年収

20代で年収600万円の手取り、生活、割合、税金を知りライフプランを考える。

20代で年収600万円は20代全体の上位4%です。手取りは月額約30万円で自由になるお金は月額約15万円程度です。年収600万円が不自由なく生活できる一つの目安とされています。20代で600万円を稼ぐ人は、どのような生活をしているのでしょうか。この記事では、20代で年収600万円を稼ぐの人の割合や職業、生活や手取り年収、家族構成ごとのおすすめなお金の使い方についてまとめました。

年収600万円の手取り月収はいくら?

20代で年収600万円

ボーナス 算式 手取り給与
支給単位 支給回数 月額
2ヶ月 年2回 600万円 / 16ヶ月 * 80% 30.0万円
2ヶ月 年1回 600万円 / 14ヶ月 * 80% 34.3万円
0ヶ月 600万円 / 12ヶ月 * 80% 40.0万円

年収600万円で

  • 独身
  • 扶養家族なし
  • 生命保険の加入なし
  • ボーナスは2ヶ月分で年2回支給

の条件で概算すると、月の手取りは約30万円です

 

同条件でも

  • 「ボーナス2ヶ月分で年1回の支給」の場合の手取りは約34万3000円
  • 「ボーナス無し」だと約40万円

になります。

 

年収600万円の場合、年収から引かれる「税金と社会保険料」は約120万円ほどになります。

 

手取りと額面は、100万円を越える大きな差になるのです。

 

20代で年収600万円の人の割合はどれくらい?

20代で年収600万円

日本の20代の労働力人口は

  • 約1000万人

です。

(平成26年度:総務省統計局より)

 

20代で年収600万円以上の人は

  • 全体の約4%

しかいません。

20代で年収600万円台の人は

  • 約2.6%

となっています。

(転職サービスDODAの「平均年収ランキング2015(約22万人がデータ基)」の年代別調査より)

 

20代で年収600万円台の人数は

  • 約26万人

ということになります。

 

それ以上稼ぐ20代は約1.4%しかいないのです。

 

20代前半で年収600万円以上はほとんどいない

20代で年収600万円

29歳であっても年収600万円以上の人は

  • 上位9%

しかいません。

(転職サービスDODAの「平均年収データ2014年(約16万人がデータ基)」より)

 

同調査では、22〜24歳の平均年収が600万円以上の人の割合は0%となっています。

 

また、

  • 20代前半(20-24歳)の平均年収:248万円
  • 20代後半(25-29歳)の平均年収:344万円

です。

(国税庁の平成26年分「民間給与実態統計調査」より)

 

 

これらの調査より、20代前半で年収600万円に到達する人はほとんどないといえます。

 

年収アップを目指すにも様々な方法があります。

ここで、一通りの方法を把握した上で、ご自分にあった方法を取っていくことをオススメします。

 

20代で年収600万円稼げる職業や職種は?

20代で年収600万円を越える主な業種や職種は以下のとおりです。

 

20代で年収600万円を越える主な業種

20代で年収600万円を越える主な業種は

  • IT
  • メーカー
  • 金融
  • 建築・不動産
  • 商社
  • メディア
  • 医療・医薬品
  • コンサル

です。

 

ただこれまでご紹介した通り、上位数%に限ります。

外資系企業には年収が高い会社もありますが、その分福利厚生が脆弱なこともあるので、よく確認してください。

 

20代で年収600万円を越える主な職種

職種では

  • 金融ディーラー等資産運用関連職
  • 営業職(MR含む)

といったインセンティブ比率の高い職種の年収が高い傾向にあります。

 

基本給に加えてインセンティブの出る職種は、成績次第ではインセンティブが基本給を上回る場合もあるようです。

 

 

 

20代で年収600万円の人の都市圏での生活レベル

20代で年収600万円だと、どのような生活になるのでしょうか。

  • 勤務先が東京、大阪、名古屋など都市圏
  • 1人暮らし
  • 寮・社宅制度なし

の条件で考えます。

  • 家賃:約9万円
  • 光熱費:1万円
  • 携帯などの通信費:1万円
  • 食費:3万円
  • その他費用(日用品、移動費など):1万円

とすると、月に15万円が「必ずかかるお金」となります。

 

最も大きな支出は家賃ですね。

 

月の手取りが約30万円だとすると、自由に使えるお金はひと月あたり

  • 15万円程度

いうことになります。

 

一週間に約4万円です。

週3回飲み会に行き、一回5000円使ったとしても2万5000円は手元に残りますね。

 

年収600万円で独身であれば、自由に使えるお金に余裕が出てきます。

余裕があるときには、自分にとって価値があるお金の使い方が重要になります。

 

年収600万円の20代独身の貯金や保険は?投資や運用は?

20代で年収600万円

年収600万円の20代独身のビジネスパーソンにおすすめの貯蓄や保険、また、投資や運用について、ボーナスは2ヶ月分で年2回支給の条件を前提に、下記の表の通りにまとめました。

 

ライフステージ毎におすすめな自由なお金の使途割合

お金区分 月間金額割合
独身 出産前 出産後
つかうお金 10% 10% 5%
まもるお金 20% 40% 55%
ふやすお金 70% 50% 40%

 

20代独身のビジネスパーソンにおすすめな自由なお金の月額配分

自由な金額
(ボーナス時)
月間金額
つかうお金 まもるお金 ふやすお金
15万円 1万5000円 3万円 10万5000円
(75万円) 7万5000円 15万円 52万5000円

 

上記の表で使用している「つかうお金」「まもるお金」「ふやすお金」の意味は下記の通りです。

詳しくは関連記事にまとめていますので、あわせてご参照くださいね。

 

「つかうお金」

生きる上で必要なお金の消費を指します。

 

この記事の場合、生活に「必ずかかるお金」は既に差し引いているため、娯楽費や遊興費が「つかうお金」に当たります。

 

「まもるお金」

貯蓄と保険を指します。

 

急な出費やまとまったお金の出費への積立、万が一の際に家族を守るための備えが「まもるお金」に当たります。

 

「ふやすお金」

投資と運用を指します。

 

金融商品や不動産などの資産運用だけでなく、書籍や人とのネットワーキングなど自分の価値と高めたり、生活を豊かにするための投資や運用が「ふやすお金」に当たります。

 

「ふやすお金」の割合を大きくする

結婚前のビジネスパーソンへは、投資や運用といった「ふやすお金」の割合を大きくすることをおすすめします。

限られたお金と時間で個人のキャッシュフロー向上を果たすためには、投資や運用に回す金額を増やす必要があるためです。

 

独身の場合、遊興費や娯楽費に多くの金額を使いかちですが、結婚前で生命保険や医療保険が最小限に抑えられるため、「ふやすお金」を大きくする貴重な時期といえます。

 

貯金額は月額給与の3ヶ月分から半年分が理想といわれています。

年収600万円の場合、「まもるお金」をすべて貯金すると、1年間で60万円のお金が貯まる計算になります。

 

目標とする貯金額が貯まってからが重要

また、目標とする貯金額が貯まったら、「ふやすお金」の割合を大きくすることもおすすめですよ。

年収600万円は結婚前の生活では裕福な経済レベルといえます。

 

ただ、贅沢をしてしまいがちな年収レベルということもできます。

大きな我慢をしなくとも、「ふやすお金」に十分な金額を割り当てることをおすすめします。

 

年収600万円の20代出産前夫婦の生活レベル

20代で年収600万円

年収600万円の20代出産前夫婦の場合、どのような生活ができるのでしょうか。

  • 既婚
  • 養っている家族(扶養家族)あり
  • 勤務先が東京、大阪、名古屋など都市部
  • 2人暮らし
  • 社宅制度なし

の前提で考えた場合も、一番大きな支出は「家賃」です。

 

同じく「HOME’S」によると、東京23区内の30平メートル以上の1LDKの家賃相場は、足立区が最も安くて7.5万円、港区が最も高くて19.2万円ですので、

  • 家賃は12万円程

とします。

  • 光熱費:1.5万円
  • 携帯など通信費:2万円
  • 食費:5万円
  • その他費用(日用品、移動費など):1.5万円

とすると、22万円が「必ず掛かるお金」です。

 

月額手取りが30万円とすると、1ヶ月で自由になるお金は

  • 8万円

となります。

 

年2回の2ヶ月分のボーナス支給月では、68万円の自由なお金ができることになりますね。

 

年収600万円の20代出産前夫婦の貯金や保険は?投資や運用は?

年収600万円の20代出産前夫婦におすすめの貯蓄や保険、また、投資や運用について、ボーナスは2ヶ月分で年2回支給の条件を前提に、1ヶ月で自由になるお金の配分を、下記の表の通りにまとめました。

 

ライフステージ毎におすすめな自由なお金の使途割合

お金区分 月間金額割合
独身 出産前 出産後
つかうお金 10% 10% 5%
まもるお金 20% 40% 55%
ふやすお金 70% 50% 40%

 

年収600万円の20代出産前の家庭におすすめな自由なお金の月額配分

自由な金額
(ボーナス時)
月間金額
つかうお金 まもるお金 ふやすお金
8万円 8000円 3万2000円 4万円
(68万円) 6万8000円 27万2000円 34万円

 

結婚後は貯金に加えて、保険が加わるため「まもるお金」の割合が大きくなります。

具体的には、夫婦それぞれの生命保険と医療保険がかかります。

 

特に、奥さんの妊娠後の医療保険加入が難しいため、結婚直後に加入することが一般的です。

年収600万円の出産前夫婦の場合、年間で86万4000円の金額を「まもるお金」に、108万円の金額を「ふやすお金」に掛けることができます。

 

給与の3ヶ月分以上の貯金額を比較的すぐに貯めることができる経済レベルですね。

出産前の時間を活用し、「ふやすお金」を少しでも大きくすることで、出産後の経済状況に余裕を持たせることができますよ。

 

年収600万円の20代子持ち夫婦の生活レベル

20代で年収600万円

年収600万円の20代子持ち夫婦(子供は1人)の場合、どのような生活ができるのでしょうか。

  • 既婚
  • 養っている家族(扶養家族) 2人
  • 勤務先が東京、大阪、名古屋など都市部
  • 3人暮らし
  • 社宅制度なし

の前提で考えた場合も、一番大きな支出は「家賃」です。

 

出産直後夫婦の家の間取りは、出産前と同程度と仮定し、

  • 家賃は12万円程

とします。

  • 光熱費:2万円(5000円アップ:育休中の奥さんの在宅を仮定)
  • 携帯など通信費:2万円
  • 食費:6万円(1万円アップ:乳幼児に必要な食費を仮定)
  • その他費用(日用品、移動費、育児費用など):2万円(5000円アップ)

とすると、24万円が「必ず掛かるお金」です。

 

月額手取りが30万円とすると、1ヶ月で自由になるお金は

  • 6万円

です。

年2回の2ヶ月分のボーナス支給月では、66万円の自由なお金ができることになりますね。

 

年収600万円の20代子持ち夫婦の貯金や保険は?投資や運用は?

年収600万円の20代子持ち夫婦におすすめの貯蓄や保険、また、投資や運用について、ボーナスは2ヶ月分で年2回支給の条件を前提に、1ヶ月で自由になるお金の配分を、下記の表の通りにまとめました。

 

ライフステージ毎におすすめな自由なお金の使途割合

お金区分 月間金額割合
独身 出産前 出産後
つかうお金 10% 10% 5%
まもるお金 20% 40% 55%
ふやすお金 70% 50% 40%

 

年収600万円の20代出産後の家庭におすすめな自由なお金の月額配分

自由な金額
(ボーナス時)
月間金額
つかうお金 まもるお金 ふやすお金
6万円 3000円 3万3000円 2万4000円
(66万円) 3万3000円 36万3000円 26万4000円

 

出産後は、教育積立を目的とした貯金や保険への加入が一般的です。

そのため、出産前に比べて、より「まもるお金」の割合が増やすことが一般的です。

 

年収600万円の出産後夫婦の場合、年間で

  • 「まもるお金」:105万6000円
  • 「ふやすお金」:76万8000円

に掛けることができます。

 

年収600万円の出産後夫婦の生活では、ある程度安定して

  • 「まもるお金」
  • 「ふやすお金」

を毎月積み上げることができます。

 

ただ、「つかうお金」を増やせるほどの余裕があるとはいえません。

 

我慢のない生活には共働きも選択肢に

産休中や育休中を除いて、夫婦共働きかパートでの収入が少しでもあると、

  • 「まもるお金」
  • 「ふやすお金」

を削ることなく、我慢のない生活ができる経済レベルになりますね。

 

年収600万円の家庭であれば2人目の出産への見通しも立てやすいです。

ただ、子供の教育費を多く確保したい家庭であれば、決して余裕のある経済レベルとはいえません。

 

夫婦で子供の教育プランを話しあうなど、まずは今後のライフプランを共有して、お金の使い方や収入の増やし方について話し合ってみてくださいね。

 

今後の人生に役立つお金の使い方を考える

20代で年収600万円

この記事を読んだ年収600万円以上の人へオススメのアクションアイテムは

自由になるお金の使い道を検討する

です。

 

自由に使えるお金が大きければ大きいほど、使い方に選択肢が増えます。

より大きな金額を使うこともできるようになるでしょう。自由なお金をどのように使うかはで、その後の人生は大きく変わります。

 

「車の購入」や「結婚」をプランニングしているのなら、ある程度の額を貯金しておくべきですし、当分計画がないのであれば、自己投資や資産運用に回すのもオススメです。

 

余裕があるからといってタクシーや夜遊びに使う金額が増えると、すぐに金欠になるのが年収600万円位の年収レンジの特徴です。

地に足をつけて、今後の人生に役立つお金の使い方を考えてくださいね。

 

おすすめの転職エージェント

リクルートエージェントホームページによれば、リクルートエージェントは以下の3つのサポートを行っています。

  1. 市場価値の把握
  2. 職務履歴書の添削
  3. 交渉代行

1.市場価値の把握

潜在スキルの引き出しや棚卸しも含めて、キャリアアドバイザーが最適なプランを考えます。

土日祝日や平日20時以降も対応しており、対面もしくは電話でも対応しています。

2.職務履歴書の添削

強みやアピールポイントを考察し、アドバイスを行います。

3.交渉代行

企業には言いづらい年収などの希望を交渉します。社風や残業時間などの情報を提示することで入社後の満足度につなげます。


カテゴリー