生き方

「道は俺が開いてやる、開けるだけ開いてやる、後の始末はしてくれよ」

1994年生まれ。埼玉県立川越高校、法政大学文学部卒。ライターが記事を作成する行為は「無から有を生み出す行為」であり、無のときにはなかった価値を提供する意味のある行為と感じている。「膨大な知識量と独自の視点で世の中の潮流を見極めるコンテンツメイカー」を目指して活動中。

道は俺が開いてやる、開けるだけ開いてやる、後の始末はしてくれよ、という考えでなければ、何事もできないよ。

――田中正造(政治家)

 

どんな仕事も、自分がリーダーシップを取って先頭に立つ、という気持ちで取り組まなければ成果をあげることは出来ないのではないでしょうか。

誰かがやってくれる。自分はついていくだけでいい。

そう思っている人がいいアイディアや成果を出すことはほぼないと思います。

逆に言えば、仕事に限らず何事も「とにかく自分がやる、自分に任せてくれ」という気構えで取り組めば、うまくいく可能性があるということでもあります。

積極的に、主体的に。

何事も自分が先陣を切るくらいのイメージで取り組んでみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい