生き方

「困らなきゃだめです。人間というのは困ることだ」

1994年生まれ。埼玉県立川越高校、法政大学文学部卒。ライターが記事を作成する行為は「無から有を生み出す行為」であり、無のときにはなかった価値を提供する意味のある行為と感じている。「膨大な知識量と独自の視点で世の中の潮流を見極めるコンテンツメイカー」を目指して活動中。

困らなきゃだめです。人間というのは困ることだ。絶体絶命のときに出る力が本当の力なんだ。人間はやろうと思えば、たいていのことはできるんだから。

――本田宗一郎(実業家)

 

プライベートであっても仕事であっても、何かしら困ったことがあると思います。これまでの人生で困ったことがない人などいないのではないでしょうか。

そんなときこそ、私達の真価が問われます。困ったことや問題となっていることを解決する力が、私達に求められているのです。

問題を解決する力によってこれまでの発明や発見がなされたのだと思いますし、様々な製品が開発されてきたのだと思います。広い意味で言えば、私達が行っている仕事の全てが、何かしらの問題を解決するためにあるはずです。

そういった意味で、私達が困ることに成功のヒントがあり、それを解決する力こそが私たちに求められる力なのではないでしょうか。

あわせて読みたい