『人を動かす文章術』に学ぶ!就活の自己アピール文を書くポイントとは?

この記事の結論は「自己アピール文は自分と相手を理解したうえで書く」です。多くのメディアに出演し、多くの著書がある明治大学の齋藤孝教授の書籍『誰も教えてくれない人を動かす文章術』を読めば、就活で必須になっている自己アピール文を書くポイントが学べます。就活は書類選考から始まるので、文章がうまく書けないと面接にも進めないシステムなのです。

 

自分のアイデンティティについて書く

shutterstock_323733749

自己アピール文を書くときのポイント

  • 自分の人生で直面した危機を手がかりに考えていく

「自分は何者なのか」という自己の存在証明を一回でも書いておくことで自己アピール文が書きやすくなります。そうはいうものの、「自分は何者なのか」を書くことは一番難しい文章といっても過言ではありません。ポイントは自分の人生で直面した危機を手がかりに考えていくことです。

危機に直面した経験は、自分にとってのアイデンティティをわかりやすくしてくれます。中学までは勉強もスポーツもできて異性にもモテた人が、高校の集団のなかでは勉強もスポーツも目立たなくなり、異性にもモテなくなった。

その時に何を考えて、どんな行動をしたのか。それがいま何に繋がっているのか。自分のアイデンティティについて書く場合、人生の危機に直面した体験を切り口にするのが考えるヒントになります。危機に直面した場合、一度はアイデンティティが揺らぎますが、回復する間のプロセスには必ず自分なりのストーリーがあるのです。

 

失敗をアピールする

shutterstock_202425805
自分の失敗を話すことに恥ずかしさを覚えるかもしれませんが、自分の悪かった部分を冷静に分析し次に活かす「修正能力」の高い人材を企業は求めています。

ポイントは赤裸々に、自分の人柄が出るように書くことです。たとえば

  • 「遅刻をきっかけに大好きだった彼女にフラれた」
  • 「しばらく落ち込んで体重が3kgも落ちた」
  • 「二度と同じ経験をしたくないので、待ち合わせにはすべて15分前に着くようにし、1分でも遅れそうなときは電話かメールをする習慣をつけた」

というエピソードからは、純粋さや誠実さ、人へ配慮するスタンスが伝わってきますね。

具体的に書いてあればあるほどその文章を読む人の印象に残ります。印象に残れば残るほど、この人に会ってみたいと思う確率は高まるのです。

 

仕事へのイメージと情熱を持つ

shutterstock_183147242
現在の日本では従業員を解雇することがかなり難しいです。その意味で企業は大きなリスクを負いながら新規採用をしているといえます。こういった背景から採用担当者は慎重な姿勢で自社と学生との相性を確かめるのです。

採用担当者は膨大な数のエントリーシートを読んでいます。そのなかで目立つためには仕事への具体的なイメージと情熱が伝わる文章である必要があります。

  • 「企業で何がしたいか」
  • 「どのように変えたいのか」
  • 「仕事を通じて社会にどのような影響を与えたいのか」

といった観点で書いてみてください。就活へのやる気ではなく入社後の仕事に対する想いや情熱という点がポイントです。

 

相手の企業風土に合わせる

shutterstock_331637528
企業には独自の風土やカラーがあるので、自己アピールも相手の雰囲気に合わせたテイストにするのがオススメです。

企業ごとに違う風土やカラーがあることを理解してアピール文を書くためには企業研究は欠かせません。業界研究で全体感を掴み、その上で入念に企業研究を行うことがポイントです。関連記事に業界研究と企業研究の仕方についてまとめているので、参考にしてください。

 

ノートに気になるニュースを書こう

shutterstock_147777335
この記事を読んで自己アピール文の書き方を習得したい方へオススメのアクションアイテムは

「新聞切り抜きノートを作成する」です。

自己アピール文に時事ネタや業界にまつわる流れが組み込めていると教養がある、勉強していることも併せてアピールできます。その意味で新聞切り抜きノートは効力を発揮します。

ノートの見開きを使い左ページに切り抜き、右ページになぜその記事を選びどんな意見を持ったかについてのコメントを書いてみてください。社会全般に対するアンテナが敏感になるだけでなく、自分で記事を選ぶのでどんなことに興味があるかもみえてきますよ。

自分が何に興味を持つのかで、自分自身を知ることにも繋がるのです。

 

あなたの適正年収はいくら?

もし今後年収をあげていきたいと感じているなら、まずはご自身が今どれくらいの市場価値があるのかを知る必要があります。

市場価値を知るには転職エージェントに登録するのが1番の手段です。転職エージェントは登録した人に適切と思われる案件を送ってくれるので、自分の市場価値を送られてくる案件から判断することが出来ます。

登録自体は無料です。

 

ただ、転職エージェントにも相性があります。転職エージェントの傾向や、担当者の力量によって転職が左右されるともいわれています。自分に合ったエージェントに出会うためにも、傾向をみながら複数の転職エージェントに登録するのがおすすめです。

各転職エージェントの特徴ごとにおすすめをご紹介します。

 

すべての人がまず登録すべき転職エージェント

すべての人がまず登録して間違いないのが「大手総合転職エージェント」です。求人の量・質ともに充実しているのが以下の大手転職エージェントです。

転職エージェント 詳細
リクルートエージェント 非公開求人10万件以上。日本最大級の転職エージェント。
DODA 求人数10万件以上(日本最大級)。DODA限定の求人も。
パソナキャリア 大手転職エージェントの一角。丁寧なサポート体制。

大手転職エージェントは求人の量・質が多い反面、登録している転職希望者が多いので競争が激しくなるという一面もあります。

最低でも大手ともう一社しておくとよいでしょう。

 

今までの職務経歴に自信のない方におすすめの転職エージェント

大手では扱っていない案件も多く扱っている転職エージェントをご紹介します。登録者数が大手よりも少ないので、穴場的な求人に出会えることもあります。また、内定・入社後にもアフターフォローがあるなどキャリアアドバイザーの対応もきめ細かいという特徴もあります。

大手と一緒に登録することで効果を発揮する転職エージェントです。

転職エージェント 詳細
type転職エージェント 非公開案件約80%。転職した人の約71%が年収アップに成功している。首都圏在住の方限定。
ワークポート 転職決定人数部門で4回連続1位を獲得したことがある。IT系や未経験からのキャリアチェンジに強い。

 

今までの職務経歴に自信がある人におすすめの転職エージェント

大手転職エージェントでも扱わないようなハイキャリア向けの案件を多く持った転職エージェントもあります。今後海外も視野に入れたキャリアアップを目指す方には積極的におすすめしたい転職エージェントです。

転職エージェント 詳細
JACリクルートメント 業界3位。外資系企業や海外への転職に強く、アジア最大級のネットワークを持つ。

 

BraveAnswer編集部では、キャリアに関するご相談を受け付けております。

  • 今後のキャリアが不安
  • 自分を変えたいが、何から始めたらいいかわからない

といった、具体的なアクションが明確でない人でも大歓迎です。

こちらより、お気軽にお問い合わせください。

 

あわせて読みたい

カテゴリー