「待っているだけの人たちにもなにかが起こるかもしれないが、それは努力した人たちの残り物だけである」2018/02/12

1994年生まれ。埼玉県立川越高校、法政大学文学部卒。ライターが記事を作成する行為は「無から有を生み出す行為」であり、無のときにはなかった価値を提供する意味のある行為と感じている。「膨大な知識量と独自の視点で世の中の潮流を見極めるコンテンツメイカー」を目指して活動中。

待っているだけの人たちにもなにかが起こるかもしれないが、それは努力した人たちの残り物だけである。

――エイブラハム・リンカーン(政治家)

 

「努力」という言葉を広辞苑で調べると。「目標実現のため、心身を労してつとめること。」とあります。

つまり努力した人は目標実現のために何かしらの行動を起こしている人であり、待っているだけの人は何もせずに目標が勝手に達成されることを待っている人、もしくは目標を持っていない人ということになります。

 

頂点まで上り詰めた人を見て「あれはあの人だから出来たんだ。自分には無理だ」といって何もしない人がいますが、頂点に上り詰めた人は少なからず努力しているからそこまで上り詰めたわけです。決して何もせずにただ一竜になったわけではありません。

 

努力を始めるのに遅いということはありません。

もし今、ただ待っている状態になってしまっているとしたら、まずは一歩、踏み出してみませんか。

あわせて読みたい

カテゴリー