転職

マイナビ薬剤師とは?薬剤師向けのサービスや特徴とは?

「マイナビ薬剤師」は全国に拠点を持つ薬剤師専門エージェントで最大手のひとつです。人材紹介斡旋で歴史のある、マイナビグループにあり、薬剤師の採用・転職支援で「5年連続ご利用者満足度1位」のサービスとなっています。全国に拠点があり、キャリアアドバイザーが医療施設、調剤薬局、ドラッグストアから製薬会社までさまざまな法人と太いパイプを築いて求人案件を得ています。この記事では、そんなマイナビ薬剤師のサービスや特徴、おすすめの人、メリットとデメリット、利用方法についてまとめました。

マイナビ薬剤師とは?

マイナビ薬剤師

マイナビは平成27年度に厚生労働省の「職業紹介優良事業者」認定を取得しました。「職業紹介優良事業者」とは、求人情報がしっかり管理されて経営状況もよく、利用者の満足度が高いなど厳しい基準をクリアした事業者にのみ与えられる認定です。

そんなマイナビが運営するマイナビ薬剤師は、多くの転職者希望者が参加する「休日転職相談会」のほか「治験業界セミナー」など、常にイベントを開催している薬剤師専門エージェントです。

 

対応地域

「マイナビ薬剤師」の対応地域は全国ですので、地方の人でも気軽に利用することが出来ます。
面談オフィスは全国に15カ所あり、オフィスにはキャリアアドバイザーが在籍しています。

東京/さいたま/千葉/横浜/札幌/
仙台/名古屋/石川/大阪/京都/
神戸/岡山/広島/福岡/鹿児島

 

会社情報

「マイナビ薬剤師」の運営企業は、株式会社マイナビ。アルバイト情報や一般就職・転職、医療関係の就職・転職など求人・派遣・紹介を総合的にプロデュースしている大手企業です。登録している会員数は非公開ですが、利用者の年齢層の比率は次の通りです。(参考サイト:マイナビ薬剤師公式サイト

年齢 割合
28歳未満 29.5%
28歳~35歳 50.2%
35歳~40歳未満 7.4%
40歳以上 12.9%

公開求人件数は、約5万件。そのうち非公開求人件数は、全体の約4割です。求人スカウトはなく、登録から就職までの利用で料金はかかりません。多くの利用者が参加している転職相談会は全国各地で開催しており、転職エージェントとしての認知度を高めるきっかけにもなっています。

 

マイナビ薬剤師のサービスや特徴は?

「マイナビ薬剤師」を実際に利用する前に、そのサービス内容や特徴を項目ごとに知っておきましょう。

 

キャリアアドバイザーによるサポート

薬剤師という職業は、院内や門前、調剤やドラッグストアと、所属する場所や企業で仕事も大きく変わるものです。製薬や治験など狭い人間関係の中で働くケースもあるでしょう。転職を考えた場合、相談する人がなかなかいないという人もいるのではないでしょうか。

そこで「マイナビ薬剤師」では、基本的にキャリアアドバイザーが転職希望者に直接面談しています。キャリアアドバイザーは面談のほか、電話やメールで連絡を取り、職務経歴書などの書類作成の支援、面接アドバイス、面接日程調整、内定後の入社日程の交渉まで代行しています。

キャリアアドバイザーの一番大きな仕事は、求人先の年収、福利厚生、手当、休日、残業から職場の雰囲気まで現場の声を実際に足で聞き取って来る作業です。処方箋の枚数や内容など、細かなヒアリングで転職希望者とのマッチングを図ります。長く安心して働ける職場かどうかを把握した上で、希望者に案件の提案をしています。

また、薬剤師としてのキャリア形成、ブランクがある薬剤師や、子育て中の薬剤師の転職などのサポートも行っています。

 

サイトによるサポート

転職希望者は様々な理由や事情があって転職を考えているはずです。そのため、「マイナビ薬剤師」では「はじめての転職」や「薬剤師の転職ノウハウ」などのコラムを掲載しています。お役立ちガイドが転職希望者のかゆいところに手を伸ばしてサポートしてくれています。

サイトでは、求人を「エリア」ごとに掲載しています。駅チカ、家チカ求人もすぐに検索可能です。ドラッグストアの求人が豊富で、動画で実際の職場の様子がわかる「薬剤師の職場カルテ」というコンテンツもあり、薬剤師のインタビューを見ることができます。

 

求人の特徴

気になる求人の内訳ですが、大手企業とのパイプがあるため、調剤チェーンやOTC、ドラッグストアの案件が豊富です。求人の割合は次の通りです。(参考サイト:マイナビ薬剤師公式サイト

求人 割合
調剤薬局求人 65%
ドラッグストア求人 22%
病院・クリニック(院内)求人 10%
企業系(治験、製薬会社など)求人 2%
その他 1%

特徴としては、調剤薬局、OTC、院内、製薬、治験など、広く扱っていることが挙げられます。

 

マイナビ薬剤師の利用がおすすめの人

「マイナビ薬剤師」を使って転職に成功するなら、以下のタイプの人におすすめです。

  • 転職が初めての人
  • 転職でいままで失敗してしまった経験がある人
  • 住居が大都市圏以外の人
  • キャリア形成をやり直したい20代〜30代の人
  • 薬剤師ではない働き方を探している人
  • 電話だけで対応して欲しい人
  • 人間関係で悩んでいて転職をしたい人
  • ドラッグストアに興味のある人
  • ブランクがあって復職に不安な人

様々な形の転職に対応しているのがマイナビ薬剤師なのです。

 

マイナビ薬剤師のメリットとデメリットは?

では、転職するには「マイナビ薬剤師」に登録すれば十分でしょうか。いいことづくめのような薬剤師専門エージェントですが、メリットとデメリットもあるので、知った上で選択するようにしましょう。

 

メリット

「マイナビ薬剤師」を使うメリットは、キャリアアドバイザーの面倒見の良さです。電話・メール対応が速く、面談が親身なことで定評があります。全国のオフィスでの面談では、同時に複数の求人を提示。事前に職場の雰囲気や人間関係まで調べてくれるなど、希望者には安心できるメリットがそろっています。

キャリアアドバイザーと希望者との面談では、資格や経験を上手にアピールできれば、マッチングのいい案件を紹介してもらうことが出来ます。

また、サイトのコンテンツ「薬+読」はわかりやすく転職を知る手段となっています。

 

デメリット

全ての人にメリットばかり。そんなエージェントはありません。「マイナビ薬剤師」の場合、こんな点に注意が必要です。

まず、転職条件を絞った紹介提案になりがちなところ。スキルアップと職住近接の2つの条件があった場合、どちらかに寄せた候補を提案してくるケースが少なくありません。

また、調剤薬局の求人数が他のエージェントに比べて少ないのもデメリットです。

ほかには、派遣の扱いがなく、年収アップ転職にも弱いことも挙げられます。

 

マイナビ薬剤師の利用方法

実際に登録から転職までの流れは次の通りです。

  1. 登録(1分ほど)
  2. キャリアアドバイザーからの求人の紹介(平均10〜30件)
  3. 面接・見学
  4. 転職成功

「マイナビ薬剤師」は厚生労働省の認可を受けた転職・就職支援サービスで、利用料は無料です。

 

登録からの流れ

登録は「マイナビ薬剤師」のサイトから5つのステップで簡単に完了します。

  1. 取得資格、希望就業時期
  2. 希望の働き方
  3. 名前、生まれた年
  4. 住所、電話番号
  5. メールアドレス、その他の希望条件

登録後1~2日以内に「マイナビ薬剤師」から電話で連絡があります。その後、薬剤師専任のキャリアアドバイザーから電話やメールで希望条件の細かいヒアリングがあります。

ここでは、

  • 希望エリア
  • 希望業態(調剤薬局・ドラッグストア・院内など)
  • 勤務時間やシフト

などを明確に伝えます。

薬剤師専任キャリアアドバイザーは、希望条件などをベースに、全国各地の調剤薬局、病院、製薬、企業や施設など希望求人を選び、数多く紹介します。

 

面談を希望の方

マイナビの各オフィスでキャリアアドバイザーとの面談が可能です。「キャリアプランの立て方」や「家庭との両立希望」など転職で欠かせないポイントも気軽に相談することができます。遠隔地で面談できない場合は、電話やメールでの相談や、求人紹介も行っています。

 

マイナビ薬剤師と併用をおすすめする転職サイト

「マイナビ薬剤師」は全国展開している転職サイトです。ですが、自分の住む地域に強いエージェントは1社だけとは限りません。調剤に強い、OTCに強い、こだわり条件に対応など、キャリアアドバイザーや転職サイトによって得意不得意があるからです。

そこで活用したいのが複数エージェントの同時利用。その場合は複数利用していることをエージェントに伝えるのが原則です。

また、20代の転職では、キャリアの変化にも留意することが必要です。高齢者が増えることで、コミュニケーション能力が今以上に必要になることも考えられます。話し方や聞き方をしっかり身につけられるような職場選びもキャリア形成に役立っていきます。

おすすめのエージェントについては、【求人多】薬剤師の転職におすすめの転職エージェント7選と活用のポイントで、転職エージェントの複数利用については、【おすすめ】転職エージェントの複数利用。そのメリットは?注意点とは?で詳しく紹介しています。

 

薬キャリ

SONYの関連企業”M3”の薬剤師専門エージェント。薬剤師の月間利用人数は約9万人、年収600万円以上の求人が全体の45%に上ります。院内薬剤師では業界最大の求人比率(平均で他社の2倍)があります。コンサル満足度は95%で、併用エージェント候補のひとつでしょう。

薬キャリについては、薬キャリはどんな転職エージェントなのか?薬剤師シェアNo.1の実力で詳しく紹介しています。

 

ファルマスタッフ

日本調剤グループが運営している薬剤師転職エージェント。18年の転職支援ノウハウがあります。約8万1000件の公開求人情報は業界トップクラスで、全国の調剤薬局への転職に力があります。正社員・パート・派遣の3つから働き方を選択できます。

ファルマスタッフについては、ファルマスタッフとは?利用するメリットとデメリット、コンサルタントの評価、登録フローなどまとめで詳しく紹介しています。

 

リクナビ薬剤師

薬学生から転職希望者まで幅広くサポートする「リクルート」が運営する大手エージェントです。さまざまな業界にまたがっていることから、薬剤師に適切な転職先を紹介できるノウハウが魅力となっています。全国4都市(東京・大阪・名古屋・福岡)に絞った支店で情報提供を行っています。

 

アプロドットコム

アプロドットコム

アプロドットコムは、約7万9000件の公開求人は登録不要で求人閲覧が可能です。キャリアアドバイザーの対応もあり、勤務形態は正社員/パート/契約/一般派遣/短期アルバイト/紹介予定/単発派遣と細かく設定されています。オフィスは東京・大阪のみで大都市圏に有利です。

 

ヤクジョブ

ヤクジョブ

ヤクジョブは、全国9拠点(東京都/北海道/宮城県/埼玉県/神奈川県/愛知県/大阪府/兵庫県/福岡県)で薬剤師紹介と派遣を行っている転職エージェントです。単発・スポット派遣から、正社員・パートを前提とした紹介予定派遣などに強みがあります。派遣の場合は、就業先での勤務形態ではなく、週休2日や「○時から○時まで」など、自由度の高い雇用スタイルが魅力です。全国対応の特徴もあります。

 

年代別で選ぶ転職エージェント

自分の「年代」によって選ぶべき転職エージェントも変わってきます。自分の年齢により特化している転職エージェントを選びましょう。

 

20代

「20代全員におすすめ」「20代で正社員に挑戦したい人やはじめての転職におすすめ」「20代でキャリアアップの転職をしたい人におすすめ」「20代の女性におすすめ」の4つに分けて、20代におすすめの転職エージェント全15選!選び方は?そもそも使ったほうが良い?転職サイトとの違いは?で詳しく紹介しています。

 

30代

30代全員におすすめの転職エージェントの他に、正社員未経験もしくはブランクが長い場合、マネジメント経験がない場合とある場合、女性の場合に分けて、おすすめの転職エージェントについて、30代におすすめの転職エージェント14選!選び方、使い方、転職実態、年代による違いについても解説で詳しく紹介しています。

 

40代

「全員におすすめ」「キャリアに自信がある人におすすめ」「女性におすすめ」の3つに分類して、40代におすすめの転職エージェント10選。選び方、活用のポイント、転職事情についても解説で詳しく紹介しています。

 

薬剤師に特化した転職エージェント

薬剤師の職場は薬局や病院にとどまらず、その選択肢は多岐にわたります。専門知識を活かしつつ自分らしい働き方ができる職場を探してくれる、薬剤師に特化した転職エージェントについては、【求人多】薬剤師の転職におすすめの転職エージェント7選と活用のポイントで詳しく紹介しています。

あわせて読みたい