就活の面接対策!不安解消に役立つ3つの対策とは?

新卒就活

企業に買ってもらえるように自分自身を知り、面接ごとに準備をして挑むこと。就活の面接に向けてどのような対策をしたらいいわからず、不安に感じている学生の方も少なくないのではないでしょうか?この記事では、就活の面接に向けて、事前にどのような対策をしておくべきなのかについてまとめました。


 

就活の面接ってどのようなもの?

shutterstock_251280265

就活生にとっての面接の目的は「自分を企業に売り込むこと」です。

ただ自分という商品の良さをアピールするだけでは企業に買ってもらうことはできません。

ポイントは「自分を買いたいと、自然に企業に思わせること」です。

この目的を達成するためには

「誰に」

「いつ」

「どのような内容」

「どのような方法」

で伝える必要があるか、事前に対策として準備しておく必要があります。

この記事では自分を企業に売り込むポイントを以下3つを整理しました。

就活の面接対策

  • 1.どの面接でも共通する対策
  • 2.面接官の立場、面接時間を考慮した対策
  • 3.面接形式を考慮した対策

 

就活の面接対策1「どの面接官でも共通する対策」

shutterstock_285247241

伝えるべき内容に関する対策

企業の「自分という商品を買う」という意思決定を下すために必要な情報が含まれているかという観点で、自己PR、志望動機、逆質問などをチェックしましょう。

例えば「コミュニケーション能力を重視する企業」の面接を受けるとします。

この面接で「リーダーシップをもって行動したこと」について力説をしても、企業には響きにくいですよね。

ポイントは、「自分が話したい内容を提供する」のではなく「相手の知りたい情報を提供する」という視点で内容整理することです。

伝え方に関する対策

伝え方に関しては、プレゼンテーションに有効な方法として知られているPREPの観点で整理すると相手にわかりやすい説明ができます。

PREPとは?

  • Point:はじめに伝える結論
  • Reason:理由
  • Example:具体例
  • Point:ポイントを改めてまとめる

面接でP→R→E→P の順番で伝える事ができるように、事前に練習しておくことが大切です。

普段の生活でPREPを意識して話をするだけでも練習になりますね。

 

就活の面接対策2「面接官の立場や面接時間を考慮した対策」

太陽 朝

面接官の立場を考慮した対策

一次面接

一般的に一次面接は人事部の若手や現場の若手が担当することが多く、選考基準も企業によって様々です。

しかし、どんな企業であれ、「後輩の同僚として一緒に働きたい人」をポジティブに評価することは変わりません。

また一次面接官のミッションは短時間でたくさんの人に良いところを判断することです。

よって就活生は「二次面接にあげる理由」を一次面接官にわかりやすく提示する面接をするのがポイントになります。

例えばアルバイトの経験も、関連記事のようにアピールすると印象に残りやすいですよ。

二次面接

二次面接は人事部や現場の部長、課長クラスの責任者が担当します。

部下として働いて欲しい人を判断するのがこのクラスの面接です。

この面接で太鼓判を押されれば最終面接で落ちる確率は減ります。

一次面接よりはじっくり対話できることが多く、「なぜこの会社で働きたいと思ったか」を自分の言葉で整理して話せるようにする必要があります。

最終面接

最終面接は日常生活で学生と話す機会がほとんどない役員や社長クラスが担当します。

ここでのポイントは、自分の視点で、その企業について感じる良い点と改善点を伝えることです。

B to Cの企業であれば実際に店舗に行き感想や意見を伝えてみましょう。

B to Bの企業であればOB訪問、説明会で感じたことを伝えることをおすすめします。

相手はビジネスの一線で活躍している人ですが、他世代の視点を欲しているという前提で臨むと関心を持ってくれる可能性が高くなります。

面接時間を考慮した対策

面接時間が短い場合

面接官は短時間でたくさんの人を見なければならないミッションを持っています。

分かりやすくアピールをすること、端的に、長くならず、早口にならず話すことが大切です。

面接時間が長い場合

じっくりと自分のことを伝えることができます。

考える時間が欲しいときは「少し時間をください」ということができるので、自分の考えを自分の言葉で伝えましょう。

また、疑問に思ったことは面接中でも質問してみましょう。

面接官は対話をしたいと考えていますが、対話ができる就活生は多くありません。

  • 「この会社に入った理由やきっかけは?」
  • 「会社でやりたいことはなんですか?」

など、面接官個人にフォーカスをあてた質問をして回答を誠実に聴いてみましょう。

「対話」をしながら対話スキルをアピールできるので、面接官はポジティブな印象を持つ可能性が高くなります。

 

就活の面接対策3「面接形式を考慮した対策」

面接

集団面接

しゃべりすぎず、譲り過ぎず、均等バランスを意識して話す量を考えることがポイントです。

例えば、5人で30分なら、自分の時間は6分にするようにしましょう。

また、他の就活生の話もちゃんと聴きましょう。

前の相手が話した相手の考えや意見を引用するのもオススメです。

集団面接は、面接ではなく、会議に参加しているイメージです。

自分をアピールしつつ、相手も惹き立てるスタンスをとるとよいでしょう。

 

個人面接

個人面接では、相手の質問に併せた話をすることがポイントです。

質問が「会社に入ってやりたいこと」なのに「学生時代に頑張ったこと」を話すといった、質問と回答がずれている例が良くあります。

自分の話したい話をするのではなく、相手の質問の意図を読み取りましょう。

また、必ず自分から相手に質問を3つ程用意しましょう。

例えば、会社の未来のことや現状の課題など、核心を付く話を質問してみるのもよいでしょう。

福利厚生、残業時間、給与のことなどを聞きたい場合は面接通過後に人事に質問をしましょう。

 

綿密な準備で面接への不安を解消する

shutterstock_269726339

この記事を読んで就活の面接へ対策をしようと考えた方へのおすすめのアクションアイテムは、

「志望する企業がどのような面接を行うのか調べる」

「自己分析を行う」

です。

志望する企業がどのような面接を行うのか知らなければ、準備ができません。

企業のHPや説明会に参加すると詳しい面接内容がわかりますよ。

また、わかりやすく自分のことを説明するには、自分自身のことも知っている必要があります。

自己分析をして自分の説明をできるようにしましょう。

 

あわせて読みたい