外資系

海外転職のメリットとデメリットは?実現させる方法?おすすめエージェントは?

海外への転職には様々なメリット・デメリットがありますが、間違えなく忘れられない経験になるでしょう。グローバル化が進む世の中で、海外での労働経験は重要なものになります。また、海外へ転職するにもいろいろな方法があります。この記事では、海外転職に関しのメリットやデメリット、方法、エージェントなどについてまとめています。

海外向け転職の事情

海外転職先は近年、アジアを中心に増加しています。人手不足が深刻な職種であれば、未経験でも転職者を受け入れるケースもあるようです。一方で欧米への転職では経験者のニーズが高く、ハードルは高いと言えます。

 

海外へ転職するメリット

転職を考えている人は海外転職も候補に入れることができます。そこで、海外へ転職するメリットを知っておきましょう。

海外へ転職するメリット

  • 語学力が身につく
  • 人脈が広がる
  • 人生の選択肢が広がる
  • スキルやキャリアのアップにつながる
  • 個人重視で働ける
  • 責任のある仕事につける
  • 労働環境がいい
  • 価値観が変わる
  • 自身がつく
  • 観光地へ行きやすい
  • 給与が保証される
  • 貯金が貯まりやすい
  • 毎日が刺激になる

 

 

語学力が身につく

海外転職をすれば、語学力が身につきます。仕事はもちろん、生活の場面でも必然的に外国語を使うことで、実践的な語学力を磨くことが可能です。

 

人脈が広がる

海外転職は人脈を広げることにもつながります。国内勤務だとなかなか築きづらい外国人との人脈を作るチャンスです。

 

人生の選択肢が広がる

日本ではすでに人口減少が始まり、経済規模の縮小が懸念されています。海外転職することで勤務先の幅が広がれば、海外での長期定住など人生の選択肢を広げることができるでしょう。

 

スキルやキャリアのアップにつながる

海外転職をすれば、スキルやキャリアを磨くことも可能です。転職のさらに先を考える中で、海外転職を検討してみるのも1つの方法です。

 

個人重視で働ける

海外ではチームより個人が重視される傾向があります。自分らしさを発揮しながら、個人重視の環境で働きやすくなります。

 

責任のある仕事に就ける

個人重視である以上、仕事に対する責任は重くなりがちです。責任を与えられることでやりがいを感じられるなら、海外転職に向いていると言えるでしょう。

 

労働環境がいい

日本ではブラック企業が問題視されていますが、海外では相対的に労働環境が良いとされています。残業が少ないことや、人間関係のストレスが生まれづらい点が魅力です。

 

価値観が変わる

日本と異なる環境で働くことで、様々な価値観に接する機会が増えます。結果として、自分の価値観を変えるチャンスにも恵まれやすいです。柔軟な発想が生まれたり、多様な文化を尊重したりしやすくなるでしょう。

 

自信がつく

海外転職は決して容易とは言えません。そのため、実現できれば自信がつきます。周囲からも高い評価を得るチャンスです。

 

観光地へ行きやすい

海外旅行が好きな人は、観光地へのアクセスも魅力です。国内旅行で人気の観光地を巡れる場合もあります。

 

給与が保証される

海外転職をすれば、給与が保証される点もメリットです。一定の給与をもらえる仕事でないと、就労ビザが発行されないからです。

 

貯金が貯まりやすい

海外では日本よりも出歩く頻度が減るなどして、出費を抑えられる場合があります。物価の安い国に転職すれば生活費も減ります。このような場合、日本で働くより貯金が貯まりやすいです。

 

毎日が刺激になる

日本で生まれ育った人は、海外転職をすることで毎日の生活から刺激を感じることができます。単に家の近くを歩き回るだけでも多くの刺激を得られますよ。

 

海外へ転職するデメリット

海外転職にはメリットが多くあることがわかりました。では、海外転職のデメリットもチェックしていきましょう。

海外へ転職するデメリット

  • 現地採用の場合、給与が下がる
  • 研修の制度が整っていない
  • 待遇や保険が充実していない
  • 日本レベルのサービスが受けられない
  • 語学力がある程度必要
  • 日本にすぐ帰れない
  • 家族の理解が得にくい
  • 雇用が不安定
  • 日本の仕事が合わなくなる
  • 日本より治安が悪い
  • 個人主義で協力が少ない
  • 転職の競争率が高い
  • 就労ビザが更新されないケースがある

 

 

現地採用の場合、給与が下がる

まず、現地採用の場合は給与が下がりやすいです。とにかく高給を取りたいと考えているのであれば一考すべきポイントです。ただ、駐在員などとして働く場合ハイキャリア転職の場合は給与が上がることもあります。

 

研修の制度が整っていない

海外転職すると、研修制度が不十分と感じる場合もあるでしょう。日本と比べて研修制度が乏しく、自ら主体的にスキルを磨く意識が求められます。

 

待遇や保険が充実していない

保険などの福利厚生が不十分と感じるケースもあります。海外転職を検討する際は、待遇面をきっちり確認しておきましょう。

 

日本レベルのサービスが受けられない

海外転職して外国暮らしをすると、日本とはサービスのレベルが違うことがあります。十分な医療サービスが受けられないリスク等も考えておいてください。

 

語学力がある程度必要

海外で仕事・生活をするためには一定の語学力が欠かせません。書類や各種手続きも外国語で行うことになります。

 

日本にすぐ帰れない

海外転職すれば、日本にすぐ帰ることができません。友達や家族となかなか会えなかったり、日本が恋しくなったりすることもあり得ます。

 

家族の理解が得にくい

海外転職が決まっても、家族が不満を持つことがあります。単身赴任するにせよ、家族と共に移住するにせよ、家庭内でのトラブル要因になりかねません。

 

雇用が不安定

海外では雇用が不安定です。現地採用された場合は特に、思わぬタイミングでの契約解除に注意が必要です。

 

日本の仕事が合わなくなる

海外勤務が長くなると、日本の仕事が合わなくなることもあります。日本に戻って働きづらくなる可能性を意識しておきましょう。

 

日本より治安が悪い

国にもよりますが、海外は日本と比べて治安が悪いです。犯罪に巻き込まれるリスクが高くなります。

 

個人主義で協力が少ない

海外は個人主義が中心です。そのため、仕事でもなかなか協力を得られない場合があります。

 

転職の競争率が高い

終身雇用制度がまだまだ残る日本と異なり、海外では転職が一般的です。そのため、転職の競争率が高くなります。

 

就労ビザが更新されないケースがある

海外勤務のためには、就労ビザが必要です。政情悪化などで就労ビザが更新されず、帰国を余儀なくされる可能性も否定できません。ビザや政情などは確認しておきましょう。

 

海外転職のタイミング

海外転職をするには、タイミングも大切です。転職を見据えて語学スキルを磨くなど、計画的に転職を進めたいところです。

また、やりがいがアップする場合や、キャリアアップにつながる場合などは、年収が下がる場合でも将来を見据えて海外転職を検討してみてもよいでしょう

とりあえず、気になったら転職エージェントなどにすぐに話を聞きに行くといいでしょう。

 

海外へ転職するための方法

海外転職のメリット・デメリットなどがわかりましたね。では、海外転職を実現する方法を見ていきましょう。

海外へ転職するための方法

  1. 日本企業の海外駐在員になる
  2. 現地採用へ応募する
  3. 海外向け転職エージェント利用する

 

1.日本企業の海外駐在員になる

まず、日本企業から出向の形で海外駐在員になる方法があります。通常の給与に加えて、海外手当などがもらえます。また給与も上がることが多いです。

 

2.現地採用へ応募する

現地採用を狙ってみてもよいでしょう。日系企業はもちろん、現地の海外企業に応募してみてください。英語力がある人向けの方法と言えます。

 

3.海外向け転職エージェントを利用する

海外向け転職エージェントを利用するのも得策です。オンライン面接を利用するなどして、日本に居ながらにして手軽に海外転職に向けた活動を進めることができます。無料から海外転職にチャレンジできる点も魅力です。

 

転職活動時の注意点

日程や手続きなどに注意

転職活動の際は、転職日などの交渉に注意が必要です。入社日をいつにするかなどの交渉は、現職の退職日も考慮して決めましょう。また引越しなどにもお金や時間がかかり、様々手続きが必要なのである程度計画しておかなければなりません。

 

海外向け転職エージェントの基本知識

海外転職を力強くサポートしてくれるのが転職エージェントです。転職エージェントでは希望に合った転職先探しをサポートしてくれます。面接日程の調整や、履歴書・面接対策なども魅力です。複数の転職エージェントをうまく利用して、海外転職を成功させましょう。

海外転職には、語学力を磨ける、視野が広がるなどのメリットがあります。一方、現地の治安が悪かったり、競争が激しかったりする点がデメリットです。リクルートエージェントをはじめとする転職エージェントを活用しながら、海外転職の成功を目指してください。

あわせて読みたい

カテゴリー