「背負えるだけの強い背中にしてほしいと願いなさい」2018/01/30

1994年生まれ。埼玉県立川越高校、法政大学文学部卒。ライターが記事を作成する行為は「無から有を生み出す行為」であり、無のときにはなかった価値を提供する意味のある行為と感じている。「膨大な知識量と独自の視点で世の中の潮流を見極めるコンテンツメイカー」を目指して活動中。

背負う荷物を軽くしてほしいなどと願ってはならない。背負えるだけの強い背中にしてほしいと願いなさい。

 

――フランクリン・ルーズベルト(政治家)

 

聖書には、「神は耐えられない試練は与えない」という言葉が出てきます。もし苦しい時期にいるのであれば、それを成長機会だと捉えて、踏ん張ることが大切だと思います。

試練に耐えられれば、きっとその後同様の試練が来ても乗り切ることができるようになっているはずです。

 

ただ一方でこの聖書の言葉は、「耐えられないほどの試練は神から与えられたものではないから、どうしても耐えられなければ今すぐ逃げ出すべき」という捉え方もできると思います。

不当な仕打ちに耐える必要はありません。もし、明らかにおかしい試練(例えばパワハラなど)に直面しているのなら、さっさと逃げ出して次のチャレンジをしたほうがより良い人生となるのではないでしょうか。

あわせて読みたい

カテゴリー