「やむをえなければ、服装に無頓着だっていい。しかし、いつでも心はきちんとすべきだ」2017/11/30

1994年生まれ。埼玉県立川越高校、法政大学文学部卒。2017年4月入社の新卒1年目。

やむをえなければ、服装に無頓着だっていい。しかし、いつでも心はきちんとすべきだ

――マーク・トウェイン(作家)

 

人の印象は出会って3秒でだいたい決まると言われるように、外見を疎かにしてはいけません。ただここで言っているのは、内面を整えることの重要性です。

面倒くさいとか、どうでもいいとか、そういったマイナスの感情をもって取り組んだことは基本的には上手く行きません。日本代表に上り詰めたサッカー選手は、サッカー面倒くさいなんて思っていないはずです。

 

仕事でもプライベートでも、それに取り組む姿勢が大切なのではないでしょうか。

いつも面倒くさいと思っている人は、重要な仕事を任せようと上司が思わないかもしれません。いつも周りの気配りができていない人は、困っている人の手助けなどしようとも思わないかもしれません。

 

難しいかもしれません。

それでも、心を整えてマイナスの感情を持たない努力が大切なのではないでしょうか。

あわせて読みたい

カテゴリー