30代の転職

30代の転職で失敗しないためには?30代の転職は実際どうなの?

30代での転職は30代前半と後半で難しさが変わります。30代前半の場合はあまりハンデを感じなかったという人が多いですが、後半になるとハンデを感じる人が増えるようです。ただ、即戦力であるマネジメント経験を持っている30代などでは管理職へ転職できる場合もあります。この記事では30代での転職についてまとめています。

30代の転職は難しい?30代の転職市場

30代での転職とは

30代の転職は、30代前半と後半とで状況が異なります。30代前半は転職市場で比較的人気がある世代です。一方、30代後半になるとやや厳しく、難易度は上がります。

40代の転職市場はさらに厳しくなるので、30代での転職がラストチャンスになりえるでしょう。以前は30代の転職も難しいと言われましたが、転職が一般的となった現在、30代の転職は増加傾向にあります。一概に「難しい」と考えるのではなく、30代前半と後半とで分け、それぞれ特徴を知っておく必要があります。

 

年齢によるハンデをあまり感じない30代前半での転職

30代前半の転職にハンデを感じている人は、実は少ないです。転職市場で人気のある世代で、企業側も積極的な採用を行っています。スキルや経験次第では年収アップも可能でしょう。

一方、20代と比較すると未経験分野への転職は困難です

 

若干厳しさのある30代後半での転職

企業側は若い人をなるべく採用したいため、30代後半の転職は前半よりやや厳しくなります。30代前半より転職期間が長引きやすく、年収がダウンするケースもあります。もともと30代後半は30代前半より年収が高いため、年収アップは難しくなるでしょう。

ただ、マネジメント経験などをアピールすれば管理職へ転職できる場合もあります

 

30代の転職で求められていること

30代の転職では、「マネジメント経験」「即戦力」の2点が特に求められます。

 

マネジメント経験があること

30代になると、部下やメンバーを指導・管理する機会は増えます。そのため、30代には組織管理やチーム運営などのマネジメント経験が期待されます。30代までにマネジメント経験があれば、それだけ転職の選択肢や可能性も広がります。

マネジメント経験を特にアピールすれば、管理職のポジションを狙うことも可能でしょう。また、管理職のポジションでの転職を狙っている場合には転職エージェントを活用するのがおすすめです。

 

即戦力であること

30代の転職は即戦力でなければ意味がありません。この点は20代の転職との大きな違いです

20代の転職であれば、ある程度伸び代が期待されます。つまり即戦力でなくても、あまり問題はありません。特に20代前半では、新卒に近い第二新卒の転職もあるくらいです。

一方、30代は伸び代より、これまでの経験や知識に大きな価値があります。そのため、これまでの経験や知識を活かして即戦力となることを、企業は当然期待します。即戦力であることは最低条件とも言えます。

 

30代での転職によくある失敗

30代での転職でよくある失敗の例をみて、失敗しないように注意して転職活動に臨みましょう。

30代での転職によくある失敗

  1. 転職活動の長期化により経済的に困る
  2. 条件にこだわりすぎて転職先が見つからない
  3. 家族の理解が得られず転職できない
  4. 転職先のやり方や人間関係に馴染めない

 

1.転職活動の長期化により経済的に困る

長期化は金銭的・精神的に負担

転職活動が長引くと、金銭的に困る場合があります。在職中に転職活動をする場合は、経済的に安心でしょう。一方、退職後の転職活動は金銭面で不安定になります。失業手当の受給が終わり、貯金も減ってしまうと特に大変です。だからこそ、転職活動は仕事を辞めずに行うべきです。

また、長期化は精神的な負担も大きいため効率のよい転職活動をできるようにしましょう。

 

2.条件にこだわりすぎて転職先が見つからない

条件には優先順位をつけておくことが重要

前職の失敗をもとに条件にこだわる人は多いですが、こだわりすぎると求人は見つかりません。なかなか転職先が見つからず、転職活動が失敗に終わる可能性もあります。

また、いくら選考が進んでも、条件にこだわりすぎると採用されない場合があります。条件の認識に差があれば、企業としても採用には消極的になるからです。

 

3.家族の理解が得られず転職できない

家族との日頃のコミュニケーションや相談が大切

家族の理解が得られずに転職できないというのは、30代の転職失敗によくある理由と言えます。

30代で家庭を持っている場合、転職は自分一人の問題ではありません。30代という年齢だからこそ、家族のことも考えなければいけません。

 

4.転職先のやり方や人間関係に馴染めない

転職時の情報収集不足と考えられる場合も

会社のやり方や人間関係に馴染めないというのは、よく聞く悩みです。一見すると普通の失敗例ですが、これは転職時に十分な分析・調査をしなかったことも原因と言えるでしょう。

企業分析や調査は、あらゆる情報を踏まえて慎重に行う必要があります。ネットの情報だけを鵜呑みにしたり、根拠のない憶測だけで転職をするのは危険です。転職先のやり方や風土は、客観的に判断するようにしましょう。OB/OB訪問や転職エージェントなどの活用が効果的ですよ。

人間関係の悩みは確かに難しいです。ただ、こちらも事前の分析・調査によって防ぐこともできます。転職先の雰囲気など、可能な限り客観的に分析・調査をしておくことが重要です。

 

転職に失敗する30代の4つの特徴

転職に失敗する30代の4つの特徴

  1. 転職理由が曖昧
  2. 転職市場での価値を間違っている
  3. 年収にこだわりすぎている
  4. プライドが捨てきれない

 

1.転職理由が曖昧

転職理由が曖昧だと、転職は失敗します。以前より転職が一般的になっていますが、周りに流されて転職をすることだけは避けるべきです。

周りに転職活動をしている人が多いと、「自分も転職した方が良い」と考えやすいです。ただ、明確な転職理由がなく「転職した方が良い」と考えるのは危険です。周りの影響が強く、きちんとした自己分析が行われていないからです。

曖昧な転職理由では、面接も不利になります。転職理由が曖昧であると芯のない人材だと判断されてしまいます。なんとか転職できたとしても、明確な転職理由がないので、転職先で不満を感じやすくなります。

現職に残ることも、転職することも、自分のキャリアを進めることに変わりはありません。曖昧な理由で転職して「前職の方が良かった」という状況になれば、自分のキャリアに傷をつけることになります。「転職しなければならない」のではなく、「最善の形で自分のキャリアを進めなければならない」のです。この点を踏まえ、転職理由を考えましょう。

 

2.転職市場での価値を間違っている

30代は伸び代より現状の価値が重要です。転職市場での自分の価値と、自分で考える価値に違いがあると、転職はうまくいきません。

高い実績や経験がないのに自分を高く見るケースも、高い実績や経験があるのに自分を低く見るケースも、いずれも価値の見誤りがあります。これでは自分と企業が適切にマッチせず、転職は失敗しやすくなります。転職できたとしても、転職後に不満が発生する原因になるでしょう。

 

3.年収にこだわりすぎる

転職で年収アップができる30代は、半数程度と言われています。未経験分野へ転職して年収が下がるなどのケースもあり、転職で必ずしも年収アップできるわけではありません。

また、年収ダウンが悪いということもありません。長い目で見て年収アップを考えることも必要です。

年収にこだわりすぎると、年収の不満によって転職先が決まらず、失敗につながります。また、自己分析や仕事内容の分析をせず、金銭面だけで転職先を決めると、企業とのミスマッチの原因になります。

 

4.プライドが捨てきれない

30代では経験や実績にプライドを持つ人が多いですが、プライドが高い評論家気質の人は転職には向いていません。

30代の転職は、場合によっては上司が年下になる場合もあります。しかし、ここで下手にプライドを持っていると人間関係がギクシャクします。客観的に自分のスキルを見て、キャリアを考えるべきです。

 

30代での転職に成功するために重要なポイント4選

30代での転職を成功させるには、次の4つが特に重要です。

30代での転職に成功するために重要なポイント4選

  1. 徹底的に自己分析をする
  2. 徹底的に企業分析をする
  3. 条件に優先順位をつける
  4. 転職エージェントを活用する

 

1.徹底的に自己分析をする

自己分析で自分のスキルや能力の棚卸しをして、自分のキャリアを再度考える必要があります。自己分析は転職活動だけでなく、自分のキャリアを考える際にも有効なのです。自己分析をすることで見えてくる自分の強みや弱み、やりたいことを自己PRやキャリアプランニングに役立てることができれば、よりよ転職活動ができるはずです。

 

2.徹底的に企業分析をする

企業分析は、自分と企業のミスマッチを防ぐ重要な方法です。企業をよく知ることは面接対策にもなるので、転職活動では企業分析の重要度が高いです。企業分析を行う上でネットの情報だけでなく、OB/OG訪問や転職エージェントなどの情報も積極的に活用しましょう。

 

3.条件に優先順位をつける

会社選びで失敗しないためには、条件に優先順位をつける必要があります。「譲れない条件」「妥協してもいい条件」に分けるとより効果的です。これにより転職活動の長期化を防ぎ、より効果的な転職活動にすることができます。

 

譲れない条件を作る

「これは譲れない」という条件を作っておくと、後悔しない転職につなげられます。また、条件をわかりやすく絞っておけば、条件に沿った会社を選びやすくスムーズな転職活動ができます。

 

妥協してもいい条件を作る

条件にこだわりすぎるとスムーズな転職活動はできません。妥協してもいい条件も事前に決めておきましょう。会社選びがスムーズに進み、転職活動の長期化を防ぐことができます。

 

4.転職エージェントを活用する

効率的な転職活動のためには、転職エージェントの活用が好ましいです。

転職エージェントは、「転職したいけど、どうしたらいいかわからない」「自分の市場価値を知りたい」「自分にとって良い案件を知りたい」という人には特におすすめです。これら3つのポイントを知るだけで、転職活動は格段にやりやすいからです。30代の転職も、もちろん例外ではありません。

また、転職エージェントは非公開求人を持っている場合もあり、30代での転職では管理職への求人がある場合もあります。

あわせて読みたい

カテゴリー