フリーター特化の就職エージェント、オススメは? 登録の注意点や就活準備のコツ、フリーター向け職種など

フリーターから正社員就職を目指すためにはフリーターに特化した就職エージェントを利用するのがおすすめです。この記事では正社員就職を目指すフリーターの方向けに、おすすめの就職エージェントはもちろん、エージェント登録時の注意点、書類や面接の対策、フリーターが活躍しやすい職種などをまとめました。

そもそもフリーターと正社員の違いは?

厚生労働省によれば、フリーターの定義は以下のようになっています。

  • 年齢は15~34歳に限定
  • 現在就業している人で、勤め先における呼称が「アルバイト・パート」である雇用者
  • 現在仕事をしていない人で、家事も通学もしておらず「アルバイト・パート」の仕事を希望している人

(参考:統計局ホームページ-統計FAQ

仕事をしていない人でも働く意欲があればフリーターと呼ばれますが、実際にアルバイトやパートで収入を得ているフリーターと正社員の違いは何なのでしょうか。

 

待遇

待遇面では、賞与や昇給が大きな違いです。

フリーターの場合、ほとんどの会社で賞与を出していません。また、昇給も正社員と比較するとわずかです。

フリーターと正社員で給与が同じだとしても、賞与や昇給を含めると正社員の方が年収は上になります。正社員の場合、賞与は月給の1~3ヵ月分程度で、一般的な企業では年1回昇給があります。

また、フリーターは基本的に時給ですが、正社員は月給です。休みが多くても月給単位で給料がもらえるので、より安定していると言えます。

 

研修

正社員は研修が充実しています。それだけ企業が多額の投資をしているのです。

一方、アルバイトはいつ辞めるかわからず、企業としても投資しづらい部分があります。そのため、正社員と比べると研修が不十分だったり、重い責任が生じる仕事を任せられたりする機会が少ない可能性があります。

 

雇用期間

アルバイトは、契約期間が決まっている場合が多いです。逆に、正社員は通常は契約期間の定めがありません。

企業としては、契約期間が決まっている人材は解雇しやすくなります。そのため、アルバイトは正社員より解雇される可能性が高いと言えます。

※アルバイトには契約期間が決まっていない場合もあります。また、正社員でも契約更新が必要なケースもあります。

 

フリーターは就職できるのか

総務省統計局の「労働力調査結果」によると、フリーターの数は2017年時点で平均152万人です。

2013年のフリーター数は182万人でしたが、2014年に178万人に減少し、以降は毎年減少しています。2017年も、前年より2万人の減少となりました。

※この調査におけるフリーターの定義は「15歳から34歳までの」「パート・アルバイト及びその希望者」とされています。

 

このように、統計上ではフリーターの数は減少しています。フリーターから正社員へ就職できる機会が増えていると考えられます。

基本的にフリーターは、社会人として働いた経験があります。そのため、学生の就活生と比較して、社会人経験のあるフリーターは即戦力として採用される可能性があるのです。

 

フリーターが就職するための3つのポイント

これだけは押さえよう

  1. 職務経歴書などの書類対策をする
  2. 正社員としての責任を理解する
  3. 目的意識を持つ

1.職務経歴書などの書類対策をする

職務経歴書にアルバイトを含むか含まないかという点は、しばしば議論されます。職務経歴というのは文字通り「職務」の経歴なので、正社員に限らず、アルバイトやパート社員、自営業も記載できます。

中には正社員の職歴しか見ないような会社もあるでしょうが、そうではない会社もあります。ただし、職歴がなかったり、空白期間の長い人は、書類選考で不採用になる場合が多いです。

この場合、書類では志望動機をきちんと示し、職歴がないことや空白期間の長さをカバーする必要があります。そのためにも書類対策はきちんと行いましょう。少しの誤字脱字で引っかかる可能性もあるからです。

 

2.正社員としての責任を理解する

アルバイトの職歴があっても、正社員との違いをふまえて入社意欲を示す必要があります。企業にとって、正社員とアルバイトの大きな違いは「責任」です。

企業は研修や教育などで正社員に多額の投資をします。必然的に、正社員に任せる仕事も責任が重くなります。企業としては、すぐに辞める人を正社員で雇うわけにはいきません。正社員は何か起きた場合に責任を取る立場なので、簡単に辞められては困るからです。

その点、アルバイトは勤務先にもよりますが、簡単に辞められるケースが多いです。これは正社員との大きな違いなので、きちんと考えなくてはなりません。

アルバイト感覚が残っていることが企業側に伝わってしまうと、採用される確率は格段に下がってしまいます。

 

3.目的意識を持つ

責任と関係しますが、「目的意識」を示すことも重要です。企業は「この人はウチで何がしたいのか」「どう成長していきたいのか」を気にします。目的意識をはっきり示せば、それだけ企業に入社意欲が伝わります。入社後の成長が期待できるからです。

また、社会人としてのマナーも必須です。取引先とコミュニケーションをとる上で、挨拶などの基本的なマナーを身に着けていることが大前提です。

そのため、基本的なマナーをアピールできれば、採用される確率は上がるでしょう。

 

30代や高卒のフリーターが就職するコツ

同じフリーターでも30代や高卒の場合、就職するためにコツが必要になります。それぞれみていきましょう。

30代のフリーターが就職するコツ

フリーターが正社員になるには、先ほども述べたように入社意欲が重要です。この点をアピールし、企業のニーズとマッチすれば採用されます。

ただし、同じ能力ならより若い20代を採用するのが一般的です。そのため、20代と比べると就職のハードルは上がります。

きちんと戦略を立てて就職活動をすることが大切です。30代に対応した就職エージェントを利用するなどして、「ネガティブな部分をうまく伝える」という点を特に意識しましょう。

高卒のフリーターが就職するコツ

高卒の場合、高校を卒業してしばらくはmなだ若いため、就職には有利です。応募できる求人も多く、チャンスも広がるでしょう。

ただし、若いからといって余裕を持ちすぎると、だらだらと就職活動を続けてしまう場合があります。なかなか就職先が決まらず、結果としてフリーターを続ける場合もあります。ある程度の期間の区切りはきちんとつけるようにしましょう。

また、若い人材は採用されやすいですが、その分だけブラック企業にひっかかる可能性があります。きちんと情報収集することを心がけ、ブラック企業に入社してしまわないよう注意してください。

 

フリーターが就職しやすい職種は?

フリーターが就職しやすい職種の代表例は、「営業職」「事務職」「IT」「アパレル」「飲食」などが主なものです。

営業職や事務職は人柄重視

営業職では対人のコミュニケーションスキルが必須なので、専門的なスキル・知識よりも人柄が重視されます。そのため未経験のフリーターでも就職しやすいです。

事務職も、一般事務職であれば専門性が要求されず、人柄重視です。そのためフリーターでも就職しやすい職種と言えます。事務職のアルバイト経験や、秘書技能検定などの資格があると、なお有利でしょう。

IT職とアパレル職は求人が多い

特にITは多くの人材を求めているので、パソコン関連に詳しい人などは有利です。趣味程度でもプログラミング経験があれば、大きなアピールポイントになります。

アパレルも求人が多いので、洋服が好きな人にとっては有利です。アパレルの仕事はただ洋服を売るだけではなく、商品管理や商品ディスプレイも含まれます。商品ディスプレイは、洋服やデザインが好きな人には特に向いているでしょう。

飲食業は責任感が求められる

飲食業はアルバイトも多いですが、正社員は責任が格段に上がります。正社員で入社すれば、店長やエリアマネージャーにキャリアアップできるからです。

アルバイト感覚ではなく、プロとしての接客スキルやクレーム対応力が求められ、高いコミュニケーションスキルが必須です。

 

フリーターに特化した就職エージェントを利用する

フリーターが就職活動をする際には、就活エージェントを利用するのがおすすめです。ただ、利用する際にはいくつかのポイントを知っておく必要があります。

フリーターが登録できないエージェントとは?

ハイキャリア・管理職向け、専門職向けのエージェントは、フリーターだと登録できないケースが多いです。

また、エージェントは必ずしも全国展開しているわけではないため、地域的にサービス対象外の場合もあります。加えて、年齢制限や職種制限が設けられる場合もあります。

 

フリーターが登録するべきエージェントは?

一般的な大手の就職エージェントでは、フリーターから正社員になるための案件がない場合があります。案件があっても、ブラック企業を紹介される恐れもあります。

また、求職者は就職エージェントを無料で利用できますが、それは企業がお金を払っているからです。
企業はエージェントに自社を紹介してもらい、マッチする人材を見つけようとしています。

お金を払ってでも人材を探しているので、必然的にスキルや経験が豊富な人材が優先されます。そのため、正社員と比較するとフリーターはどうしても不利になります。

ただし、これは一般的な就職エージェントの例です。中にはフリーターに特化したエージェントもあるので、フリーターから正社員を目指す場合はフリーター特化のエージェントを利用すると良いでしょう。

 

フリーターに特化した就職エージェントの特徴

前述のとおり、フリーターの場合は必ずフリーターに特化したエージェントを選びましょう。フリーターに特化したエージェントに求人を掲載する企業は、応募者にフリーターがいることを承知しているため、正社員と比較して不利になることもなく、内定率も上がります。

また、平等に案件を紹介されやすい点もメリットです。エージェントによっては非公開求人も豊富なので、より質の良い求人に出会えるでしょう。

また就職エージェントを利用すると、求人紹介のほか、面接対策・書類添削などのアドバイス、面接のスケジュール調整など、さまざまなサポートを無料で受けられます。ビジネスマナー習得のセミナーを開催するエージェントもあり、あらゆるサービスを利用することが可能です。

 

就職エージェントを利用するときの流れ

基本的には、

①無料登録 
②面談 
③求人紹介 
④書類添削・面接対策などのサポート 
⑤企業との面接
⑥内定・結果のフィードバック

という流れです。

書類選考や面接の結果不採用になった場合でも、落ちた理由を知ることができます。
企業とのやり取りはエージェントが代行するので、エージェント経由で不採用の理由を聞いたり、フィードバックを受けることができるのです。

次回の選考に向けてフィードバックを活用するのが効果的です。

 

フリーターが就職するときにおすすめのエージェント

様々な就職エージェント、転職エージェントがありますが、その中でも特にフリーターにおすすめのエージェントをみていきましょう。

就職Shop

プロのアドバイザーによるマンツーマンのサービスを受けられ、登録企業数は8370社、利用者数は10万人を超えています。また、利用者の9割が20代です。書類選考なしで面接へ進める求人を紹介しており、未経験歓迎の求人が中心です。

独自に取材した企業の求人のみを載せているので、実際の社内の雰囲気などの情報も入手できます。
また、幅広い職種を扱っていることでも知られています。

拠点は東京(東京、新宿、北千住、立川)、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫、京都です。

 

DYM就職

第二新卒・既卒向けの正社員求人が多く、優良企業求人は2000社以上です。

就職Shopに比べると求人数は少ないですが、IT業界や不動産業界に強く、就職率は96%です。
また、書類選考なしで面接に進める求人を紹介しています。

 

JAIC

フリーターや既卒の就職サポートとしては最大手と言えます。20代の支援実績として、支援実績1万4882名、就職成功率は80.3%です。取引3000社の非公開求人から優良企業を紹介しています。また、契約企業数自体は5万社とされています。

拠点は東京(東京、新宿)、神奈川、名古屋、大阪、福岡です。

 

JAIC女子カレッジ

女性限定の転職エージェントで、採用実績3700社以上、採用成功率78%、採用後の定着率は94.3%です。また、6日間の研修でビジネスマナーやコミュニケーション能力を身につけることができます。

 

ハタラクティブ

既卒・フリーターに特化し、未経験者歓迎の求人は常時1500以上、内定率は80.4%です。カウンセリング実績は約6万人以上で、営業、企画、エンジニア、事務などの非公開求人も多数扱っています。

カウンセリング場所は渋谷、立川、池袋、秋葉原、船橋、大阪ですが、地方の場合でも電話カウンセリングができます。

また、厚生労働省の「若者キャリア応援制度」受託事業者として認定され、幅広いサポートを行っています。

 

ワークポート

IT系では日本最大級と言われるワークポートも既卒向け案件を扱っています。2000社との取引実績があり、転職相談実績は30万人、常時1万5000件以上の求人があります。

 

アイデムスマートエージェント

既卒・フリーター向けの求人も扱っています。マンツーマンでの相談・対策を行い、1ヵ月で一次面接通過は80%以上です。25万社以上の企業とつながり、大手から中小、ベンチャー、地元の優良企業までさまざまな求人があります。

また、ポテンシャル重視や人材育成制度充実の企業を厳選して紹介しています。

 

ウズキャリ既卒

20代の第二新卒・既卒・フリーター向けのサービスで、内定率86%、定着率は93%です。一人一人に合わせたサポートが行われ、サポート時間は平均20時間です。

 

ウズウズ(UZUZ)カレッジ

「20代のための次世代型就活サポート」として、ビジネスマナー・マインド、メールやエクセルなどの基礎知識を学習できます。

社会人としてのビジネススキルを研修でカバーできるので、社会人経験がなくても入社後にすぐビジネススキルを活かすことができます。

研修費用は無料で、未経験から最短4週間で内定を獲得することも可能です。また、講師は全員元既卒・元第二新卒です。ITエンジニアコース、営業コース、両者を合わせたハイブリットコースの3つがあります。

 

第二新卒エージェントneo

未経験OKの求人は5000件以上、就職成功者は1万5000人以上です。営業担当が実際に訪問した企業のみを紹介し、社内雰囲気などの情報もわかります。

離職率が高いような企業は全て断り、求人が厳選されているのが特徴です。

 

いい就職.com

既卒・第二新卒専門で、登録者20万人以上、正社員限定求人は5000件以上、正社員就職した既卒・第二新卒者は1万人以上です。

会社研究セミナーやグローバル求人セミナー、自己再発見セミナーといった幅広いセミナーが用意されています。

 

若手正社員チャレンジ事業

東京都の支援事業で、既卒やフリーターを対象に、セミナーと企業内実習を組み合わせた支援を行っています。企業内実習は約20日間です。

就業経験がないか、非正規のみの29歳以下の求職者で、直近2年以内に正社員の職歴が通算1年を超えない方が対象です。

 

就職エージェントに登録できなかった場合

就職エージェントを使用しなくても、就職サイト、ハローワーク、企業へ直接応募、知人の紹介といった他の選択肢があります。

エージェントは確かに便利ですが、必ずしもエージェントを使用しなければならないわけではありません。

 

就職サイト

最大手の求人情報サイトの一つがリクナビNEXTです。

メインは転職者ですが、検索で「未経験者歓迎」「フリーターから正社員を目指す」に絞ることができ、求人情報を入手できます。未経験の求人情報を見逃さないように、頻繁にチェックする必要があります。
また、「グッドポイント診断」によって、自分の強みが客観的にわかります。

 

ハローワーク

求人情報の紹介がメインで、すぐに就職したい人には向いています。ただしブラック企業にあたる可能性もあり、就業環境がよくない可能性もあります。

また、採用する気がないのに求人情報だけが掲載されている、いわゆる「カラ求人」の可能性もあるため、求人の見極めは慎重に行ってください。

 

企業へ直接応募

未経験者・フリーター歓迎の正社員求人は、必ずしも就職エージェントや就職サイトだけに記載されるわけではありません。

その企業のホームページ上で独自に採用情報が記載される場合もあります。この場合、ホームページ上から直接応募します。ただし1件ずつ自分で応募するため、就職エージェントなどに比べて時間はかかるでしょう。

 

フリーターが就活するときに最低限準備するべきこと

フリーターが就活をする際には、様々な準備が必要です。就職エージェントも活用しながら、しっかりと事前準備をしましょう。

フリーターが就活するときに最低限準備するべきこと

  1. 応募書類
  2. 志望動機・自己PR
  3. 職務経歴書
  4. 面接対策
  5. 服装

1.応募書類

一般的に、書類選考の通過率はしばしば30%と言われます。フリーターの場合は特に厳しい傾向があり、フリーター期間が長いとさらに厳しくなります。そのため、応募書類は特に気を遣って作成しなくてはなりません。

志望動機などの内容はもちろんのこと、見た目の印象も大事です。シワや折り目、シミがないか、誤字脱字はないか、字を綺麗に書いているか、空欄になっていないか、隅々までチェックする必要があります。

 

2.志望動機・自己PR

採用担当者が最も注目するのは、志望動機・自己PRです。

先ほども述べたように、企業は「ウチで何がしたいのか」「どう成長していきたいのか」を気にします。そのため、志望動機・自己PRから目的意識を感じさせなくてはなりません。

具体的に何がしたいか、会社に貢献できる点は何かを記載しましょう。福利厚生や給与などの待遇は、志望動機には書かないほうが良いでしょう。

一度志望動機・自己PRを書き終えたら、必ずチェックしてください。自分の気持ちがきちんと伝わる内容か、誤字脱字はないか、必ず確認しましょう。

 

3.職務経歴書

アルバイト経験も職務経歴書に書くことができます。

仕事で得た経験やスキルはきちんと記載し、具体的に何ができるかをアピールしましょう。ここできちんとアピールできれば、フリーターという要素をポジティブな強みに変換できます。

 

4.面接対策

書類選考を通過すれば、1次面接、2次面接と進んでいきます。挨拶などの基本的なマナーを守って面接に臨む必要があります。

面接での大きなポイントは、「簡潔にわかりやすく伝える」という点です。もちろん短すぎても伝わりませんが、長々と述べてもわかりにくいです。

自分の長所を伝える例を考えてみましょう。

「○○という経験をしたことがあり~ □□という点が私の長所(得意なこと)です。」
「私の長所(得意なこと)は□□です。その理由は、以前○○という経験をしたことがあり~」

どちらがわかりやすいでしょうか。

それは後者の答え方です。自分の長所をまず伝えてから、その理由として経験を述べましょう。先に経験から述べると、採用担当者にとっては理解しづらくなります。最後まで核心が見えてこないからです。

もちろん、長所を伝えるだけでは説得力がありません。理由として経験を述べ、自分の長所を裏付ける必要があります。この流れをスムーズに進ませるには、「先に長所を述べる→理由となる経験を述べる」の順番を守ってください。

面接では、採用担当者が「この人をぜひ採用したい」と思えるように、自分を売り込まなくてはなりません。つまり、「自分というブランドの価値」を相手に理解してもらえるよう説明する必要があるのです。

伝え方一つで印象は変わります。冗長に話すのが癖になっている場合は特に注意してください。「簡潔にわかりやすく伝える」という点を特に意識し、自分の話し方や伝え方を見直してみましょう。

 

5.服装

面接時にスーツ着用と規定されていれば、もちろんスーツです。もし服装自由と規定されていても、迷ったらスーツにしてください。スーツで行ってダメということは絶対にありません。

服装に関する規定が特にない場合も、スーツで行きましょう。

服装自由であっても、何でもいいわけではありません。面接に合った服装をする必要があります。男性も女性もシンプルな服装にすることは大前提なので、派手な服装はNGです。

加えて、女性はナチュラルさも意識すると良いでしょう。特にメイクはナチュラルなほうが効果的です。
もちろんこの点はスーツ着用時でも同様です。

あわせて読みたい

カテゴリー