IT

エンジニアの平均年収は?未経験でも年収を上げられる?

エンジニアの年収は?

平成29年度の「民間給与実態統計調査」によると、情報通信業の平均年収は約574万8000円、業種の平均年収は約421万6000円となっています。

この統計では、情報通信業は平均より約153万円高い年収額となります。エンジニアの年収も、全業種の平均と比較すると高い可能性があります。

Tech総研によると、年代ごとのエンジニアの平均年収は20代後半が495万円、30代前半が526万円、30代後半が636万円、40代前半が712万円です。

特に30代前半から後半にかけての増加が目立ちます。

これらの数値は平均年収の差になるため、人によってはさらに増加するケースもあります。

 

年代別のエンジニアの年収

20代 346万円
30代 455万円
40代 661万円

dodaの平均年収ランキング2017によると、年代別に見た平均年収は上記のようになります。

この結果によると、20代から40代で300万円以上増加しており、特に30代と40代で差が大きくなります。

また、平均年収.jpによると、20代から40代で見た年代別のエンジニアの平均年収は、以下のようになります。

年齢 平均年収 平均月額給与 ボーナス
20~24歳 373.9万円 23.4万円 93.5万円
25~29歳 465.8万円 29.1万円 116.4万円
30~34歳 511.7万円 32.0万円 127.9万円
35~39歳 583.8万円 36.5万円 146.0万円
40~44歳 656.0万円 41.0万円 164.0万円
45~49歳 734.7万円 45.9万円 183.7万円

dodaの数値と比較すると、エンジニアの年収アップ額は、他業種より高い可能性があります。

20代

20代前半と後半で100万円近くの差が見られます。

スキルなどで差がつきやすい時期といえます。

 

30代

30代後半は前半から着実に増加し、20代後半より100万円以上増加します。

スキルアップなどで着実に年収を上げていく時期です。

 

40代

30代よりも増加額はやや高く、40代後半は20代前半から300万円以上増加します。

人によっては400万円を超えて増加する場合もあるでしょう。

 

エンジニア未経験の場合の年収は?

エンジニアは特に技量が重要視されます。

未経験でも技量を高めることができれば、エンジニアとして評価されることになります。

その場合に、通常のエンジニアと同等の年収を得るケースもあります。

一方で、会社の規模や形態によって差が出るケースも多く見られます。

大手企業では年収が高く、下請け会社や孫請け会社などは年収が低い傾向が見られます。

これらのケースは未経験かどうかではなく、会社の規模や形態に大きく左右されます。

そのため、未経験だから低いと考えられるわけではありません。

未経験の場合、大手企業に転職することが難しいというケースはあります。

その場合に、年収額が低くなる可能性はあります。

しかし、未経験で中小企業やベンチャー企業へ入社したのち、経験を積んで技量を高め、大手企業へ転職するというパターンもあります。

これは、着実なステップアップによって年収を上げる例の一つです。

未経験だから低いわけではなく、未経験で大手に入れなければ低いままとなるわけでもありません。

会社の規模や形態、ステップアップの段階や流れなど、総合的に判断する必要があります。

 

各種エンジニアの年収

エンジニアの職種別の年収として、「通信インフラ設計・構築」「コンサルタント」「研究、特許」「システム開発(Web・オープン系)」を例に挙げます。

 

通信インフラ設計・構築

通信環境の設備を行うエンジニアは、パソコンなどのインフラ設計・構築を行います。

インターネットのさらなる発展により、今後も業務範囲は拡大すると思われます。

Tech総研によると、通信インフラ設計・構築の年収(30代前半)は、通信インフラ設計・構築(キャリア・ISP系)が543万円、基盤・インフラが575万円です。

 

コンサルタント

ITコンサルタントは、顧客のニーズに沿ったシステムの提案を行います。

Tech総研によると、コンサルタント、アナリスト、プリセールスの年収(30代前半)は652万円で、エンジニアの他業種より高い傾向があります。

 

研究、特許

技術における研究者は、IT業界の拡大とともに幅広い分野で研究領域が見られます。

Tech総研によると、研究、特許の年収(30代前半)は、ソフト系(研究・テクニカルマーケティング・品質管理ほか)が579万円、ハード系(研究、特許、テクニカルマーケティングほか)が563万円とされています。

 

システム開発(Web・オープン系)

システム開発は、主にweb系とオープン系に分けて考えることができます。

Webエンジニアはサイトのアプリケーションやシステムの開発・構築など、オープン系エンジニアは複数の機器やシステムの組み合わせによって構築されるシステム(オープン系)の構築や管理を行います。

Tech総研によると、システム開発(Web・オープン系)の年収(30代前半)は、512万円です。

 

扱う言語でエンジニアの年収は変わる?

「スタンバイ」の「プログラミング言語別平均年収ランキング2017」によると、言語別のエンジニアの年収は、「Scala」が626万円で1位、「Python」が601万円で2位、「Kotlin」が577万円で3位となります。

Scalaはオブジェクト指向と関数型を統合した柔軟性の高い言語で、今後はさらに需要が増加するものと思われます。

Pythonは文法がシンプルで、誰が書いても同じになりやすい点が特徴です。

KotlinはGoogleのAndroidチームが公式言語として加え、注目されています。

 

30代でエンジニアの年収は変わる?

Tech総研によると、30歳での最高年収は820万円、最低年収は200万円、35歳での最高年収は1500万円、最低年収は150万円となり、30歳で520万円の差、35歳で1350万円の差が生じています。

 

ソフト系

ソフト系の30代前半の平均年収は525万円です。

最高額は「プロジェクトマネジャー」の733万円、最低額は「運用、監視、テクニカルサポート、保守」の477万円で、その差は256万円です。

「システム開発(Web・オープン系)」の最高額は1350万円、最低額は150万円で、1200万円もの差があります。特に年収格差が目立つ職種です。

 

ハード系

ハード系の30代前半の平均年収は519万円です。

最高額は「半導体設計」の569万円、最低額は「運用、監視、テクニカルサポート、保守」の350万円で、その差は219万円です。

「生産技術、プロセス開発」と「サービスエンジニア・FAE」は最高額が1500万円、最低額は200万円で、1300万円もの差があります。

 

エンジニアの年収の差はどこでつく?

年収の差はどこでつく?

  • 会社の規模
  • 総合的なビジネススキル

エンジニアの年収は、会社の規模やスキルによって差が生じます。

エンジニアはスキルが年収面に大きく関係し、会社できちんとスキルを活かせるかどうかが大切です。

 

会社の規模

Tech総研によると、システム開発(Web・オープン系)を例に会社の規模で30代前半の年収を比較すると、国内大手が570万円、国内ベンチャーが513万円、国内中小が526万円です。

30代後半では国内大手が705万円、国内ベンチャーが624万円、国内中小が565万円とされています。

30代で特に差が生じ、大手企業の年収が高い傾向が見られます。

 

総合的なビジネススキル

キャリアコンパスの「最新版20代の平均年収ランキングTOP100」によると、職種別エンジニアの年収はITコンサルタントが459万円、プロジェクトマネジャーが454万円、研究開発(IT/通信)が420万円、サーバーエンジニアが401万円、社内SEが389万円で上位5位となります。

スキルや職種によって年収に差が生じやすいことがわかります。

 

エンジニアの年収が高い企業は?

エンジニアの年収が高い企業には、次のような例が挙げられます。

・野村総合研究所
・三菱総合研究所
・日立製作所
・東芝
・富士通
・大塚商会
・日本商業開発
・日本オラクル
・新日鉄住金ソリューションズ
・伊藤忠テクノソリューションズ
・日本ユニシス
・ドウシシャ
・ジャストシステム
・オービック
・データ・アプリケーション
・エックスネット
・インフォコム
・ネットワンシステムズ
・ユナイテッド
・楽天
・サイボウズ
・CYBERDYNE
・NTTデータ
・日本電気NEC
・ODKソリューションズ
・TIS
・KLab

 

外資系企業のエンジニアは年収が高い?

外資系企業は年収が高い傾向があります。

例として日本マイクロソフトやGoogleジャパンなどが挙げられます。

一般的に外資系企業は福利厚生等がなく、その分年収額は高めに設定されます。

また、成果主義が強いことも特徴です。

特にスキルが重要視されるエンジニアは、成果主義の外資系企業で年収が高いと考えられます。

 

大手企業のエンジニアは年収が高い?

先ほども見たように、大手企業の方がエンジニアの年収が高い傾向があります。

ベンチャーと中小は一概には言えませんが、大手企業と比較すると年収は低い傾向が見られます。

例えば、上流工程と下請けを比較すると、上流工程は大手企業となり、年収も高くなります。一次請けになるほど年収が高い傾向があるといえます。

 

エンジニアで年収1000万円は可能?

エンジニアで年収1000万円を目指す場合、フリーランスで安定して案件を受託するなどの方法が考えられます。

企業に勤める場合は難しい傾向がありますが、フリーランスで安定して専門性の高い業務をこなすことができれば、可能性は高いといえます。

 

エンジニアが年収を上げるには?

エンジニアで年収を上げるには、転職、フリーランス、経営者、技術力向上などの選択肢が考えられます。

 

転職

現職で自分のスキルに合った給料をもらえない場合、転職によって年収を上げることを目指す例が見られます。

スキルが給料に反映されやすい企業、スキルアップがしやすい企業など、転職先によっては年収を上げることが可能です。

また、近年のIT業界の拡大により、ITエンジニアの需要は増加傾向です。

中途採用で募集する企業も多く、高めの年収を提示する例も見られます。

 

フリーランス

先ほども述べたように、フリーランスで専門性の高いスキルをもとに安定して案件を受注できれば、高めの年収を期待することもできます。

また、チームではなく自分個人のスキルとして評価されやすいので、そのまま収入につなげることもできます。

 

経営者

近年、エンジニアの経営者の増加も見られます。

多様化するIT業界では、他業種と比較するとオリジナリティが生まれやすいといえます。

何か特別にオリジナリティのあるアイデアがあれば、経営者として活動するという選択肢も十分に考えられます。

例えば、アップル社の共同設立者のスティーブ・ジョブス、スティーブ・ウォズニアック、Facebookの共同創業者のマーク・ザッカーバーグといった経営者は、それぞれオリジナリティのあるアイデアをもとに、創業しています。

 

技術力の向上

エンジニアにとっては、技術力・スキルは収入に大きく関係します。

技術力の向上は仕事の増加につながり、仕事の幅が広がれば年収アップにつながります。

技術力の向上のためには、積極的に勉強をする姿勢が大事です。

変化の激しいIT業界の最新情報を把握し、必要なものはきちんと学ぶ姿勢が技術力につながるといえます。

あわせて読みたい

カテゴリー