20代の転職

28歳の転職を成功させるためのポイント!未経験は分岐点!女性は?

28歳は、30代と比べるとまだまだ若手で、柔軟性や適応力に優れていると判断されます。一方で、25歳から27歳でしっかりと結果を出しているビジネスパーソンもいますので、転職活動時のライバルは28歳よりも下の世代になります。社会人としての経験を活かしつつ転職活動を進めるのが、28歳の転職のポイントです。この記事では、28歳の転職についてまとめました。

28歳の転職市場価値は?

28歳の方は現場の第一線で数年から10年働いていますので、相応のスキルと経験を持っています。スキルと経験は年配者には敵いませんが、年配者よりも柔軟性と適応力が優れており、伸び代があることが28歳の強みです。

また、マネジメント能力を磨くことで、5年先、10年先の企業の幹部候補としても期待できます。

28歳の方は適応力が高いため、転職をしても新しい環境にすぐに溶け込み、これまでに培ってきたスキルや経験を新しい仕事に活かすことができます。

中途採用を行っている企業は即戦力として活躍できる人材を求めていますので、28歳は転職に理想的な年齢だと言えます。

 

このように、転職市場での28歳の価値は非常に高いため、28歳は転職をするのに理想的な年齢であると言えます。

中途採用を行っている企業は通年募集をしているケースが多いので、28歳の方は時期に縛られずに転職活動をすることができます。

転職を考えている方は日頃からインターネットなどで情報を収集しておき、理想的な企業が見つかったら応募を検討してみましょう。

20代前半はまだまだ未熟で、転職でミスマッチを繰り返すことがありますが、28歳になると相応のキャリアと経験を積んでいるため、ミスマッチを繰り返すようなケースは低いです。

これまでのキャリアやスキルを武器に説得力のあるアピールができれば、理想的な会社に転職できる可能性は十分にあります。

 

即戦力としての価値

28歳になると基礎的なビジネスマナーは当然身についているので、新卒社員のようにビジネスマナーから叩き込むようなことは不要です。

また、自分の判断で臨機応変に仕事を回せる能力も有しており、上司が手取り足取り指導する必要もありません。

新卒社員が戦力になるまでには2年から3年はかかりますが、28歳だと短期間の研修が終わると直ぐに即戦力の人材として現場の第一線で活躍することが出来るので、即戦力の人材を求めている企業のニーズにマッチします。

 

成長余力があるという価値

28歳は即戦力があると同時に、成長余力(伸び代)があることが大きな強みです。

30代や40代になると自分のやり方に固執するようになり柔軟性が乏しくなってきますが、28歳はまだまだ頭が柔らかく、新しいものをどんどん吸収して成長することができます。

また、28歳は適応力が高いという強みもあり、時代の変化や環境の変化に合わせてスキルを磨き、30代になるまでの2年の間にますますの成長が期待できます。

 

25~27歳とどう戦うかが鍵

転職サイトのDODAが実施した「転職成功者の年齢調査」によると、転職成功者の平均年齢は全体で32.1歳(男性32.8歳、女性29.7歳)になっており、28歳は決して転職に遅くない年齢であると言えます。

しかし、25~27歳で既に仕事で十分な実績をあげている方も存在するため、そのような年下で優秀な人材との戦いは圧倒的に不利になります。

よって、28歳の転職では、自分よりも年下の25~27歳とどう戦うかが鍵になってきます。

27歳の転職については「27歳、絶好の転職タイミングで考えるべき3つのポイント」にまとめていますので、併せてご覧ください。

 

28歳は転職エージェントでも需要がある人材

転職エージェントに登録すると、転職エージェントが企業と人材の橋渡し役をしてくれますので、効率の良い転職活動が可能になります。

転職エージェントには幅広い年齢層の方が登録をしていますが、28歳は転職エージェントでも需要が高い人材であり、28歳の方は転職エージェントに登録しておくと転職活動が有利になります。

転職エージェントは無料で登録をすることができますので、複数の転職エージェントに登録することをおすすめします。

転職エージェントについては「転職エージェント全37種の比較|初めての転職、第二新卒、女性、業種、職種ごとのオススメや評判を解説」に詳しくまとめてあります。

 

28歳は転職のラストチャンスなのか?

巷では「28歳転職限界説」「32歳転職限界説」「35歳転職限界説」など、いろいろな説が飛び交っていますが、果たしてこれらの「転職限界説」は本当なのでしょうか?「転職限界説」の真偽を検証してみます。

 

28歳転職限界説はホント?

転職者の平均年齢は全体で32.1歳(DODA調査)であり、30代で転職をしている人が多いので、「28歳転職限界説」は今の時代にはあてはまらないと言えます。

28歳は転職をする時のひとつの目安として考えるべきであり、それほど28歳の年齢にこだわることはありません。

キャリア理論では、20代はスキルの「探索期」、30代はスキルの「確立期」だといわれており、28歳はスキルの探索期をほぼ終え、スキルの専門性を確立するための準備を行う時期に該当します。

即戦力になると同時にポテンシャルを秘めている28歳の人材は企業ニーズも高く、転職を考えるには最適な年齢であると言えるでしょう。

 

32歳、35歳の限界説について

32.1歳が転職成功者の平均年齢ですので、32歳での転職は「限界」ではありません。

32歳になると上司が年下になるケースがありますが、人口構成が変化している今の日本では特に珍しいことではなく、あまり気にする必要はありません。

上司と部下との関係は上下関係ではなく、「マネージャー」と「スペシャリスト」という役割の違いです。

現在の労働市場は深刻な人手不足の状態が続いており、スキルや経験があれば、35歳でも転職することは十分に可能です。転職成功者の4人にひとりは35歳ですので、悲観することはありません。

 

28歳女性の転職は?

女性の初婚年齢は29.4歳(厚生労働省 平成26年人口動態統計月報年計)であるため、28歳女性の転職は結婚という重大なライフイベントの適齢期と重なってしまいます。

企業は中途採用で即戦力のある人材を募集するため、結婚というライフイベントが重なると成長のスピードが鈍ってしまうのではないかと考えます。

そのため、28歳女性の転職は不利になる傾向があります。

しかし、女性の転職成功者の平均年齢は29.7歳ですので、28歳女性の転職は決して遅いわけではありません。

28歳女性の転職を成功させるためには、女性を積極的に採用している企業に応募するなどの工夫が必要になってきます。

女性の転職については「女性の転職は30歳が限界?転職のタイミングとオススメの方法は?」にまとめていますので、併せてご覧ください。

 

女性に強い転職エージェントもある

28歳女性の転職を成功するには、女性の転職に強い転職エージェントが心強い味方になってくれます。

女性の採用に積極的な企業からの求人が多数あり、女性特有の悩みの相談にも乗ってくれますので、ハローワークだけを利用するよりも転職しやすくなります。

女性に特化した転職エージェントには、パソナキャリアやリブスキャリア、ウーマンウィルなどがあり、いずれも登録料は無料ですので、複数の転職エージェントに登録しておくことをおすすめします。

女性に強い転職エージェントについては「女性の転職に強い!おすすめの転職エージェントは?その活用法とは?」にまとめました。

 

年齢よりもスキルで判断すべき

新卒や第二新卒ではスキルや経験が必ず必要というわけではありませんが、28歳の転職では、ある程度のキャリアと経験は必要になってきます。

もちろん、未経験者歓迎の企業もありますので、スキルや経験がなくても転職は可能ですが、25~27歳と比べると圧倒的に不利です。

28歳の転職を成功させるには、身につけているスキルを整理して、スキルを武器に説得力のあるアピールをすることが大切になってきます。

 

28歳の転職時に身につけていると好ましいスキルは?

専門スキル

専門スキルとは、業務を行う際に必要となる専門技術のことです。

専門スキルは携わっている業務によって異なり、プログラマーだとプログラミング技術、営業だとセールススキル、経理だと年次決算の実務経験などが専門スキルになります。

専門スキルはその職種や業界だけで通用するスキルであり、異業種に転職する際には役に立ちません。

 

ポータブルスキル

ポータブルスキルとは、持ち運びができる(ポータブル)スキルのことで、異業種に転職する時でも活用することが可能です。

ポータブルスキルには、提案力やヒアリング力、マネジメント力、社内調整力などがあり、役職に就くと危機管理能力も必要になってきます。

 

28歳の転職を成功させるポイントは?

28歳の転職を成功させるためにはコツが必要になってきます。28歳の転職を成功させるポイントは次の通りです。

 

具体的なキャリアアップを考える

キャリアアップを目的に転職をする際には、キャリアアップについて漠然と考えるのではなく、キャリアアップを具体的にイメージすることが大切です。

例えば、「転職先でどのようなキャリアを重ねていきたいのか」「仕事を通じて何を実現したいのか」「自分が本当にやりたい仕事は何なのか」などを自問自答して、頭の中を整理してから転職活動に臨みましょう。

キャリアアップについては「キャリアアップとは?意味や定義は?転職以外の方法は?」にまとめています。

 

転職を考えたらまずは動く

転職活動はスピードが命です。

20代の最大の武器は”若さ”ですが、何もしないとあっという間に30代になってしまいます。転職は年齢が若いほど有利ですので、転職を考えたらまずは積極的に動いてみることが大事です。

 

職種を考える

未経験で異業種に転職する場合、専門スキルを一から身につけることが必要になるため、30代を目前にした28歳だと少し厳しくなってきます。

28歳の転職では、これまでに体得した専門スキルを活かせる同業種に転職する方が圧倒的に有利です。

どうしても他業種に転職をしたい場合は、営業職やサービス職がおすすめです。営業職やサービス職は慢性的に人材が不足しており、異業種からの転職を歓迎してくれます。

セールススキルはセンスがあればすぐに身に付きますので、入社後すぐに即戦力として活躍できます。営業職は実力の世界ですので、キャリアアップに年齢や学歴はあまり関係ありません。

営業成績が優秀であれば、28歳でも管理職に就くことが可能です。

 

転職エージェントを使う

28歳になると仕事が特に忙しくなり、仕事をやりながら転職活動をするのは時間的に非常に難しくなってきます。

転職エージェントに登録をすると、エージェントが転職活動を代行してくれますので、仕事が忙しい方でも転職活動をすることが可能になります。

28歳の方は転職エージェントからの需要が高く、エージェントは28歳の転職を全面的にバックアップしてくれます。

転職エージェントはいろいろありますが、求人数が多い総合型転職エージェントがおすすめです。20代特化型の転職エージェントもありますので、転職を思い立ったら複数のエージェントに登録をしておきましょう。

 

28歳の転職アピールポイントは?

28歳は実績がないとハンデになる年齢ですので、これまでの実績や体得してきたスキルを積極的にアピールすることが不可欠です。

面接試験の際には自己アピールをすることが必要になるため、これまでの実績やスキルを整理して明確に答えられるようにしておきます。

また、28歳は今後の成長性も重視されるため、面接試験では熱意や成長意欲があることもアピールするようにします。

転職の面接については「面接での転職理由、ポジティブに伝えるだけでは不十分?」にまとめましたので、併せてご覧ください。

 

同職種でキャリアアップの場合

同職種でキャリアアップ転職をする場合には、基本的なビジネススキル(ポータブルスキル)だけでなく、実務経験や実績などの専門スキルもアピールすることが必要です。

同業種でキャリアアップ転職をする際には、パソナキャリアやJACリクルートメント、リクナビNEXTなどの転職エージェントの利用がおすすめです。

 

未経験・異業種への転職の場合

30代になると、未経験・異業種への転職は難しくなるため、28歳は未経験・異業種へ転職をするターニングポイントになります。

未経験・異業種への転職では、専門スキルをアピールすることができないため、ヒアリング力やマネジメント力、社内調整力などのポータブルスキルを積極的にアピールします。

学校に通うなどして専門スキルを身につけるための努力をしている方は、そのことについてもアピールしておきましょう。

未経験・異業種への転職では、熱意とポテンシャルが重視されますので、熱意と成長意欲があることを積極的にアピールすることが大切です。

転職エージェントはリクルートエージェントやDODA(デューダ)が、未経験・異業種への転職におすすめです。

面接での転職理由の伝え方については「転職理由、面接での伝え方の5つのポイント|本音の伝え方を考える」にまとめましたので、併せてご覧ください。

 

28歳の転職で失敗しないために

28歳という年齢は今後の30代や40代を考えるととても大事な時期であると言えます。

未婚の方は結婚についても考える時期ですし、28歳の転職で失敗すると、取り返しがつかないことになる恐れがあります。

転職に失敗して何度も転職を繰り返すと正社員として採用されることが難しくなりますので、入念に準備をしたうえで転職エージェントを利用して、なんとしてでも転職を成功させましょう。

 

28歳の転職で失敗する人の傾向

28歳で転職に失敗する人には、一定の傾向があります。失敗する人の傾向を知っておくと、成功するにはどうすれば良いのかが自ずからわかるようになります。

 

自分のキャリアを過信して企業研究を疎かにしていると、転職後に「こんなはずではなかった」と後悔することになります。

実際に働いている人の口コミなども参考にして、会社の実体を知ってから応募するべきです。

 

年収などの条件面だけを重視して転職先を決めると、お金のためだけに働くということになってしまいます。

仕事はお金を稼ぐことだけが目的ではありませんので、給料などの待遇だけを重視すると、仕事をするのが苦痛になってきます。

 

転職活動では「己を知る」ことが大切です。

自己分析が不十分なままで転職活動を行うと、面接で自己アピールをすることができず、希望する会社に転職することができなくなります。

 

転職活動では、転職エージェントの活用がとても大事になってきます。

転職エージェントのキャリアアドバイザーは転職のプロですので、いつも的確なアドバイスをしてくれます。キャリアアドバイザーのアドバイスや忠告を無視すると、転職に失敗することに繋がります。

 

未経験、異業種へ転職して活躍するには、一日でも早く専門スキルを身につけることが必要です。

専門スキルを身につけるための努力をしていないと、就職してから仕事についていくことができなくなります。

 

今の職場では結婚や出産ができないという転職理由は、あくまでも個人的な事情です。このような個人的な事情を過度にアピールすると、採用担当者から敬遠されます。

 

転職エージェントは転職活動をサポートしてくれますが、重要な決断を下すのは自分自身です。大事な決断を他者に委ねているようでは、転職を成功させることはできません。


カテゴリー