IT

プログラミング初心者におすすめの言語は?選び方や職業は?

プログラミングを学んで就ける職業は?

転職エージェント,マスコミ

プログラミングを学んで就ける職業

  1. Web系プログラマー
  2. オープン系プログラマー
  3. インフラ系プログラマー
  4. ネットワーク系プログラマー
  5. その他

プログラミングはさまざまな業界で必要とされる技術です。

メーカーやサービス、システム構築やテストなどプログラマーの守備範囲は広大です。

どのような業界のどのようなシステム構築に携わりたいのかをイメージすると、職業が明確になります。

 

1.Web系プログラマー

Web系プログラマーは、Webサイトのプログラミング構築がWeb系プログラマーの主な仕事です。

システムエンジニアが設計した仕様書をもとに、Webサイトを開発します。

そこには、閲覧するクライアントサイドとサーバーサイドの2つのプログラムが関わります。

よくあるショッピングサイト画面での操作の流れは、Web系プログラマーの作品です。

 

2.オープン系プログラマー

オープン系プログラマーは、アプリ開発やプログラム開発などを受け持っています。

「ソフトウェア」「ハードウェア」「ネットワーク」「データベース」といった広範囲の作業を担当するため、知識やプロジェクトリーダーとしての統括能力も必要です。

 

3.インフラ系プログラマー

インフラ系プログラマーとは、企業活動を支えるサーバー・データベースを担当し、運用や保守、点検を行います。

サーバーエンジニアとデータベースエンジニアに分かれ、ネットワーク関連資格保持者の場合は収入で有利になります。

サーバーエンジニアは、サーバー機器構築と運用保守をします。

データーベースエンジニアは、データの整理や瞬時のデータやりとりのためのシステム構築と運用が仕事です。

 

4.ネットワーク系プログラマー

ネットワーク系プログラマーの仕事は、ネットワークの構築や保守管理です。

その中でセキュリティエンジニアはサイバー攻撃に対応するシステム設計を担当し、トラブル発生での対処を行います。

ネットワークエンジニアの特徴は1人で設計から保守点検まで完結できることです。

セキュリティエンジニアの場合は、クライアントと情報交換することが多く、コミュニケーション能力も問われます。

 

5.その他

その他には、クライアントの要望を取り入れ設計や管理を行う「システムエンジニア」、システム導入のプレゼンやアフターケアを行う「セールスエンジニア」、システム管理から開発を行いマネジメントする「プロジェクトマネージャー」、企業が必要とするIT環境を提案・改善を行う「ITコンサルタント」などがあります。

 

プログラミング言語の選び方

機会損失とは

プログラム言語は200~750種類と数が多いです。

その中で目的に合ったものを選ぶのが鉄則です。

初心者の場合は、途中で挫折すると今までの時間や費用が無駄になるので、汎用性が高く易しい言語を選ぶのが挫折しないためのポイントです。

 

代表的なプログラミング言語は?

代表的なプログラミング言語

  1. Java
  2. PHP
  3. JavaScript
  4. C言語

代表的なプログラム言語は、「Java」「PHP」「JavaScript」「C言語」の4つです。

 

1.Java

Javaはゲーム開発やコンピューターグラフィックス、スマホアプリなど世界中で使われている言語です。

多少複雑な言語ですが、プログラミングの基礎力を身に着けるには最適の言語になります。

企業の研修では必須で、仕事に生かしたいならぜひ習得しましょう。

 

2.PHP

独学するならPHPといわれるほど人気の高い言語です。

Webサイト作成用で使われ、文法は簡単で易しいのが特徴です。

今では、「Webプログラミング=PHP」というレベルまで普及しています。

アプリを早く正確に作成するフレームワークが日々作られています。

 

3.JavaScript

Java Scriptは、Webページ上で動きのある部分を担当します。

プログラマーに人気があり、デザイン系や動的Webコンテンツ作成を目指すなら、ぜひ習得した方がいいでしょう。

 

4.C言語

WindowsやLinuxといったOSはC言語で制作されています。

つまりITの基本はほとんどC言語で構成されているといっても過言ではありません。

難解な部分が多いのですが、現役プログラマーのほとんどが知っている言語です。

 

初心者におすすめのプログラミング言語

初心者におすすめのプログラミング言語

  1. Python
  2. PHP
  3. Ruby
  4. Java
  5. JavaScript

プログラミング初心者が習得すべき言語を5つ紹介します。

 

1.Python

関数型の言語で、理工系の初心者には人気の高い言語です。

Webサービスの開発・システム開発での将来性も高く、人気が高まってきています。

読みやすいソースが気に入れば、ぜひ始めたい言語のひとつです。

 

2.PHP

Webサイト作成用の言語です。

Java Scriptと同様「動く部分」に特徴があります。

文法もシンプルで、ソースコードも容易なため、初心者にはうってつけの言語でしょう。

大手企業のシステムにも採用されています。

3.Ruby

純国産のプログラム言語で、海外でも人気の言語です。

シンプルなソースコードが人気で「Ruby on Rails」は初心者向けの言語としても適しています。

 

4.Java

世界で最も汎用性の高い言語で、さまざまな業界で使われます。

初心者が独学するには難解なため、スクールで習得するのが早道でしょう。

 

5.JavaScript

Webサイトでは動的部分を担当するため、Webサービスには欠かせない言語です。

プログラマーの需要が多いのですが、PHPを先に習得してから独学したほうが良いでしょう。

 

おすすめのプログラミングスクール

以下におすすめのプログラミングスクールをまとめました。

ご紹介しているすべてのサービスで、「無料カウンセリング」「無料説明会」「無料体験」のいずれかを実施しているので、もし迷ったら無料で参加して比較してみるのもおすすめです。

スクール 特徴
Tech Boost プログラミングの基礎だけでなく、ブロックチェーン・AI・IoTコースなどの最先端技術も学べる
WebCamp 教室が11時~22時まで使えるなど学習環境が整っており、文系出身未経験者でもわかりやすい内容になっている
WebCampPRO WebCampの強化版。実践カリキュラムと就職・転職サポートを受けられる
TECH::CAMP 5000回以上改良を加えたオリジナルテキストが魅力で、VR・3Dゲーム開発など他のスクールにはない技術が学べる
TechAcademy プログラミングからデザイン、マネジメントまで、エンジニアに必要なスキルを幅広く学べる
CodeCamp ビデオ通話によるオンラインレッスンで、世界中どこにいても受講できるのが魅力
あわせて読みたい

カテゴリー