薬キャリはどんな転職エージェントなのか?薬剤師シェアNo.1の実力

薬キャリとは?

「薬キャリ」はソニーのグループ会社であるエムスリーグループが運営する転職サイトです。

求人件数4万件、紹介会社33社の薬剤師求人をまとめて探すことができる薬剤師で転職を考えている人にはとても便利なサービスです。

月間利用人数も約9万人と多く、薬剤師の80%以上が転職の際に登録中となる点なども魅力と言えます。年収600万円以上の求人が約45%を占めており、高年収に期待したい人にもおすすめです。

 

運営会社のエムスリーはどんな会社?

薬キャリを運営するエムスリーは、「m3.com」など臨床に役立つコンテンツ提供などに取り組んでいます。薬剤師に特化した掲示板の運営や、医療関係のニュース配信も実施しています。

登録医師数20万人以上を誇っており、医師や薬剤師の転職支援も実施する会社です。

 

薬キャリにも色々なサービスがある

豊富な求人をチェックできる「薬キャリ」では、利用者のニーズに応じて様々なサービスを利用できます。具体的には、エムスリー株式会社が運営する薬キャリエージェントや薬キャリmamaです。

薬キャリエージェント

薬キャリエージェントは、薬剤師転職を専門とするコンサルタントが相談に乗ってくれます。専門性の高さを求める求職者は利用を検討してみるとよいでしょう。

薬キャリママ

薬キャリmamaは、ママ薬剤師向けに情報提供をしています。子育てとの両立などを考えている場合は要チェックです。

 

薬キャリの特徴を総まとめ!

では、薬キャリの特徴をまとめてみていきましょう。

圧倒的シェア

薬キャリには薬剤師の8割以上が転職の際に登録しており、高いシェアを誇ります。

薬剤師の転職をサポートする40社のうち、厳選した3社の転職サービスにまとめて登録できる点などが魅力です。非公開求人の含めて豊富な求人から、希望に合ったものをチェックしてみましょう。

また、大手企業だけでなく、地域密着型の調剤薬局の求人なども丁寧に調査してくれています。m3.comで知られるエムスリーグループが運営しているため、病院や調剤薬局の転職でも強みを発揮してくれます。

 

検索機能が優れている

優れた検索機能も薬キャリの魅力です。子育てなどワークライフバランスを重視したい場合は、土日休みなどの求人を絞り込むことができます。

検索の進め方も【エリア(都道府県 市区町村)】× 【業種(調剤薬局、病院、OTC…他)】 × 【 雇用形態 】 の3つをもとに求人を絞り込めるため簡単です。

転職先に希望する条件が明確な場合は、効率よく転職先探しを進めてみましょう。また、地方勤務や派遣契約などを希望している場合でも求人チェックが可能です。

 

充実したサポート

薬キャリは充実したサポートにも定評があります。専門担当者が付くことはもちろん、エリア別のサポートも魅力です。

履歴書添削や応答の速さなどにも定評があり、企業のリアルな情報を知る上でも薬キャリを役立ててみたいところです。薬剤師専門コンサルタントのサポートを受けることで、未経験者でも転職を成功できるチャンスが広がります。

 

チャンネルが多い

薬キャリには様々な求人が見られます。高収入や派遣の求人も新着求人を含めて見られるため、多様な働き方を希望する人にもおすすめできます。ママ向けの求人としては、土日休みやブランクも歓迎といった求人が見られます。

 

サイト内の情報量が多い

薬キャリでは、現役薬剤師の口コミを参考にすることも可能です。現場をよりリアルに知ることで、自分の希望に合った転職先を選びやすくなります。

ランキングでは、給料や都道府県別年収などをチェックし、薬剤師の現状について知ることも可能です。

 

薬キャリの求人傾向を徹底分析

次に、薬キャリにおける求人傾向を分析してみましょう。

地域別

地域別でみると、東京が17%と最も多く、神奈川、大阪、愛知が続きます。

ただ、他の求人サイトでは東京の求人が極端に多いことを考えると、都心部以外の地方求人も比較的多く見られると言えます。

求人種類別

求人の種類では、調剤薬局の比率が76%と最も高いです。病院の求人割合が10%と高めな点に特徴があります。

雇用形態別

雇用形態では、 正社員・常勤が55%と高率です。ただし、パート、アルバイト、派遣の求人も少なからず見られます。

 

薬キャリ利用をおすすめしたい人は?

薬キャリの特徴が分かってきたところで、薬キャリがおすすめなのはどんな人なのかを見ていきます。

まず、テキパキと転職を進めたい人や、年収アップに期待している人はぜひ利用を考えてみましょう。

また、子育てにも時間をかけたいママ薬剤師や、ブランクを経て復帰を目指す薬剤師もぜひ薬キャリをチェックしてみてください。

薬剤師の転職について

薬剤師転職では、求人数が多い10月が狙い目です。

12月にボーナスが支給されると考えると、11月に退職を予定する人が少なくなることが理由です。

 

薬キャリに実際に登録するとどんな流れになる?

では、薬キャリに登録して転職先探しを進める流れを確認します。

STEP1. 登録フォームに必要事項を入力

まず、登録フォームに氏名や電話番号・、生年月日、希望雇用形態、希望就業時期などを入力します。無料登録フォームは以下の通りです。

薬キャリ利用前に注意したいこと

コンサルタントは即戦力になる人材かどうかを意識しています。薬キャリを利用する前に、即戦力人材が重視される点をしっかり理解しておきましょう。

 

STEP2. 電話とメールで希望を確認

登録が済んだら、数時間で薬キャリからの電話があります。職務経験や、希望条件、キャリアプランなどのヒアリングを受けましょう。

STEP3. 求人を紹介

希望を伝えたら、コンサルタントが希望に合った求人を適宜紹介してくれます。

STEP4. 面接日程調整&条件交渉

希望に合った求人が見つかれば、面接日程の調整や条件交渉に進みます。コンサルタントが日程調整などを進めてくれるので安心です。

STEP5. 内定・入社

内定を勝ち取れば、入社の流れになります。ただし、希望に合わないと感じた場合は辞退し、コンサルタントから求人企業に伝えてもらいましょう。

 

薬キャリと併用すると効果的な転職エージェントは?

転職活動を進める際は、薬キャリを含めて2,3社程度に登録し、サービスの質などを比較してみると良いです。そのうえで、担当者との相性が最も良いと感じた転職サイトで本格的なサポートを受けてみてください。

 

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師では、キャリアアドバイザーが面談に力を入れています。支店網を活かして地方でもでも面談日程を組みやすいほか、アドバイザーが丁寧に対応してくれた店などが評価されている転職サイトです。担当者としっかりコミュニケーションを取りながら転職活動を進めたい薬剤師は、薬キャリとの併用を検討してみましょう。求人件数の多さや、職場調査を徹底的に行ってミスマッチを防いでいる点も魅力です。

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは、日本調剤のグループ力を活用しながら、充実した転職支援をしてくれます。時給4,000円以上の求人も約6%見られるため、高収入に期待している薬剤師は併用してみると良いでしょう。厚生労働省が「職業紹介優良事業者認定企業」に指定していることや、eラーニングなどの教育体制が充実していることなども安心材料です。

 

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師では、企業で働く薬剤師の求人をチェックできます。75%を占める非公開求人を含めた求人数に加えて対応の速さや時給交渉力に定評があります。大手人材紹介会社のリクルートによる運営で、大手企業の求人にも強みがあります。しているため、大手企業・調剤薬局に強い。

 

ファーマキャリア

ファーマキャリアでは、薬剤師1人1人の希望に合った求人探しに力を入れています。経験豊富なコーディネーターにサポートしてもらいましょう。キャリア志向の高い男性を中心に人気の高い転職サイトです。

 

ヤクジョ

ヤクジョはスポット派遣の求人数が多めです。福利厚生が充実している案件もあるため、薬キャリとの併用を検討してみてもよいでしょう。

薬キャリは薬剤師転職で高いシェアを誇ります。充実した検索機能や転職サポートを活かしたい場合は、薬キャリ登録を進めてみてください。

 

あわせて読みたい

カテゴリー