外資系

外資系への転職で気になる英語事情、英語ができなくても平気?

外資系企業への転職は英語がペラペラでなければいけないというイメージですが、職種や企業によってはその必要はありません。また、入社後に英語のコミュニケーションに慣れこともできます。英語でのコミュニケーション能力は高いほど良いですが、得意でないからといって外資系企業へ転職できないというわけではありませんよ。この記事では外資系企業への転職できになる英語事情についてまとめています。

外資系企業への転職で英語力は必要?

外資系企業に転職する場合、英語力がある方が有利になります。ただ、英語力がそれほど高くなくても、転職実現のチャンスはあります。

また、日系企業ではTOEICのスコアが重視されがちですが、外資系企業では目安程度です。英語でのコミュニケーション能力の高低が重要と考えておきましょう。

 

英語ができる方が転職は有利?

どの企業に転職する場合も、英語はできたほうが有利に働くと感じる人が多いです。特に、英語をネイティブレベルに話せると有利だと感じやすいです。グローバルに活躍する人材のうち、実に96%が「英語力があると転職に有利」と回答したアンケート調査(ロバート・ウォルターズ)もあります

 

TOEICスコアは何点くらい必要?

英語力を測る試験の1つがTOEICです。TOEICスコアは会話能力をそのまま反映するわけではないため、メインの評価対象にはなりづらいです。しかし、最低限のレベルとして700点は獲得しておくとよいでしょう

 

日系企業も英語力を気にしている

近年はグローバル人材を求める企業が多いです。商社やメーカーを中心に、日系企業でもTOEICスコアの基準点を設定するケースがあります。英語力があれば、日系企業への転職でも有利に働くと言えるでしょう。

 

外資系企業で重要なのは会話能力

TOEICスコアで判断できるのは、英語での読み書き能力です。外資系企業では英語でのコミュニケーション能力が重視されます。TOEICスコアはあくまでも目安に過ぎません。

メール・電話等でのコミュニケーションができれば、英語力はそれほど高くなくても構わないとするところもあります。英語にあまり自信がないからといって、外資系企業への転職を最初から諦めるのは軽率と言えます。

 

外資系企業への転職では職種によって必要な英語力が違う

英語でのコミュニケーション力が問われる外資系企業への転職ですが、職種により求められるレベルが異なります。自分が希望する職種で要求される英語力のレベルを確認しておきましょう。

 

営業

営業職の場合は、要求される英語のレベルが最も高いです。専門的な内容も含めて、英語でコミュニケーションが取れる必要があります。もっとも、英語力が十分あれば、実務スキルの要求レベルはそれほど高くありません。

 

受付

受付は、営業ほどではないものの一定の英語力が求められます。日常会話がスムーズにできるレベルの英語力は必要と考えましょう。高度な英語を使うわけではないものの、英語が苦手な人にとっては難しい職種と言えます。

 

ヘルプデスク・カスタマーサポート

ヘルプデスク・カスタマーサポートは、会話によるコミュニケーションが多い職種です。身振りや表情で意思疎通を図れないため、高い英語力が求められます。ネイティブの人々とも難なくやり取りができる英語力が必要です

 

事務

事務職では、英語力の要求レベルはそれほど高くありません。事務作業をした経験に加えて、ある程度の英会話力を持っていれば転職可能な職種です。話し言葉よりも書き言葉を理解できるかが重要と言えます。

 

専門職

専門職では英語力はあまり必要ありません。実務スキルが高いかどうかが重要です。場合によっては専属の通訳がつくこともあります。英語力に自信がない場合は、実務スキルの高さで補うことを考えましょう。

 

外資系企業へ転職して成功するためには

転職をするからには、転職後もスムーズに勤務しながらキャリアを磨きたいところです。そこで、外資系企業への転職で成功するためのポイントを把握しておきましょう。

 

英語でのコミュニケーションに慣れる

外資系企業への転職は、英語力がそれほど高くない人でも実現できる場合があります。しかし、キャリアアップしていく際には、英語力が必要です

重視されるのは英語でのコミュニケーション能力のため、入社後でも英語力を磨くことが可能です。入社前から諦めるのは早いですよ。

まずは外資系企業に勤務する中で、英語でのコミュニケーションに慣れるところから始めましょう。着実に英語力をアップさせることで、外資系企業内でも出世しやすくなります。

 

専門スキルを身に付ける

外資系企業で成功するためには、英語力を磨くだけでは不十分です。英語力を高めると同時に、自分が持つ強みや専門性の高いスキルをアップさせることも大切です。

外資系企業の多くでは、成果主義が当たり前になっています。自らのアピール材料となるスキル磨きを行うことは、出世していくうえでかなり重要と言えます。

 

英語はコミュニケーション能力が大事

外資系企業への転職では、英語力が高いほど有利です。TOEICスコアよりも、コミュニケーション能力を高めておくとよいでしょう

英語ができなくても、専門スキルの高さなどでカバーすれば、外資系企業への転職を実現することは可能です。ただし、英語力が高いほうが出世しやすいため、転職後も英語でのコミュニケーション能力を磨き続けるようにしてください。

 

あわせて読みたい

カテゴリー