20代で年収900万円で貯金できない?手取りや生活は?

マネー

20代で年収900万円以上は20代全体の0.3%。手取りは月41万6000円。月に自由になる金額は23万6000円。少しずつ贅沢の習慣が身につくと貯金できない年収層です。20代で年収900万円を稼ぐ人は、どのような人なのでしょうか。今後何をすべきなのでしょうか。この記事では、20代で年収900万円を稼ぐ人の割合や職業、生活、手取りや家族構成ごとのお金の使い方ついてまとめました。

20代で年収900万円は高い?

shutterstock_299869673

総務省統計局によると、日本における20代の人口は約1300万人で、そのうち労働人口は約1000万人です。(2014年時点)

転職サービスDODAの「平均年収ランキング2015(約22万人がデータ基)」によると、20代で年収900万円以上を稼いでいる人の割合は0.3%です。

20代の労働人口は約1000万人のうち、20代で年収900万円以上の人は日本に約3万人しかいないのです。

もし20代で年収900万円以上の人に出会ったら、その人は333人に1人の割合でしか出現しないレアな人といえます。

 

年収900万円は、20代平均の2.5倍

shutterstock_268830206

DODAの調査にて年収900万円以上の人を「年収900万円台の人」と「それ以上の人」に分けるとそれぞれ、0.1%、0.2%となります。同調査によると、

20代の平均年収は349万円です。男性で368万円、女性で324万円となります。

年収900万円は、20代の平均年収のおよそ2.5倍に相当します。仕事の成果や希少性などにおいて、20代平均の2.5倍の価値があるということと同義なのです。

 

20代で年収900万円の人の職種や業種は?

20代で年収900万円を越える主な業種は

  • 金融
  • 総合商社
  • コンサル
  • 広告
  • その他業種の外資系企業

国内企業における金融、総合商社、コンサル、広告のなかでも20代で年収900万円を超える人はトップ層に限られます。

外資系のなかでも利益率が高い医療・医薬品(主にMR)、IT関連などのビジネスに限られます。

職種では

  • 金融トレーダー、アナリスト
  • 営業職(MR含む)
  • コンサルタント(アソシエイトではない)

などの職種があてはまります。

給与が高い業種のTOP3から5の企業であれば、20代で年収900万円を貰えるチャンスがあります。

 

年収900万円、額面や手取りは?

shutterstock_248863417

ボーナス 算式 手取り給与
支給単位 支給回数 月額
2ヶ月 年2回 900万円 / 16ヶ月 * 74% 41.6万円
2ヶ月 年1回 900万円 / 14ヶ月 * 74% 47.6万円
0ヶ月 900万円 / 12ヶ月 * 74% 55.5万円

年収900万円で、

  • 独身
  • 養っている家族(扶養家族)なし
  • 生命保険の加入なし
  • ボーナスは2ヶ月分で年2回支給

の条件で概算すると、月の手取りは約41万6000円です。同条件で「ボーナス2ヶ月分で年1回の支給」の場合の手取りは約47万6000円、「ボーナス無し」だと約55万5000円になります。

額面年収900万円の場合、年収の26%にあたる234万円が「税金と社会保険料」になります。月に割り算すると、1ヶ月19万5000円が無条件で天引きされるのです。

 

20代で年収900万円、独身の人の生活?

shutterstock_262801625

20代で年収900万円を受け取ると、どんな生活ができるのでしょうか。

  • 勤務先が東京、大阪、名古屋など都市部
  • 1人暮らし
  • 寮・社宅制度なし

の前提で考えます。

物件情報サイトSUUMO(スーモ)によると、東京23区のワンルームマンションで平均家賃の最も安いのは葛飾区の6.1万円、最も高いのは港区の10.1万円です。

年収があがると少し贅沢な家に住みたくなる人が多いので、そこで、家賃を12万円として考えます。

光熱費が1万円、携帯など通信費が1万円、食費が3万円、その他費用(日用品、移動費など)が1万円とすると、18万円が「必ずかかるお金」=固定費です。最も大きな支出は「家賃」ですね。

1ヶ月の手取り給与を約42万円なので、1ヶ月で自由になる金額は24万円です。1週間に割り算すると6万円が使えることになります。

使える金額がたくさんあるように感じますが、年収が高くなると少しずつ贅沢をするようになる人もいます。

飲みに行くときのお店のグレードを少しあげたり、たまには彼女や後輩におごってあげたりする場合。飲んだあとはついタクシーで帰りたくなることもあります。

  • 1回7000円で週に3回飲み行く(1週間2万1000円、1ヶ月8万4000円)
  • 土日に1万5000円使う(1ヶ月6万円)
  • 1ヶ月に1回は彼女や後輩におごる(1回1万5000円)
  • タクシー代を週に5000円使う(1ヶ月2万円)

といったペースでお金を遣うと、残るお金は6万1000円です。

おもいっきり贅沢しているわけではないのに、残るお金が少なく感じませんか?少しずつ贅沢をすると、使うお金がじわじわと積み上がって、大きな金額になってしまうのです。

 

年収900万円の20代独身、貯金や保険は?投資や運用は?

年収900万円の20代独身の方におすすめの貯蓄や保険、また、投資や運用について、ボーナスは2ヶ月分で年2回支給の条件を前提に、下記の表の通りにまとめました。

ライフステージ毎におすすめな自由なお金の使途割合

お金区分 月間金額割合
独身 出産前 出産後
つかうお金 10% 10% 5%
まもるお金 20% 40% 55%
ふやすお金 70% 50% 40%

20代独身のビジネスパーソンにおすすめな自由なお金の月額配分

自由な金額
(ボーナス時)
月間金額
つかうお金 まもるお金 ふやすお金
24万円 2万4000円 4万8000円 16万8000円
(107万円) 10万7000円 21万5000円 75万1000円

上記の表で使用している「つかうお金」「まもるお金」「ふやすお金」の意味は下記の通りです。詳しくは関連記事にまとめていますので、あわせてご参照くださいね。

「つかうお金」

生きる上で必要なお金の消費を指します。この記事の場合、生活に「必ずかかるお金」は既に差し引いているため、娯楽費や遊興費が「つかうお金」に当たります。

「まもるお金」

貯蓄と保険を指します。急な出費やまとまったお金の出費への積立、万が一の際に家族を守るための備えが「まもるお金」に当たります。

「ふやすお金」

投資と運用を指します。金融商品や不動産などの資産運用だけでなく、書籍や人とのネットワーキングなど自分の価値と高めたり、生活を豊かにするための投資や運用が「ふやすお金」に当たります。

 

結婚前のビジネスパーソンへは、投資や運用といった「ふやすお金」の割合を大きくすることをおすすめします。

年収900万円の独身の場合、無理をすることなく「ふやすお金」を確保できます。ただ、収入が多いだけに、遊興費や娯楽費に多くの金額を使いがちなので、注意が必要です。

結婚前で生命保険や医療保険が最小限に抑えられる貴重な時期を有効活用し、「ふやすお金」をさらに大きくすることがおすすめです。

貯金額は月額給与の3ヶ月分から半年分が理想といわれています。「まもるお金」を全額貯金とした場合、1年間で91万円のお金が貯まる計算になります。

過度な贅沢を抑えさせすれば「ふやすお金」も充分に貯まる収入レベルです。投資や運用を有効に行うことをおすすめします。

年収900万円の20代出産前夫婦の生活とは?

shutterstock_286453052

年収900万円の20代出産前夫婦の場合、どのような生活ができるのでしょうか。

  • 既婚
  • 養っている家族(扶養家族)なし
  • 勤務先が東京、大阪、名古屋など都市部
  • 2人暮らし
  • 社宅制度なし

の前提で考えた場合も、一番大きな支出は「家賃」です。

同じく「HOME’S」によると、東京23区内の30平メートル以上の1LDKの家賃相場は、足立区が最も安くて7.5万円、港区が最も高くて19.2万円ですので、家賃は16万円程とします。

光熱費が1.5万円、携帯など通信費が2万円、食費が5万円、その他費用(日用品、移動費など)が1.5万円とすると、26万円が「必ず掛かるお金」です。

月額手取りが42万円とすると、1ヶ月で自由になるお金は16万円程度になります。1週間に割ると4万円です。

夫婦それぞれが「週に1回ずつ飲みに行く(1回5000円)」、「週末にでかけてランチをする(2人分で1回2500円)」としても、1ヶ月で11万円の余りが出る計算になります。

 

年収900万円の20代出産前夫婦、貯金や保険は?投資や運用は?

年収900万円の20代出産前夫婦におすすめの貯蓄や保険、また、投資や運用について、ボーナスは2ヶ月分で年2回支給の条件を前提に、1ヶ月で自由になるお金16万円の配分を、下記の表の通りにまとめました。

ライフステージ毎におすすめな自由なお金の使途割合

お金区分 月間金額割合
独身 出産前 出産後
つかうお金 10% 10% 5%
まもるお金 20% 40% 55%
ふやすお金 70% 50% 40%

20代出産前の家庭におすすめな自由なお金の月額配分

自由な金額
(ボーナス時)
月間金額
つかうお金 まもるお金 ふやすお金
16万円 1万6000円 6万4000円 8万円
(99万円) 9万9000円 39万7000円 49万6000円

結婚後は貯金に加えて、保険が加わるため「まもるお金」の割合が大きくなります。具体的には、夫婦それぞれの生命保険と医療保険がかかります。

特に、奥さんの妊娠後の医療保険加入が難しいため、結婚直後に加入することが一般的です。

年収900万円の出産前家庭の場合、1年間で「まもるお金」を143万4000円、「ふやすお金」を179万2000円とすることができますよ。

出産前の「ふやすお金」の割合は、独身の時に比べて下がるものの、出産後よりも大きくできる時期です。

大きな金額を確保しやすいため、FPなど相談できるパートナーを見つけて、有効な資産運用を行うこともおすすめですよ。

 

年収900万円の20代子持ち夫婦の生活とは?

shutterstock_287138750

年収900万円の20代子持ち夫婦(子供は1人)の場合、どのような生活ができるのでしょうか。

  • 既婚
  • 養っている家族(扶養家族) 2人
  • 勤務先が東京、大阪、名古屋など都市部
  • 3人暮らし
  • 社宅制度なし

の前提で考えた場合も、一番大きな支出は「家賃」です。

出産直後夫婦の家の間取りは、出産前と同程度と仮定し、家賃は16万円程とします。

育休中の奥さんの在宅を仮定し、光熱費を5000円アップの2万円、携帯など通信費が2万円、乳幼児に必要な食費を仮定し、食費が1万円アップの6万円、その他費用(日用品、移動費、育児費用など)も5000円アップの2万円とすると、28万円が「必ず掛かるお金」です。

月額手取りが42万円とすると、1ヶ月で自由になるお金は14万円程度になります。1週間に割ると3万5000円です。

「週に2度、旦那さんか奥さんいずれかが飲み会へ行く(1人分で1回5000円)」、「毎週末に家族で出かけてランチをする(大人2人分で1回2500円)」としても、9万円のあまりが出る収入レベルです。

 

年収900万円の20代子持ち夫婦、貯金や保険は?投資や運用は?

年収900万円の20代子持ち夫婦におすすめの貯蓄や保険、また、投資や運用について、ボーナスは2ヶ月分で年2回支給の条件を前提に、1ヶ月で自由になるお金14万円の配分を、下記の表の通りにまとめました。

ライフステージ毎におすすめな自由なお金の使途割合

お金区分 月間金額割合
独身 出産前 出産後
つかうお金 10% 10% 5%
まもるお金 20% 40% 55%
ふやすお金 70% 50% 40%

20代出産後の家庭におすすめな自由なお金の月額配分

自由な金額
(ボーナス時)
月間金額
つかうお金 まもるお金 ふやすお金
14万円 7000円 7万7000円 5万6000円
(97万円) 4万9000円 53万5000円 38万9000円

出産後は、教育積立を目的とした貯金や保険への加入が一般的です。そのため、出産前に比べて、より「まもるお金」の割合が増えることになります。

年収900万円の出産後家庭の場合、1年間での「ふやすお金」は184万円、「ふやすお金」は129万円となります。つい、週末に家族で外出した時の「つかうお金」が大きくなりがちです。

「つかうお金」の上限額は夫婦で話し合っておくことをおすすめします。

年収900万円の家庭の場合、2人目を出産しても「まもるお金」「ふやすお金」を保ちながら生活を送ることができます。

ただ、贅沢をしてしまうと家族4人の出費により、「つかうお金」が大きくなりやすいです。お金の使い方、管理の仕方について、夫婦間またはFPを交えて話し合ってみてくださいね。

 

資産運用をはじめて本業に活きる知識を身につける

shutterstock_288745313

この記事を読んだ20代で年収900万円の人へのアクションアイテムは

「資産運用をはじめて本業に活きる知識を身につける」です。

年収900万円程から「その後も順調にあがる人」と「その後の上昇がゆるやかになる人」にわかれます。

前者は現状の収入に満足せず、自己投資や勉強を惜しまず、チャンスとみれば果敢にチャレンジをする人に多いです。こういった人は余裕がある金額を元手に、資産運用をしていることもあります。

大きなリスクは問わずとも、資産運用をすることで世界経済の知識を身につけることができます。

オススメはFxです。Fxの基本は各通貨の価値の未来予測をして、差分(アービトラージ)を利用して収益をあげる方法です。各通貨の未来予測のためには、日本経済だけでなく、世界経済や世界情勢に詳しくなる必要があります。

自分のお金で実際に投資をすることでそれらが自分事になり、自然と知識が身についてきますよ。

年収900万円を稼いでいる方でもっと稼ぎたい方は、現状に満足せず自己成長のための投資を継続して行うことをオススメします。