20代の転職

29歳の転職は厳しい?

29歳は最後の20代としてギリギリ若手のポジションを取ることもできますが、企業側から見れば「社会人としてある程度の経験を積んだ人材」という評価をすることも多いです。伸びしろと即戦力の2つを期待されます。ライフイベントがあることも多いので、30代との違いを意識しつつも、総合的な判断をする必要があるのが29歳という年齢です。この記事では、29歳の転職についてまとめました。

29歳の転職の意味は?

29歳は、社会人としてある程度成熟した年齢になります。一方で、20代として考えるとまだ若い人材です。

企業としては、「社会人として成熟しつつも、ポテンシャルのある人材」として評価することができ、29歳は転職市場においてニーズが高いです。

20代では、第二新卒で異業種へ転職するケースも多く、25歳が1つの目安です。一方で、29歳で未経験職種・異業種へ転職を希望する方も多く、一定のニーズがあります。

企業が持つ「社会人として成熟しているけれども、ポテンシャルのある人材がほしい」というニーズと、転職者が持つ「未経験職種にチャレンジしてみたい」というニーズを合わせると、29歳の転職は大きな意味があります。

 

29歳の転職市場価値

20代前半と比較すると、29歳の転職は即戦力としての側面が強いです。一方で、若い20代として将来的に成長することも見込まれます。「即戦力となりつつも、将来的に成長すること」が、29歳の転職市場価値です。

 

即戦力

29歳は社会人経験が7年程度あり、ある程度の経験を積んでいます。高い実績を残している方もいます。また、仕事に対するストレス耐性があり、高い指導力が身についている場合もあります。

企業としては即戦力として考えるケースが多いでしょう。

ビジネスマナーなど、社会人としてのスキルも十分に身についています。そのため、企業の社員に対する教育コストも少なくなります。これらの点で、即戦力としての29歳の転職市場は高いといえます。

 

若手の位置付け

29歳は20代で、分類としては若手に含まれます。転職市場の20代前半に対する扱いとは異なるものの、若手としてポテンシャルを期待されます。

まだ伸びしろがある年代となり、ぎりぎり若手といえます。30代と比べると、若手として転職できることが大きな武器です。

 

29歳のライバルは?

同じ20代後半でも、26~28歳の方が若手です。26~28歳で十分な実績を残す方もいるので、若さも加えると29歳の大きなライバルといえます。

他の20代後半と差をつけるためには、専門的なスキルや実績があることが重要です。若さの点では26~28歳に劣るものの、よりハイレベルなスキルや経験・実績があれば、十分にカバーすることができます。

 

29歳の転職のポイントは?

29歳は、1歳上になるともう30代です。若手として転職できる最後のチャンスとなることを意識しなくてはなりません。

転職理由の伝え方は、

  • 相手の期待に合わせて答える
  • 会社ごとにカスタマイズする
  • ポジティブに伝える
  • 人間関係には感謝の気持ちで
  • 転職の決断は終えていると伝える

の5つがポイントです。

これらを踏まえたうえで、本音を伝えましょう。まだ20代としてポテンシャルがあること、経験があることなど、29歳ならではの強みをポジティブに伝えることが重要です。

「ポジティブに」「人のせいにしない」「思慮深く」を徹底する必要があります。

転職理由の伝え方については「転職理由、面接での伝え方の5つのポイント|本音の伝え方を考える」にまとめていますので、併せてご覧ください。

 

29歳と30歳の違いを意識する

一般的に見ると、20代は「若手」、30代は「中堅」です。1歳しか差がなくても、ビジネスシーンで29歳と30歳には大きな違いがあります。

29歳の転職は、若手というイメージを使える最後のチャンスです。経験や実績に加え、若手としてポテンシャルや伸びしろがあることをアピールし、評価を得ることが重要です。

30代の転職活動は、キャリアップなどの側面が強いです。20代よりも経験や実績を評価されるので、若手の転職活動とは異なります。

この違いを意識し、20代最後のチャンスを無駄にしないことが必要です。

 

30歳になって不利になることと有利になること

20代と比較して大きく不利になる点は、未経験職種・異業種へ転職です。30歳では未経験分野への転職は難しく、業界によってはほぼ不可能なケースもあります。

30歳になって有利になる点は、高めの年齢が設定されるポジションに転職しやすいことです。管理職などは30歳以上を基準とする例もあり、30歳の転職として有利に働きます。

経験より年齢に重点を置く企業もあり、この場合も20代より有利です。

 

専門性を求められるがポテンシャルもある程度求められる

29歳はぎりぎり若手です。ポテンシャルや伸びしろを期待されることも多いので、この点はきちんとアピールしましょう。

ただし、20代前半の転職活動とは異なります。29歳として相応の経験や実績も評価されるので、この点を明確にアピールしなくてはなりません。何かしらの実績を出していること、または前職における専門性を磨いていることが重要です。

 

社会人7年間で何をしてきたか

7年間の社会人経験は、20代前半にはないものです。7年間の中できちんとした実績を出す人もいます。

また、実績とまでは言えなくても、7年間の中で学んだ経験があります。キャリアに自信がない方でも、この7年間の仕事の中で学んだことや強みを探してみましょう。

7年間も仕事をしてきたのです。何かしら、自分が役に立つ分野はあります。悲観せずに考えてみましょう。

 

29歳だからこそキャリアに迷ったら相談が必要

29歳は、自分で一通りの判断をできる人材として見られます。20代前半と比較すると、転職活動について1人で判断できると考える方もいます。

しかし、30代を目前にした重要な転職時期だからこそ、キャリアに迷ったら相談する必要があります。

1人で焦って決めてしまうと、キャリアダウンになるおそれもあります。せっかく若手という武器を使える最後のチャンスなので、転職活動は効果的に進めなくてはなりません。

キャリアに迷ったら、一度プロに相談してみましょう。

 

29歳の転職理由は?

29歳の転職では、

  • 30代40代のキャリアを考えたとき、現職を続けていいのか疑問に思う
  • 20代最後の年齢として異業種に挑戦してみたい

といった理由が挙げられます。

いずれも20代最後の年齢という点が強調され、20代と30代以降で捉え方が異なります。

また、20代前半と比較すると結婚している方も多いでしょう。自分の家庭事情と照らし合わせ、もっと待遇の良い会社を希望することも転職理由の1つです。

この場合も、30歳になる前に決めておきたいと考える方は多いです。

29歳の転職理由は、「30歳になる前に」という考えが1つの目安といえます。自分のキャリア、異業種への挑戦、さらには家庭事情など、多くの要素が転職理由と関係しています。

 

転職エージェントを利用する

29歳の転職理由が多様化する中、転職の相談は重要なポイントです。転職エージェントなどのプロに相談することで、効果的な転職活動ができるケースは多いです。

転職サイトから求人を探す方法もあります。ただ、キャリアに対して深刻に悩んでいる場合など、転職エージェントの利用は大きなメリットがあります。

転職エージェントは、面接日程の調整やアドバイス、年収や入社タイミングの交渉など、サポート内容が充実しています。カウンセリングなどもあるので、相談しつつ進めることができます。

 

29歳におすすめの転職エージェント

29歳におすすめの転職エージェントを以下にまとめました。ぜひ参考にしてみてください。転職エージェントそのものについては「転職エージェントとは?比較とおすすめ!転職サイトにはないメリット・デメリット」にまとめていますので、併せてご覧ください。

 

すべての29歳におすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

転職成功実績No.1で、転職エージェントとしては最大手です。約80%は非公開求人となり、その数は10万件以上です。充実した求人数で、転職先の選択肢を広げることができます。どのような転職でも、登録しておいて損はない転職エージェントです。

リクルートエージェントの無料登録はこちら

DODA

こちらも最大級の転職エージェントです。案件数ではリクルートエージェントにやや劣りますが、充実した面接対策や職務経歴書のアドバイスなどに特徴があります。これらのサポートの評判は非常に高く、実践的な部分でサポートを受けたい方におすすめです。

DODAの無料登録はこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントのみで求人を出している大手人気企業が多数存在します。この点が大きな特徴となるので、大手を志望する29歳の方におすすめの転職エージェントです。

マイナビエージェントの無料登録はこちら

パソナキャリア

パソナキャリアでは、転職検討段階の方やキャリアの浅い方にも優しく対応してくれると評判です。転職エージェントの使用にハードルを高く感じる方、まだ検討中の段階で転職エージェントの使用に抵抗を覚える方など、まずはパソナキャリアの利用をおすすめします。

パソナキャリアの無料登録はこちら

 

キャリアに自信のない29歳が相談すべき転職エージェント

ワークポート

IT業界・Web系に強いほか、あらゆる業界に精通した総合転職エージェントです。紹介件数が多く、大手ではすくい取れない案件もあります。また、企業へのプッシュも強いので、キャリアに自信が持てない29歳の方にもおすすめです。

ワークポートについては、以前BraveAnswer編集部が取材した内容をまとめた「初めての転職の人大歓迎!総合転職エージェント「ワークポート」を徹底取材!」も併せて参考にしてみてください。

ワークポートの無料登録はこちら

type転職エージェント

関東限定の転職エージェントですが、大手ではすくい取れない案件が多く、首都圏での案件を探す場合に便利です。また、きめ細かいカウンセリングもあり、キャリアに自信が持てない場合に効果的です。

type転職エージェントの無料登録はこちら

 

キャリアに自信のある29歳が相談すべき転職エージェント

JACリクルートメント

海外転職や外資系にも強い転職エージェント、ハイキャリア転職に強いという特徴があります。30~50代に強みがあり、ミドル~ハイクラス、高年収層に特化しています。

役員や幹部、マネジメント職、専門職などの求人領域が多く、幅広い情報を提供しています。キャリアに自信のある29歳でも使用例が見られます。

JACリクルートメントの無料登録はこちら


カテゴリー