「成功の秘訣は『どうなるか』を研究し、『どうするか』の計画を立てて、実行すること」2018/02/02

1994年生まれ。埼玉県立川越高校、法政大学文学部卒。2017年4月入社の新卒1年目。

成功の秘訣は「どうにかなる」という考えではなく、「どうなるか」を研究し、「どうするか」の計画を立てて、実行すること。

――鹿島守之助(実業家)

 

第一歩を踏み出すことはとても大切なことだと思います。ただ、踏み出した後に闇雲に進んでいては、いつまでたっても目的地にはたどり着けません。

大切なのは、計画。目標にたどり着くための計画を立て、それを実行すること。そして、うまくいかないときに何が悪かったのかを探り、解決策を見つけ、新たな計画を立てること。

いわゆるPDCAです。

 

PDCAを回し続けることができれば、理論上は常に良くなっていきます。

そしてPDCAを回すためには、まず最初のPに当たる計画がなければいけません。

「どうにかなる」ではなく「どうする」を考えて、実行することが大切なのです。

あわせて読みたい

カテゴリー