30代の転職

30代の転職理由6選!転職する前に考えたいことは?

近年働き方改革などにより多様な働き方が認められつつあり、30代での転職も増えてきました。ただ、30代での転職はキャリアに大きな影響を与えるためよく考える必要があります。まずはこの記事でよくある転職理由についてまとめているので、これを理由から考えみてくださいね。

30代の転職理由6選

転職市場が活況を呈する中、転職を検討している人も多いでしょう。そこで、30代の転職理由6選を見ていきます。

30代の転職理由6選

  1. 会社の将来が不透明
  2. 他にやりたいことがある
  3. 給与に不満がある
  4. 専門的な知識やスキルを習得したい
  5. 残業や休日に不満がある
  6. プライベートに変化があった

1.会社の将来が不透明

会社の将来に不安を感じるケースは多いです。家族を支える上で会社の将来が見えづらければ、転職を考えるのも1つの方法と言えるでしょう。

 

2.他にやりたいことがある

一定の経験を積んだことで、他にやりたいことが出てくる場合もあります。ステップアップを目的として入社した人も転職を考える時期です。

 

3.給与に不満がある

給与への不満も転職理由となります。転職に成功すれば、給与アップを実現できるチャンスが生まれます。

 

4.専門的な知識やスキルを習得したい

自分のスキルを磨きたいことも代表的な転職理由です。専門的な知識やスキルを今の会社で学べないと感じた場合は、転職を検討する人が出てきます。

 

5.残業や休日に不満がある

労働環境に不満を抱える場合もあります。残業が多かったり、休日を取りづらかったりすれば、ワークライフバランスを整えるための転職もありと言えるでしょう。

 

6.プライベートに変化があった

結婚や出産など、プライベートに変化が生じた場合も転職を考えることがあります。プライベートな出来事をきっかけに転職が後押しされることもあると知っておきましょう。

 

30代で転職する前に考えたいこと

30代で転職を考えている場合は、転職を決める前に考えておくべきことがあります。

 

本当に転職は必要?

転職を考え始める時は、人間関係や仕事内容に不満を抱えている場合が多いです。リフレッシュしたいと考えるあまり、ネガティブな思考のまま転職活動に進みがちです。本当に転職が必要かどうかをまずはしっかり考えましょう

また、30代での転職はキャリアに大きな変化をもたらすので不必要な転職は避けたいところです。

 

何を求めて転職をする?

転職目的を整理することも大切です。複数の目的がある場合は優先順位をつけてください。転職のメリット・デメリットをあらかじめ精査しておくことが転職成功につながります。デメリットの方が大きい場合は止めるべきでしょう。

 

30代女性の転職

30代女性には、結婚や出産などのライフイベントが発生しやすいです。ライフイベントをきっかけとしてより働きやすい職場に転職するケースがあります。

30代女性の転職に関してはこちらの記事でまとめています。

 

30代の転職の面接で聞かれる質問は?

次に、30代の面接で出やすい質問をチェックしましょう。

基本的な質問

  • 自己紹介をしてください
  • 残業は可能ですか?
  • 転勤は可能ですか?
  • 収入など入社条件はございますか?
  • いつから入社できますか?

キャリアについての質問

  • 応募理由を教えてください
  • 現職をやめようと考えた理由は?
  • 現職の仕事内容を教えてください
  • あなたがこれまで出してきた成果を教えてください
  • 当社でどのような仕事をしたいですか?
  • 将来的なキャリアプランをお聞かせください
  • 他社への応募状況を教えてください

 

基本的な質問

まずは、定番の質問を確認します。

 

自己紹介をしてください

冒頭では自己紹介を求められるケースが多いです。要点を簡潔にまとめましょう。

 

残業は可能ですか?

残業できるかも問われやすいです。「残業は全くできない」などと残業を全否定してしまわないようにしてください。

 

転勤は可能ですか?

転勤については、避けたい場合はしっかり伝えましょう。無理に転勤を受け入れる姿勢を示す必要はありません。

 

収入など入社条件はございますか?

入社条件があるかどうかも出やすい質問です。転職エージェントから伝えた内容と違いが出ないようにしましょう。収入は内定後に交渉する方法もあります。

 

いつから入社できますか?

入社時期も頻出です。遅くとも1~1.5か月後くらいには入社できる旨を伝えるべきです。

 

キャリアについての質問

さらに、キャリアに関する質問もチェックします。

 

応募理由を教えてください

応募理由は大半の面接で聞かれます。キャリアプランを踏まえて志望動機を説明してください。

 

現職を辞めようと考えた理由は?

現職を辞めようと考えた理由には、ポジティブな内容を答えてください。ネガティブな内容を伝えるとマイナスイメージを抱かれてしまいます。

 

現職の仕事内容を教えてください

現職の仕事内容は、業務内容を簡潔に伝えましょう。業務に携わっている年数なども示せると情報が伝わりやすいです。

 

あなたがこれまで出してきた成果を教えてください

成果をアピールする際は、数値情報を取り入れましょう。具体的な成果をアピールすることで、優秀な人材と印象付けやすくなります。

 

当社でどのような仕事をしたいですか?

転職後の仕事については、中長期的な視点で希望を伝えましょう。

 

将来的なキャリアプランをお聞かせください

キャリアプランを問われたら、転職がどうキャリアに対してプラスに働くかを伝えてください。

 

他社への応募状況を教えてください

他者への応募状況は、多すぎないことを示してください。多くても数社程度に応募しているとしておくと、内定辞退リスクへの懸念を抑えられます。

 

給与や待遇条件などの確認質問は慎重に

転職面接では、前職での経験を確認する質問に対して的確に回答できるかが大切です。確認質問への回答は特に慎重に行いましょう。

 

キャリアの自慢はNG

経験・実績のアピールは有効です。しかし、キャリアを自慢しすぎると転職先を見下していると判断され、マイナスに作用することもあり得ます。

 

前職場の批判はNG

前職の批判は避けてください。実際にはネガティブな内容も、表現を工夫してポジティブに捉えられるように心がけましょう。

30代の転職理由は、収入や待遇面の不満や、ライフイベントの発生などがあります。転職活動を進める際は、転職エージェントの力も借りるとよいです。面接で想定される質問への回答準備などをしっかり進めて転職を成功させましょう。

 

あわせて読みたい

カテゴリー