転職

第二新卒の転職、給与はあがる?失敗しないために。同職種がおすすめ?

第二新卒での転職はリスタートです。給与は変わらないのに一時的に忙しくなり、新たな人間関係に気を使うことになります。それでも転職がしたいなら、失敗しないために自分なりのキャリアアップから考えましょう。約30%の人は初めて入った会社を3年以内にやめるという統計が出ています。その流れを受けてできたのが「第二新卒での転職」という市場です。この記事では、第二新卒での転職の給与や実態、転職先で求められることや職種についての考え方をご紹介します。(監修:株式会社キープレイヤーズ代表取締役 高野 秀敏氏)

第二新卒での転職はキャリアップの基準を決めることから

shutterstock_313341368

第二新卒の転職を考えている人の多くはキャリアアップを望んでいます。

ただ、キャリアアップと一概にいっても、何を優先させるかは人それぞれです。

 

給与、待遇、出世、スキルアップ、企業ブランドなど要素は多数あります。

人によっては給与が下がっても労働時間が短くなることを望むケースもありますし、企業に所属しないでフリーランスで働くことをキャリアアップと捉えることもあります。(この場合は転職ではありませんが)

 

また、年収が上がる転職とスキルアップを求める転職、企業ブランドを求める転職はそれぞれ難易度や戦略が異なるのも事実です。

まずは「自分にとってのキャリアアップの定義」を明確にするところからはじめましょう。

 

第二新卒の転職は入社後の成長が期待されている

shutterstock_313122665

第二新卒の転職では、通常の中途採用と比べて経験値が少ない人を採用します。

そのため、人事が評価するのはこれまでの実績ではなく、これからのポテンシャルです

  • 「前向きな成長意欲があるか」
  • 「会社のビジョンに共感するか」
  • 「会社に馴染む柔軟性があるか」
  • 「前職での実績には再現性はあるか」

など、未来の期待値を予測し評価します。

 

最近では第二新卒での採用枠を用意する企業もあります。

第二新卒の方の成長は、事業戦略の一部になっているともいえます。

 

第二新卒の転職では、給与が上がる期待をしない

shutterstock_275489714

第二新卒の転職では給与がアップするとは限りません。

実績が少ないので、第二新卒は新卒と同等の扱いになる企業もあります。

 

転職というよりもリスタートのイメージです。

 

リスタートなので、転職が給与アップに繋がることを期待しないスタンスがオススメです。

第二新卒での転職が成功すると、前職での働き方や働く環境と比べて、一時的に大変になることがほとんどです。

 

転職当初は、給与は変わらないのに、忙しくて覚えることが多く、新しくはじまる人間関係に気を使います。

それでも心機一転、リスタートをモチベーション高く実行でき、新たなスキルや知識を蓄積できるのが第二新卒で転職をする魅力といえます。

 

第二新卒での転職はこれまでと同じ職種がオススメ

shutterstock_203428564

前で紹介した「『中くらいの幸せはお金で買える』に学ぶ、年収が高い人の共通点と年収を高くする方法」にまとめられている通り、能力向上において一万時間の法則という考え方があります。

 

これは

「どの分野でも一万時間を練習に費やせば才能やいまの能力に関係なく一流になれる」

という法則です。

 

マルコム・グラッドウェルの「天才! 成功する人々の法則」という本で紹介されています。

 

社内で職種を変えるのもひとつの手

第二新卒のタイミングは23〜26歳ほどなので、ほぼ100%の人が同じ職種に一万時間を費やしていません。

そのタイミングでキャリアチェンジをすることはこれまで積み上げてきた職種を一流まで磨かずに他の職種をはじめる、ある意味でもったいないことなのです。

 

今の職種と相性が悪く、職種を変えたいという想いが強いのであれば他の職種を検討するのも選択肢ですが、第二新卒で未経験職種で転職できる案件は限られています。

もし職種を変えた転職をしたいのであれば、いまの会社で実績を積み、会社内で職種を変え、その上で転職を検討する戦略の方がオススメです。

 

第二新卒での転職が本当に必要なのか考える

shutterstock_155627972

この記事を読み、第二新卒での転職を考えている方へのアクションアイテムは

第二新卒での転職の現実を知った上でも転職をしたいか。その理由は何なのかを自分自身と対話することからはじめる

です。

 

いま25歳なのであればあと40年は働くことになります。

日本の経済状況や平均寿命の変化によっては、それ以上の期間働く可能性もあります。

 

今後の長いキャリア人生の基礎となる20代をどのように過ごすかで、その先のキャリア人生は大きく変わるのです。

  • 「今のタイミングでの転職が本当に必要なのか」
  • 「いまの会社でキャリアを積む選択肢は0%なのか」
  • 「それらがYesなのだとしたらなぜなのか」

人生は一度きりですし、キャリアは人生を充実させるうえで重要なことのうちの一つです。

 

スティーブ・ジョブズは2005年のスタンフォード大学でのスピーチで

「いま、やりたいことがないならやりたいことが見つかるまで探し続けるのをやめてはいけない」

といっています。

 

キャリア形成とは本来、自分が心からやりたいことを見つけ、全力を注ぐべきテーマを見つけることなのです

親、家族、友人や世間からの評価も気になるかもしれませんが、キャリア選択のベースには「自分の欲」をおいてみてください。

 

第二新卒で転職するにせよ今の会社に残るにせよ、本当にやりたいことに挑戦するキャリア選択ができることを応援しています。

 

すべての人がまず登録すべき転職エージェント

すべての人がまず登録して間違いないのが「大手総合転職エージェント」です。求人の量・質ともに充実しているのが以下の大手転職エージェントです。

 

リクルートエージェント

非公開求人10万件以上、日本最大級の転職エージェントです。

より詳細に知りたい場合は、「リクルートエージェントはどんな転職エージェント?評判は?利用すべき?」で紹介しています。

 

doda(デューダ)

主に20代〜30代を対象にした、総合型転職エージェントです。全国規模で求人をカバーしており、その数は非公開求人も含めて10万件以上となっています。利用者の属性としては、第二新卒・既卒・フリーターから、ハイキャリア・管理職までが想定されています。

また、女性の転職に特化したページも用意されています。定期的に転職フェアやセミナーが開催されており、転職ノウハウや、キャリアアップのヒントなどを得ることができます。

より詳細に知りたい場合は、「doda(デューダ)とはどんな転職エージェント?」で紹介しています。

 

マイナビエージェント

主に20代〜30代を対象とした総合型の転職エージェントです。全国の求人をカバーしており、特に優良な中小企業の求人を多く扱っています。求人票だけでは分からない、企業の社風や雰囲気、入社後のキャリアパスといった情報を網羅しており、後悔のない転職を実現させる手助けをしています。また、第二新卒や女性に特化した転職情報が載っているサイトもあります。

より詳細に知りたい場合は、「マイナビエージェントを徹底解説!特徴、サポート、求人、登録や利用法まとめ」で紹介しています。

 

パソナキャリア

大手転職エージェントの一角で、丁寧なサポート体制です。

より詳細に知りたい場合は、「パソナキャリアを徹底解説!特徴、デメリット、おすすめの人は?」で紹介しています。

 

大手転職エージェントは求人の量・質が多い反面、登録している転職希望者が多いので競争が激しくなるという一面もあります。

最低でも3~4社登録しておくと安心です。

 

今までの職務経歴に自信のない方におすすめの転職エージェント

大手では扱っていない案件も多く扱っている転職エージェントをご紹介します。登録者数が大手よりも少ないので、穴場的な求人に出会えることもあります。また、内定・入社後にもアフターフォローがあるなどキャリアアドバイザーの対応もきめ細かいという特徴もあります。

大手と一緒に登録することで効果を発揮する転職エージェントです。

 

type転職エージェント

非公開案件約80%です。転職した人の約71%が年収アップに成功しているエージェントですが、首都圏在住の方限定です。

より詳細に知りたい場合は、「type転職エージェントの特徴は?評判と口コミ!」で紹介しています。

 

ワークポート

転職決定人数部門で4回連続1位を獲得したことがあり、IT系や未経験からのキャリアチェンジに強みがあります。

より詳細に知りたい場合は、「ワークポートを徹底解説!転職エージェントはどこを利用すべき?」で紹介しています。

 

今までの職務経歴に自信がある人におすすめの転職エージェント

大手転職エージェントでも扱わないようなハイキャリア向けの案件を多く持った転職エージェントもあります。今後海外も視野に入れたキャリアアップを目指す方には積極的におすすめしたい転職エージェントです。

 

JACリクルートメント(ジェイエイシーリクルートメント)

業界3位。主に20代〜30代のハイキャリア・管理職に就いている人を対象にした、総合型転職エージェントです。全国の求人をカバーしており、特にコンサルや外資系企業に力を入れています。高品質のハイキャリア案件を多く扱っているため、更なるキャリアアップを狙うことができます。また、面接対策やキャリア面談をしてくれるコンサルタントの質の高さにも定評があります。

より詳細に知りたい場合は、「JACリクルートメント(ジェイエイシーリクルートメント)を徹底解説!特徴やメリットとデメリットは?」で紹介しています。

 

年代別で選ぶ転職エージェント

自分の「年代」によって選ぶべき転職エージェントも変わってきます。自分の年齢により特化している転職エージェントを選びましょう。

 

20代

20代におすすめの転職エージェント全15選!選び方は?そもそも使ったほうが良い?転職サイトとの違いは?」では、『20代全員におすすめ』『20代で正社員に挑戦したい人やはじめての転職におすすめ』『20代でキャリアアップの転職をしたい人におすすめ』『20代の女性におすすめ』の4つに分けてご紹介しています。

 

また「【徹底比較】第二新卒の転職におすすめの転職エージェント10選と活用のポイント」では、第二新卒の方にぴったりな転職エージェントを紹介しています。

さらに、第二新卒として転職する際のメリットやデメリットなどの悩みポイントにフォーカスした「【第二新卒の転職】メリット、デメリットと悩みに対し考える3つのポイント」や、転職におけるチャンスに着目した「第二新卒での転職は好きな職種、業界を選ぶチャンス?」、第二新卒での転職に臨む際の重要なポイントを説明している「【第二新卒の転職】キャリア形成に不利?労働時間は増える?失敗しない考え方」なども参考にしてみるといいでしょう。

 

30代

30代におすすめの転職エージェント14選!選び方、使い方、転職実態、年代による違いについても解説」では、30代全員におすすめの転職エージェントの他に、正社員未経験もしくはブランクが長い場合や、マネジメント経験がない場合とある場合、女性の場合に分けて、おすすめの転職エージェントを紹介しています。

 

あなたの適正年収はいくら?

もし今後年収をあげていきたいと感じているなら、まずはご自身が今どれくらいの市場価値があるのかを知る必要があります。

市場価値を知るには転職エージェントに登録するのが1番の手段です。転職エージェントは登録した人に適切と思われる案件を送ってくれるので、自分の市場価値を送られてくる案件から判断することが出来ます。

登録自体は無料です。

 

 

ただ、転職エージェントにも相性があります。転職エージェントの傾向や、担当者の力量によって転職が左右されるともいわれています。自分に合ったエージェントに出会うためにも、傾向をみながら複数の転職エージェントに登録するのがおすすめです。

 

 

BraveAnswer編集部では、キャリアに関するご相談を受け付けております。

  • 今後のキャリアが不安
  • 自分を変えたいが、何から始めたらいいかわからない

といった、具体的なアクションが明確でない人でも大歓迎です。

こちらより、お気軽にお問い合わせください。

 

BraveAnswer編集部が考える転職については「転職とは何か。」にまとめてあります。転職をする前に、そもそも転職とはなにか、考えてみてください。

 

BraveAnswerでは、皆様の転職エージェントの評価や感想を集めております。こちらのフォームに従って、感想を教えていただければ幸いです。ご協力のほど、よろしくお願い致します。

あわせて読みたい