第二新卒エージェントneoとは?利用するメリットとデメリットは?利用する際のポイントや流れについても解説!

第二新卒エージェントneoは、株式会社ネオキャリアが運営する、社会人経験が少ない第二新卒やフリーター向けの転職エージェントです。学歴不問、研修充実、残業少なめ、転勤無し、福利厚生充実などの求人を多く取り扱っています。この記事では、第二新卒エージェントneoについて、利用方法やおすすめの人まで紹介しています。

第二新卒エージェントneoとは?

株式会社ネオキャリアが運営する第二新卒エージェントneoは、未経験も歓迎の求人を主に扱っています。

学歴不問や転勤なしなどの求人が多く、社会人経験が少ない第二新卒やフリーターでも転職先を見つけやすいです。扱っている求人はアドバイザーが実際に訪問した企業のものなので、職場環境などの情報も詳しく知ることが可能です。

 

株式会社ネオキャリアとは

社名 株式会社ネオキャリア

NEO CAREER CO., LTD.

設立 2000年11月15日
資本金 362,384,890円
代表取締役 西澤亮一
所在地 ▼東京本社

〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-22-2 新宿サンエービル2階

▼大阪支社

〒530-0002 大阪府大阪市北区曽根崎新地2-2-16 西梅田MIDビル2F

 

第二新卒に特化している理由

第二新卒は社会人経験が浅めです。そのため、転職情報を入手したり、相談したりする相手が少ないケースが多いと言えます。

近年は企業側も第二新卒の採用に意欲を示してきており、双方のニーズが合致することから第二新卒特化型のエージェントが登場しています。

 

第二新卒エージェントneoを利用するメリットとデメリット

基本情報がわかったところで、第二新卒エージェントneoを利用するメリット・デメリットをそれぞれ見ていきましょう。

5つのメリット

メリットは下記5点です。

第二新卒エージェントneoを利用するメリット5点

  1. ブラック企業を排除している
  2. 第二新卒出身のアドバイザーがいる
  3. サポートが手厚い
  4. スピードが早い
  5. 成長企業の求人を多く紹介してもらえる

1.ブラック企業を排除している

第二新卒エージェントneoでは、アドバイザーが実際に求人企業を訪問しています。ブラック企業など問題があると判断した場合は紹介先リストから除外されており、安心感につながります。企業のマイナス面について教えてくれる点も魅力です。

 

2.第二新卒出身のアドバイザーがいる

アドバイザーには、自分も第二新卒での転職を経験した人が少なくありません。フリーター生活の不満などをアドバイザーに相談し、同じ目線で転職を支えてもらいやすいです。

 

3.サポートが手厚い

大手企業運営の転職エージェントと比べると知名度は低めですが、登録者1人1人にじっくり時間をかける傾向があります。面談やヒアリングが長時間にわたるケースもあるようです。

 

4.スピードが早い

登録時に面談日程を同時に決定することができます。スピーディーに転職先探しを進め、経済的・精神的にも負担の少ない転職活動につなげてください。

 

5.成長企業の求人を多く紹介してもらえる

求人案件には、直近5年の売上が増加している企業が多く見られます。売り上げの成長が必ずしも企業の良さを表すとは限りませんが、業務拡大に伴う人材不足で未経験者でも採用されやすくなることなどが考えられます。

 

3つのデメリット

第二新卒エージェントneoのデメリットは下記3点です。

第二新卒エージェントneoのデメリット3点

  1. 対応エリアが少ない
  2. ステップアップしたい人には物足りない
  3. アドバイザーの年齢が若い

1.対応エリアが少ない

対応エリアは拡大してきているものの、現時点では、東京・埼玉・千葉・神奈川、大阪・京都・兵庫の求人が主体です。東京圏・大阪圏以外で転職先探しをしている場合は要注意です。

 

2.ステップアップしたい人には物足りない

豊富な求人量が魅力ではあるものの、メイン対象は第二新卒やフリーターなどです。ステップアップを求めて転職先探しをしている人には、うまくマッチする求人が少ないと考えておきましょう。

 

3.アドバイザーの年齢が若い

アドバイザーの年齢が若い傾向もデメリットと感じるケースがあります。自分と近い目線でアドバイスしてくれる点は魅力ですが、ベテランと比べるとやや物足りないと感じるケースもあり得ます。

 

第二新卒エージェントneoの利用がおすすめな人は?

第二新卒エージェントneoの主な対象は、既卒・フリーター・第二新卒に該当する20代~30代です

この年代に該当し、就職活動や転職活動が初めてという人にもおすすめです。求職者と似た状況を経験したことのあるアドバイザーも多く、転職に関する悩み相談にも役立てるとよいでしょう。

 

第二新卒エージェントneoを利用する際の流れ

次に、第二新卒エージェントneoを利用する際の流れを確認していきます。

第二新卒エージェントneo利用の流れ

  1. 登録
  2. キャリアカウンセリング
  3. 選考・面接対策
  4. 選考
  5. 内定

 

1.登録

登録は数分で終えることができます。登録を済ませると、履歴書・職務経歴書の書き方や、面接対策の進め方などをチェックしてみましょう。退会専用フォームはないものの、メールによって退会手続きが可能です。

 

2.キャリアカウンセリング

登録者には専任の就活アドバイザーがキャリアカウンセリングを行ってくれます

キャリアプランの相談や、業界情報の提供を受けることも可能です。2時間程度としっかりした長さのカウンセリングになるケースもあり、転職に関する相談をじっくり進められます。

 

3.選考・面接対策

選考・面接対策では、自己PRや志望動機を準備します

模擬面接では、実際にアドバイザーが企業を訪問した経験を踏まえた練習ができるので効果的です。初回面談の後、3回~4回程度の選考・面接対策があると考えておきましょう。

 

4.選考

紹介を受ける求人は、実際にエージェントが訪問した企業のものに限られています。エージェントと企業とのつながりがあることで、面接のフィードバックを受けられる点も魅力です。

 

5.内定

内定が決まれば、入社日・条件交渉を進めてくれます

内定後には名刺交換などの社会人マナーを学べる研修もあり、社会人経験がない人でもフォローを受けられて安心です。引き止めを受けるなどして内定を辞退する場合は、必ず転職アドバイザーに相談しましょう。

 

第二新卒エージェントneoを利用する際のポイント

転職活動を進めるイメージができたところで、第二新卒エージェントneoを利用する際のポイントを整理しておきましょう。特に注意したいのは下記の3点です。

1.ファーストコンタクトはできるだけ直接会う

初回面談の際には、極力電話ではなく実際に合うことが望ましいです。

直接会うことで、アドバイザーの人柄がわかります。転職の熱意をうまく伝えられれば、優先順位を上げてもらえることもあり得ます。

 

2.転職希望時期は「すぐにでも」と言っておく

アドバイザーには売上目標があります。そのため、転職をすぐにでも進めたい意志を伝えれば、優先順位が上がりやすいです。

 

3.連絡はこまめに取る

連絡が乏しいと、転職先がすでに決まったか、転職の意志が弱いと考えられかねません。極力こまめに連絡を取るように心がけましょう。

 

第二新卒エージェントneoとの併用がおすすめな転職エージェント

転職成功のためには、転職エージェントを併用することも有効です。そこで、第二新卒エージェントneoと併用がおすすめの転職エージェントをご紹介します。

 

マイナビエージェント

マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは、各業界に特化しています。専門性の高さに期待するなら、マイナビエージェントも利用してみましょう。求人数が多いことや、書類作成などのサポートが充実している点も魅力です。

 

JAIC

JAICは、第二新卒エージェントneoと同様に、若年層をメインターゲットとしています。充実した研修が魅力の1つで、社会人未経験者の転職活動にも役立ちます。社会人スキルを磨きながら転職活動を進められるでしょう。

 

第二新卒エージェントneoは、第二新卒など社会人経験の乏しい若年層を主なターゲットとしています。第二新卒転職を経験したアドバイザーなどに支えてもらいながら、転職成功に向かってみましょう。

あわせて読みたい

カテゴリー