生き方

「過去にとらわれてはいけない」

1994年生まれ。埼玉県立川越高校、法政大学文学部卒。ライターが記事を作成する行為は「無から有を生み出す行為」であり、無のときにはなかった価値を提供する意味のある行為と感じている。「膨大な知識量と独自の視点で世の中の潮流を見極めるコンテンツメイカー」を目指して活動中。

過去にとらわれてはいけない。そこから離れて、何か素晴らしいことを始めてみよう。

――ロバート・ノイス(実業家)

 

いつまでも過去のことを考えている人がいます。

あの時こうしておけばよかった。昔自分はすごかった。あれは自分のおかげだ。

過去のことしか考えられない人は、今を生きるのではなく過去を生きています。過去を生きるほうが遥かに居心地がいい人もいるでしょう。自分の思うように事実を解釈できますから。

ただ、後ろを振り返るばかりの人は、永遠に前に進むことが出来ません。素晴らしいことは、常に過去ではなく未来に存在します。

 

もちろん、自分の道筋を確かめるために過去を定期的に振り返ることも大切です。この道で正しいか。行きたい方向に向かっているか。たまには立ち止まって確かめてください。

ただそれは、あくまでも定期的にです。未来は常に前にあります。

あわせて読みたい