女性の転職のタイミングは?結婚後に転職活動をするのは難しい?子育て中の転職は?

女性の転職のタイミングはライフイベントなどを考えると難しいものです。また、未経験業種に転職したいかどうかなどによってもタイミングは変わってきます。まずは自身のキャリアプランから考え、ライフプランまで考えていく必要があります。この記事では、女性の転職のタイミングについてまとめています。

20代で転職すべきタイミングは?

転職を考えている20代女性の中には、転職を実行するタイミングを迷っている人もいるでしょう。転職をすべきタイミングは、転職先が同業種かどうかなどによって異なります。そこで、20代女性が転職するのにふさわしいタイミングを見ていきましょう。

 

未経験分野にトライする時期は、社会人3〜4年目がベスト

まず、未経験の業種・職種への転職を希望している20代女性は、社会人3~4年目に転職するのがよいです。

社会人として3~4年の経験を積めば、基本的なビジネスマナーなどを身につけることができます。一方、1つの会社に長く勤めすぎていないため、未経験分野への挑戦も柔軟に進めやすいです。第二新卒の採用枠を活用した転職もできるため、未経験分野に挑戦したい転職希望者は社会人3~4年目の転職を狙ってみましょう。

 

同じ職業でキャリアアップ転職を図るなら、社会経験5〜6年目がベスト

同業へのキャリアアップ転職を希望する人は、未経験分野にチャレンジしたい人よりも社会人経験を長めに積みましょう。キャリアアップ転職を成功させるためには、一定の経験・スキルを持っていることが望ましいです。

社会人3~4年程度だと、社会人としての基本的なスキルは身についていても、専門的なスキルの習得はまだまだというケースが多いです。そのため、5~6年程度の社会人経験を積み、専門的なスキルも磨き始めてから転職するとよいです

 

20代後半は、転職に良いタイミング?

大卒で社会人経験3年以上となると、20代後半になります。では、20代後半は転職に良いタイミングなのでしょうか。

20代後半の時期は、その後のキャリアアップにつながる準備ができる期間です。そのため、転職にこだわりすぎることは禁物です。転職をするかどうかに関わらず、30代以降のキャリアを明るいものにすべく、着実に準備を進めましょう。

キャリアプランを考える中で、やはり転職が望ましいとなれば転職活動を進めることふが大切です。20代後半のうちから、将来の飛躍に向けた準備をすることが大切です。

 

転職するなら3年経ってから?

今の職場に少なからず不満があり、できるだけ早く転職したいと思うこともあり得ます。しかし、転職するとしても3年は我慢すべきといった意見もあります。そこで、転職を希望している場合でも3年は今の職場で我慢すべき理由を把握しておきましょう。

3年は転職を我慢すべきと言われる3つの理由

  1. ビジネスマナーやスキルなどのキャリア不足のため、転職が不利になる
  2. 2〜3年経って初めてその会社の良いところが見えてくる
  3. 忍耐力がないと思われる

 

1.ビジネスマナーやスキルなどのキャリア不足のため、転職が不利になる

社会人経験1・2年では、社会人としての基本スキルやビジネスマナーが未成熟な人が多いです。そのため、転職をしようとしても、基本的な教育すら完成していない人材と見なされて、不利になってしまいます。

先輩として新入社員に最低限のスキルくらいは指導できるレベルに達するには、3年程度の期間は必要です

 

2.数年経って初めてその会社の良いところが見えてくる

社会人になって間もないころは、どうしても自分のスキルが不十分で上司や先輩から注意や指導を受けることが多くなりがちです。そのため、入社1~2年目ではなかなか自分の会社の魅力が見えてこない場合があります。

ところが、2~3年たつと、責任ある仕事を任せられやすくなるなどして、会社の魅力が見えてきやすくなります。不満があるからといって入社直後から転職を考えるのではなく、3年くらいは様子を見て会社の良いところが見えてこないかを探るとよいでしょう

 

3.忍耐力がないと思われる

中途採用を考えている企業は、採用した人材にある程度長い期間にわたって働いてほしいと考えるのが自然です。そのため、転職直後は職場に馴染めなかったりした場合でも、忍耐力を発揮して頑張り続けてくれる人材を選びやすくなります。

ところが、社会人1~2年目で転職しようとすると、忍耐力のない人材と思われかねません。転職に役立つスキル磨きの期間と考えて、3年は我慢してみるのも1つの方法です。

 

ただし、入社してから3年程度は勤め続けるべきだと言われても、不満が大きくすぐに辞めたい場合もあるでしょう。

入社してみたらブラック企業だった場合など、すぐにでも今の会社を辞めたい場合は、無理やり3年我慢する必要はありません。社会人経験が浅い人材でも第二新卒採用のチャンスなどがあるため、転職に成功する可能性は十分にあります。

 

結婚後に転職活動をするときのポイントは?

転職活動を始める段階で、すでに結婚している女性もいます。ただ、結婚後に転職活動をする場合は、出産予定の有無を問われることが多いです。出産予定があるからといって転職が不可能なわけではありません。

ただし、転職直後に出産するという計画は極力避けましょう。出産を予定している場合は、時期を転職直後から外すことや、育児と仕事のバランスをどう考えるかについて会社に伝えてください。明確に決まっていない場合でも、現時点での考えをしっかり伝えることが大切です。

 

子育て中の転職は難しい?

子育てをしていると、どうしても仕事にかけられる時間が短くなりがちです。そのため、子育て中の転職はややハードルが高くなります。

ただ、親や夫のサポートが十分あれば、子育て中の女性でも転職成功のチャンスは十分あります。サポートが不十分な場合は、子供が成長して子育てにかかる手間が減ってきてから転職をするとよいでしょう。

社会人経験が3~4年に達し、最低限のスキルを身につけたころから転職を進めやすくなります。出産や子育てといったライフイベントの予定も考えながら転職時期を探っていきましょう。

 

属性で選ぶ転職エージェント

自分の「属性」によって選ぶべき転職エージェントも変わってきます。自分の属性により特化している転職エージェントを選びましょう。

 

20代

「20代全員におすすめ」「20代で正社員に挑戦したい人やはじめての転職におすすめ」「20代でキャリアアップの転職をしたい人におすすめ」「20代の女性におすすめ」の4つに分けてご紹介します。

 

30代

30代全員におすすめの転職エージェントの他に、正社員未経験もしくはブランクが長い場合、マネジメント経験がない場合とある場合、女性の場合に分けて、おすすめの転職エージェントをまとめました。

 

40代

「全員におすすめ」「キャリアに自信がある人におすすめ」「女性におすすめ」の3つに分類して紹介します。

 

女性

女性特有のライフステージに関する悩みに寄り添って相談に乗ってくれる、女性に特化した転職エージェントを紹介します。

 

あわせて読みたい

カテゴリー