IT

システムエンジニアの平均年収は?高いのはなぜ?1000万円稼げる?

システムエンジニアの給与は?

システムエンジニアの給与はやや高めとされています。

技術職でもあり専門職でもあるため、一般職よりも給与が高いと考えられます。

また、情報化・IT社会が進む中、システムエンジニアの仕事は必要不可欠となっており、必要性が増していることも給与が高めの理由の1つと言えます。

ただ、納期が近くなると残業が多くなり、仕事量には波があります。仕事内容や給与には個人差があり、優秀なエンジニアであれば20代でも年収800万円を超える場合もあります。

 

システムエンジニアの平均年収は?

平成28年の給与統計によると、システムエンジニアの平均年収は592万円となっています。

ただ、システムエンジニアは年収に個人差があるため、優秀なエンジニアであれば20代でも年収800万円を超えているケースがあります

不況な中でもシステムエンジニアの年収は他業種ほど大きな減少がなく、人気の業種となっています。

以下に、システムエンジニアの各指標別の年収をまとめました(いずれも「賃金構造基本統計調査」を参考にしています)。

システムエンジニアの年収表一覧

  • 企業規模別
  • 年齢別
  • 男女別
  • 役職別
  • 業種別
  • 都道府県別
  • 男女別、経験年数別

 

システムエンジニアの平均年収、企業規模別

企業規模 年収 月収 ボーナス
10人~99人 487.8万 35.6万 60.6万
100人~999人 533.2万 36.4万 96.4万
1000人以上 695.5万 45.4万 150.7万
合計 592.8万 40.1万 111.6万

 

システムエンジニアの平均年収、年齢別

年齢 平均年収 平均月額 ボーナス
20~24歳 373.9万円 23.4万円 93.5万円
25~29歳 465.8万円 29.1万円 116.4万円
30~34歳 511.7万円 32.0万円 127.9万円
35~39歳 583.8万円 36.5万円 146.0万円
40~44歳 656.0万円 41.0万円 164.0万円
45~49歳 734.7万円 45.9万円 183.7万円
50~54歳 787.2万円 49.2万円 196.8万円
55~59歳 780.6万円 48.8万円 195.2万円
60~65歳 531.4万円 33.2万円 132.8万円

 

システムエンジニアの平均年収、男女別

性別 平均年収 平均月収 ボーナス
男性 610.6万円 41,2万円 116.2万円
女性 494.4万円 33.9万円 94.2万円

 

システムエンジニアの平均年収、役職別

役職 平均年収 平均月額給与 ボーナス
主任 562.8万円 35.2万円 140.7万円
係長 700.6万円 43.8万円 175.2万円
課長 925.7万円 57.9万円 231.4万円
部長 1,023.4万円 64.0万円 255.8万円

 

システムエンジニアの平均年収、業種別

職場 システムエンジニアの年収
建設業 758.9万円
製造業 661.1万円
情報通信業 1182.9万円
運輸業・郵便業 408.1万円
卸売・小売業 770.4万円
金融・保険業 1664.3万円
学術研究・専門・技術サービス業 990.4万円
宿泊業・飲食サービス業 448.8万円
生活関連サービス業・娯楽業 574.0万円
教育、学習支援業 1057.2万円
医療・福祉 878.2万円
その他 458.5万円

 

システムエンジニアの平均年収、都道府県別

都道府県 平均年収
北海道 590.4万円
青森 524.8万円
岩手 590.4万円
宮城 656.0万円
秋田 524.8万円
山形 590.4万円
福島 590.4万円
茨城 656.0万円
栃木 656.0万円
群馬 656.0万円
埼玉 590.4万円
千葉 656.0万円
東京 918.4万円
神奈川 721.6万円
新潟 590.4万円
富山 590.4万円
石川 656.0万円
福井 656.0万円
山梨 590.4万円
長野 656.0万円
岐阜 590.4万円
静岡 656.0万円
愛知 721.6万円
三重 656.0万円
滋賀 656.0万円
京都 656.0万円
大阪 787.2万円
兵庫 656.0万円
奈良 656.0万円
和歌山 590.4万円
鳥取 590.4万円
島根 590.4万円
岡山 656.0万円
広島 656.0万円
山口 656.0万円
徳島 656.0万円
香川 590.4万円
愛媛 590.4万円
高知 590.4万円
福岡 656.0万円
佐賀 524.8万円
長崎 590.4万円
熊本 590.4万円
大分 590.4万円
宮崎 524.8万円
鹿児島 590.4万円
沖縄 524.8万円

 

システムエンジニアの平均年収、経験年数別

男性のシステムエンジニアの経験年数別平均年収

経験年数 平均年収
0 322.3万円
1-4 406.4万円
5-9 481万円
10-14 521.2万円
15- 597.1万円

女性のシステムエンジニアの経験年数別平均年収

経験年数 平均年収
0 296.4万円
1-4 374.3万円
5-9 464.8万円
10-14 458.6万円
15- 510.1万円

 

システムエンジニアの平均年収が高いのはなぜ?

システムエンジニアの年収が高い主な理由

  1. IT業界が全体的に人手不足である
  2. 専門的な内容なので簡単に参入できない
  3. 残業が多い
  4. 成果が年収につながりやすい

 

1.IT業界が全体的に人材不足である

IT業界は社会が急激にIT化したことにより業種が広がったため、人材が足りていないと言われています。そのため、高い給与を払ってでも人材を獲得したいという企業が多くなっています。

 

2.専門的な内容なので簡単に参入できない

2つめの理由として、システムエンジニアは専門的な知識と技術を必要とするために、参入が難しいからとされています。企業が参入しにくい業種は比較的給料が高くなります。

 

3.残業が多い

システムエンジニアは納期が近くなったり、多忙期には残業が多くなったりします。残業手当が出る分、残業が多いことも年収が高い理由となります。

 

4.成果が年収につながりやすい

システムエンジニアの仕事は成果が年収につながりやすいのが特徴です。

成果が年収アップにつながりやすいことも、システムエンジニアの年収の高さの要因の1つです。重要な案件や大きなプロジェクトに参加できれば給料は上がりますし、その経験が次回以降の仕事にも評価されます。

 

システムエンジニアの年収を決める評価基準は?

システムエンジニアの年収を決める評価基準は会社によって違います。ただ、成果主義の傾向がある職業なので評価基準を理解しておくことは大変重要です

会社によって違うと言っても、評価基準は大まかに分けると2種類です。

大まかな評価基準のタイプ2種類

  1. スキルレベルの評価基準
  2. 成果主義の評価基準

1.スキルレベルの評価基準

スキルレベルの評価基準を持つ会社ではスキルを評価するスキルシートや、業務評価表のようなものが作られます。スキルレベルの評価基準を持つ企業では、スキルシートや評価表に基づいて給与が増減するという形式を取ることが多いです。

スキルレベルの評価基準を持つ会社で評価されるためにはスキルを上げることはもちろん必要です。その他にも会社がエンジニアに求めているスキルや仕事を理解した上で、熱心に取り組んでいることを上司にアピールしていくことが大切です

 

2.成果主義の評価基準

成果主義の評価基準を持つ会社ではプロセスなどではなく、出した成果に応じて給与が増減します。

成果というのは、会社の売上や利益に繋がるものが多いです。システムエンジニアの成果は営業などと比べ少し曖昧になってしまうため、会社が求める成果を考えながら働くことが大切です

 

非正規雇用のシステムエンジニアの給与は?

システムエンジニアの中にも、非正規雇用(パートやアルバイト)で働いている方もいます。

雇用形態は非正規雇用でも、システムエンジニアには専門的な知識と技術が求められるため、他の非正規雇用よりも給料が高いです。

求人サイトでは、時給にして1200円から高いものは5000円程度までの募集があります

非正規雇用でも求められるスキルや経験に応じて時給が変動しているので、スキル・経験が豊富な人ほど給与が高くなります

 

フリーランスのシステムエンジニアの給与は?

フリーランスのシステムエンジニアとは、特定の企業や集団に属さず、独立して事業をするシステムエンジニアのことです。

独立してシステムエンジニアとして働いていくには様々な人脈、業界の流れ、スキルなど実に様々なものを掴んでいなければなりません。

そんなフリーランスのシステムエンジニアの給与には、やはり個人差があります。成果主義の風潮があるシステムエンジニアという職業でフリーランスなので、給与には大きな差が出てきます。

フリーランスのシステムエンジニアの年収は残業代を含め、下は500万円から上は1000万円超えまで幅広いです

 

システムエンジニアの年収に差がある理由は?

システムエンジニアの年収に差があるのは実力主義的な側面が強いためと言えます。

前述したように、システムエンジニアの給与体系にはスキルや成果を評価する方式が組み込まれています。

大きなプロジェクトや重要な案件に参加できれば、次回以降も参加できる可能性が上がります。経験やスキルが重要視される職業なため、給与の差も経験やスキルの差となりやすいと言えます。

また、プロジェクトマネージャーやITコンサルタントなどのリーダー職の方が比較的年収が高くなります。

システムエンジニアで年収を高くするためには、積極的にリーダー職を目指すことが大切と言えます

 

システムエンジニアで年収1000万円を稼ぐ方法は?

システムエンジニアの年収は比較的高いですが、年収1000万円を目指すのは簡単なことではありません。

年収1000万を目指すには様々なスキルや知識を身につける必要があります。

 

プログラミング言語を習得する

システムエンジニアにとって、本来プログラミングは本業ではありません。しかし、プログラミング言語を習得しておくことでよりクオリティの高い仕事ができるのは確かです。
またシステムエンジニアは基本的に、プログラマーに指示を出しながら仕事をすすめていきます。そのため、プログラミング言語を身につけていたほうがより能率が良く、さらにはスキルアップを図れるため、自分自身の市場価値を高めることができます。

 

経営の知識を身につける

経営の知識をつけておくとフリーランスになったときなど、独立時にとても役に立ちます。

また、経営の知識があればプロジェクトマネージャーなどのリーダー職に就くチャンスがより多くなると考えられます。年収アップのためには欠かせない知識です。

 

転職する

システムエンジニアは、IT業界において人手が不足しているため、転職に有利といわれています。会社も人材確保のため、よりよい待遇を提示します。

外資系、金融・保険系などは年収が高い傾向にありますよ。スキルアップして、より良い待遇の会社へ転職することをおすすめします。

 

フリーランスになる

システムエンジニアとして、ある程度の経験と実績を積んだらフリーランスとして独立するという方法もあります。

フリーランスとして自ら仕事を取ることができれば、年収アップが期待できます。また、自由なワークスタイルを手に入れることができるのもフリーランスのいいところです。

コネを作る

システムエンジニアは、直接仕事を取った方が利益が高くなります。そのためには人脈が必要となります。

フリーランスとして独立するかしないかに関わらず、人脈を作っておくことは非常に大事になりますよ。

 

1人でシステム構築・運用の経験を得る

構築から運用まで、システムに関わる仕事を全て経験しているというのは強みになります。

スキルアップを図れるだけでなく、経験値として高く評価されるため、転職や年収アップに大変有利になるためです。フリーランスとしても案件を受注しやすくなります。

 

対人関係構築力をあげる

前述したように、人脈を作ることは非常に大切です。そのためには人と親しくなる力を磨いていく必要があります。

仕事の際だけでなく、普段から対人関係を大切にし、円滑なコミュニケーションを取ることを心がけましょう。システムエンジニアの年収アップ、転職にはコミュニケーション能力も必要ですよ。

 

システムエンジニアの年収以外の魅力は?

基本的に残業などが多く、労働時間が長いシステムエンジニアですが、年収以外の魅力もたくさんあります。

 

モノを作る

システムエンジニアは、最初からモノを作る仕事です。1からモノを作る喜びを得られる仕事なので、モノ作りが好きな人、達成感を得たい人にはおすすめの職業です。

 

人と関わる

システムエンジニアは黙々と仕事をしているイメージがあるかもしれませんが、たくさんの人と関わる仕事です。

受注してくれるクライアントの方、プロジェクトチームのメンバー、システムを利用してくれるユーザーなど、たくさんの人々と関わりながら仕事をしていくことになります。

多くの人と関わりながら作り上げていく仕事はとても充実感がありますよ。

 

スキルアップ

システムエンジニアはスキルや成果が評価される職業です。そのため、スキルアップの喜びは大きいですよ。また、スキルアップがわかりやすい職業でもあるので、やりがいを感じることができるはずです。

あわせて読みたい

カテゴリー