ブログ

【新聞から読み解く今】評価軸は1つではない。様々な角度の評価を知ることが大切である(2018/09/27)

1994年生まれ。埼玉県立川越高校、法政大学文学部卒。ライターが記事を作成する行為は「無から有を生み出す行為」であり、無のときにはなかった価値を提供する意味のある行為と感じている。「膨大な知識量と独自の視点で世の中の潮流を見極めるコンテンツメイカー」を目指して活動中。

中国政府は、国内に公開する邦画の数を制限しているそう。

例えば、尖閣諸島問題で日本が尖閣諸島を国有化した2012年9月以降、中国は邦画の公開を認めず、2014年まで公開本数はゼロでした。

また当時は中国において反日デモも頻発しており、日中関係が冷え込んでいた時期でした。

一方で今年は、9月までに既に10本近く公開されているようです。邦画公開本数は過去最高ペースとのことで、昨今の日中関係の改善が伺えます。

 

中国での邦画公開本数は、日中関係の現状を表す指標の1つと言う事ができます。つまり、公開本数が少なければ冷え込んでおり、多ければ改善されていると考えられるのです。

これは、「日中関係」という様々な評価ができる事象に対して、「邦画公開本数」という指標を使って評価した、ということになります。

ここで大切なのは、物事は様々な角度から評価することができる、ということです。日中関係の評価軸は邦画公開本数だけではありません。

何事も、評価軸は1つではないのです。

 

例えば「仕事」に関する評価。

労働時間や成果物の質、成約数など、仕事の評価軸はたくさんあります。

労働時間が多ければ必ずしも成果物の質がいいとは限りませんし、成約数が多いからと言って労働時間が多いとも限りません。

これは、どちらの評価軸が良い悪いという話ではなく、評価基準は様々な軸があるということを知るべき、ということです。

 

1つの軸しか見えていないと、視野が狭まってしまいます。労働時間しか見えていなければ、長時間働けば働くほど仕事の評価は上がると思いがちです。

評価を下す際には、1つの軸ではなく、様々な角度から評価することが大切なのです。

 

参考

中国で邦画人気高まる 音楽、原作書籍など幅広く」(2018/09/26)、日本経済新聞

あわせて読みたい

カテゴリー