type転職エージェントの特徴は?評判と口コミ!

転職する際には面接対策や書類作成などやることがたくさんあって大変ですが、転職エージェントを利用すれば効率よく転職活動を行えます。この記事で紹介しているtype転職エージェントは首都圏のIT企業に強く、案件求人の質が高いエージェントですよ。この記事ではtype転職エージェントについて特徴や評判、口コミなどまとめています。

type転職エージェントの総評

type転職エージェントの求人案件は、首都圏を中心とする関東エリアに集中しています。ITやweb業界の案件に強く、首都圏でIT・web業界に転職したい方におすすめです。type転職エージェントは他のサイトでは紹介されていない「独占求人」が多く、ちょっと珍しいレアな求人も紹介してもらえます。

 

求人案件の質が非常に高く、キャリアアップに繋がる優良求人が多いこともtype転職エージェントの特徴です。type転職エージェントは求人案件を紹介するだけではなく、面接対策サポートや提出書類の作成サポートなどの手厚いサポート体制で転職希望者を支援してくれます。

 

キャリアアドバイザーは希望条件などのヒアリングに時間をかけてくれるため雇用のミスマッチを防ぐことができ、後悔しない転職活動が可能になりますよ。

type転職エージェントは転職相談会や転職セミナーなどの「転職フェア」の開催に力を入れており、ユーザーは希望するセミナーに毎週無料で参加することができます。

 

type転職エージェントの特徴は?

登録地域を「 東京・神奈川・埼玉・千葉 」に限定しており、首都圏のIT企業への転職に強いことが特徴です。

年代は、20代から30代の若手の転職を得意としており、特に26歳から35歳のITエンジニアの転職にオススメできるエージェントです。

転職ビジネスは1994年に求人誌の発行を開始して以来、20年以上の長い歴史と実績があり、人材を重視して転職支援を行っています。

 

求人数

公開求人は約6,800件、非公開求人は約6,900件を超える求人が寄せられています。

 

分野や専門性は?

ITやweb業界の案件に強く、キャリアアドバイザーもITやweb業界の出身者が多いです。

キャリアアドバイザーはITやweb業界の事情に精通しており、業界の専門用語を使ってコミュニケーションを取ることができます。

 

type転職エージェントのメリット・デメリット

メリット

type転職エージェントは他の転職エージェントと比べると登録者数があまり多くないので、転職希望者一人ひとりに対してきめ細やかな転職支援をしてくれます。

また、転職ビジネスの老舗企業であるため、IT業界とは独自の強いパイプを持っており、独自求人が多いことが大きなメリットです。

転職希望者は豊富な独自求人を基に転職活動をすることができ、希望するIT企業に就職できる可能性を高められます。

メリット

  1. きめ細かい転職支援
  2. 非公開求人が多い
  3. 転職者の71%が年収アップ

1.きめ細かい転職支援

登録者数が少ないことで、登録をしているユーザー1人ひとりに対してきめの細かい転職支援ができることが強みです。

転職活動中だけでなく、入社後も定期的にヒアリングをしてくれるなど、アフターフォロー体制もしっかりしています。

入社後にヒアリングを行うことで得た紹介先企業の情報を他のユーザーと共有することにより、他のユーザーの転職活動にも活かすことができます。

 

2.非公開求人が多い

長年の歴史と実績により、首都圏のIT企業から厚い信頼を寄せられています。そのため、他のエージェントに頼まずにtype転職エージェントに採用を一任する企業は非常に多く、質の高い独占求人と非公開求人が数多く寄せられています。

独占求人と非公開求人はtype転職エージェントに登録しているユーザーしか閲覧できないため、有利な立場で転職活動を行えます。

 

3.転職者の71%が年収アップ

キャリアアップや収入アップに繋がる質の高い求人が多いため、転職者の71%が年収アップに成功しています。

 

デメリット

ポイント

  1. キャリアアドバイザーの善し悪し
  2. 案件に偏りがある

1.キャリアアドバイザーの善し悪し

type転職エージェントに限ったことではありませんが、在籍しているキャリアアドバイザーには様々なタイプの人がいますので、相性が合わないキャリアアドバイザーが担当になってしまうことがあります。

ただ、type転職エージェントは在籍しているキャリアアドバイザーの数が少ないため、キャリアアドバイザーの変更は容易ではありません。

 

2.案件に偏りがある

首都圏の1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)以外の求人が少なく、首都圏以外の地域の会社に転職したい方には向いていません。

また、業種はIT案件の割合が圧倒的に多いため、ITやweb業界以外に転職したい方には向いていないです。

 

type転職エージェントがおすすめの人は?

type転職エージェントは、東京と神奈川、埼玉、千葉県の企業に転職したい方におすすめです。

首都圏の1都3県の求人数は、リクルートエージェントやdoda等の大手の転職エージェントと比べても遜色ありません。特にIT系に強いので、首都圏のIT企業に転職したい方にはtype転職エージェントをおすすめします。

一般的に転職エージェントのサービスは、案件の質と量に比例してサービスの質も高くなります。

よって、転職エージェントを選ぶ際には、質の高い求人を豊富に有する大手の転職エージェントを選ぶのが無難です。type転職エージェントは登録の敷居が低いため、大手の転職エージェントで上手くいかなかった方にもおすすめです。

 

type転職エージェントじゃないと思った方はこちらへ

type転職エージェントは首都圏でIT業界に転職したい方に向いています。もちろんそれ以外の領域でも転職することはできますが、相性が合わなかったり、対象地域に入っていなかったりしたら、無理をして登録する必要はありません。

もしtype転職エージェントがおすすめの人に当てはまらなければ、次の転職エージェントがおすすめです。

いずれも日本を代表する大手の転職エージェントですので、地域や業種に関係なく、どのような転職にも対応可能です。

 

リクルートエージェント

非公開求人10万件以上を誇る日本最大級の転職エージェントです。

これまでに30万人以上を転職成功に導いてきた実績があり、とても頼りになるキャリアアドバイザーが全面的に支援してくれます。

相談拠点は北海道から九州の全国各地にありますので、最寄りの拠点に出向いて相談することができます。

 

doda

日本最大級の10万件以上の求人があり、doda限定の独自求人も数多くあります。

求人は全ての業種と職種を網羅しており、どのような転職にも対応することが可能です。キャリアアドバイザーの質が高く、キャリアアドバイザーの手厚いサポートを受けながら、とても有利に転職活動を進められます。

 

パソナキャリア

リクルートエージェントやdodaと並ぶ、日本最大級の転職エージェントです。

全ての業種と職種に専門のキャリアアドバイザーが在籍しており、同業種のキャリアアップはもとより、異業種へのキャリアチェンジの相談にも乗ってもらえます。

キャリアアドバイザーの対応はとても丁寧で、親身になって転職をサポートしてくれます。

 

@typeとtype転職エージェントの違いは?

@typeとtype転職エージェントはどちらも株式会社キャリアデザインセンターが運営しており、主な違いは@typeは転職サイトで、type転職エージェントは転職エージェントということになります。

 

転職サイトの@typeは自分自身で求人情報を探し、気に入った求人が見つかったら自由に応募をすることができます。

転職エージェントのtype転職エージェントは、キャリアアドバイザーが転職希望者の要望を聞いたうえで、転職希望者の能力や適正などに応じて、最適な求人を紹介してもらえます。

この点が、転職サイトの@typeと転職エージェントのtype転職エージェントとの違いです。

 

@typeの特徴として、掲載している求人情報には実際の業務内容などの記述が乏しく、実際に仕事をやってみないことにはわからないケースが多いです。

公開されている求人は「不動産営業」「保険営業」「テレアポ」「コールセンター」などの営業系の仕事が多く、他の職種と比べると採用されやすいですが、離職率は高い傾向があります。

営業力があり精神的にタフな方だと高収入が期待できますが、営業力が乏しく精神的に脆い方は、長く働くことは難しいです。このような営業系の仕事に転職したい方には@typeをおすすめしますが、ホワイト企業に就職してキャリアを磨きたい方には、転職エージェントをおすすめします。

 

type転職エージェントのその他のおすすめポイントは?

type転職エージェントのおすすめポイント

  1. LINEでやりとりが可能
  2. 残業時間がわかる
  3. Twitterで情報収集できる
  4. 無料の相談会や転職セミナーがある

1.LINEでやりとりが可能

type転職エージェントでは、LINEと繋がるビジネスチャットの「LINE WORKS」を導入しており、LINEを使ってキャリアアドバイザーとやり取りができます。

使い慣れているLINEでコミュニケーションができますので、メールや電話で連絡を取り合うのが苦手な方には最適です。

 

2.残業時間がわかる

type転職エージェントの求人情報は質が高く、平均残業時間の情報もわかります。

転職先の企業の残業時間はとても気になりますが、事前に平均残業時間がわかりますので、残業が少ない会社に転職することが可能になります。

このような質の高い求人情報を持っていることがtype転職エージェントの強みであり、他の転職エージェントとの大きな違いです。

 

3.Twitterで情報収集できる

転職を成功させるためには、情報収集がカギになります。

type転職エージェントはTwitterでの情報発信を積極的に行っており、type転職エージェントのツイッターアカウント「@type_shoukai」をフォローしておくと、セミナーやイベントの告知などの最新情報をリアルタイムで入手できます。

首都圏でIT業界に転職をしたい方は、type転職エージェントのツイッターアカウントをフォローしておくことをおすすめします。

 

4.無料の相談会や転職セミナーがある

転職エージェントの多くは無料の相談会や転職セミナーを開催していますが、type転職エージェントは転職相談会などの転職フェアの開催に特に力を入れています。

転職フェアは毎週開催しており、土曜日にも開催していますので、在職中の方も気軽に参加できます。type転職エージェントの転職フェアに参加すると、転職に役立ついろいろな情報を収集することができ、転職の成功に繋げられます。

 

type転職エージェントの口コミは?

口コミサイトに寄せられている口コミを分析すると、キャリアアドバイザーに対する評価が真っ二つに分かれることがわかります。

良いキャリアアドバイザーが担当になると満足できる結果が出せているようですが、質の低いキャリアアドバイザーが担当になると、雇用のミスマッチが起きるようです。

どのようなキャリアアドバイザーが担当になるのかは運の要素が強く、type転職エージェントはキャリアアドバイザーの交替が容易ではありません。

そのため、運悪く質の低いキャリアアドバイザーが担当になった場合には、アドバイザーを代えてもらうか、別の転職エージェントを検討することをオススメします。

転職エージェントを1社だけしか登録していないとこのようなことが起こる場合もあるため、転職活動をする際には複数の転職エージェントに登録をすることが大切です。

 

type転職エージェントを利用するときの流れは?

登録の流れ

type転職エージェントのホームページに「転職支援サービスへのご登録」というフォームがありますので、基本情報を入力して送信すると登録が完了します。記載する事項は非常に少ないので、5分程度で登録できます。

 

担当者決定と面談の流れ

登録が完了して、担当のキャリアアドバイザーが決定されると、面談の案内の連絡が入ります。

面談はtype転職エージェントを運営する株式会社キャリアデザインセンターの本社ビル(東京メトロ赤坂見附駅より徒歩1分)で行われ、平日の夜や土曜日でも面談をすることが可能です。

面談時には、履歴書(データとペーパーの両方)と職務経歴書、履歴書用写真が必要になりますので、あらかじめ準備をしておきます。

なお、面談はスーツ着用は必須ではなく、ラフな私服でOKです。(キャリアアドバイザーもスーツは着用していません)

 

面談の内容は?

面談は約1時間半かけて実施され、キャリアアドバイザーが履歴書と職務経歴書を確認しながらヒアリングを行います。

ヒアリングの内容は、現職の入社理由と退職(希望)理由、転職先の条件、自己アピールなどです。時間をかけてヒアリングが行われますので、これまでの失敗談など、かなり突っ込んだ内容について聞かれます。

時間をかけて根掘り葉掘りヒアリングをすることでキャリアの棚卸しが可能になり、雇用のミスマッチを防げるようになります。

ヒアリングが終わると、その場で直ぐに求人を紹介してくれます。かなりの数の求人を紹介してくれますので、その中から応募したい求人を5件程度に絞り込みます。

書類作成、応募・推薦

応募先の企業が決まったら、専任のキャリアアドバイザーが応募の手配や面接日程の調整などを代行してくれます。

面接の前に書類選考が行われますが、書類選考に通過する確率は20%程度であるため、キャリアアドバイザーが書類選考に通過するように、応募書類を添削してくれます。

これにより、書類選考通過の可能性が大きく高まります。応募書類が完成すると、type転職エージェントが紹介状(推薦状)を書いてくれますので、紹介状を添えて応募書類を企業に提出して結果を待ちます。

応募書類を提出後は本番を想定した模擬面接が行われ、万全の体制で面接試験に臨めます。

 

面接・選考

面接の回数は企業によって違いがありますが、採用されるまでには数回程度の面接が実施されるケースが多いです。

面接試験に合格すると採用されるわけですが、不合格になる場合ももちろんあります。

面接試験が不合格になった場合には、どのようなことが理由で不合格になったのかがフィードバックされるため、今後の面接に役立てることができます。

面接試験のフィードバックを行っている転職エージェントは少ないので、この点はtype転職エージェントの大きな強みです。

 

内定・入社

面接試験に合格すると、担当のキャリアアドバイザーから内定の連絡が入ります。

給与などの待遇の条件交渉はキャリアアドバイザーが代行してくれますので、あらかじめ、希望する年収などをキャリアアドバイザーに伝えておきます。

絶対に譲ることができない条件がある場合にはキャリアアドバイザーに伝えておくと、キャリアアドバイザーはそれを基に交渉してくれます。

転職を成功させるためには、現在の勤務先の会社を円満に退社することが必要ですが、キャリアアドバイザーが円満退社するためのコツを伝授してくれます。これにより、晴れやかな気持ちで新しい会社に入社することができますよ。

 

type転職エージェントと一緒に登録すべきサービスは?

転職を成功させるためのコツは、転職エージェントを複数登録することです。type転職エージェントと一緒に登録するのが望ましい転職エージェントには次のようなものがあります。

 

大手総合転職エージェント

大手の総合転職エージェントは求人数が豊富ですので、最低でも1社は登録しておきましょう。

 

リクルートエージェント

非公開求人10万件以上を誇る日本最大級の転職エージェントです。

 

doda

日本最大級の10万件以上の求人があり、doda限定の独自求人も数多くあります。

 

パソナキャリア

リクルートエージェントとdodaと並ぶ、日本最大級の転職エージェントです。

 

IT系に強い転職エージェント

type転職エージェントはIT系に強いですが、ワークポートもIT系に強いので、IT業界に転職をしたい方は、ワークポートにも登録しておくと良いでしょう。

 

ワークポート

IT系の転職や未経験からのキャリアチェンジに強い転職エージェントです。

数ある転職エージェントの中から、転職決定人数部門で4回連続1位を獲得した実績があり、IT・クリエイティブ関連職種への転職に強みがあります。

簡単に登録ができますので、type転職エージェントに登録したついでに登録しておくことをおすすめします。

 

もっとハイキャリアを目指したい方には

外資系企業への転職や海外への転職など、ハイキャリアを目指したい方には、JACリクルートメントがおすすめです。

 

JACリクルートメント

アジア最大級のネットワークを持ち、外資系企業や海外への転職に強い転職エージェントです。

求人数は約15,000件あり、そのうち約60%は非公開求人です。利用者の満足度が非常に高く、98.5%の方が友人や知人にJACリクルートメントを紹介したいと回答しています。

あわせて読みたい

カテゴリー