ビジネス

年収アップするには個人のスキル向上が必要|20代ビジネスパーソンのノウハウ

年収を上げたい20代のビジネスパーソンへオススメなのは、個人の能力を高めることです。経済の右肩あがりや終身雇用制度がほとんど崩壊している2017年現在、一生懸命会社勤めをしても年功序列の給与制度は将来的に見込めなくなってきました。そんな中でも年収や待遇を上げるためにはどのようなことをポイントにしながら仕事に取り組むことが必要でしょうか。この記事では20代のビジネスパーソンが年収を上げるのに必要な知識やノウハウについてまとめました。

年収が上がる仕組みとは?

お金,年収

通常、個人の年収は年次や半期毎の定期昇給や役職が変わることで上がります。

「役職なしなら◯◯円で、部長職なら◯◯円」

というカタチで会社によってある程度の基準給与が定められているのが一般的です。

 

成果型の給与体系を採用している会社もあります。

主に成績の出来高によってインセンティブが増減するシステムを採用しています。

企業によっては会社の業績に応じて、昇給率や賞与水準が変動することもありますし、決算賞与を出す企業もあります。

 

年収を上げる方法は2つ

キリン株式会社,お金,年収

転職や複業をせずに年収をあげる方法は

  • ノルマ以上の成績を出してインセンティブを増やす
  • 出世する

の大きく2つあります。

 

かつての日本企業は個人の能力があまり関係なく、年次や役職に応じた待遇を受けることができました。

上司が退職するとそのポストを埋めるために役職が繰り上がり、年収が上がるようなカタチです。

 

努力の有無というよりも、勤続年数に応じて年収が右肩上がりだった時代もありました

 

優秀な社外の人材にポストを奪われる

現在も空いたポストの穴埋めはありますし、役職に応じて年収は上がりますが、必ずしも社内の人を登用する必要はありません。

中途採用という選択肢が一般化してきたので、優秀な人材は社外からも調達できるからです。

 

現実問題として30代後半から出世できずに年収が下がり続け、最終的にリストラされてしまうビジネスパーソンも存在します。

自分の能力を向上させ、スキルを身につけるか出世をし続けないと、優秀な社外の中途採用者にポストを奪われてしまう時代なのです。

 

出世しなくても年収は上がる?

もしあなたが「出世しない」という選択をしたとしても、年収を上げる方法はあります。

「出世しない」という選択をした人は関連記事をご覧ください。

「出世する」という選択をした人は、このまま記事を読み進めることをオススメします。

 

 

年収を上げるための能力にはどんなものがある?

お金,年収

出世して年収を上げるためには、年収の高いビジネスパーソンがどのようなスキルを持っているのかを知ることが大切です。

 

以下に年収が高いビジネスパーソンが持っているスキルを4つにまとめました。

これらのどれか1つでも身につけている人は、年収が高く、重要なポストを任される可能性も高いです。

 

スキル 内容
営業力 新しい案件を受注する
プロジェクト管理能力 業務運営を円滑に遂行するための管理を完璧に行う
専門性 周囲がもっていない特別な知識やスキルがある
問題解決能力・リーダーシップ 発生する問題をリーダーシップを発揮して解決に導くことができる

 

 

個人の能力向上でしか、年収の水準は上がらない

お金,年収

この記事を読み、年収をあげたい方へオススメのアクションアイテムは

能力向上を日々の業務レベルで実践できているかを振り返る

です。

 

日々能力の向上を

経済成長、年功序列終身雇用制度が崩壊している現在の日本では、年収を上げるベースには個人の能力向上が必要条件です。

どんな小さなことでも、日頃の職務で日々向上できている感覚を持つことが大切です。

 

20代は今後のキャリア形成において大切な時期なので、能力向上をしないまま時間だけが過ぎていくのはあまりにももったいないです。

 

業務の中で向上できる能力を整理する

  • 「営業力」
  • 「プロジェクト管理能力」
  • 「専門性」
  • 「問題解決能力・リーダーシップ」

の観点で自身の仕事を振り返り、業務の中で向上できる能力がないかを整理することからはじめてみてください。

 

年収向上は個人の能力に依存する面が大きいですし、今後ますます大きくなると予想されます。

今後の安定した収入確保のためにも、個人の能力向上を意識して日々の職務に取り組んでみてくださいね。

あわせて読みたい