IT

プログラマーの種類は?必要となる言語は?

プログラマーにも様々な種類がある?

主なプログラマーの種類

  1. Web系
  2. ゲーム
  3. スマホアプリ
  4. 業務系
  5. 組み込み系
  6. パッケージソフト系
  7. オープン系
  8. 汎用系
  9. 通信系

プログラマーにはWebプログラマーやゲームプログラマー等の様々な種類があり、使用するプログラミング言語や要求される能力が違ってきます。

よって、就職活動を行う際には、就職後はどの種類のプログラマーとして活躍したいのかを明確にしておくことが必要です。

主なプログラマーの種類と使用するプログラミング言語は下記の通りです。

 

1.Web系

Web系のプログラマーは、Webサイトで動作するWebアプリやWebサービス等のプログラミングを行います。

主に使用する言語はHTMLやCSS、JavaScriptなどで、サーバサイドではJavaやPHP、Rubyなどを使用します。

 

2.ゲーム

ゲームプログラマーは文字通り、ゲームを制作するプログラマーのことで、スマホゲームやソーシャルゲームなどを制作することになります。

ゲーム制作に必要なプログラミング言語には、CやC#などがあります。

 

3.スマホアプリ

スマートフォンのアプリケーションを制作するプログラマーのことです。

スマホアプリ開発ではSwiftとJavaが不可欠で、iOSアプリの開発ではObjective-Cも必要になってきます。

 

4.業務系

業務系のプログラマーは、企業が日頃行っている業務の効率化を図れるアプリケーションの開発を行います。

業務系で使用されるプログラミング言語にはJAVAやVB、C#などがあり、WEBシステムを手がける場合はJavaScriptも必要になります。

 

5.組み込み系

組み込み系のプログラマーはエンベデッド系プログラマーと呼ばれており、家電製品やスマートフォンなどの組込みシステム開発を行います。

組み込み系ではC言語が使われることが多く、C++やJavaが使われる場合もあります。

 

6.パッケージソフト系

表計算ソフトや会計ソフトなど、パソコンにインストールして使用するソフトウェアの開発を行うプログラマーのことです。

パッケージソフト系ではCやC++、VB、Javaなどが使われることが多いですが、それ以外にも多種多様な言語が使用されます。

 

7.オープン系

Web系と共通する部分が多いですが、主にクライアント・サーバーシステムの構築を手掛けます。

主に使用する言語はCやJava、C++、VBなどで、データベースではOracleやSQLServer、PostgreSQLなどが使われます。

 

8.汎用系

メインフレームやオフコンなどのクローズドなシステムを構築するのが汎用系のプログラマーです。

主に使用する言語はCOBOLで、COBOLのスキルがないと汎用系のプログラマーにはなれません。

 

9.通信系

通信系のプログラマーは、ネットワーク機器やテレビ会議システムなどの通信に関連するプログラミングを行います。

通信系で主に使用するプログラミング言語は、CやC++やJavaなどです。

あわせて読みたい

カテゴリー