20代の転職

26歳はあらゆる転職が可能である。市場価値、注意点、ありがちな失敗やキャリアアップまとめ!

26歳は、キャリアを積み重ねての転職も、若さを武器にしての転職も可能です。転職市場でも人気で、多くの選択肢を持っています。一方で、キャリアプランを考えずに転職しようとすると、失敗をしてしまう可能性がある年齢でもあります。この記事では、そんな26歳の転職についてまとめました。

26歳の市場価値は?

人材不足が叫ばれている中で、年収アップや待遇改善などを求めて転職をする人は少なくありません。転職をする際には、自分の市場価値の高低によって成否や満足度が変わります。

では、26歳の市場価値はどのくらいなのでしょうか。

 

新卒・第二新卒より経験がある

26歳であれば、すでに社会人として一定の経験を積んでいます。基本的な研修などを受けたうえで、実務に携わった経験は、新卒・第二新卒と比べた際の26歳の価値を高めてくれます。

新卒と第二新卒は年齢にこそ差があるものの、いずれも社会人としての経験には期待できない人材と見なされがちです。26歳であれば、3年程度の社会人経験を積んだ実績が評価されることで市場価値が高まります。

 

30代より若さがある

26歳は、30代の転職希望者と比べて年齢が低いです。経験面では劣ることはあっても、将来性は大きいと考えられます。26歳が転職を検討する際には、若さも魅力の1つになるでしょう。

企業側としては、30代と比べて中長期的に企業に貢献してくれる人材に育てやすいです。即戦力としての魅力はやや不足していても、今後の成長を見込んで採用してくれる可能性があります。

 

25~28歳がライバル

26歳が転職活動をする際には、社会人経験に期待しづらい新卒・第二新卒や、若さが失われつつある30代がメインの競争相手ではありません。ライバルとなるのは25~28歳程度の人材と言えます。

25歳の中には、まだ第二新卒に含まれる人もいます。ただ、すでに社会人を2年経験する中で実績を出していれば、社会人経験にも期待できる人材として26歳のライバルになり得ます。

仕事における実績の差などが明確になってくる年齢層でもあり、社会人として大きな実績を出した人材は強力なライバルです。

 

あなたの市場価値はどれくらい?

自分の市場価値を知る方法はいくつかあります。詳しくは「転職における自分の市場価値とは?市場価値を知る方法は?」にまとめましたので併せてご覧ください。

もし今後年収をあげていきたいと感じているなら、まずはご自身が今どれくらいの市場価値があるのかを知る必要があります。

適正年収は、市場価値を測る尺度の1つです。今後の参考に、ご自身の適正年収を計算してみてください。

 

26歳の転職は遅い?

転職をする年齢は人によって様々です。最初の転職を行う際の平均年齢が約28歳というデータもあり、26歳での転職は遅いとは言えません。ただ、平均が28歳とすれば26歳での転職が早すぎるということもないでしょう。

26歳であれば、新卒入社した会社でのキャリアプランなどが明確になってきているはずです。自分が今の会社で働き続けても明るい未来がなさそうだと感じたら、転職を決断してもよい年齢になります。

また、社会人として一定の経験を積んでいるため、転職市場でも重宝されやすくなります。自分のキャリアプランの都合だけでなく、中途採用を実施する企業側にも一定のメリットがある点でも、26歳での転職は十分可能です。

 

26歳は転職市場で人気

26歳は転職市場で人気が高いです。

理由としては、一定の社会人経験を積んだことで基本的なマナーなどが身についていることに期待できる点が挙げられます。新卒・第二新卒と比べて企業側は研修の手間を省くことができます。

さらに、30代以上の転職者と比べて、26歳は将来性に期待しやすいです。転職先の企業で成長し、有能な人材として活躍してくれる可能性を秘めていることから、転職市場において26歳は貴重な存在と言えます。

 

26歳はあらゆる転職が可能である

26歳はまだまだ若さがあります。そのため、転職先の選択肢も広いです。

現在の業界や職種に満足できていない場合は、未経験の業界や職種に飛び込むことも可能です。30代に入ってしまうと成長できる期間が相対的に限られ、未経験の業種・職種への転職は難しくなっていきます。

逆に、26歳は一定の社会人経験を積んでいることから、経験者としての転職も可能です。現在の職場で習得したスキルや実績を活かしてよりよい条件での転職を検討しやすくなります。

 

26歳で転職するメリットとデメリット

26歳での転職を検討しているなら、メリット・デメリットを把握しておきましょう。転職先に満足できなかったり、転職を見送ったりして後悔することのないよう、しっかりチェックしておいてくださいね。

 

メリット

まず、26歳で転職するメリットとしては、若さを活かして転職先での成長を見込みやすいことが挙げられます。

転職をすることでキャリアプランには少なからぬ変化がもたらされます。26歳であれば変更後のキャリアプランをよりよいものにするための成長期間を取りやすいです。

また、一定の社会人経験を持った人材として転職市場に出られる点も魅力です。第二新卒などと比べて経験にも期待してもらうことができ、有利な条件で転職先を探しやすくなります。

 

デメリット

26歳で転職をする際には、30代の転職者などと比べて経験不足であることは否めません。社会人の経験年数が短いことがあだとなって、経験を重視する企業からの中途採用が難しくなる可能性があります。

また、26歳という若さで転職をするからには明確な理由が必要です。転職先探しの面接でも、転職を希望する理由を問われることがほとんどでしょう。

面接官を納得させるだけの理由がなければ、なかなか転職先が決まらないこともあり得ます。

 

26歳の転職は男女で状況が違う

26歳で転職を考える際には、男女で置かれている状況が異なることも意識しておきましょう。

26歳男性、26歳女性のそれぞれがどのような状況に置かれているかを知っておき、自分の転職活動を進めるうえで参考にしてください。

 

男性の場合

26歳男性の場合、家庭を持つかどうかや、ワーク・ライフバランスをどうするかなどを考える時期と言えます。

結婚を考えているのであれば、家族との生活を意識したうえで、収入や労働時間・通勤時間などを考慮する必要があります。

独身を貫く方針の場合も、社会人として一定の経験を積んだことで、1社で昇進を目指すのか、自らのスキルを磨いて将来は独立を目指すのかなど、キャリアプランを考えながら転職を検討できる時期になっています。

 

女性の場合

26歳女性の場合、結婚・出産・育児などを見据える時期と言えます。出産・育児の際には一時的な休業をしっかりとれるのかどうかなどを意識して、転職するかどうかを考えましょう。

また、結婚をしない場合は独身女性への理解がある職場かどうかをチェックしておきたいところです。

職場で自分がイメージしているライフプランを受け入れてもらえそうにない場合は、26歳という若さのある時期のうちに転職してしまうのも一案です。

即戦力としての期待が高くなってくる前に、成長性を見込める若い人材として転職活動を進めたほうが、希望に合った転職先を見つけやすい可能性があります。

女性の転職については「女性の転職、実態や理由は?結婚や出産がきっかけ?お薦めのサービスは?」にまとめていますので、併せてご覧ください。

 

26歳の転職で考えておくべきことは?

 

26歳で転職をする際には、いくつか考えておくべきことがあります。特に重要なポイント3つを示していますので、参考にしてみてください。

  • 現在の仕事は将来性に期待できるか
  • キャリアアップを思い通りにできそうか
  • 将来を考えた体と心を形成できるか

まず、今の仕事が将来にわたって発展し得るかどうかを考えてください。仕事自体に将来性がない場合は、自分が懸命に働いたとしても暗い未来に至る可能性が高まります。

あわせて確認したいのが、自分のキャリアプランを今の会社で実現できるかどうかです。まずは理想的なキャリアプランを考え、今の仕事を続けることで現実が理想に近づいていくかどうかを判断しましょう。

また、体力面や精神面でも将来の準備ができるかどうかも大切です。結婚や子育てといった重要なライフイベントが控えているのであれば、仕事に対する考え方を整理したり、育児中に体力面で課題が発生しないかをチェックしたりしておく必要があります。

 

26歳で転職する場合の注意点

転職をしたからといって必ずしも今の仕事よりも満足度がアップするとは限りません。転職に失敗するリスクを下げるために、26歳で転職する場合の注意点を確認しておきましょう。

 

異業種・未経験の場合

まず、26歳で異業種や未経験の職種に転職する場合の注意点をチェックします。

異業種へのチャレンジをする際にも、社会人としての経験をある程度アピールすることが望ましいです。

業種が異なっていても、26歳が持っている社会人経験は役立ちます。異業種の企業に転職を希望しているからといって、今の仕事での経験を軽視すると転職市場での魅力度が下がりかねません。

未経験の職種に転職するのであれば、さらなる転職で職種変更をすることは難しくなると考えておきましょう。

頻繁に職種を変更するとなると、キャリアプランを考えていない人材だと考えられがちです。中長期的に会社に貢献してくれる人材とはみなしづらくなり、職種を変える転職で成功を繰り返すことは困難です。

 

同業種の場合

26歳で同業種に転職する場合の注意点は、今の職場での経験や実績を面接などでしっかりアピールすることです。同業種に26歳が転職する際には、社会人経験が大きな強みになります。新卒・第二新卒などと差別化を図る上でも、経験・実績のアピールは欠かせません。

また、若さのある年齢であることを踏まえて、条件面で安易な妥協をしないようにしましょう。一定の経験・実績に加えて将来性も見込める人材には、高い価値を見出してくれる企業があると考えられます。

年収や福利厚生などの待遇に満足できない場合は、他の転職先を探すことも検討してみましょう。

 

26歳の転職にありがちな失敗

転職には成功者もいれば、失敗者もいます。失敗者にならないために、26歳の転職でありがちな失敗をチェックしておきましょう。

ありがちな失敗の代表例は、今の職場への不満を主な転職理由としてしまうことです。

確かに転職を検討しているのであれば、今の職場に何らかの不満があるケースもあるでしょう。しかし、26歳という若さを考えると、前向きな転職理由を持たないと中途採用に至る可能性が下がってしまいます。

今の職場から逃げ出したいために転職を考えるだけであれば、好ましくない条件でも転職先を決めてしまいがちです。

結局、転職先でも不満が大きくなり、さらに転職を繰り返すという負のスパイラルにはまるリスクが高まります。

転職理由については、「転職理由、面接での伝え方の5つのポイント|本音の伝え方を考える」にまとめていますので、併せてご覧ください。

 

26歳は公務員への転職もできる

26歳であれば、民間企業だけでなく公務員への転職も可能です。そこで、26歳で公務員に転職する際の注意点や、転職方法などをチェックしてみましょう。

 

注意点

26歳で公務員への転職を目指す場合は、公務員試験対策をどのように進めるかに注意が必要です。

今の会社で仕事をこなしながら対策を進めるとなると、学習時間が限られてしまいます。一度会社を辞めて専門学校に通うなどの方法もありますが、収入やキャリアが途絶える点はマイナス材料です。

また、多くの自治体では公務員試験の受験年齢に上限を定めています。26歳であれば公務員試験にチャレンジできる残り回数が限られているケースも少なくありません。

一度で合格できるとは限らないことを考えると、26歳で公務員への転職を目指す際には制限年齢までに試験に合格できないリスクを考えておきましょう。

 

公務員になるためには?

公務員になるためには、公務員試験対策が欠かせません。そこで、今の仕事を続けながら対策をするのか、仕事を辞めて試験対策に集中するのかを決める必要があります。

仕事を続けながら公務員試験対策をする際には、自治体が定める制限年齢までに公務員試験を突破できないリスクが高まります。

仕事を辞めると学習時間は確保しやすくなりますが、収入が途絶える間の生活費などを工面できるかどうかを考えることが必要です。

公務員への転職については「第二新卒で大手企業や公務員へ転職方法を知る。時期や募集人数は?」にまとめていますので、併せてご覧ください。

 

企業が26歳の転職者に望むことは?

転職を成功させるには、中途採用に取り組んでいる企業側の視点も知っておくと良いです。そこで、企業が26歳の転職者に望むことを見てみましょう。

26歳は若さをアピールすることができます。ただ、若さだけであれば新卒や第二新卒の方が魅力的です。企業が中途採用を実施する意義を考えると、即戦力としての役割をある程度果たせることが求められていると言えます。

自分が持っている能力や、今の仕事での経験をしっかりアピールできれば、企業側が26歳の転職者に求める内容をクリアしやすくなるでしょう。

 

26歳の転職をスムーズに行うために

転職に焦りは禁物ですが、長期化するとキャリアプランが崩れかねません。今の仕事に支障が出てくることもありえます。そこで、26歳の転職をスムーズに行うためのコツを整理しておきましょう。

 

転職に詳しい相談相手を見つける

まず、転職に詳しい相談相手を見つけてください。

具体的には、転職活動に詳しい人や、転職を希望している業界・職種の知識が豊富な人に相談できると安心です。

26歳では転職経験がない人が多いです。転職に詳しい相談相手を見つけることで、転職を成功させやすくなります。

そもそも転職が必要なのかどうかや、自分がどのような業界・職種に向いているのかなどについてもアドバイスを受けられるとよいです。

複数の相談相手を見つけて、多様な角度から転職について考えてみてもよいでしょう。

 

求人をたくさん見つける

転職をスムーズに進めるためには、多数の求人を見つけることが望ましいです。多くの求人に触れることで、自分の希望に合った転職先と出会いやすくなります。

転職エージェントに登録したり、インターネットの検索結果や広告を活用したりしながら、求人と接する機会を増やしていきましょう。

求人をチェックすることで、自分が仕事に何を求めているのかをイメージしやすくなり、キャリアプランを明確に描けるようになることも考えられます。

 

26歳はキャリアアップの転職の第一歩

転職をする際には、年収アップに期待している人も多いでしょう。転職で年収アップを実現しやすい年齢は20代後半というデータもあります。26歳はキャリアアップにつながる転職の第一歩を踏み出す年齢と言えます。

キャリアプランを踏まえたうえで転職先探しを進めることができれば、将来的に魅力的なキャリアを積みやすくなるでしょう。

 

また、26歳で転職をすれば、転職先でじっくりと実績を積み重ねることも可能です。40代などで再び転職をする際にも、26歳のうちから実績を積み重ねておけば大きなアピールポイントにすることができます。

定年まで同じ企業に勤め続けるのではなく、将来的に転職をしたいと考えているなら、26歳のうちからキャリアアップの第一歩として転職を考えてみてはいかがでしょうか。

 

26歳は一定の社会人経験と若さを兼ね備えた年齢です。そのため、あらゆる転職が可能です。転職市場においても将来性に期待できることなどから企業側に重宝されやすいでしょう。

ただし、安易な理由で転職をするとキャリアプランが崩れたり、転職先で不満を抱えたりするリスクがあります。

結婚や子育てといったライフイベントの予定や、自分のキャリアプランを意識しながら、転職するかどうかや転職先をしっかり検討しましょう。


カテゴリー