ふやすお金」も大きな金額のため、FPを交えて話し合ってみることがおすすめです。

 

人生プランに合わせて貯蓄する

shutterstock_234370600

この記事のアクションアイテムは

「人生プランを計画し、貯金に回す割合を決める」です。

20代で年収1000万円の人は、人生の転機に必要な費用を短期間で貯められる人です。

ただ、誘惑に負けて無駄遣いが増えると、いつまで経っても貯金できません。とはいえ、稼いだお金をすべて貯金をしていても面白くありませんよね。

だからこそ重要になるのが人生プランです。クルマや住宅の購入、結婚の有無、子どもが何人欲しいか、将来独立・起業をする予定があるかなど、自分が将来やりたいことを洗い出します。

やりたいことのためにいくら貯金に回しておくかを決めて、貯金に回す割合を決めるのです。

本田静六という有名な資産家は、

・定期収入の25%は無条件で天引き貯金
・臨時収入の100%は貯金

というルールを25歳から40歳まで継続しました。その結果、40歳以降は年収よりも貯めたお金を投資に回したリターンの方が高くなったといいます。何をするのもまずは基となる資金が必要です。

本田静六の貯蓄法などを参考にしながら、人生計画を基にして貯蓄をしてくださいね。