転職

30代女性の転職について。結婚や育児との両立や未経験職に関しても解説

30代女性は、年齢やライフイベントに企業側からするとネックがあるため転職が難しいとされています。ただ、近年は働き方改革など多様な働き方が広がりつつあり、その傾向も変わりつつあります。それにしても30代での転職は人生においてかなり大きな決断になることに変わりはありません。この記事では、30代女性の転職に関してまとめています。転職を検討中の方はぜひこの記事を読んで参考にしてみて下さい。

30代女性の転職市場の現状

30代の女性は子育てにかかる費用や時間を確保するために転職を検討することもあります。そこで、30代女性の転職市場の現状をチェックしていきます。

 

30代で転職は可能?

30代での転職は、従来は難しいとされてきました。ただ、最近では働き方改革などで多様な働き方が生まれたため30代女性でも転職を進めやすくなってきています。30代での転職は不可能ではありません。

 

30代女性の転職が一般的に難しいと言われる3つの理由

30代女性が転職について考えるにあたり、まずは転職が難しいとされる理由をチェックしていきます。ここでは具体的に3つの理由をチェックしましょう。

30代女性の転職が一般的に難しいと言われる3つの理由

  1. 30代という年齢のネック
  2. 結婚や出産・育児に関して企業が不安に感じることが多い
  3. 30代での転職は大きな決断である

 

30代という年齢のネック

30代で転職活動をする際、20代の人材と比較されることが多くなります。20代と比べると30代は成長余地が限られてしまうため、転職活動の際には不利になります。ただし、経験やスキルが豊富な30代であれば、同業種への転職を進めやすくなります。

 

結婚や出産・育児に関して企業が不安を感じることが多い

30代女性は、結婚や出産・育児といったライフイベントを迎えることが多くなります。採用担当者としては、転職を希望する30代女性がライフイベントをどう予定しているかが気になります。

せっかく教育してもすぐに退職されてしまうリスクなどを考えると、20代の方がリスクが少なく魅力的になります。30代女性が転職を目指す場合は、ライフイベントの計画について明確にしておきどの程度考えているかを話すことも大切です。

 

30代での転職は大きな決断である

すでに述べた通り、30代はライフイベントが発生しやすい年代です。転職の決断は、その後の人生を大きく変える可能性が高い点を念頭に置いておきましょう。また、そうした懸念点が世間一般的に30代での転職が難しいとされる理由の1つです。

 

30代女性の転職は実際どうなの?

30代女性の転職が実際どうなのでしょうか。下記5点から30代女性の転職事情をみていきましょう。

 

30代では即戦力になるかが重視される

転職活動をする人材を採用する際、第二新卒や若手の人材であれば、社会人経験のある人材を獲得することで新卒よりも優秀な人材を獲得できる点にメリットがあります。

また、そのような採用の場合には伸び代も考慮されますが、30代での転職では事情が異なります。30代での転職に重視されるのは「即戦力になれるか」なのです

 

実務経験と実務業績、資格やスキルがある人は有利

即戦力になれるかどうかの判断は、実務経験などをもとに行われます。資格などで明確にスキルを証明できることが望ましいです。また、マネジメント経験などのリーダー経験や組織を管理した経験は特に重視されます。

 

未経験の職種への転職は不利

即戦力としての活躍を求められる30代は、未経験職種への転職には不向きです。未経験職種だと伸びしろのある20代が優先されやすくなってしまいます。

 

年収が上がるとは限らない

今の年収に不満があるため、転職を検討している30代女性もいます。ただ、転職したからといって必ずしも年収が上がるとは限りません。

逆に年収が下がるケースもあります。平成28年の雇用動向調査の結果をもとに算出すると、30代女性で転職による年収アップを実現できた人は4割ほどです。

 

管理職で採用されるケースも

30代で一定の経験を積んでいれば、管理職として採用されるチャンスもあります。すでに管理職やマネジメント、リーダー業務の経験がある人は、積極的にアピールしましょう。管理職での採用の可能性があるのは30代で転職するメリットとも言えます。

 

30代女性が転職活動をする上でのポイント

転職の現状が分かってきたところで、転職活動をする上でのポイントを確認します。よりよい転職をスムーズに実現するためにぜひチェックしてみてください。

30代女性が転職活動をする上でのポイント7点

  1. これからのキャリアを具体的に考える
  2. 実務経験を積み、スキルや資格を取得しておく
  3. 結婚や出産、育児などのライフイベントも考える
  4. 広い視点で情報を集める
  5. 譲れない条件を持つ
  6. 自分と合う企業を探す
  7. 転職エージェントを活用する

 

1.これからのキャリアを具体的に考える

今後のキャリアを具体的に考えることは大切です。キャリアプランを立てたうえで、自分の目標達成につながる転職先を探しましょう。キャリアプランを明確にしておくと志望理由などを話す際により説得力のある説明にすることができますよ。

 

2.実務経験を積み、スキルや資格を取得しておく

転職を検討している場合は、実務経験を積んでおきましょう。スキルアップにも意欲的に取り組み、場合によっては資格を取得するなどして能力を証明しやすくするとよいです。30代の転職を有利にするためにもどれだけ経験や知識を持てるかが重要です。

 

3.結婚や出産、育児などのライフイベントも考える

30代女性はライフイベントの発生を懸念して企業側に避けられる可能性があります。結婚・出産・育児といったライフイベントの計画を立て、面接時などにわかりやすく説明できると好印象で、企業側の不安を解消することができます。

 

4.広い視点で情報を集める

転職情報を集める際は、広い視点を持ちましょう。偏った情報ばかり見るのではなく、多様な情報に接することで満足のいく転職につなげることできます。

OB/OG訪問を行なったり、転職エージェントを活用したりしながら情報を集めることでより現場に近い情報 を得ることができます。

 

5.譲れない条件を持つ

転職活動を進める中で、企業側と条件交渉をすることもあり得ます。あらかじめ譲れない条件や妥協してもいい条件を決めておくと、自分の転職に対するビジョンが明確になります。

また、転職先を探す際にだらだらと長引くことや焦りから妥協してしまうことなどを防ぐことができます。

 

6.自分と合う企業を探す

転職先を選ぶ際は、年収などの数値条件ばかりにこだわることは避けましょう。社風や雰囲気、労働環境など自分が気持ちよく働けるような、相性の良い企業を探すことが望ましいです。

また、30代での転職は最後の転職になる可能性も高いため、転職後長く働くためにも慎重に自分との適性をしっかり考える必要があります。

 

7.転職エージェントを活用する

転職活動を進める際は、転職エージェントの活用が有効です。転職エージェントを利用することで、効率よく希望の転職先を見つけやすくなります。プロが転職相談に乗ってくれる点も大きな魅力です。

また、転職エージェントは管理職などのはいキャリア求人を持っている場合もあるのでぜひ利用することをおすすめします。転職エージェントは一般的に無料で利用することができますよ。

 

転職活動の際には自身の将来をしっかりと考えることが大切

転職活動の成功には、自分の将来を具体的に考えることが欠かせません。自分が希望する将来と企業のビジョンがマッチすれば、満足度の高い転職に近づきます。企業側にも将来を見据えた熱意ある人材だと受け止められれば、転職成功に格段につながります。

30代になると未経験分野へのチャレンジよりも、同じ業種・職種への転職のほうがハードルは低くなります。結婚や育児などのライフイベントも意識し、転職エージェントの活用も検討しながら転職を進めていきましょう。

 

属性別で選ぶ転職エージェント

自分の「属性」によって選ぶべき転職エージェントも変わってきます。自分の年齢や性別に、より特化している転職エージェントを選びましょう。

 

30代

30代におすすめの転職エージェント14選!選び方、使い方、転職実態、年代による違いについても解説」では、30代全員におすすめの転職エージェントの他に、正社員未経験もしくはブランクが長い場合や、マネジメント経験がない場合とある場合、女性の場合に分けて、おすすめの転職エージェントを紹介しています。

 

40代

40代におすすめの転職エージェント10選。選び方、活用のポイント、転職事情についても解説」では、『全員におすすめ』『キャリアに自信がある人におすすめ』『女性におすすめ』の3つに分類して紹介しています。

 

女性

女性の転職に強いおすすめの転職エージェント3選とその活用法」では、女性特有のライフステージに関する悩みに寄り添って相談に乗ってくれる、女性に特化した転職エージェントを紹介しています。