TECH::CAMP(テックキャンプ)で最先端のスキルを身につけられるのか?

TECH::CAMP(テックキャンプ)は、プログラミングを学ぶことで、最先端のテクノロジースキルを身につけたテクノロジー人材を目指せるテクノロジースクールです。TECH::CAMP(テックキャンプ)が考える「テクノロジー人材」とは、テクノロジー・ビジネス・マインドセットの3つを高度な水準で身につけ、体得したテクノロジーを活用して新しい価値を創造できる人材のことです。この記事では、そんなTECH::CAMP(テックキャンプ)のカリキュラムやおすすめの人、メリットとデメリットについてまとめました。

TECH::CAMP(テックキャンプ)の特徴は?

TECH::CAMP(テックキャンプ)で学ぶことで、テクノロジー時代の主役として活躍できる人材を目指すことができ、仕事で直ぐに役立つ実践的なスキルを身に付けることが出来ます。パーソナルメンターによる徹底サポートで、途中で挫折することなく最後まで必ずやりきることができます。

カリキュラムの内容は、受講生から寄せられた質問データを使ってこれまでに5000回以上もアップデートされており、初心者でもわかりやすい内容になっています。これまでに1万名以上の受講生がTECH::CAMP(テックキャンプ)で学んでおり、受講生の満足度は98%と非常に高いです。

 

パーソナルメンターとは?

TECH::CAMP(テックキャンプ)では講義形式ではなく、独自の教材を使ってプログラミングを学びますが、学習中にわからないことがあれば、パーソナルメンターに質問することができます。パーソナルメンターは受講生の質問に対応する講師であり、ほとんどのパーソナルメンターは普段は大学で学んでいる現役の学生エンジニアです。

パーソナルメンターのスキルは個人差があり、迅速かつ明確に質問に回答するパーソナルメンターもいれば、回答に時間がかかるパーソナルメンターもいます。

 

スクールの受講について

受講料金は月額1万4800円~で、初月の受講料は無料です。クレジットカードによる月5000円~の分割払いにすることも可能です。入学金は14万8000円で、クレジットカードで分割払いができます。最初の1週間は「全額返金」保証が無条件で受けられ、受講内容に不満がある場合は自由に解約できます。

受講可能な拠点は、

  • 関東:渋谷・新宿校・池袋校・東京駅前校・御茶ノ水校・早稲田校
  • 中部:名古屋校
  • 近畿:梅田校

があります。近くに拠点がない場合は、オンラインでも受講可能です。

料金に含まれるサービス内容

全国8箇所の教室を利用することができ、わからないことはパーソナルメンターに質問できます。オンラインでもパーソナルメンターに質問することができ、ライフコーチによるカウンセリングも受けられます。ライフコーチとは、人生全般の具体的なアドバイスを行うプロフェッショナルです。

全てのテクノロジー教材とビジネススキル講座を利用することが可能で、オリジナルサービス開発のサポートが受けられます。

オンライン学習での質問対応

オンライン学習でパーソナルメンターに質問したい場合は、チャットとSkypeで質問対応ができます。チャットだと無制限に質問することが可能で、早くて1分、平均すると3分で返信をもらうことが出来ます。Skypeだとパソコンの画面を見せながら、リアルタイムで問題解決が図れます。

質問しても疑問点が解消しなかった場合は、別のパーソナルメンターに同じ質問をすることができます。

 

TECH::CAMP(テックキャンプ)のカリキュラム

TECH::CAMP(テックキャンプ)のカリキュラムは、これからの時代に対応できるテクノロジーとビジネススキルが身につき、成長するためのマインドセットを磨ける内容になっています。

テクノロジースキル

Webサービス開発やWebデザイン、AI(人工知能)、オリジナルサービス開発などを学び、最先端のテクノロジーを活用して新しい価値を創造できる「テクノロジー人材」を目指せます。

一方通行の講義形式ではなく、TECH::CAMP(テックキャンプ)のオリジナル教材「TECH::MASTER」を使用し、自学自習スタイルで実際に自身の手を動かすことでプログラミングを学びます。疑問点は、パーソナルメンターに質問することで解決を図ります。

 

ビジネススキル

ロジカルシンキングや会計・ファイナンス、マーケティング、セールスライティングなどのビジネススキルを、アウトプットを主体としたセミナーで身につけます。

セミナーは平日の夜や土日に開催しており、都合の良い日時にセミナーに参加できます。受け身のセミナーではなく、実際に自身の手を動かしディスカッションをする能動的なセミナーであり、実践を通じてビジネススキルが身につきます。

 

マインドセット

アウトプットが主体のセミナーへの参加やパーソナルメンターとの個別面談を通じて、自身の意識や行動を見直すことで、マインドセットを磨けます。

 

利用がおすすめの方

TECH::CAMP(テックキャンプ)は、

  • キャリアアップや年収アップを図りたい人
  • 転職をして充実した日々を送りたい人
  • フリーランスや副業などの自由なスタイルで働きたい人

におすすめです。

テクノロジースキルとビジネススキルが身につきますので、

  • エンジニア職種に転職したい人
  • ビジネスパーソンとしてスキルアップを図りたい人

にもおすすめです。

マインドセットも磨けますので、

・理想の生き方を模索している人
・将来に対して不安を抱いている人

にもおすすめします。

 

TECH::CAMP(テックキャンプ)のメリットとデメリットについて

TECH::CAMP(テックキャンプ)で学ぶことを考えている方は、TECH::CAMP(テックキャンプ)のメリットだけでなく、デメリットも知っておくことが必要です。ここでは、TECH::CAMP(テックキャンプ)のメリットとデメリットを解説します。

 

メリット

独学でプログラミングを学んでも挫折する人が多いですが、TECH::CAMP(テックキャンプ)のカリキュラムは初心者でもわかりやすい内容になっており、カリキュラムの内容は受講者からの質問を反映させて常にアップデートされています。

学習中に不明な点があった場合はパーソナルメンターに質問することができ、問題の解決を図ったうえで次の段階に進めます。講師の説明を聴くだけの一方通行の講義形式ではなく、実践を重視した形式で学習することで、知識や技術は確実に身につきます。

TECH::CAMP(テックキャンプ)は全国8箇所の教室を使い放題で利用することができ、近くに教室がない場合は、オンラインで学習ができます。オンラインでもチャットやSkypeを使ってパーソナルメンターに質問することができ、通学と全く同じ内容で学習することが可能です。

 

デメリット

TECH::CAMP(テックキャンプ)はパーソナルメンターのサポートが受けられることがメリットですが、在籍しているパーソナルメンターの質は均一ではなく、パーソナルメンターによって能力に差があります。質の低いパーソナルメンターに当たると明確な回答が得られず、時間帯によっては質問の回答に時間がかかる場合があります。

TECH::CAMP(テックキャンプ)は反復学習を重視しているため、カリキュラムには同じ内容のものが繰り返し何度も出てくることがあり、人によってはくどいと感じることもあるかもしれません。受講終了後にカリキュラムを閲覧することができない点もデメリットです。

 

その他のおすすめなプログラミングスクール

TECH::CAMP(テックキャンプ)の他にも実践的なプログラミングスクールはありますので、ここでは、TECH::CAMP(テックキャンプ)の他におすすめできるプログラミングスクールをいくつかご紹介します。

 

TECH::EXPERT

TECH::EXPERTはTECH::CAMP(テックキャンプ)のコースの一つで、エンジニアへの転職や就職を本気で目指す人向けのコースです。受講料は40万円近くかかりますが、転職や就職に必要なスキルを手に入れる事ができます。

 

TechAcademy

未経験から最短4週間でプロのエンジニアを目指せます。週2回のマンツーマンでのメンタリングなど、手厚いフォローが受けられます。

あわせて読みたい

カテゴリー