TechClipsエージェント(テッククリップスエージェント)とは?どんな求人がある?利用がおすすめな人は?メリットとデメリット、利用の流れは?

TechClipsエージェント(テッククリップスエージェント)は、ITエンジニア専門の転職エージェントで、首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)限定の求人情報も多数保有しています。現役のエンジニアがコンサルタントを兼任しているため、詳細な要望を伝えやすいのが特徴です。また高年収&高待遇の求人が集まっているという強みがあります。この記事では、TechClipsエージェント(テッククリップスエージェント)の特徴や、利用をおすすめする人、メリット・デメリットなどについて紹介します。

TechClipsエージェント(テッククリップスエージェント)とは?

TechClipsエージェント(テッククリップスエージェント)は、notari株式会社が運営するITエンジニア専門の転職エージェントです。紹介求人は首都圏に限定されていますが、高年収・高待遇の求人に強みがあります。大手・ベンチャーを問わず様々な企業と太いパイプがあり、企業の内部の情報や採用ニーズにも精通しています。この転職エージェントは無料で利用できます。

 

現役のエンジニアによるサポートが最大のポイント

TechClipsエージェント(テッククリップスエージェント)の最大の特徴は、現役のエンジニアが転職サポートを行うという点です。エンジニアを兼任しているキャリアコンサルタントがカウンセリングをしてくれるので、より踏み込んだ内容まで相談できます。

現役エンジニアによるサポートは、他の転職支援サービスでは滅多に見られません。エンジニア経験のあるコンサルタントが在籍する転職エージェントは多いですが、現役エンジニアによるサポートは多くないのです。

また、IT業界に詳しくても、エンジニア経験がないコンサルタントもいます。場合によっては、コンサルタントがエンジニアの細かい事情を詳しく把握していないケースもあります。

その点TechClipsエージェント(テッククリップスエージェント)では、現役エンジニアによるサポートが受けられるので技術的な面でも安心してサポートを受けることができます。現段階でのエンジニアの事情や業界の動向に精通しているので、転職希望者が欲しい良質な情報を提供してくれます。事実、2019年2月の自社調査では、キャリアコンサルタントに対する満足度に関して全ての利用者が「とても良い」「良い」を選んでいます。

また、現役エンジニアがカウンセリングを行うことで、転職希望者のスキルや希望条件など、より綿密なヒアリングが可能となります。結果として、希望者にマッチした求人を紹介しやすくなるのです。2018年1月〜2019年5月の自社調査では、利用者の96%が「直近の転職は成功といえる」「ほぼ成功といえる」と評価しています。

 

TechClipsエージェント(テッククリップスエージェント)にはどんな求人がある?

次に、TechClipsエージェント(テッククリップスエージェント)が扱う求人の傾向について見ていきましょう。転職エージェントによって、扱う分野やエリアは様々です。どの分野に強みがあるのか、中心となるエリアはどこか、事前に確認する必要があります。

 

求人の特徴

TechClipsエージェント(テッククリップスエージェント)では、ITエンジニアが好条件で活躍できる求人を紹介しており、その分野は多岐に渡ります。また、20代に特化した転職エージェントというわけではなく、20代から40代を目安に幅広い求人があります。取り扱い求人数は1500社、約4,500件(非公開求人)にのぼります。

 

どんな企業を紹介してくれる?

TechClipsエージェント(テッククリップスエージェント)が紹介する求人は、首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)に限られています。これら以外のエリアの求人案件はないので、注意する必要があります。

エリアは首都圏に限定されていますが、TechClipsエージェント(テッククリップスエージェント)は高年収・高待遇の求人を多く扱っています。

取り扱い求人は全て年収500万円以上の紹介案件のみであり(2019年6月現在)、Yahoo!、サイバーエージェントグループ、SmartHRなど、エンジニアのキャリアアップにつながる好条件の求人を紹介しています。

紹介企業は、自社サービスを持つ事業会社に特化しており、約4,500件の豊富な求人から最適な提案を行っています。

現役のエンジニアであるコンサルタントの豊富な業界・専門知識を武器に、企業に効果的にアピールすることで、93%の人が年収UPに成功しています(2019年5月自社調査より:2019年1〜5月の利用者のうち、年収が上がった人の割合)。

 

案件はIT業界に限らず幅広い

IT業界に限らず、Web業界、ゲーム業界など、ITエンジニアとして活躍できる様々な業界の求人があります。さらに、VR、AI、機械学習、データサイエンティストなど、新しい技術分野の求人もあります。転職の選択肢が広がることで、ITエンジニアとして新たな分野で活躍することができます。

 

TechClipsエージェント(テッククリップスエージェント)がおすすめな人とおすすめでない人

転職エージェントは、最終的にはサービス内容との相性に左右されます。エージェントによって扱う分野やサービス内容は異なるので、自分に合うかどうか、様々な点から検討しなくてはなりません。以下、TechClipsエージェント(テッククリップスエージェント)がおすすめな人とおすすめでない人について整理しておきます。

 

おすすめな人

TechClipsエージェント(テッククリップスエージェント)は高年収・高待遇の求人に特徴があります。そのため、今の職場の待遇面や年収などに不満がある方にとってはおすすめです。新しい技術分野の求人も積極的に扱っているため、最新の技術分野で活躍したい人、技術力を高めたい人、専門性を高めたい方にもおすすめできます。

また、エリアは首都圏に限定されていますが、その分、首都圏の良質な求人が集まっています。首都圏に特化して転職活動をしたい方にもおすすめです。

 

おすすめでない人

TechClipsエージェント(テッククリップスエージェント)の紹介求人は、「~の開発経験」「実務経験○年以上」といった応募資格が規定されているケースが多いです。実務経験が少ないと、サービスの利用は難しい場合があります。また、Web業界などの様々な業界の求人も扱っていますが、あくまでITエンジニアが活躍できる業界として紹介されることになります。そのため、ITエンジニア以外の職種に転職したい方には不向きです。

さらに首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)の求人に限定されているため、それ以外のエリアの求人を探している方にもおすすめできません。

 

TechClipsエージェント(テッククリップスエージェント)を利用するメリットとデメリット

転職エージェントごとに、利用するメリットとデメリットは存在します。TechClipsエージェント(テッククリップスエージェント)を利用するメリットとデメリットについて整理しておきましょう。

 

メリット

現役エンジニアによるサポートが、最大のメリットと言えます。現役エンジニアによるカウンセリングだからこそ、エンジニアのスキルや経歴をもとに、強みを引き出すことができるのです。そしてヒアリング内容をもとに、それぞれのエンジニアにマッチした求人を紹介してくれます。

また、紹介企業には大手企業も含まれています。様々な業界の求人において、大手企業も含めて選択肢を広げることが可能です。

 

デメリット

大手の転職エージェントと比較すると、求人の情報量は少ない傾向があります。また登録前の段階では、掲載されている求人情報を見ることはできますが、検索することができません。大手の転職エージェントの場合、登録をしなくても基本的には公開求人を検索できます。

検索結果をもとに求人の傾向を把握し、サービスの利用を検討する人も多いでしょう。TechClipsエージェント(テッククリップスエージェント)の場合、そのような利用方法ができません。TechClipsエージェント(テッククリップスエージェント)の求人に魅力を感じた人は登録をして自分に合った求人を検索する必要があります。

 

TechClipsエージェント(テッククリップスエージェント)の利用の流れは?

TechClipsエージェント(テッククリップスエージェント)の利用は、

  1. 申し込み
  2. カウンセリング
  3. 求人情報の紹介
  4. 応募・面接
  5. 内定・入社

という流れになります。以下、順番に概要を見ていきましょう。

 

1.申し込み

公式サイトの登録フォームから登録します。最短で当日中に連絡が来ることもあります。

 

2.カウンセリング

次に、現役エンジニアによるカウンセリングに進みます。初回カウンセリングは渋谷のnotari株式会社のオフィスで、1時間程度行われます。

カウンセリングの内容は?

カウンセリングでは、現役エンジニアが転職希望者のスキルや経験をヒアリングし、それぞれの強みを引き出します。スキルや経験をはっきり伝えるためにも、必要とされる書類(職務経歴書など)があればきちんと用意する必要があります。

カウンセリングで注意すること

これまでのキャリアや実績など、わかりやすく伝える必要があります。これらの点を明確に伝えることで強みを引き出してもらえば、よりマッチした求人紹介につながります。自分が得意とする分野のほか、現段階ではまだ経験していない分野も伝えると、自分ができること・できないことが正確に伝わります。強みを引き出してもらうためにも、これらの点は明確にしましょう。

また、アドバイスがあればしっかり聞く姿勢が大切です。自分の希望条件だけを一方的に伝えることは避けてください。プロの意見はきちんと聞くべきです。

また、どの転職エージェントにも言えることですが、自分に合った求人がすぐに見つかるとは限りません。ただ、これはネガティブな意味だけではありません。良質な求人を紹介する転職エージェントであればあるほど、選別に時間がかかり、すぐに求人が見つからない可能性もあります。求人を厳選し、良質な求人を探してもらう以上、仕方のないことです。

TechClipsエージェント(テッククリップスエージェント)では、希望の求人がない場合に、転職希望者に合った企業を新規開拓するとしています。焦って求人を探すのではなく、コンサルタントと一緒になって自分に合った求人をじっくり探すという姿勢も重要です。

 

3.求人情報の紹介

カウンセリングの内容をもとに、求人情報の紹介が行われます。先ほど述べたように、希望の求人がない場合には、転職希望者に合った企業を新規開拓してくれます。

マッチする求人情報を紹介してもらうために

マッチする求人を紹介してもらうには、自分のスキルや経験を明確に伝える必要があります。これまでの実績や関わったプロジェクトなど、詳細かつわかりやすく伝えなくてはなりません。これらの点を職務経歴書などに細かく記載しつつ、わかりやすさも意識する必要があります。
また、希望条件はしっかりと決めておきましょう。まず最低限譲れない条件を決めたうえで、望ましい条件を決めておくと効果的です。条件面がはっきりすれば、効率的に求人を探すことが可能です。
さらに転職時の希望条件だけでなく、昇給や昇進も含めて検討する必要があります。よりマッチする求人を紹介してもらうためには、キャリアプランをはじめ、ある程度長期的な視点で検討しなくてはなりません。

 

4.応募・面接

実際に企業に応募し、面接に進みます。応募・面接にあたっては、履歴書・職務経歴書の添削や面接対策、スケジュール調整などのサポートを受けることができます。
また、カウンセリングをもとに、転職希望者のスキルシートや推薦状も作成してくれます。これらは、転職希望者にとって特に大きな強みとなります。

 

5.内定・入社

内定後も、入社日の調整や年収交渉、円満退社をするためのアドバイスなど、手厚いサポートを受けることができます。

 

TechClipsエージェント(テッククリップスエージェント)と併用すると効果的なエージェントは?

転職エージェントは、複数を利用することで、効率よく転職活動ができます。いくつかのエージェントを利用しながら、自分に合ったサービスを見つけましょう。

以下、TechClipsエージェント(テッククリップスエージェント)と併用すると効果的な転職エージェントをご紹介します。

 

ワークポート

ワークポートは、専門性の高い転職サービスに特徴があり、未経験業種への転職を考える場合にもおすすめできます。求人の職種の中に「未経験・第二新卒系」という分類があり、豊富な求人数に特徴があります。

 

レバテックキャリア

レバテック株式会社が運営するサービスです。

基本的にはエンジニア向けのサービスとなります。キャリアアドバイザーも、エンジニアに関するスキルや業界情報に精通しています。そのため、業界に特化したサービスとして、案件のミスマッチも少ないと言えます。特にエンジニアとして実務経験がある方の場合、選択肢を広げる意味でも併用するメリットがあります。

 

ギークリー(Geekly)

IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです。9000件以上の非公開求人があるほか、1次面接確約サービスのようなスカウトサービスもあります。

 

リクルートエージェント

転職支援実績トップクラスの転職エージェントです。豊富な求人数を誇り、非公開求人は10万件以上です。特定分野への特化型エージェントとは異なりますが、登録して損はないサービスです。

 

doda(デューダ)

主に20代〜30代を対象にした、総合型転職エージェントです。全国規模で求人をカバーしており、その数は非公開求人も含めて10万件以上となっています。利用者の属性としては、第二新卒・既卒・フリーターから、ハイキャリア・管理職までが想定されています。

また、女性の転職に特化したページも用意されています。定期的に転職フェアやセミナーが開催されており、転職ノウハウや、キャリアアップのヒントなどを得ることができます。

 

あわせて読みたい

カテゴリー