20代の転職

27歳の転職、期間は?スケジュールはどのように立てる?

この記事の結論は「転職に必要な期間は、転職先での勤務開始時期から逆算して半年程度。現職での引継ぎ、有給消化、賞与の時期を考慮したスケジューリングがポイント」です。一斉に開始する新卒就活と異なり、転職活動の開始時期や期間は人によって様々です。スケジュールの立て方に悩む方も多いのではないでしょうか。この記事では、27歳前後の転職活動の期間やスケジュール作成において留意するべきポイントをまとめました。

27歳の転職スケジュール、長くても3ヶ月から半年の期間?

shutterstock_140372983

転職活動の期間は人それぞれですが、一般的に3ヶ月から半年間が目安です。企業は転職市場には即戦力を期待しているので、半年以上ダラダラと転職活動することはおすすめできません。転職活動期間は短いほど本気度が伝わり、企業には歓迎されます。

関連記事の通り、27歳は転職市場でもっとも人気がある年齢層の一つです。内定獲得までに「いつ」「何を」達成しているべきかを把握し、現職のスケジュールとの兼ね合いをみて効率的に計画をたててくださいね。現状の仕事が多忙の場合は、半年スパンの計画を作成し、時間的余裕を持って転職活動を行うこともできますよね。

 

27歳の転職、スケジュール作成のステップは?

shutterstock_120167320

転職を検討し始めてから退社までのスケジュールをご紹介します。自身の転職スケジュールの計画立案や管理に活用してみてください。

  1. 事前準備(2週間)
  2. 応募(2~3週間)
  3. 面接(1-2ヶ月)
  4. 内定(2週間)
  5. 退職・引継ぎ(2ヶ月)

1.事前準備(2週間)

企業への面接を応募する前に「転職理由」「キャリアプラン」を明確に説明できるように整理して、本当に転職をするべきかの意志を自分自身と確認する時期です。100%の整理ができていなくても、キャリアプランナーに相談してみるのもオススメです。結婚や婚約をしている方は、パートナーや家族の理解を得られるように認識のすり合わせをしておくことも必要です。いざ転職直前になって家族からの反対を受けてしまうリスクもあるからです。

 

2.応募(2~3週間)

「転職理由」「キャリアプラン」に沿って、応募先の企業を調査する期間です。希望する企業への直接応募、リサーチ型の転職サービス、転職エージェントの利用、人づての紹介などを行います。応募先が決定したら書類作成にとりかかります。

転職したい企業や業界が決まっていない場合は、たくさんの会社を見学できる中途採用向けのイベントなどに参加するのもおすすめです。

 

3.面接(1-2ヶ月)

書類応募で面接にすすんだ会社で面接を実施します。転職活動期間で最も長く、1〜2ヶ月かかります。面接回数は会社によって異なりますが、少ない会社では2回、多くても4回程度です。面接官との相性や縁も影響するので、複数の会社の採用面接を同時進行で進めることもあります。

 

4.内定(2週間)

内定が出たら指定の期日までに入社の回答をします。他企業との面接状況や、自分の中での迷いがある状況では、すぐに入社を決める必要はありません。企業が入社日を設定してきたり、内定連絡時に入社タイミングを回答させられたりする場合もあります。入社日は求職者の一存で決められないこともあるので、現職への退職手続きと平行して進める必要がある重要なポイントです。

 

5.退職・引継ぎ(2ヶ月)

現職に対して、退職の意志を伝えます。社内規定で、退職日から遡って退職申請期日が決められている会社も多いです。現職の退職の手続き方法は、予め知っておきたいですね。

 

27歳の転職スケジュール、考慮しておきたい4つのポイント

shutterstock_79593616
上にまとめたスケジュールがおおまかな転職活動期間ですが、予定通りに事が進まない要因がもちろんあります。あらかじめ把握して想定しておくことが大切です。以下に4つの代表的な例をまとめました。

①現職の繁忙期

②現職の退職プロセス

③現職での引き継ぎ

④有給消化や賞与

 

①現職の繁忙期

「現職の繁忙期」と「選考時期」はスケジュールを組む際にかぶらないように調節すべきです。まだ退職をしていない以上、現職のタスクはこなさなければなりません。選考時期は面接や面接に向けた準備に多くの時間を割きたいので、予め時間を確保し易いタイミングを利用しながら、転職活動を進める計画を立てておく必要があります。

 

②現職の退職プロセス

自身の希望退職日から遡って、いつまでに退職申請を出す必要があるかを把握すべき。上記の通り社内規定で厳格に定められている場合もありますので、必ずチェックしておきたいですね。いつまでに転職先の内定の確保や現職の退職申請を行えばよいか明確にすることができるメリットもあります。

 

③現職での引継ぎ

「退職は跡を濁さず」がビジネスパーソンとしてのマナーです。退職プロセスを基本としながらも、これまで請け負っていた自分の担当業務の後任への引き継ぎは大切ですよね。仕事内容やスケジュールによっては前もって引き継ぎを始めなくては間に合わないこともありますので、予め想定しておいてください。

 

④有給消化や賞与

退職する会社の有給が残っている場合は、転職に当てる時間を伸ばすためにも使い切るべきです。どうしても消化できない場合は、買取ができるかなど、社内規定を確認しておきましょう。スケジュールを立てる前に制度を把握しておくことが望ましいです。賞与の受け取りに関しても同様で、現職退社への心残りをなるべく無くすよう努めます。

 

27歳の転職スケジュール、必要に応じて修正は必要

shutterstock_183037556

27歳のビジネスパーソンは働き盛りなので、現職でも忙しくしている方は多くいます。また多く方が初めての転職であり、若いが故に家族から反対が出やすい年代でもあります。

転職活動のスケジュールは頻繁に変更が起こるものとして作成しましょう。「現職の繁忙期」「顧客とのトラブル」「採用選考結果」「パートナーや家族からの理解」などの要因が突発的に起こることを予想しておきます。

また採用選考の結果次第では追加応募が必要になりスケジュールを後ろだおしする必要も考えられます。関係者とスケジュール調整をする際は、突発的な予定が入ったとしてもなるべく周囲に迷惑をかけないよう、少し余裕を持ってスケジューリングしておくことが大切かもしれませんね。

 

転職スケジュールにおけるマイルストンを明確に

shutterstock_65988187
この記事を読んだ方へのアクションアイテムは

転職希望時期から逆算して、転職向けたマイルストンを決める」です。

現職で優秀なビジネスパーソンであるほど突発的な予定が入り、転職スケジュールがずれやすいです。仕方ないこととしてその度スケジュールを再編していては意味がありません。スケジュールを立てる本質は「おおまかな道筋を確認すること」ですので、転職開始から終了までの、マイルストンを決めておくことをおすすめします。

転職エージェントに会って自分の市場価値がある程度把握できていれば、スケジュールを立てることで内定獲得の可能性もある程度は予測可能ですよ。

オススメの転職エージェント

リクルートエージェント
リクルートが運営する転職エージェント。リクルートエージェントならではのサービスが充実。転職に便利なコンテンツが無料で使い放題。非公開求人は90%。
あわせて読みたい

カテゴリー