IT

IT未経験者の転職で知っておきたい情報まとめ

IT業界は、需要が伸び続けており人材不足になっています。そのため、未経験者でもIT業界への転職が可能になってきています。ただ、IT業界への転職はまだ大半が経験者でなので、未経験者がIT業界へ転職するためには様々な準備が必要です。この記事では未経験者のIT業界への転職についてまとめています。

未経験からIT業界への転職はできる?

専門知識が必要なIT業界への転職は経験者が大半です。そのため未経験からのIT業界への転職は難しいことだと言えます。

ただ、人材不足の業界のため近年は未経験者の転職や就職も増えています。特に、社内教育を実施予定の企業などへは未経験者でも転職の可能性があります。

 

IT業界をきちんと理解しよう

IT未経験者はまず、IT業界をきちんと理解しておきましょう。

企業の分類

  • Web系
  • 情報処理サービス系
  • ソフトウェア系
  • ハードウェア系

職種

  • エンジニア系
  • Web系
  • 営業系

未経験可の職種

  • システムエンジニア
  • プログラマー
  • クリエイター
  • マーケティング (Webプロモーション)
  • 営業

 

企業の分類

最初に、IT企業の分類をチェックします。ここで紹介する分類は大きく分けて4種類です。

 

Web系

個人・企業のWebサイト制作や、インターネット広告などのサービスを提供する企業はWeb系に分類されます。

 

情報処理サービス系

企業向けシステム等を開発・運用するのは情報処理サービス系です。システムインテグレータ(SI)の別名があります。

 

ソフトウェア系

OSやアプリケーションソフトなどを扱うIT企業はソフトウェア系と呼ばれます。

 

ハードウェア系

電子回路の開発等を手掛ける企業はハードウェア系に該当します。

 

職種

次に、IT企業における職種もチェックしましょう。ここで紹介する職種は大きく分けて3種類です。

 

エンジニア系

エンジニア系にはSE(システムエンジニア)とプログラマーがあります。

顧客の要求実現を目指すのがSE、システム構築に取り組むのがプログラマーです。顧客とのコミュニケーションに長けている人はSE向き、プログラミング言語に特に精通している人はプログラマー向きと言えます。

 

Web系

Web系には下記の職種が分類されます。

  • プロデューサー
  • ディレクター
  • デザイナー
  • コーダー
  • Webプログラマー

プロデューサーはプロジェクトマネジメントを担います。ディレクターはデザイナー等の総括、デザイナーはWebデザイン担当です。コーダーはHTML等でWebページを作成し、Webプログラマーがシステム構築を実施します。

 

営業系

営業系は、システム開発などのIT関連サービスを販売する職種です。

 

未経験可の職種

では、未経験者でも転職できる職種を見ていきましょう。ここで紹介する職種は5種類です。

 

システムエンジニア

システムエンジニアは顧客要望を踏まえてシステム設計を行います。コミュニケーション力やプロジェクト管理力が求められます。

 

プログラマー

プログラマーはプログラム構築を行います。論理的思考力やプログラミング能力が必要です。

 

クリエイター

クリエイターはWebデザイン等を実施します。優れた感性が求められます。

 

マーケティング(Webプロモーション)

アプリ宣伝を担うマーケティング担当は、市場分析力やSEOへの理解などが必要です。

 

営業

営業はIT系サービスの販売に取り組みます。自社サービスをアピールし、顧客の心をつかむ力が求められます。

 

IT業界への転職を考える前に知っておくべきこと

IT業界への転職を考える前には、次のようなことを知っておきましょう。

IT業界への転職を考える前に知っておくべきこと

  • なぜIT業界から離脱する人が多いのか
  • 未経験でもIT業界へ転職できる人の特徴
  • IT業界未経験者が転職で失敗する理由
  • IT業界で働くメリット・デメリット

 

なぜIT業界から離脱する人が多いのか?

IT業界は近年人気が高まる一方で他業種への転職がよくみられる業界です。まずはIT業界から離れる人が多い理由を見ていきます。

 

賃金への不満

IT業界では成果主義の傾向があります

ただ、会社全体の業績が悪い場合などには成果を出しても賃金が少ないこともあります。日系企業ではあまりみられない成果主義の考え方が自分に合わないと感じる人が転職してしまっているとも考えられますね。

 

労働時間に対する不満

職種にもよりますが、IT業界は労働時間が長めです。厚生労働省によるとIT業界(情報通信業)は、年間総労働時間が他の産業よりも高くなっています。残業が多いなどの不満にもつながります。

 

仕事内容への不満

能力を活かせる仕事が回ってこないなど、仕事内容に不満がある人もいます。

IT業界では、役職のない社員でもある程度の裁量権を与えてもらえる場合がありますが、社員の能力によっては一部の優秀社員に仕事が集中する場合もあります。

 

人間関係の不満

ベンチャー企業など、小規模企業が多いIT業界では人間関係の不満も多くなっています。社員数が少ない企業を中心に、密な人間関係がストレスになり得ます。転職前には社風などをよく調べておく必要がありますよ

 

自分に対する上司・会社の評価への不満

業務内容の変化が速い業界のため、自分に対する評価が適切に行われていないと感じることもあるでしょう。評価が追いつかないことも多いので、自分がどんな貢献をしているかわかりやすくしておくことが大切です。

 

未経験でもIT業界へ転職できる人の特徴

未経験でもIT業界に転職できる人の特徴もチェックします。

 

20代

20代は伸びしろがあり、即戦力にならなくても成長に期待して採用されやすいです。未経験の場合、会社や仕事内容への強い興味やマネジメント力がある人などは、ポテンシャル採用される場合があります。

 

ものづくりがしたい&興味がある

ものづくりに関心がある人は、スキルを磨きやすいためIT業界への転職ハードルが下がります。

 

新しいもの好き&新しい技術に興味を持てる

好奇心が旺盛な人も、業界の変化に適応しやすい点がプラスです。

 

カスタマーの課題解決がしたい

顧客の課題を解決する意欲が高い人もIT業界向きです。

 

IT業界未経験者が転職で失敗する理由

未経験者がIT業界への転職で失敗する理由もご紹介します。

 

志望動機&意欲が低い

志望動機が弱い場合は、成長しづらいため転職成功は難しいです。特に経験や知識のない未経験者はこうした面がかなり必要になります。

 

企業方針・理念との不一致

これはIT業界だけに言えるわけではありませんが、企業理念などと合わない人は企業側も受け入れたくないと考えます。

 

コミュニケーション力が低い

プロジェクト失敗を防ぐため、コミュニケーション力が低い人も避けられがちです。黙々と作業するイメージを持たれがちなIT業界ですが、プロジェクトの打ち合わせなどコミュニケーション能力は必要です。

 

IT業界で働くメリット・デメリット

次に、IT業界で働くメリットデメリットを簡単にみていきます。

 

メリット

多様な働き方が容認されること、責任ある仕事に取り組むチャンスが多いことなどが魅力です。

 

デメリット

業界変化に適応すべく、業務外のスキルアップ等が必要になります。

 

IT企業が採用したい、採用したくない未経験者の特徴

IT企業側からの未経験者に対する評価も確認しましょう。

 

採用したい

まずは採用したい人の特徴です。

採用したい人の特徴

  • 応募先の会社で働きたいという強い意志がある
  • 素直
  • 目的意識がある、努力をしている

 

応募先の会社で働きたいという強い意志がある

応募先の会社で働きたい意志が強いと好感されます。

 

素直

素直な人材は知識の吸収や適応が速いため魅力的です。

 

目的意識があり、努力をしている

目的意識をもって努力する人は成長期待が高くなります。

 

採用したくない

採用したくない人の特徴は以下の通りです。

採用したくない人の特徴

  • プライドが高い
  • どこでもいいから働きたいと考えている
  • だらしない

 

プライドが高い

プライドが高いと扱いにくいため敬遠されます。

 

どこでもいいから働きたいと考えている

働く業界を選ばない人も好まれません。

 

だらしない

だらしない人材はプロジェクト計画遅延等につながるリスクがあり避けられます。

 

IT業界への転職を成功させるためにしておくべきこと

IT業界への転職成功のためにすべきことを整理します。

 

職種別に向き・不向きを考える

未経験者がIT業界への転職を成功させたい場合、自分の長所・スキルに合わせて職種を選ぶことが望ましいです。成果主義的な傾向のあるIT業界に特に考えずに転職するのは失敗の恐れがあります。

 

プログラミングを学ぶ

IT業界で役立つプログラミングを学ぶことは、転職成功につながります。

主なプログラミング言語

  • java
  • java script
  • c言語
  • c++
  • python
  • ruby
  • html
  • css

 

java

Web系システム開発に役立つ知名度の高い言語がjavaです。

 

java script

java scriptもjavaと並んで、Web系システム開発には欠かせない言語です。

 

c言語

c言語は、業務効率化プログラム作成などに用います。事務系システムの開発に関心が高い人におすすめです。

 

c++

c++はc言語の拡張版です。c言語と同様に難易度は高めですが、習得できればプログラミングへの関心の高さを示すことができます。

 

python

pythonは、日本ではなじみがやや薄い言語です。海外向けのプログラム開発などに関心があればチャレンジする価値があります。

 

ruby

rubyは簡潔性に魅力があります。難易度は低めで、未経験者でも学習を始めやすいと言えるでしょう。

 

html

htmlはWebページの基礎を築く際に用いられます。Web系開発に必須の言語の1つです。

 

css

cssはWebページのデザインを担います。htmlなどとあわせて習得しておくと、Webページ作成などの現場で活躍しやすくなります。

 

IT関連の資格取得

受験費5,700円で随時受験できます。プログラミング言語だけでなく、IT関連の資格取得も未経験者の転職を後押ししてくれます。

主なIT関連の資格

  • 基本情報処理技術者
  • ITパスポート
  • プロジェクトマネージャー試験(PM)
  • システム監査技術者試験(AU)
  • 情報処理安全確保支援士試験(SC)
  • 基本情報技術者試験(FE)
  • シスコシステムズ社認定の「CCNA」

 

基本情報処理技術者

受験費5,700円で春・秋に受験できます。後述するITパスポートよりやや難易度が高めの資格です。未経験者ながら、即戦力としてもある程度期待できる人材であると示す上で役立ちます。

 

ITパスポート

IT系の基礎知識を身につけられるのがITパスポートです。IT業界への転職を目指す第一歩として取得してみてもよいでしょう。

 

プロジェクトマネージャー試験(PM)

受験費5,700円で春に受験できます。難易度は高めですが、プロジェクト管理などマネジメント業務を担当する力を示す材料となります。

 

システム監査技術者試験(AU)

受験費5,700円で春に受験できます。情報システムの適切な利用が行われているかをチェックする能力が測れる試験です。情報システム責任者などを目指したい人は取得するメリットがあるでしょう。

 

情報処理安全確保支援士試験(SC)

受験費5,700円で春・秋に受験できます。新手の国家資格で、セキュリティに関するスキルを示します。セキュリティエンジニアなどに関心があればぜひ受験してみましょう。

 

基本情報技術者試験(FE)

受験費5,700円で春と秋に受験できます。難易度はそれほど高くありません。ITに関する基本スキルを習得したことをアピールできます。

 

シスコシステムズ社認定の「CCNA」

受験費は1科目受験の200-125JCCNAが39,000円で随時受験できます。ネットワークエンジニアとしてのスキルを示すのがCCNAです。

 

ITに関する経験の棚卸し

IT業界への転職を成功させるには、ITに関する経験を整理してアピールすることが有効です。

 

交渉力やコミュニケーションスキルの棚卸し

IT業界ではクライアントとの交渉やプロジェクトチーム内でのコミュニケーションが欠かせません。交渉力・コミュニケーションスキルをアピールするのもよいでしょう。

 

IT業界への転職、年収もアップさせたいなら

せっかくIT業界に転職するなら、年収もアップさせたいところです。年収をアップさせるためには下記のポイントが重要です。

 

キャリアの棚卸し

まずは、これまでのキャリアの棚卸をしましょう。IT業界以外での経験も、年収アップに役立つ場合があります。自身のキャリアを整理し、どういったところが役に立つのかをわかりやすくしておくと年収アップにつながります。

 

年収の高い企業を選択

IT業界の中でも年収が高い企業を選ぶのも年収アップの方法です。

 

自分の市場価値を理解

自分の市場価値を適切に理解することも大切です。安売りを避けることで満足できる年収を確保しやすくなるでしょう。

 

大企業を選ぶか、ベンチャーを選ぶか

大企業とベンチャーのどちらを選ぶかも、年収や働きやすさに影響します。

大企業

大企業に就けば、日本の第一線で経験を積むことができます。年齢層は幅広く、部署ごとに仕事が細分化されている場合が多いです。ただ、企業によっては新人育成や研修が充実していない場合などがあります。

 

ベンチャー企業

ベンチャー企業には小規模の会社が多いです。

経営者の近くで仕事をすることができるので、独立を考える人や、マネジメント能力を身につけたい人におすすめです。また、裁量権を与えてもらえる場合も多くなります。ただ、小規模の会社の場合は社風が合わないと不満につながりやすいので注意しましょう。

 

ブラック企業の特徴

労働時間が長いとされるIT業界に転職するなら、ブラック企業の特徴も知っておきましょう。

ブラック企業の特徴

  1. みなし残業せいを採用
  2. 裁量労働制か
  3. 離職率が10%を超えているか
  4. やりがいのゴリ押し
  5. 面接が簡素、内定があっさり決まる
  6. 覇気がないオフィス
  7. 未経験OK&大量募集している

 

みなし残業制を採用

みなし残業制を採用している企業は要注意です。実質的なサービス残業が横行している可能性があります。

 

裁量労働制か

裁量労働制の場合も同様に、サービス残業を余儀なくされるリスクが高いです。

 

離職率が10%を超えているか

離職率が高い場合は、ブラック企業から人材が流出している可能性を疑いましょう。離職率10%が1つの目安です。

 

やりがいのゴリ押し

仕事にやりがいを求める人もいます。しかし、やりがいの大きさばかりを前面に打ち出す企業は注意が必要です。

 

面接が簡素、内定があっさり決まる

転職面接のハードルが低い場合も要注意です。内定があっさり決まりすぎる際は、ブラック企業でないかよくチェックしてください。

 

覇気がないオフィス

面接時などにオフィスには気がない場合もリスク大です。ブラック労働で社員が疲弊している可能性があります。

 

未経験OK&大量募集している

未経験者OKで、かつ、大量募集している企業は警戒してください。ただし、未経験者OKの企業が必ずしもブラックではない点はしっかり理解しておきましょう。

 

ホワイト企業の特徴

ホワイト企業の特徴も確認し、転職先に選べるようにしましょう。

ホワイト企業の特徴

  • 業績は右肩上がり
  • 福利厚生が充実
  • 女性の活躍が目立つ・働きやすい
  • 社会貢献に注力している

 

業績が右肩上がり

業績が右肩上がりの企業は魅力的です。業績が上がれば社員の給料や士気も上がりやすくなります。

 

福利厚生が充実

福利厚生が充実している場合も期待できます。社員の待遇改善意識が高い会社と考えられるからです。

 

女性の活躍が目立つ・働きやすい

女性が働きやすい環境が整っているかどうかも要チェックです。ホワイト企業では育児休暇や短時間勤務などの制度が整備されやすいです。

 

社会貢献に注力している

社会貢献に注力している点も評価できます。目先の業績ばかりにとらわれて社員を酷使しない姿勢が感じられるからです。

 

未経験でもOKな求人の特徴

未経験でもOKなIT系求人では、若手募集が多めです。また、実績をしっかり評価してくれる点も特徴です。

 

求人の選び方

求人を選ぶ際は、若手の採用意欲の高さをチェックしましょう。幅広い求人に目を通すことも転職成功につながります。

 

応募書類の書き方

応募書類を書く際は、転職エージェントのサポートを受けるのも1つの方法です。書類添削サービスなどを受けて、より良い履歴書や職務経歴書に仕上げましょう。

 

志望動機の伝え方

志望動機は、できるだけ具体的に伝えてください。IT業界に対して十分理解したうえで、業界で働きたい理由や、その会社を選んだ理由を具体的に示しましょう。

 

年齢別 未経験者がIT業界への転職を成功させる秘訣

転職エージェント,経理職

最後に、未経験者がIT業界への転職成功を実現する秘訣を年齢別に確認します。

 

~25歳(新卒・第二新卒)

新卒~第二新卒の年齢にあたる25歳以下の場合は、若手向け未経験求人への転職を狙いましょう。また、会社や仕事内容への強い興味をアピールすることが大事です。

 

20代半ば~30代前半

20代半ばを過ぎると、IT業界に強い転職エージェントに相談するとよいです。転職保証付きのプログラミングスクールを活用するのも有効です。また、マネジメント経験があるひとはマネジメント経験のアピールができるといいです。

 

30代半ば~30代後半

30代半ば~後半の未経験者は、オンラインプログラミングスクールの活用がおすすめです。併せて、IT業界に強い転職エージェントも活用しましょう。

 

40代

40代に入ると、未経験からIT業界への転職はおすすめしません。

IT業界では人材不足感もあり、未経験者でも転職成功のチャンスはあります。資格やプログラミング言語の習得などでスキルアップしたうえで、転職エージェントを活用して転職成功を図るとよいでしょう。

 


カテゴリー