「一番大切なのは、決して諦めないことです」2017/11/1

1994年生まれ。埼玉県立川越高校、法政大学文学部卒。ライターが記事を作成する行為は「無から有を生み出す行為」であり、無のときにはなかった価値を提供する意味のある行為と感じている。「膨大な知識量と独自の視点で世の中の潮流を見極めるコンテンツメイカー」を目指して活動中。

一番大切なのは、決して諦めないことです。困難を前に運命だと諦め、自分にできることを何もしない。それが最悪の選択です。

――エドワード・サイード(文学研究者)

 

どんなに順風満帆な人生を送っている人でも、山があれば谷もあります。そんな人生の山に当たったときに、自分にはこの山は乗り越えられないと諦めてしまったら、その山は登ることができません。順風満帆な人生をおくっているように見える人だって、少なからず山を乗り越えているはずです。

 

漫画スラムダンクには「諦めたらそこで試合終了だよ」という有名なセリフがでてきますが、試合が終わってしまっては二度とその試合に勝つことはできませんよね。

自分が諦めなければ試合は終わらないのですから、自分で試合を終わらせるなんてもったいないです。

あわせて読みたい

カテゴリー