IT

IT業界への転職に資格は必要?主な資格一覧

技術の発展と需要の拡大によって現在売り手市場のIT系転職市場ですが、IT系転職において資格は有利に働くのでしょうか。実は資格そのものだけでは転職が有利になるとは言い切れず、資格はあくまで努力とスキルの証明だと認識されています。ただ、アピール方法などによっては有利に働くため、資格はアピール方法が重要です。この記事ではIT系転職と資格についてまとめています。

IT業界への転職は売り手市場

年収アップを狙って転職を検討している場合は、売り手市場をチェックすることが有効です。IT系転職は売り手市場の状態が続いており、転職を検討している人はぜひ注目したい業界と言えます。

 

IT業界への転職市場の動向

IoTやAIといった先進的なテーマの登場を背景に、IT市場は今後も好調を維持することが期待されます。そのため、IT系人材を確保したいと考える企業は多く、IT系転職市場は今後も売り手市場の状態を継続しやすいです。

特に、データサイエンティストやセキュリティエンジニアといった、近年で始めた職種は人材が不足しており需要が高まっています。

 

IT業界への転職と資格の関係

IT系業務に役立つスキルを学ぶには、資格取得を目指す方法があります。そこで、IT系転職を検討する際に、資格の有無がどう関係するのかを把握しておきましょう。

 

IT業界への転職に資格は有利?

有利になるのが稀なのは、資格が転職希望者のスキルや努力を証明するものにすぎないからです。単に資格取得をしたことだけではなく、どのような目的に沿って資格を取ったのかを併せてアピールすることではじめて、資格を転職に役立てることができると言えます。

 

マイナーな資格は持っていてもメリットが少ない

IT系の資格は数多くあります。数ある資格の中で、マイナーな資格を持っていたとしてもメリットは少ないです。せっかく資格を取得するのであれば、知名度の高い資格取得を目指すことをおすすめします。

 

目的に合わせて資格を取ることが必要

転職に資格を活かしたい場合は、目的に合わせた資格を取りましょう。目的意識をもって資格取得に取り組んだことを示せるかどうかが、資格を転職に活かせるかどうかの分かれ目になります。

 

インフラ系の転職には資格が有効になることも

IT系転職の中でも、特にインフラ系への転職を考えている人は資格取得の意義が高いです。インフラ系の職種では資格を評価される傾向にあります。インフラ系転職を希望する場合は、積極的に資格取得を目指すことがおすすめです。

 

年齢と資格

20代

20代でIT系転職を目指す若手は、成長意欲の高さをアピールしたいところです。

企業が20代の転職希望者の採否を判断する場合、今後の成長に期待できる人材として獲得するかどうかを判断する傾向があります。そのため、目的意識のある資格取得は効果的なアピールとなるでしょう。

 

30代

30代での転職となると、企業側が求めているのは即戦力です。そのため、資格を取得してスキルアップしようという意欲よりも、実際のスキルや実務経験の方が転職に役立ちます。

資格を転職に活用するのであれば、スキルの証明としてアピールするのが効果的と言えます。

 

IT業界で役立つ主な資格一覧

目的意識をもって資格取得をすれば、IT系転職に役立てることができます。では、具体的にどのようなIT系資格があるのかを見てみましょう。

 

基本的な資格

はじめにチェックしておきたいのが、基本的な資格です。メジャーな資格なので、目的に合った取得ができれば転職の成功可能性を高めることができます。

 

基本的な資格

  1. ITパスポート
  2. 基本情報技術者
  3. マイクロソフトオフィススペシャリスト
  4. 各種ベンダー資格のうち初級のもの

 

ITパスポート

IT系転職をする際に必要な基本スキルを学べる国家資格がITパスポートです。IT系の知識を身につける第一歩としてITパスポートの取得を目指してみるとよいでしょう。

 

基本情報技術者

ITパスポートと比べるとやや難易度が上がるのが基本情報技術者です。IT業界に転職した後、業務をスムーズに進めるためには基本情報技術者の資格を取得できるレベルには達しておきましょう。

 

マイクロソフトオフィススペシャリスト

IT業界では当然のようにPCを使用する機会が多くなります。そのため、マイクロソフトオフィススペシャリスト資格の取得も検討する価値があります。

 

各種ベンダー資格のうち初級のもの

IT系転職を考えるにあたり、具体的な希望職種が決まっている場合は、ベンダー資格のうち初級のものを取得してみてもよいです。希望職種に就くという目的をもって資格を取得していることをアピールできます。

 

より専門的な資格

最低限のスキルを保有しているだけでなく、より専門性の高いスキルを保有している場合はより専門的な資格を取得してより効果的にアピールすることができますよ。

 

より専門的な資格

  1. Cisco Certified Network Associate(CCNA)
  2. Cisco Certified Internetwork Expert (CCIE)
  3. LPIC
  4. ORACLE MASTER Platinum
  5. システムアーキテクト
  6. ITストラテジスト
  7. プロジェクトマネージャー
  8. マイクロソフト社認定ソリューションアソシエイト(MCSA)

 

Cisco Certified Network Associate(CCNA)

ネットワーク技術者としての能力を証明できるのがCisco Certified Network Associate(CCNA)です。今後も多くの需要が見込まれる能力を示すことで、より効果的なアピールをすることができます。

 

Cisco Certified Internetwork Expert (CCIE)

ネットワーク技術者として高いレベルにあることを示すのがCisco Certified Internetwork Expert (CCIE)です。高い専門性をアピールしたい場合に役立ちます。

 

LPIC

Linuxに関するスキルを測るのがLPICです。レベルが3段階に分かれており、転職にLPICを役立てたい場合は最高レベルの3を取得しましょう。

 

ORACLE MASTER Platinum

データベース技術者への転職を目指す場合は、ORACLE MASTER Platinumの取得が有効です。ORACLE MASTER資格のうち最難関のレベルです。

 

システムアーキテクト

システム開発に役立つのがシステムアーキテクトです。すでにプログラマーやSEとして活躍している人が、さらなるスキルアップに役立てることができます。

 

ITストラテジスト

ITコンサルタント志望者は、ITストラテジストの取得を狙いましょう。IT分野だけでなく、経営に関する知識の証明にもなります。

 

プロジェクトマネージャー

システム開発をしたい場合は、プロジェクトマネージャー資格がおすすめです。プロジェクトマネージャーは難易度が高い分、取得できれば転職時に好材料となりやすいです。

 

マイクロソフト社認定ソリューションアソシエイト(MCSA)

マイクロソフト社認定ソリューションアソシエイト(MCSA)には、ITキャリア構築に役立つ様々な種類の資格があります。目的に合わせた資格を選んで取得してみましょう。

 

資格はあくまでスキルと努力の証明

IT系の資格は紹介したものだけでも多数あります。ただ、単に資格を取得すれば有利になるというわけではありません。

資格はあくまでもスキルと努力の証明です。自分の目的に合った資格を取得して、転職成功に活かしましょう。

IT系転職において資格は必須条件ではありません。ただ、目的に沿った資格を取得しておけば、転職活動時のアピール材料になります。自分の希望する職種などを踏まえて、転職に役立つ資格の取得を検討してみましょう。

 


カテゴリー