東京にいながら英語力を高め、世界中に友達ができる。Magical Tripツアーガイドの仕事の魅力とは?

2018年1月の通訳案内士法の改正により、通訳案内士という国家資格をもたなくても訪日外国人旅行者の通訳や観光ガイドができるようになりました。その変化にビジネス機会を見出したライブラ株式会社(東京都中央区)は、訪日外国人旅行者向けの体験型サービス、Magical Tripを立ち上げました。開始数ヶ月にして、世界最大の旅行口コミサイトでは地域部門別トップを獲得するなど、外国人旅行者からの人気を集めています。

横浜市立大学に通う海老原しおりさんは、Magical Tripのメニューの中でも、外国人旅行者をローカルな居酒屋に案内するという人気コンテンツ「バーホッピングツアー」のガイドの仕事を通じて、「将来なりたい職業で必要な経験を積みたい」と教えてくれました。

この記事では、ツアーガイドとして活躍する海老原さんから、仕事を通じて得られる経験や仕事の詳細についてお聴きしたことをインタビュー形式でまとめています。

将来の夢のために自分を磨けるアルバイトに出会えた

BA編集部: 自己紹介をお願いします。

海老原しおりです。横浜市立大学4年生です。大学ではトルコについて学んでいます。

国際ボランティアでトルコに行ったときに興味を持ちました。トルコは99%がイスラム教徒ですが、西洋化を目指しているユニークな国なんですよ。学生生活では、アメリカのウォルト・ディズニーワールドで半年間インターンしたり、国際ボランティアでトルコ以外にアイスランドや韓国、台湾、フィリピンで様々な職業を体験したりしました。

 

BA編集部: Magical Tripのガイドとは、どんなお仕事ですか?

バーホッピングツアー」といって、日本に来た外国人旅行者グループをローカルな居酒屋に連れて行っておもてなしする仕事をしています。

外国人の方からすると、日本の居酒屋ってとても魅力的な場所なんですが、お作法がよくわからないんです。英語が通じない店が多かったり、トラブルになったら嫌だなって思っている人も多くて。

Magical Tripのガイドは、そんなゲストたちをリードして、数軒の居酒屋で一緒に食事をしたり、お酒を飲んだりする仕事です。ゲストの方はいわゆる”ハイソサエティ”と呼ばれるような人たちが多く、教養深く紳士的で、魅力的な人と知り合えます。

ツアーの参加者は、日本好きな人がほとんどです。私たちのようなローカルな日本人との交流を通じてもっと日本の良さに触れたい、学びたいというスタンスの人ばかりで、私たちとしても安心してガイドができます。

 

 

BA編集部: Magical Tripのガイドの仕事をはじめたきっかけを教えてください。

私は将来、キャビンアテンダントとして世界中の人をおもてなしする仕事をしたいと考えています。Magical Tripのガイドの仕事は、将来の仕事に通じる経験や知識をつけたいと思いはじめました。

訪日外国人と一括りに言っても、国民性や価値観はそれぞれ違います。アジア圏、欧米系などあらゆる国の人たちが「どのようにもてなされたら嬉しいか」を実体験を通じて知ることができます。

そんなアルバイトって、他にはありませんよね?

私の得たい経験にピッタリの仕事なので、充実感を持って働いています。

 

お金をもらいながら英語力を高め、世界中に友達ができる

BA編集部: Magical Tripのガイドの仕事を通じて身につくのは具体的にどんなスキルですか?

日本の文化を英語を通じて説明するスキルが身につきます。自分が当たり前だと思っていることを説明するのが、特に勉強になりますね。

「なんで日本では、電車で電話してはいけないの?」
「なんで日本人はマスクしている人が多いの?」
「日本には街にゴミ箱がないけれど、それはどうして?」

といった質問されると、海外と日本の違いがリアルに知ることができますよね。答えるのはすごく難しいのですが、その場で検索して調べたり、運営側が準備してくれた資料を読み返したりして、自分なりの考えを伝えています。

海外の友達が増えるのも私にとっては重要です。「短時間で繋がりを作ること」も一つのスキルだと思います。「今度シンガポールに来る時は、私がガイドするわね」と仰って頂いたことがあるのですが、嬉しかったですね!普段接しない、海外の方との人間関係を作れると、豊かな気持ちになれますよ。

 

BA編集部: 英語は元々得意だったのですか?

英語は大学生になってから本格的に勉強しました。全部独学です。

それまでは海外に住んだこともなかったし、英会話スクール等にいったこともなかったですが、アメリカでのインターンや国際ボランティアの経験を通じて身につけていった感じですね。

もちろん、ガイドの仕事を通じて英語力を更に磨いていきたいなと考えています。先ほども言ったとおりゲストの皆様は日本が好きな人ばかりなので、こちらが拙い英語でも理解しようとしてくれます。英語力は磨きやすい環境だと思います。

 

 

BA編集部: ガイドをする前の準備にも時間がかかりますか?

Magical Tripの運営側でよく聞かれる質問リストとか、日本文化についてまとめた資料を準備してくれているので、一からすべて用意する必要がないのも有り難いです。本当にきめ細かくサポートしてくれるので、感謝しています!

雰囲気を体験するために、本番前にツアーに同行して体験させてもらえた経験も大きかったですね。

 

BA編集部: 最後に、Magical Tripのガイドをしようか、検討している人にメッセージをお願いします。

まずは一度、参加してみてください!

正直、私にとってはカンタンな仕事ではありません。すべて英語ですし、見ず知らずの人と短時間で打ち解けてコミニュケーションをとるのは英語じゃなくても難しいです。

ただ、わからないことやできないことが明確になって、自分の伸びしろがわかるので、英語やコミュニケーションが苦手な人にこそ挑戦する価値があると思います。

普通のアルバイトだと、わからないことやできないことがあると怒られますが、Magical Tripのゲスト相手だと「わからないことなのに一生懸命伝えてくれてありがとう」とむしろ感謝されます。

普通なら自分でお金を払って英会話スクールとか海外旅行にいかなければできない体験を、お金を頂きながらできるなんて、いいですよね。

 

編集後記:グローバルで活躍するキャリアのためのアルバイト

これから就職活動を控えている海老原さんは、将来希望する仕事に活きる経験を積むためにツアーガイドの仕事をしています。

海老原さんが強調してくれたのは、バーホッピングツアーのガイドの仕事でしか得られない体験についてです。

 

アジア圏、欧米系などあらゆる国の人たちが「どのようにもてなされたら嬉しいか」を実体験を通じて知ることができる仕事。

普通は自分でお金を払ってしなければ経験できないことを、お金を頂きながらできる仕事。

海老原さんが仰るとおり、他のアルバイトでは得られない価値をこの仕事では得られます。

 

時給単価が高いアルバイトなら、もっと他にあるでしょう。
楽に稼げるアルバイトもたくさんあります。

そんな選択肢があるなかでも、自分の将来のためにこの仕事を選択している海老原さんはアルバイトを「お金を稼ぐ手段」としてだけでなく「自分のキャリアを磨く手段」としても捉えているのだと思いました。小さな差をコツコツ積み上げることが、大きな差に繋がるんだなと感じました。

 

Magical Tripでは現在、ツアーガイドとして働きたい人を募集しています。詳細は以下のページをご覧ください。

MagicalTripについて知りたい方はこちら

バーホッピングについて知りたい方はこちら

ツアーガイドとして働きたい方はこちら

 

【提供: ライブラ株式会社】

あわせて読みたい

カテゴリー