40代におすすめの転職エージェントまとめ。選び方、活用のポイント、転職事情についても解説

40代の転職では慎重にならなくてはいけないことが様々あります。転職を望む場合はしっかりと下調べをしてから始めることをおすすめします。この記事では40代におすすめの転職エージェント、選び方、活用ポイント、転職事情などについてまとめました。

40代での転職エージェントの選び方

40代での転職エージェントの選び方

  1. 自分のキャリアに自信がない場合
  2. 自分のキャリアに自信がある場合

1.自分のキャリアに自信がない場合

できるだけ求人情報を集め、数多く応募する必要があります。

転職エージェントを複数登録し、1つでも多くの求人情報を確認し、自分に合った求人を探すことをおすすめします。

転職エージェントを利用する際には、自分の市場価値をきちんと把握しておくことが必要です。自分の価値を高く見せても、求人が紹介されるわけではありません。

反対に、自分の価値を低く考えすぎると、自分に合った求人を見つけることは困難です。

本当に自分にマッチした求人に出会うためにも、自分の市場価値は特に意識する必要があります。

ミイダスというサービスは、市場価値を知るのに適しています。もしご自身の市場価値を知りたければ、利用を検討してみてください。

 

転職エージェントは20代や30代に特化したものが多く、40代に特化したエージェントはあまり見られません。

一方、大手の総合型転職エージェントは求人数が圧倒的に多く、年代の幅も広いです。

40代に特化しているわけではありませんが、多くの求人情報を入手できるため、大手の総合型転職エージェントに登録するメリットは高いです。

 

2.自分のキャリアに自信がある場合

40代に特化した転職エージェントは少ないですが、ハイキャリアに特化したエージェントはあります。

キャリアに自信がある方は、そちらも利用すると便利です。

 

総合転職エージェント

一般的によく見られる転職エージェントで、扱う職種・業種や求人数の多さに特徴があります。多くの求人をチェックできるので、自分に合った求人を見つけやすくなります。

また、求人を比較して検討しやすいので、慎重に、かつ素早く情報を整理できます。

 

ヘッドハンティング型転職エージェント

一般的な転職エージェントの形式ではなく、ヘッドハンターからスカウトが届く形のエージェントもあります。

スカウト形式のため、一般的に掲載されている求人より、さらにハイクラスの求人に出会う可能性があります。

特にエグゼクティブの求人は、総合型転職エージェントにはあまり掲載されません。エグゼクティブは企業内部に深く関わる職種のため、企業としては公表したくないケースが多いからです。

一方、ヘッドハンターからのスカウト形式は公表される心配がなく、企業にとってもメリットがあります。

また、公表されない分、ハイクラスの求人となります。

 

40代におすすめの転職エージェント

転職エージェント,広告業界

40代におすすめの転職エージェント

  1. 全員におすすめ
  2. キャリアに自信がある人におすすめ
  3. 女性におすすめ

1.全員におすすめ

Spring転職エージェント

世界60ヵ国と地域で5100ヵ所以上の拠点を持つ、グローバルな展開を行うエージェントです。

また、登録すれば基本的にサービスを受けられます。

転職エージェントは、求職者の市場価値によってサポートを受けられない場合がありますが、Spring転職エージェントは面談を断らないという姿勢で知られ、登録が拒否されるケースは少ないです。

転職エージェントに迷ったら、まずSpring転職エージェントに登録してみると良いでしょう。

 

パソナキャリア

求人件数4万件以上、取引実績企業1万6000社以上、転職後年収アップ率67.1%という実績がある転職エージェントです。

手厚いサポートに定評があり、書類添削・面接対策などが充実しています。

書類添削はマンツーマンで行われ、志望動機や自己PRなどのポイントを知ることができます。

面接対策では模擬面接も行われ、実際の雰囲気に沿った対策が可能です。

また、各業界の専任キャリアアドバイザーによるサポートが受けられるので、業界に特化して転職したい場合に効果的です。

 

リクルートエージェント

高い転職成功実績を誇り、求人数もトップクラスの転職エージェントです。

20代から50代まで幅広い求人を扱い、非公開求人は10万件以上です。

各業界に精通したキャリアアドバイザーによって求人紹介が行われ、書類添削や面接対策、業界・企業情報の提供など、充実したサポートを受けることができます。

また、リクルートエージェントは創業から40年近く経ち、長い歴史があります。

ベテランのキャリアアドバイザーもいるため、より質の高いサポートを提供しています。

 

doda

こちらも大手の転職エージェントで、求人の質の高さに特徴があり、非公開求人も多く含まれます。

年間1万8000人以上の転職成功実績があり、キャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当の2人の担当者による手厚いサポートを受けることができます。

キャリアアドバイザーは1対1で求人紹介や日程調整、面接対策などのサポートを行い、採用プロジェクト担当は電話またはメールで企業の内部情報の提供や面接のアドバイスなどをしてくれます。

 

2.キャリアに自信がある人におすすめ

JACリクルートメント

エグゼクティブ、管理職、スペシャリスト(専門職)など、高年収の求人に特化した転職エージェントです。

海外拠点が多く、外資系・海外求人案件も幅広く扱っています。

ターゲット層は30代から50代まで幅広く、転職者の約70%超が35歳以上です。

充実した書類添削や面接対策が行われ、英文レジュメの添削サービスも全国の拠点で利用可能です。

また、各業界・業種に特化したコンサルタントが多いため、専門分野に関する多くの情報・知識を入手できます。

専門性の高い求人やハイクラスの求人を探している方であれば、登録しておきたいエージェントです。

 

ギークリー

IT・Web・ゲーム業界専門の転職エージェントです。

IT30%、Web20%、ゲーム業界40%、その他10%とされています。

また、6000件以上の非公開求人があり、それぞれの業界に特化しています。

IT・Web・ゲーム業界に関するキャリアに自信がある方であれば、登録したいエージェントです。

 

ビズリーチ

エグゼクティブ向けのヘッドハンティング型の転職サービスです。

優良企業やヘッドハンターからスカウトが届く形でサービスを受けられます。

即戦力としての採用がメインで、年収2000万円以上の求人もあります。

ビズリーチには無料の「スタンダード」、有料の「プレミアム」という2つのプランがあります。

スタンダードではスカウトを受け取ることで自分の市場価値の確認ができ、プレミアムではスカウトを受け取るだけでなく自分から積極的に応募し、転職活動を進めることができます。

通常の転職エージェントとは利用形態が異なりますが、登録ヘッドハンター数2600名以上、採用企業数9000社以上、公開求人数9万7000件という実績があり、キャリアに自信がある方は登録しておきたいサービスです。

 

3.女性におすすめ

パソナキャリア

先ほどご紹介したパソナキャリアは手厚いサポートに定評があり、女性にもおすすめです。

パソナキャリアは、女性に特化した「ウーマンキャリア」という転職支援サイトもあり、充実したサービスに特徴があります。

女性向けの求人を効率的に探したい方にはおすすめです。

 

リブズキャリア

キャリア女性向けの転職エージェントで、女性の管理職比率や育休取得率といった女性ならではの情報を入手できます。

育児などの状況に合わせ、適切な求人を探すことができ、ハイクラス求人もあります。

ワークライフバランスを保ちつつ、着実にキャリアを進めたい女性におすすめです。

 

40代に転職エージェントがおすすめの理由

転職エージェント,複数利用

40代に転職エージェントがおすすめの理由

  1. 条件のいい非公開求人を利用できる
  2. 転職のプロからサポートを受けられる

1.条件のいい非公開求人を利用できる

転職エージェントは、転職サイトやハローワークに比べると、自分に合った条件の求人を探しやすいです。

転職サイトは自分で求人を探す必要があります。自分に合った求人を効率的に見つけることが難しく、手間がかかります。ハローワークも求人の質にばらつきが見られ、本当に自分に合った求人かどうか、判断しづらいです。

一方、転職エージェントは自分にマッチした求人を紹介されるので、効率的に転職活動を進めることが可能です。特に、条件の良い非公開求人が多いことが大きなメリットです。

管理職などのハイクラス求人は非公開求人が多いため、転職エージェントを利用した方が効果的です。

 

2.転職のプロからサポートを受けられる

転職エージェントは求職者ごとに担当者(キャリアアドバイザー/コンサルタント)がつきます。

担当者は転職のプロで、さまざまな情報を知っています。

求人情報からは見えない企業内部の情報にも精通しているので、社内の雰囲気や風潮など、詳細な情報を知ることができます。

また、書類添削や面接対策などのサポートを受けることもできます。

自分一人で転職活動をする場合、自分で企業情報を判断し、書類や面接も自分で対策しなくてはなりません。

一方、転職エージェントは転職のプロによるサポートがあるので、企業のニーズに合わせた効率的な転職活動が可能です。

 

転職エージェントの活用のポイント

転職エージェントの活用ポイント

  1. 定期的に連絡をする
  2. すぐに転職したい意思を伝える
  3. 合わなけば変えてもらう
  4. 嘘をつかない
  5. 推薦文を確認する
  6. 同じ案件に複数の転職エージェントから応募しない
  7. キーワードを散りばめる

1.定期的に連絡をする

転職エージェントには、2週間に1回程度の連絡をすることが好ましいです。

定期的な連絡をしないと、転職先が決まった可能性が高いと判断され、求人紹介が来なくなる恐れがあります。

 

2.すぐに転職したい意思を伝える

担当者との面談で、転職時期について聞かれることがあります。その際には、すぐにでも転職できるという意思を伝えましょう。

転職エージェントもビジネスなので、早く転職が決まる人が優先されます。

求職者の内定が決まれば企業から紹介料を得られるので、エージェントとしては内定獲得が早いに越したことはありません。

すぐにでも転職できるという意思を伝えれば、「この人はウチで早めに転職を決める可能性がある」と判断され、優先して求人を紹介してくれます。

 

3.合わなけば変えてもらう

転職エージェントは、良くも悪くも担当者に左右されます。

担当者が自分に合わなければ、自分の希望条件が正確に伝わらない可能性があります。せっかく面談をしても、自分の希望に沿った求人紹介が行われるとは限りません。

担当者が自分に合わない場合、変更してもらうことができます。万が一変更が難しいのであれば、他の転職エージェントを利用する必要があります。

大事なことは転職の成功です。自分に合わない担当者の転職エージェントを利用しても、逆効果です。

「担当者が合わなければ変えてもらう」「それも難しければ転職エージェントを変える」というスタンスで利用しましょう。

 

4.嘘をつかない

転職エージェントに対し、スキルや経験などで嘘はつかないようにしましょう。嘘をつくと、転職エージェントからの信頼を失います。

転職エージェントは、企業と人材をつなぐ仕事です。企業に紹介した人材が、スキルや経験などで嘘をついていたとなれば、エージェントの信用問題になります。

企業から「なぜこんな人を紹介したのか」と思われるからです。

そのため、エージェントとしてはスキルや経験で嘘をつく人を企業に紹介するわけにはいきません。つまり、嘘をつく人に求人紹介をすることもできないのです。

転職エージェントに登録すると、登録時から情報が記録されます。面談などで嘘がばれたら、紹介される案件も一気に減るでしょう。

嘘は絶対につかず、正直に自分の状況を伝える必要があります。

 

5.推薦文を確認する

転職エージェントの担当者から、企業に推薦文を送る場合があります。

良い推薦文であれば、自分の印象をきちんと企業に伝えられますが、中には内容が悪い推薦文もあります。例えば履歴書と同じような内容の推薦文だと、あまり効果がありません。

そのため、推薦文は確認する必要があります。自分の評価を確認したいからと伝えると良いでしょう。

 

6.同じ案件に複数の転職エージェントから応募しない

転職エージェントを併用すると、複数のエージェントから同じ求人を紹介されることがあります。その際には、どれか一つのエージェントから応募する必要があります。

複数のエージェントから同時に応募すると、企業や転職エージェントから信頼度が下がります。転職エージェントは無料で利用できますが、れっきとしたビジネスです。

同じ求人に他のエージェントからの応募があると、その求職者に良い印象は抱きません。

また、企業にとっても、同じ人が複数のエージェントから応募してくると、エージェントへの連絡などの手間がかかります。

転職エージェントと企業の両方から信頼されなくなるので、同じ求人には一つの転職エージェントから応募しましょう。

 

7.キーワードを散りばめる

登録情報に、担当者の目に止まりやすいキーワードを散りばめておくことも大切です。

印象的なキーワードがあれば読む人の印象に残りますが、これは転職エージェントの登録情報も例外ではありません。

例えば管理職であれば、「企画・管理」「マネジャー」「マネジメント」といったキーワードを散りばめることで、全体的に印象に残ります。

条件を細かく記入すれば、その分だけ紹介される案件とマッチしやすくなります。

 

40代の転職事情

40代の転職事情

  1. 求人が少ない
  2. 転職者数が少ない

1.求人が少ない

理由1:管理職や管理能力を期待した求人が多い

年齢が上がるほど、企業は管理職やマネジメントに関する能力を期待します。

企業内で管理職のポストは少ないため、必然的に求人も少なくなります。

 

理由2:給与が高い

給与面を考えると、企業は40代以上の求人に消極的になります。

前職の給与をもとに転職先の給与が決まりますが、給与が高い場合は企業にとって負担が大きくなります。

高い給与を払うだけの人材かどうか、チェックも厳しくなります。

 

2.転職者数が少ない

そもそも40代の転職者数は、20代30代と比較すると少ない傾向があります。

厚生労働省の「平成29年雇用動向調査結果の概要」によると、20代から40代の入職率と離職率は以下の通りです。

男性

入職率 離職率
20~24歳 40.1% 25.8%
25~29歳 19.6% 17.5%
30~34歳 11.7% 10.9%
35~39歳 9.6% 12.5%
40~44歳 10.3% 8.4%
45~49歳 6.7% 6.8%

女性

入職率 離職率
20~24歳 38.0% 27.3%
25~29歳 21.7% 24.6%
30~34歳 17.2% 18.6%
35~39歳 16.3% 14.5%
40~44歳 14.1% 13.1%
45~49歳 14.3% 11.6%

 

統計を見ると、40代の入職率と離職率は明らかに20代より低いことがわかります。

特に40代男性の離職率は10%を下回り、40代後半ではわずか7%程度です。

 

40代の転職に求められるもの

40代の転職に求められるもの

  1. 管理職スキル
  2. リーダーシップ
  3. 自立性
  4. コミュニケーション力

1.管理職スキル

40代は、管理職としてのスキルが一つの指標です。チーム全体の状況を見ながら、適切に管理・統率する力が求められます。

また、そのチームだけが独自に行動するわけにはいきません。企業の理念や方針にきちんと沿った形で行動する必要があります。

企業の一単位としてチームが行動するために、適切な指揮・統率をすることも、管理職としてのスキルです。このスキルは、管理職の経験があれば必ず身につくわけではありません。

管理職の経験から、きちんとリーダーシップを持ってチームをまとめられるかが重要です。

そのため、ただ管理職についていたことだけアピールするのではなく、「具体的にどのようにまとめたか」「どのような成果につながったか」という点もアピールする必要があります。

個人単位でのスキルは、20代や30代に求められます。一方、40代は個人個人をまとめ上げるスキルの方が重視されます。

 

2.リーダーシップ

チームをまとめるには、リーダーシップが求められます。リーダーシップを発揮するには、部下に全て任せるのではなく、自分も積極的に意見を出して解決に導くことが必要です。

また、部下から頼られる存在でなければなりません。

チームが一丸となって成果を出すために、特に40代に求められるスキルです。

 

3.自立性

これは40代に限った話ではありませんが、仕事では自分で工夫して行動する自立性が重要です。上司の指示のまま動くのではなく、自発的に行動しなくてはなりません。

40代では部下も増えます。

チームを率いる際には、これまで以上に自立性が求められます。

 

4.コミュニケーション力

こちらも40代に限らず重要なスキルですが、40代はこれまで以上にコミュニケーション力が求められます。部下を統率する場合、それぞれの部下に適切な指示をしなくてはなりません。

伝える相手に合わせて指示を出すため、高いコミュニケーション力が必要です。

また、チームをまとめる際には、それぞれのメンバーの得意分野や人間関係も把握しなければなりません。

そのためには、普段からコミュニケーション力を駆使して積極的にコミュニケーションをとり、一人一人の性格やスキルを知っておく必要があります。

 

転職活動を進める際のポイント

転職活動を進める際のポイント

  1. 情報を取りに行く
  2. 早いタイミングで転職エージェントに登録
  3. 転職サイトを有効活用する

1.情報を取りに行く

40代で初めて転職をする場合、特に情報収集に力を入れる必要があります。

就職時とは状況が大きく異なるケースが多く、今の就職・転職市場がどうなっているかを把握しなくてはなりません。

40代で初めて転職する方は勤続年数が長いので、会社内の価値観をもとに判断するケースが多いです。

もちろんこれは悪いことではありません。

ただ、転職は他の会社の状況・情報をどこまで把握しているかがカギなので、社外からの情報も取り入れる必要があります。

これらの情報を総合的に判断し、転職市場を把握しなくてはなりません。

また、過去転職をしたことがあっても、久しぶりの転職になるケースもあるでしょう。

その際にも、今の転職市場の状況をきちんと把握するために情報を集める必要があります。

 

2.早いタイミングで転職エージェントに登録

40代になると、20代30代とは忙しさが違います。ある程度の役職に就いているケースが多く、忙しい中で転職活動を進めなくてはなりません。

時間を効率的に使うことを考えると、転職エージェントの活用が好ましいです。

転職エージェントは面接日程の調整などをしてくれるので、忙しい方にとって便利です。時間があるうちに、早い段階で転職エージェントに登録することが好ましいです。

 

3.転職サイトを有効活用する

転職サイトは求人数が多く、あらゆる年代の求人をチェックできます。40代の求人がどの程度あるのかがわかるので、実際の転職市場の把握に役立ちます。

また、40代の求人が多い業界・職種などもわかります。リクナビNEXTなど、求人数が多い転職サイトに登録しておきましょう。

 

40代女性の転職のポイント

40代女性の転職のポイント

  1. 時間がかかる
  2. 落とされることを覚悟しておく
  3. 仕事をやめない
  4. 正社員以外も視野に入れる

1.時間がかかる

時間がかかっても、自分に合った企業に転職できることが大切です。

40代はとにかく時間の確保が難しいので、転職期間はある程度長いものと考えておきましょう。

 

2.落とされることを覚悟しておく

40代は転職のハードルが高いです。20代30代より落とされるケースもあります。

そのため、落とされても仕方ないという覚悟が必要です。

業種・職種によっては、落とされて当たり前くらいの覚悟でも良いでしょう。

 

3.仕事をやめない

転職活動は、現職を続けつつ行うべきです。一度退職すると、金銭的にも負担が強くなります。

40代で時間がない中で、仕事を辞めずに転職活動することは確かに大変ですが、金銭面や生活面のメリットを考え、現職は続けた方が好ましいです。

 

4.正社員以外も視野に入れる

自分に合った求人を探す際に、派遣やアルバイトも視野に入れると効果的です。

正社員登用があれば将来的に有利です。

 

40代が未経験に挑戦する際の注意点

転職エージェント,マーケティング

未経験分野へ転職する場合、生活基準が落ちるケースが多いです。

新しい分野で一からキャリアを進めることになるので、一般的に年収は下がります。転職サイトや転職エージェントを活用しても、転職が難しいケースもあります。

その際には、ハローワークの利用も視野に入れる必要があります。

ハローワークなら、転職サイトや転職エージェントに載っていない、地域の中小企業なども見られます。未経験でどうしても挑戦したい業界があれば、とにかく多くの求人情報をチェックする必要があります。

あわせて読みたい

カテゴリー