「立ち上がり、行動しよう。いかなる運命のもとでも、精一杯に。」2018/02/27

1994年生まれ。埼玉県立川越高校、法政大学文学部卒。ライターが記事を作成する行為は「無から有を生み出す行為」であり、無のときにはなかった価値を提供する意味のある行為と感じている。「膨大な知識量と独自の視点で世の中の潮流を見極めるコンテンツメイカー」を目指して活動中。

それでは、立ち上がり、行動しよう。いかなる運命のもとでも、精一杯に。

――ヘンリー・ワーズワース・ロングフェロー(詩人)

 

ヘンリー・ワーズワース・ロングフェローはアメリカの詩人です。ダンテの「神曲」をアメリカで初めて翻訳した人物として知られています。

 

何かを起こすためには、行動が必要です。何もしないで問題が解決するシーンは多くありません。

ただ、ときには落ち込むこともあると思います。しばらく立ち直れないようなときもあるでしょう。そんなときに無理に行動する必要はないと思います。

自分の中で整理がついたら、行動を始める。それくらいの心構えがちょうどよいのではないでしょうか。

それでは、立ち上がり、行動しよう。

あわせて読みたい

カテゴリー