マネー

年収を上げたいなら転職を視野にいれる?伸ばすべき4つの能力は?

この記事の結論は「年収アップを目的とした転職は一時的にしか年収を上げられない。ビジネスパーソンとしての能力を高めることが継続的に年収を上げる方法」です。終身雇用制が崩壊した近年、勤続年数に比例した右肩上がりの年収や待遇の向上は期待しづらくなっています。そのため年収アップを目的に転職をするビジネスパーソンが増加しています。この記事では成熟経済の日本において、年収を継続的に上げるのに必要な考え方、伸ばすべき4つの能力をまとめました。

年収アップの手段は?転職も視野に入れるべき?

shutterstock_134676797

年収をアップさせる方法は主に、

「昇進」「追加報酬(インセンティブ)」「副業」「転職」

の4点です。

「昇進」は最も年収アップが期待できる方法です。会社は役職に応じたベース年収が規定されているからです。「追加報酬(インセンティブ)」は営業職に多く、月やクォーターの目標を達成したり特別な成果をあげたりした時に貰えます。「副業」は会社により規定があるものの、始める人が増えてきました。たとえばブログやウェブサイトを運営し、その広告収入を得るなど、本業とは別の収入源を獲得する方法です。

また「転職」によって、現在よりも待遇のいい職場や「追加報酬(インセンティブ)」がある職種につくというのも、年収をあげる方法の1つといえます。

 

年収アップが目的の転職は一時的な年収アップ?

shutterstock_64174411

年収をアップさせるために、現職よりも高い年収の企業に転職すれば年収アップに成功しそうですよね。関連記事にもまとめたとおり、結論は「一時的な」年収アップには成功しますが、「継続的な」年収アップになるとはいえません

理由は年収とは「自身の能力に対する対価」だからです。先に示した「昇進」「追加報酬」「副業」はすべて、自身の社会に対する能力を上げることで年収をアップさせる方法です。転職であがる年収は、基の会社と転職先とのベース給与の差分に過ぎません。

転職に成功したからといって、ビジネスパーソンとしての能力が向上するわけではありません。ビジネスパーソンとしての能力を向上させない限り「継続的な」年収アップは望めないのです。

 

転職で「継続的な」年収アップのために求められる能力は?

shutterstock_213159364

2現在の日本企業は高度成長期とは違い、売上を伸ばしやすい時代ではありません。

人件費は企業にとって大きな負担の1つです。企業が高い年収を渡すのは一部の優秀な社員だけに絞りたいと考えます。

そのなかで「企業の成長に貢献できるビジネスパーソン」は継続して年収をアップさせています。不況であっても、売上か利益を伸ばすことができるビジネスパーソンが求められているのです。

得点を決められるサッカー選手がどのチームでも重宝されるように、売上か利益成長に貢献できるビジネスパーソンは、どんな企業でも重宝されるのです。

 

年収を上げるときに企業が評価する「4つの能力」とは?

shutterstock_285247241

年収を上げるためには、年収の高いビジネスパーソンがどのようなスキルを持っているのか把握することが大切です。以下に4つの能力をまとめました。これらの能力が優れていることが評価されて、年収の高いポストに就く場合が多いです。

企業が評価する4つのポイント

  • 営業力
  • プロジェクト管理能力
  • 専門性
  • 問題解決能力・リーダーシップ

企業が評価するポイント1「営業力」

新規案件や既存案件の受注額向上など新しいビジネスを獲ってくる能力です。インセンティブのある企業では、成績次第で大きな報酬を手にすることができます。特にインセンティブが多い業界や産業は「不動産(投資用、住居用売買)」「生命保険」「ネットワーク回線」「エネルギー(ソーラーパネルなど)」「外資系のB to B商材」などです。

 

企業が評価するポイント2「プロジェクト管理能力」

日々の業務運営を円滑に遂行するための管理をスムーズに行うことができる能力です。プロジェクトは厳格に期間が決められていることがほとんどです。会社に貢献するためには、すべてのビジネスパーソンが身につけておきたい能力といえます。

 

企業が評価するポイント3「専門性」

周囲がもっていない特別な知識やスキルを身に付ければ、替えの効かないビジネスパーソンになることができます。弁護士や医者、経営コンサルタントの年収が高いのは専門性があるからです。普段から自己投資などで自分をブラッシュアップしてくださいね。

 

企業が評価するポイント4「問題解決・リーダーシップ」

日々発生する問題をリーダーシップを発揮して解決に導くことができる能力です。問題意識を持って主体的に動くことで、よりよい解決策を見つけることができる能力です。

 

年収は「転職」ではなく「能力向上」によって伸ばすスタンス

shutterstock_283399223

この記事を読んだ継続的に年収をアップさせたい方へオススメのアクションアイテムは

「4つの能力を高め、実績を残すための計画を立てる」です。

上記4つのビジネスパーソンとしての能力を持たずして転職に挑んでも「一時的な」年収アップにしか繋がりません。4つの能力は一朝一夕に向上できるものではありません。身についていない場合、まだ転職時期ではないといえます。

まずは自身に足りない能力を明確に意識して、現職で実績をあげることを目指してください。「転職」以外にも「昇進」「追加報酬(インセンティブ)」といった、社内で年収をアップできる手段はあります。

転職面接で自身のビジネスパーソンとしての能力を企業に証明できるほどの「実績」は、「継続的な」年収アップに必須項目であることを忘れないでくださいね。