転職

27歳の転職、期間は?スケジュールはどのように立てる?

転職に必要な期間は、転職先での勤務開始時期から逆算して半年程度。現職での引継ぎ、有給消化、賞与の時期を考慮したスケジューリングがポイントです。一斉に開始する新卒就活と異なり、転職活動の開始時期や期間は人によって様々です。スケジュールの立て方に悩む方も多いのではないでしょうか。この記事では、27歳前後の転職活動の期間やスケジュール作成において留意するべきポイントをまとめました。

 

27歳の転職スケジュール、長くても3ヶ月から半年の期間?

shutterstock_140372983

転職活動の期間は人それぞれですが、一般的に3ヶ月から半年間が目安です。

 

企業は転職市場には即戦力を期待しているので、半年以上ダラダラと転職活動することはおすすめできません。

転職活動期間は短いほど本気度が伝わり、企業には歓迎されます。

 

計画を立て時間的余裕を持って転職活動を

関連記事の通り、27歳は転職市場でもっとも人気がある年齢層の一つです。

内定獲得までに「いつ」「何を」達成しているべきかを把握し、現職のスケジュールとの兼ね合いをみて効率的に計画をたててくださいね。

 

現状の仕事が多忙の場合は、半年スパンの計画を作成し、時間的余裕を持って転職活動を行うこともできますよね。

27歳、絶好の転職タイミングで考えるべき3つのポイント」では、27歳で転職を検討する際に考えておくべき3つのことをまとめています。

 

27歳の転職、スケジュール作成のステップは?

shutterstock_120167320

転職を検討し始めてから退社までのスケジュールをご紹介します。

自身の転職スケジュールの計画立案や管理に活用してみてください。

 

  1. 事前準備(2週間)
  2. 応募(2~3週間)
  3. 面接(1-2ヶ月)
  4. 内定(2週間)
  5. 退職・引継ぎ(2ヶ月)

 

1.事前準備(2週間)

企業への面接を応募する前に

  • 「転職理由」
  • 「キャリアプラン」

を明確に説明できるように整理して、本当に転職をするべきかの意志を自分自身と確認する時期です。

 

100%の整理ができていなくても、キャリアプランナーに相談してみるのもオススメです。

結婚や婚約をしている方は、パートナーや家族の理解を得られるように認識のすり合わせをしておくことも必要です。

いざ転職直前になって家族からの反対を受けてしまうリスクもあるからです。

 

転職エージェントには良し悪しがあり、見抜く必要があります。見抜く方法は、「失敗しない転職エージェントを見抜く5つの質問」にて詳しく紹介しています。

 

2.応募(2~3週間)

「転職理由」「キャリアプラン」に沿って、応募先の企業を調査する期間です。

 

希望する企業への直接応募、リサーチ型の転職サービス、転職エージェントの利用、人づての紹介などを行います。

応募先が決定したら書類作成にとりかかります。

 

転職したい企業や業界が決まっていない場合は、たくさんの会社を見学できる中途採用向けのイベントなどに参加するのもおすすめです。

 

3.面接(1-2ヶ月)

書類応募で面接にすすんだ会社で面接を実施します。

 

転職活動期間で最も長く、1〜2ヶ月かかります。

 

面接回数は会社によって異なりますが、少ない会社では2回、多くても4回程度です。

面接官との相性や縁も影響するので、複数の会社の採用面接を同時進行で進めることもあります。

 

4.内定(2週間)

内定が出たら指定の期日までに入社の回答をします。

 

他企業との面接状況や、自分の中での迷いがある状況では、すぐに入社を決める必要はありません。

企業が入社日を設定してきたり、内定連絡時に入社タイミングを回答させられたりする場合もあります。

 

入社日は求職者の一存で決められないこともあるので、現職への退職手続きと平行して進める必要がある重要なポイントです。

 

5.退職・引継ぎ(2ヶ月)

現職に対して、退職の意志を伝えます。

社内規定で、退職日から遡って退職申請期日が決められている会社も多いです。

 

現職の退職の手続き方法は、予め知っておきたいですね。

転職先の入社日を決めてから退職日を決めるべきです。詳しくは、「転職時の入社日は延期、調整できる?入社、退職交渉の進め方は?」の記事にて紹介しています。

 

27歳の転職スケジュール、考慮しておきたい4つのポイント

shutterstock_79593616
上にまとめたスケジュールがおおまかな転職活動期間ですが、予定通りに事が進まない要因がもちろんあります。

あらかじめ把握して想定しておくことが大切です。

以下に4つの代表的な例をまとめました。

 

①現職の繁忙期

②現職の退職プロセス

③現職での引き継ぎ

④有給消化や賞与

 

①現職の繁忙期

「現職の繁忙期」と「選考時期」はスケジュールを組む際にかぶらないように調節すべきです。

まだ退職をしていない以上、現職のタスクはこなさなければなりません。

 

選考時期は面接や面接に向けた準備に多くの時間を割きたいので、予め時間を確保し易いタイミングを利用しながら、転職活動を進める計画を立てておく必要があります。

 

②現職の退職プロセス

自身の希望退職日から遡って、いつまでに退職申請を出す必要があるかを把握すべき。

 

上記の通り社内規定で厳格に定められている場合もありますので、必ずチェックしておきたいですね。

いつまでに転職先の内定の確保や現職の退職申請を行えばよいか明確にすることができるメリットもあります。

 

③現職での引継ぎ

「退職は跡を濁さず」がビジネスパーソンとしてのマナーです。

 

退職プロセスを基本としながらも、これまで請け負っていた自分の担当業務の後任への引き継ぎは大切ですよね。

仕事内容やスケジュールによっては前もって引き継ぎを始めなくては間に合わないこともありますので、予め想定しておいてください。

 

④有給消化や賞与

退職する会社の有給が残っている場合は、転職に当てる時間を伸ばすためにも使い切るべきです。

どうしても消化できない場合は、買取ができるかなど、社内規定を確認しておきましょう。

 

スケジュールを立てる前に制度を把握しておくことが望ましいです。

賞与の受け取りに関しても同様で、現職退社への心残りをなるべく無くすよう努めます。

 

27歳の転職スケジュール、必要に応じて修正は必要

shutterstock_183037556

27歳のビジネスパーソンは働き盛りなので、現職でも忙しくしている方は多くいます。

また多く方が初めての転職であり、若いが故に家族から反対が出やすい年代でもあります。

 

転職活動のスケジュールは頻繁に変更が起こるものとして作成しましょう。

  • 「現職の繁忙期」
  • 「顧客とのトラブル」
  • 「採用選考結果」
  • 「パートナーや家族からの理解」

などの要因が突発的に起こることを予想しておきます。

 

また採用選考の結果次第では追加応募が必要になりスケジュールを後ろだおしする必要も考えられます。

関係者とスケジュール調整をする際は、突発的な予定が入ったとしてもなるべく周囲に迷惑をかけないよう、少し余裕を持ってスケジューリングしておくことが大切かもしれませんね。

 

転職スケジュールにおけるマイルストンを明確に

shutterstock_65988187
この記事を読んだ方へのアクションアイテムは

転職希望時期から逆算して、転職向けたマイルストンを決める

です。

 

現職で優秀なビジネスパーソンであるほど突発的な予定が入り、転職スケジュールがずれやすいです。

仕方ないこととしてその度スケジュールを再編していては意味がありません。

 

スケジュールを立てる本質は「おおまかな道筋を確認すること」ですので、転職開始から終了までの、マイルストンを決めておくことをおすすめします。

 

転職エージェントに会って自分の市場価値がある程度把握できていれば、スケジュールを立てることで内定獲得の可能性もある程度は予測可能ですよ。

 

すべての人がまず登録すべき転職エージェント

すべての人がまず登録して間違いないのが「大手総合転職エージェント」です。求人の量・質ともに充実しているのが以下の大手転職エージェントです。

 

リクルートエージェント

非公開求人10万件以上、日本最大級の転職エージェントです。

リクルートエージェントについては、「リクルートエージェントはどんな転職エージェント?評判は?利用すべき?」でさらに詳しく紹介しています。

 

doda(デューダ)

主に20代〜30代を対象にした、総合型転職エージェントです。全国規模で求人をカバーしており、その数は非公開求人も含めて10万件以上となっています。利用者の属性としては、第二新卒・既卒・フリーターから、ハイキャリア・管理職までが想定されています。

また、女性の転職に特化したページも用意されています。定期的に転職フェアやセミナーが開催されており、転職ノウハウや、キャリアアップのヒントなどを得ることができます。

dodaについては、「doda(デューダ)とはどんな転職エージェント?」でさらに詳しく紹介しています。

 

マイナビエージェント

主に20代〜30代を対象とした総合型の転職エージェントです。全国の求人をカバーしており、特に優良な中小企業の求人を多く扱っています。求人票だけでは分からない、企業の社風や雰囲気、入社後のキャリアパスといった情報を網羅しており、後悔のない転職を実現させる手助けをしています。また、第二新卒や女性に特化した転職情報が載っているサイトもあります。

マイナビエージェントについては、「マイナビエージェントを徹底解説!特徴、サポート、求人、登録や利用法まとめ」にさらに詳しく紹介しています。

 

パソナキャリア

大手転職エージェントの一角で、丁寧なサポート体制です。

パソナキャリアについては、「パソナキャリアを徹底解説!特徴、デメリット、おすすめの人は?」にさらに詳しく紹介しています。

 

大手転職エージェントは求人の量・質が多い反面、登録している転職希望者が多いので競争が激しくなるという一面もあります。

最低でも3~4社登録しておくと安心です。

 

今までの職務経歴に自信のない方におすすめの転職エージェント

大手では扱っていない案件も多く扱っている転職エージェントをご紹介します。登録者数が大手よりも少ないので、穴場的な求人に出会えることもあります。また、内定・入社後にもアフターフォローがあるなどキャリアアドバイザーの対応もきめ細かいという特徴もあります。

大手と一緒に登録することで効果を発揮する転職エージェントです。

 

type転職エージェント

非公開案件約80%です。転職した人の約71%が年収アップに成功しているエージェントですが、首都圏在住の方限定です。

type転職エージェントについては、「type転職エージェントの特徴は?評判と口コミ!」にさらに詳しく紹介しています。

 

ワークポート

転職決定人数部門で4回連続1位を獲得したことがあり、IT系や未経験からのキャリアチェンジに強みがあります。

ワークポートについては、「ワークポートを徹底解説!転職エージェントはどこを利用すべき?」にさらに詳しく紹介しています。

 

今までの職務経歴に自信がある人におすすめの転職エージェント

大手転職エージェントでも扱わないようなハイキャリア向けの案件を多く持った転職エージェントもあります。今後海外も視野に入れたキャリアアップを目指す方には積極的におすすめしたい転職エージェントです。

 

JACリクルートメント(ジェイエイシーリクルートメント)

主に20代〜30代のハイキャリア・管理職に就いている人を対象にした、総合型転職エージェントです。全国の求人をカバーしており、特にコンサルや外資系企業に力を入れています。高品質のハイキャリア案件を多く扱っているため、更なるキャリアアップを狙うことができます。また、面接対策やキャリア面談をしてくれるコンサルタントの質の高さにも定評があります。

JACリクルートメントについては、「JACリクルートメント(ジェイエイシーリクルートメント)を徹底解説!特徴やメリットとデメリットは?」にさらに詳しく紹介しています。

 

年代別で選ぶ転職エージェント

自分の「年代」によって選ぶべき転職エージェントも変わってきます。自分の年齢により特化している転職エージェントを選びましょう。

 

20代

「20代全員におすすめ」「20代で正社員に挑戦したい人やはじめての転職におすすめ」「20代でキャリアアップの転職をしたい人におすすめ」「20代の女性におすすめ」の4つに分けて、「20代におすすめの転職エージェント全15選!選び方は?そもそも使ったほうが良い?転職サイトとの違いは?」にて詳しく紹介しています。

また第二新卒については、「【徹底比較】第二新卒の転職におすすめの転職エージェント10選と活用のポイント」に詳しく紹介しています。

 

30代

30代全員におすすめの転職エージェントの他に、正社員未経験もしくはブランクが長い場合、マネジメント経験がない場合とある場合、女性の場合に分けて、おすすめの転職エージェントをまとめて「30代におすすめの転職エージェント14選!選び方、使い方、転職実態、年代による違いについても解説」にて詳しく紹介しています。

 

40代

「全員におすすめ」「キャリアに自信がある人におすすめ」「女性におすすめ」の3つに分類して、「40代におすすめの転職エージェント10選。選び方、活用のポイント、転職事情についても解説」内で詳しく紹介しています。

 

あなたの適正年収はいくら?

もし今後年収をあげていきたいと感じているなら、まずはご自身が今どれくらいの市場価値があるのかを知る必要があります。

市場価値を知るには転職エージェントに登録するのが1番の手段です。転職エージェントは登録した人に適切と思われる案件を送ってくれるので、自分の市場価値を送られてくる案件から判断することが出来ます。

登録自体は無料です。

 

ただ、転職エージェントにも相性があります。転職エージェントの傾向や、担当者の力量によって転職が左右されるともいわれています。自分に合ったエージェントに出会うためにも、傾向をみながら複数の転職エージェントに登録するのがおすすめです。

 

 

BraveAnswer編集部では、キャリアに関するご相談を受け付けております。

  • 今後のキャリアが不安
  • 自分を変えたいが、何から始めたらいいかわからない

といった、具体的なアクションが明確でない人でも大歓迎です。

こちらより、お気軽にお問い合わせください。

 

BraveAnswer編集部が考える転職については「転職とは何か。」にまとめてあります。転職をする前に、そもそも転職とはなにか、考えてみてください。

 

BraveAnswerでは、皆様の転職エージェントの評価や感想を集めております。こちらのフォームに従って、感想を教えていただければ幸いです。ご協力のほど、よろしくお願い致します。